ウェット感のあるワックス

  • 2015/5/27
Pocket

ウェット感があるワックスについてのポイントを考えてみました。

私は表参道原宿で美容院を一人で経営している美容師のヘライです。詳しい店舗情報はこちら

自分に合うのか合わないのか?ワックスに限らずですが使ってみないとわからないことだと思います。シャンプーもいくら口コミが良くっても自分に合わないことだってありますからね。

 

私は今ワックスを開発するうえでどんな成分が安全でお客様に長くお使い頂けるのだろうか?と考え、さらにはそのワックスを付けたことによって髪型はどんなデザインにできるのか?を考えております。

 

 

 ウェットな質感が欲しい髪型で使うワックスはだいたいがグロスタイプのワックスなのではないでしょうか?

私が今作っているワックスのご紹介をさせて頂きますが、主成分は 『ワセリン』です。

そのワックスがこちら

価格は2500円です。

 

MAXが注目したウェット感も出すことのできる成分、ワセリンとは?

ワセリンは本来皮膚につける成分。皮膚表面に油分の膜を張り、角質層の水分蒸発を防ぐことで皮膚の乾燥を防ぐ効果に加え、外的刺激から皮膚を保護するという働きがあることから、鎮痛・消炎・鎮痒の軟膏剤のような医薬品の基剤や、化粧クリームのような化粧品などの基剤として用いられる。

 

また潤滑剤や皮膚の保湿保護剤としても用いられる。

皮膚と髪は同じタンパク質。ですがお肌と違って髪は神経が通っていないし、死滅細胞です。ですか髪の水分を外に逃がさないので美容院のトリートメントなんかもしなくってもいいのでは?と思います。ではワセリンだけでは髪には向いていませんので主成分をワセリンにし、配合する成分を工夫していこうと思いました。

 

 ワセリンを主成分にしたワックスは程よいウェット感を出してくれます。

ウェット感もやりすぎてはいけないと思うのです。

自然に濡れているような質感を出してくれます。

それをキープできるようにした成分を配合しようと思います。

くせ毛やパーマをかけた髪型の方はウェットな質感は大事。くせ毛とパーマは乾燥してパサパサしてしまいます。女性でワックスはできるだけ使いたくないものです。

 

だからできる限り安全な成分で手が汚れない成分を考えワセリンにしました。

手も洗う必要もなく、髪に使ったら手に伸ばしてもお使いいただけます。

お肌に自然にしみこみますのでおすすめです。

 

髪をウェットな状態を保つことによって

Pocket

戸来 正博

戸来 正博美容院MAX代表美容師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

愛する犬と猫について

ページ上部へ戻る