美容師はお金ない?

  • 2015/7/11
Pocket

美容師の金銭感覚について。

 

美容師といえば・・・

一般の方からしたら美容師って頑張っているしカッコいいけどお金がない

そんな印象があるかと思いますが、それは違います。

100人いる中で考えたとしたら、月収100万越えする美容師はきっと1一人。

その100人中の一人の美容師にとって99人は肥しです。

 

その一人はいわゆる経営者です。

 

お金がないのが当たり前となっている職種で年収1000万円を稼ぐことがどれだけ素晴らしいことなのか?のような風潮がある。これは私は嘘だと思っています。

なぜなら私は美容師になって二年目の21歳の時からすでに月収90万円だったからです。手取りが90万だったのです。

そして今現在はというと24歳で売り上げが300万円です。私は一人で美容院を経営している物です。

坪は10。従業員はいませんので売上は全部自分の物となります。

お金がないと悩んでいる方にとっては信じられない数字だと思います。

 

美容師は人口が多いため競合が多いです。そして人脈?を勘違いしているのか、誰かと同じこと空気を吸って生きています。

 

いわゆる協調性がなくければいけないような社会。だから格差が激しいんだと思います。

 

集団から抜けたいのならいますぐ一人になった方がいいです。

美容師の平均年収って300万以下らしいのです。確かに私も手取りが10万以下だったことがあります。

それは最初に一年目でした。

 

お金がないと常に思っている美容師は多くいるト思いますが、その問題について本当に『傷の舐め合い』をしている人たちがいます。

 

私は今美容師になって4年と3カ月がたちました。今サロンワークにみで月に安定して300万を売り上げることがやっとできました。これは私が一人経営で上げることができた数字です。

 

もちろん忙しくない。遊ぶ時間もたくさんある。

 

これは自慢でもない。ただお金がないと思う美容師さんは騙されているんだよと教えたいだけなのです。

 

お金の話は世間一般で嫌う方が多いと思います。私が今まで仲間が一人もできなかったのは周囲からずば抜けていく人間なんだと思っています。

人によって何が幸福なのか?不幸なのか?って変わってきます。

 

私はもちろんお金は手段だと思って結果は社会貢献で世間の役に立つ開発、情報発信、知的財産を自分が生きた跡を誰かに教えて財産にしてもらいたいと思っています。

 

私が今目指しているところは20代のうちに月1000万円を売り上げる『社会貢献』することと思ってします。

実際に売り上げに比例して社会に貢献している率は高くなります。きれいごとは売り上げてから、お金持ちになってから言っていきたいと思っています。

 

 

 

お金がないと思うのであれば、負けたくないのでしたら、努力しかないです。

 

ご質問などもお気軽にどうぞ。

 

頑張ります。

 

Pocket

戸来 正博

戸来 正博美容院MAX代表美容師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

愛する犬と猫について

twitter

ページ上部へ戻る