美容師解説「くせ毛さんがショートにしても失敗しない」頼み方や修正法について

  • 2019/2/24
Pocket

くせ毛でも髪が好きになりますように

髪を変える楽しさ、美容院の楽しさ

実感されますよう願っています。

くせ毛でショートにすると失敗してしまう原因は主に3つあります。

・短く切りすぎた

・「梳かれすぎた」or「重すぎた」

・翌日からセットができない

ほかにも

細かい失敗例を挙げたら、「片方だけ跳ねてしまう」「デザインが気に入らない」などなど

これからショートにする方やすでに失敗をしてしまった方へ頼み方や修正案についてをご紹介させていただきますね♪

くせ毛ショートの失敗例「短くきったらパサパサしてまとまらない」修正案

原因はおそらく軽くしすぎたことと、セット法が美容師さんみたいに上手くないからです。

傷んでもいないはずの髪がパサパサ、チリチリしてしまうのはもともとの髪質だからです。

髪質だから今流行りの髪質改善やトリートメントをしても意味がない。

point1.「正しいスタイリング剤でくせ毛をパーマ風に見せよう」

艶やまとまりがでない場合は高級なシャンプートリートメントではなく、女性にもスタイリング剤はワックスをお勧めします。

くせ毛は艶が出ないのが特徴です。

そのためショートにすると男性的な印象を与えてしまう。

雰囲気が男らしくなってしまうため潤いと毛流れを美しく見せないといけません。

以下を御覧ください

これはただ『プリュムワックス』をつけただけです。

ご覧の通りつけるかつけないかで変わることが出来る。

だから朝出かける前などのセットに使用することをお勧めします。

ワックスの成分は非常にシンプルで使い心地にこだわっています。

だからこんなメッセージをいただきます。

詳細『くせ毛におすすめのプリュムワックスの口コミ

ショートにした後セットができない方はぜひ動画も参考にしてください。

これだけつければよいです

▼ショートヘア、セット動画

point2.「カットで修正」

「これ以上切りたくない」という方でも数センチでくせ毛のショートは変わることが出来ます。

ちゃんとカットラインを整えるとまとまりやすくなります。

失敗例1

くせ毛専門の美容師さんのもとでカットをしてまだ1カ月も経過していない

理由は画像に書いてあるように繋がっていないからです。

剛毛で硬い髪質

女性らしい質感にすると

このとおり

できるだけ長さを変えないで修正することが出来ました

失敗例2

ただ乾かしてプリュムワックスをつけただけ。

できるだけ長さを変えないで、小顔に見せるカット。

もこもことボリュームが出る髪型をスタイリッシュで大人な雰囲気に変えることが出来ました。

重めに切ることで髪型はまとまりやすい

しかし髪質、その人の雰囲気によってはオバサン感が出てしまいます。

デザイン性を重視すると当然セットがちょっと難しくなりますが、MAXでは一人経営マンツーマンだからセット法も来るたびお教えすることが出来ます。

簡単ではないけど、デザインに追求される方は軽めをおすすめします。

くせ毛のショートは梳いてはいけない?でも梳かないとできないデザインがある

MAXでは『2019年髪と心のBEFORE→AFTER画像集』を見ればわかるように

できるだけ柔らかい、女性らしい印象のショートを作るため軽くするデザインのほうが多い。

もちろん一切梳かないカットもすることもある。

一部の意識高いお客様は「梳かないカットならどこでもできる、そんなの戸来さんのカットではない」と言われます。

たしかに、梳かないのなら他でもできる。

梳くことで失敗する確率が高いのだが、梳かないことでおこる失敗もある。

髪を梳くデメリット、メリット』でもご説明していますが、難しい技術です。

ですからくせ毛でショートにする際、失敗を防ぐには梳き方に気を付ける必要があります。

★ここまでのまとめ★

修正する際、ちょっとのカットで変わります。

今すぐ変わりたい場合はワックスをつけて艶を出しましょう。

セット動画もご紹介しました。

軽くするのが一番失敗する原因でもありますが、「毛量が多い」「顔、頭が大きい」などのお悩みがある女性の場合『上手に梳かないと似合わない』

