吉田羊の髪型【ヒツジスト】

  • 2015/11/23
Pocket

こんにちは、原宿表参道で美容院を一人で経営している美容師の戸来です。

今回のテーマ

 

吉田羊の髪型【ヒツジスト】について

 

最近になり、CM・ドラマと様々なメディアにおいて活躍し、人気急上昇の吉田羊。世間では「ヒツジスト」と呼ばれる髪型の女性たちが増えているという。もはやカリスマ的存在になった女優といっても過言ではないだろう

吉田羊の髪型・ヒツジストについて

PhotoGrid_1448016141056

短いボブでもこのようにアレンジすることができます。黒髪がよく似合いますね。

PhotoGrid_1448016109519

真っ黒な髪のイメージもありますがこのように少し髪色が明るくなったことによって柔らかさもでましたね。

吉田羊さんの髪型ですが簡単すぎるのでカットの解析はありません。

ですが似合う人の「丸顔」の人は良く似合います。

髪質も特に選ばないですがもちろんくせ毛のお客様は強弱によって難しいこともあります。

 

 

吉田羊の経歴

そんな吉田羊のデビューというのは1997年の演劇プロデュース集団「東京スウィカ」からだそうだ。この劇団では主演女優を務めるという活動のもと10年ほどたった時に現在のマネージャーと出会うこととなり、そこでスカウトをされ事務所所属に至り、そこから本格的にメディアでの活躍を遂げるといういきさつがある。この事務所所属にあたり、事務所の意向として、「年齢にとらわれず、幅広い役をこなせるようになって欲しい」があるために、現段階において年齢が非公開となっている。

そして吉田羊が世の中に名を広げるきっかけとなったドラマが2008年のNHK連続テレビ小説「瞳」だ。ここでのアドリブを交えた西田敏行とのやり取りを偶然にも俳優の中井貴一にとまり、そこから脚本家三谷幸喜へと紹介され、出演機会がさらに増す形となった。さらに2014年7月期のドラマ「HERO」の女性検事役でも注目を浴びることとなった。その理由として、演技もそうなのだが、この際の髪型がボブカットであり、今までのイメージとガラッと違い、大変似合っているということで女性たちから大好評となり注目を浴びたという面もあった。

このことから、吉田羊を意識した髪型が増えてきたことから、「ヒツジスト」と呼ばれるようになった。主にこの「ヒツジスト」の髪型の特徴としては、大人の色気を持ちつつも清潔感を出しているというのが基本ではないだろうか。それに加え、吉田羊のキュートな性格もさることながら、先ほど述べた「HERO」でのクールな役を演じてのこの性格とのギャップをふまえると、女性のみならず、男性でも人気が出てくるのは必至だろう。

自分が感じる吉田羊の清潔感ある髪型としては、まっすぐのストレートボブが一番と思っている。まさに「HERO」でのワンレングスボブがそうであり、清潔感あっての「できる女」だ。女性が吉田羊のようなりたいと思うのも不思議ではない。

また、これと違った印象のものでは、「恋仲」での役にも注目が集まった。ゆるふわパーマに仕上げており、柔らかい雰囲気を出した髪型となっていた。

先ほどあげた2つがネット等で話題となった吉田羊の髪型だが、どちらも前髪を作らずに大人っぽく仕上げているという特徴がある

そして最近では、ドラマ「コウノドリ」において、前髪をパッツンにした髪型も話題になっている。さらにてっぺんをお団子にしていることもあり、ちょっと今までとは違った雰囲気が出ていると評判になっているとか。

PhotoGrid_1448232797223

そんな吉田羊も以前はロングストレートの時期もあり、その際の写真を見ると、美人の顔がしっかり生かせており、一言でいうと「美人なお姉さま」という印象を受けるような髪型だった。

また、このロングにパーマをあて、毛先を遊ばせている髪型の時もあり、これも当時は周りでは好評だったとあった。

PhotoGrid_1448232779730

自分は最近テレビ等といったメディアに疎いので、この吉田羊という女性をあまり知らなかったのが正直なところだ。だが、「ヒツジスト」の髪型をした女性の写真や言葉を検索していると、とにかく女性の評価が高いのに驚いた。そして吉田羊の写真や資料を見ていると、自分が感じたことは「大人の雰囲気を持ちつつ、でもカワイイ」といったところだ。経歴を見てもかなりの演技に対してのこだわりも持っているし、役に応じて髪型を変えるといったことも難なくこなすところも驚きだった。これからメディアで目にする機会が増えそうな期待の女優ということで、自分も注目してみていこうと思う。

Pocket

戸来 正博

戸来 正博美容院MAX代表美容師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

愛する犬と猫について

ページ上部へ戻る