ぱるるの困り眉毛の作り方

  • 2015/7/19
Pocket

困り眉のブームを作った、AKB48の人気メンバーぱるること島崎遥香について。

神対応ならぬ塩対応とその可愛らしい顔立ちで一躍有名になりました。飾らない素直な発言が魅力とされています。ドラフト候補生や研修生、NMB48やHKT48など支店メンバーからの人気が非常に高い、アイドルに憧れられるアイドルと言えます。グラビアやファッション雑誌でも活躍の幅を広げる彼女は、ぱるる=可愛いという方程式を確固たるものとしています。

 

顔がもちろんなにをしても可愛いから可愛いというのは当然ですが女性は意識で変われますので、人気の芸能人の髪型やメイクなど、雰囲気を真似ただけでも、いいのではないでしょうか?そして困り眉毛は相手に与える印象が変わります。

 

島崎遥香の可愛さの秘訣、それは大きくぱっちりとした目もさることながら、やはり困り眉ではないでしょうか。

今にも泣き出しそうで、かよわく守ってあげたくなるような表情に見えることが特徴で男性からも大人気です。

ちなみに、なぜこの困り眉毛についてを記事にしようかと思ったのかは最近のメイクの流行を検索していた時に『困り眉毛』と出てきたからです。アイドルの髪型やメイクは参考になります。

前髪の流行を作っているのはだいたいはアイドルだったりしますが30代前半までしか使えない流行りでもあります。アイドルの髪型やメイクを40代後半の方がしてもイタイ?と思われてしまうこともあります。

 

困り眉毛は白い肌で細身で元気のないように見える彼女が持つ素質ともマッチしたこともありメイクや表情を変えてからAKB48メンバーのなかでも注目されるようになりました。(もちろん運営側のゴリ押しもあると思います。)ですので芸能人やアイドルに限ってではなく女性も男性もイメージチェンジをされる際は全体的な自分の雰囲気を変えることをおすすめします。

 

困り眉毛にしたのに服装はとてもカジュアル・・だとなんだか合わないですからね。

 

ファッション雑誌にも、ぱるる顔の作り方が多く取り上げられ、10代・20代の若者は、こぞって困り眉メイクを取り入れています。アイドル界を見ても真似している方が多くいますね。

 

 

そこで私は思うぱるるのアイブローメイク『困り眉毛』の作り方において、ポイントは3つをご紹介させて頂きます。

  • 眉山を作らない
  • 眉の下部分を平行に
  • 眉頭を太くする

 

たった3ステップで作れます。

 

ぱるるは清純派で可憐なアイドル、そんな言葉が似合います。

 

この困り眉毛は私の個人的な意見と見ての感想ですが、10代までが限界なのではないか?と思っていますが優しく見られたいなどの20代後半の女性も少し取り入れてはいかがでしょうか?

 

ぱるるの困り眉毛が今後どう変わっていくのか?が楽しみですね。

 

 

そんな彼女の顔に衝撃を受けた日があります。それは、2013年AKB48選抜総選挙のときのことです。有名になり始めた彼女のトレードマークは困り眉でしたが、選抜総選挙開票当日、ブームを作った張本人の眉毛は、きりっと凛々しい上がり眉でした。

違和感を覚えた視聴者も多いのではないでしょうか。

BpiXaHPCIAALzBv

私はぱるるの眉毛に気を取られすぎてスピーチ内容が全く入ってきませんでした。(笑)

私の知る可愛くて可憐なぱるると相反する雰囲気で、完全に脳が混乱を起こしました。

同一人物と思えないほど印象が変わっていますね。

困り眉毛じゃないからなのか別人に見えました。

アウトラインとなる髪形も茶髪で前髪が短くてウェーブがかっているという違いこそありますが、鼻や口など他のパーツには大きな変化は感じられません。眉毛の作り方を変えただけで、これほどにも雰囲気が変わるのです。

 

眉毛で雰囲気ががらりと変わります。たしかに石原さとみも眉毛を変えただけで垢抜けた印象になってブレイクしましたね。

眉毛とは、人の印象に大きな影響を及ぼす箇所なのです。くれぐれも眉毛の作り方には細心の注意を払いましょう。

少し傾けて、軽い「ハの字」に描き、困っているような表情を演出するメイク。


AKB48選抜総選挙は社会現象となり毎年ニュースにも取り上げられています。そのような場で、このメイクを選んだということは、私たちには知りえない何か彼女なりの思惑や意気込みがあったのでしょう。

 

もともとデビューした頃の彼女はしっかり上に向かう上がり眉です。はつらつとしたイメージで、これはこれでアイドルらしくて好感が持てます。それでも満足することなく今まで自分自身で進化させ続けてきました。アイドルは何かと話題性がないといけない?トレンドを作っているんだと思います。

 

 

彼女は外見も内面においても、“セルフブランディングの猛者”と言えるのではないでしょうか。

増え続けるAKB48グループのなかで逸脱すべく、ファンに媚びて愛想を振りまく従来のアイドル像を自ら進んで壊し、塩対応という個性のキャラクターを周知させたり、常にメイクや髪型を変えて改善させたりしています。

変化することは勇気が要りますし、人と違うことを模索し続けることは気力が要ります。

島崎遥香は、常に挑戦し続けている努力の人だと私は思います。ぱるるなんて気軽に呼べないほどです。頭が下がります。

みなさま、勇気を持ってください。どうやらカワイイは作れるようです。

顔立ちが違うから…

元の顔は変えられないから…

甘いメイクは似合わないから…

そんなふうに、カワイイ自分を諦めないでください。

理想とするメイクの作り方を知ること、変化を恐れないこと、そうすれば新しい自分に出会えます。似合わないという思い込みを捨てて、彼女のように一歩踏み出してみてはいかがでしょう。

Pocket

戸来 正博

戸来 正博美容院MAX代表美容師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

愛する犬と猫について

ページ上部へ戻る