「失敗したくない」美容院での頼み方

1.予約時に悩み等のメッセージを送る

過去の失敗談や成功例、これまでの施術歴(パーマをしたとか縮毛矯正をしたとか)を伝える

さらに「こんなセットができる」と教えてもらえると助かります。

2.希望する、イメージする髪型の画像

当日カウンセリングの際には必ず画像でイメージを伝えましょう。

もちろんその人ではないため「そのまま」にはなろうとしないこと。

あくまで長さや形、雰囲気のイメージを伝えることが重要です。

3.セットの方法を教えてほしいとお願いをする

言われなくても伝えようとしていますが、リラックスされたいお客様もいますのであえてセット法をお教えしない場合もあります。

乾かし方などのコツは特に気を付けて聞くと後日、「セットができない」とならずに済む。

失敗しやすい髪質や特徴は毛量が多くてチリチリするくせ毛

強いくせ毛で、剛毛、縮毛の髪質はくせ毛ショートで失敗しやすいです。

ショートにすればするほどボリュームは出ないが、中途半端な長さにしてしまうとセットが難しいです。

アイロンやコテ等を使うのが苦ではない人はボブなどの肩上チョットの長さでも対応はできる。

しかし「セットをするのが嫌」という女性は潔く短くすることをおすすめします。

加齢によって「ロングヘアが不健康そう、不潔に見えてしまう」という悩みの方は

ショートにすることでスッキリします。

白髪も出てきて「これからどうしてらいいのかわからない」

「毛量も多いから乾かすのが大変」

ショートをオーダー頂き

乾かしただけで綺麗に見えるショートに

▼「縮毛矯正が残っている状態で切ると失敗しやすい」

現在縮毛矯正が残っていてショートにしたい方は「計画的にやめる必要があります」

すぐやめることが出来ません

しかし例外もあります。

できるだけ早く解放されたい方にご提案できるプランもあります。

縮毛矯正をやめたい方へ」でご紹介しているように、おおくの人は1年から2年半かけてやっとくせ毛を生かした髪型になっています。

まとめ

いろんな原因でで失敗された方がいらっしゃいます。

カットの上手い下手を評価するようなことは一切しません

だって僕は下手だから(笑)

お客様にもお願いがあります

他人を否定していると自分の心が痛くなりませんか?

なんか運が逃げてしまう気がしませんか?

前回担当した美容師さんの気に入らないところだけを見ないでください

きっと一生懸命切ったはずです。

たまたま、合わなかっただけ

「つい最近表参道の○○~・・・で失敗した」など言われると悲しいです。

ほかの美容院の悪いところを持ってこないでいただきたいです。

カウンセラーをしておきながら

こんなことを言うのもなんですが

「悩みはなくならない」です。

失敗を修正したところで、ほかの悩みが出てくるはずです。

「あれもこれも」となる

「髪質がよかったら」

「顔がよかったら・・・スタイルが・・・」

足りない足りないって

なっていませんか?

どうしたらいいのか?

「今の自分も好き、このままでいい」

「すべてに意味があった」

「これからまた新しいことやろう」

ってプラスに考えると満たされる。

自分以外みんな違う価値観の人なんだから

作ってもらったスタイルが

「これ自分には似合わない」

と思うかもしれない

でも柔軟に考えて「新しい自分だ」と思えると成長できる。

考え方を少し変えてみましょう

その方法をお伝えしたいです。

「考え方を変えて本当の自分を知ること」

これ大事

最後までお読みいただきありがとうございます!!

▼美容院MAX

東京都渋谷区神宮前1-8-20-2階

『MAX 場所』で検索!

料金など(ホームページ)

読むとあったかくなるお客様からのメッセージ集

2019年心と髪のBEFORE→AFTER画像集

⇒戸来にお問合せはこちら

▼戸来オリジナル大人の艶活応援アイテム

ショッピングサイト

ショップはこちら

Pocket

戸来 正博美容院MAX代表美容師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

美容院MAX公式インスタ

twitter

ページ上部へ戻る