自分で髪を染める(カラー)の方法

  • 2015/12/21
Pocket

写真はいつも親子で来てくれるお客様です(*^^*)

こんにちは、表参道原宿で一人で美容院を経営している美容師の戸来です。美容師戸来について自己紹介

私のお店にはトリートメントや髪質改善やハーブなどを使うカラーも一切メニューにはありません。

サロンケアが一切ないのですが、オーガニック・無添加を好む方も通っていただいてます。

美容院でカラーをしたくても時間お金がない方へ

PhotoGrid_1450848305461

【注意】~~~~~~~~~

どこの美容院でもカウンセリングがあると思いますが、アレルギーがある方がアルカリカラーをしてしまうと肌荒れをしてしまいますのでまずはカウンセリングをさせて頂きたいのが本音です。今までカラーで染みたことがない方でしたらほとんどの確率で大丈夫かもしれませんが。

市販でも美容院でのカラーも必ず「ジアミン」が入っています。ノンジアミンの場合白髪を染めることができません。

もしジアミンアレルギーでどこでカラーをしても染みたことがある方は美容院のカラーもですが自分でカラーをすることには注意が必要です。

~~~~~~~~~~~~~~~

市販でカラーをされて「数日で色が落ちてしまう」これじゃあせっかく2千円かけたのが意味がないですよね( ゚Д゚)

なんとかしたいと思いますが私にまだ会ったことがない方からのご連絡は私自身怖いため慎重に対応させて頂きます。

できたらお電話でご連絡をくださいませ・・・・

 

 

サロンケアを売らなくても髪をきれいにすることができます。

例えば

PhotoGrid_1449185855394こんな風にです。

自分で染めてこれくらいのクオリティは難しいと思います。今回の記事では「自分で髪を染めたい方」に役立つようにしたいのですが上記のようにカラーをするには難しいと思います。こちらのお客様は何回も塗り分けをしています。簡単にセルフカラーと市販での違いはカラー剤の強弱を変えれるかどうかです。

だから私ができることは白髪染めを三週間に一度など頻度よく美容院にいかないといけない

そんな時間はない

「自分でカラーをしたい」

そんな

あなたに合う、カラー剤を選んで塗り方を教える、アドバイスをさせて頂くことです。

結構うまく濡らせる自信はあります(笑)

色むらを直すことは絶対に無理と断言をしてしまいます。だからリタッチのみです。でも上達次第と髪型・髪の状態によってはもしかしたら・・・

 

気になるところだけ見えるところだけを塗る技術とその時に合ったカラー剤があれば美容院に行く時間、回数が半分に減るはずです。

 

その辺のセルフカラーで時間を使い、髪を傷めてしまうなら、美容院でやった方がいいです。

今回は根元のリタッチについてを主にご紹介をします。

 

現場で活躍をされている美容師ならお客様には店舗に来てほしいはず。だからカラー剤の提供や塗り方のアドバイスをする方はほとんどいません。利益が下がるからです。

でも私のお客様の中には県外にいて通えない、本当に困っている方がいます。そんな方に役立ちたいのです。

「ねずみ講」やらの商法に引っかかり、商品を買っても効果がなかった方もいらっしゃいます。

そんなことがないように防ぎたいからです。もし自分で染めたい方は参考にしていてくださいね。

 

 

自分で染めたい方へ

美容師である私からのご提案ですがなぜこの記事を書くことになったのか?それは・・・

お客様から頂いたご質問がきっかけです(頂いた内容をそのまま載せます。)

ご質問内容はこちら

お忙しいのにすみません 富山から新幹線に乗って 8月と10月にカットカラーをしていただいた○○です その節はお世話になりありがとうございました 暫くはそちらには行けないので 先日富山でジアミンが入ってないカラーしました その時地肌 髪の毛とてもキレイだと誉められました 戸来さんに出会ってからシャンプーしかしてなくて静電気がひどい時1~2回トリートメントしただけです カットがいいので 髪の毛も艶々です

ところで質問ですが ジアミン入りのカラーは長い間使うのは良くないと言われました 本当ですか?

>ジアミンの入っているカラー剤で頭皮が荒れたりかゆくなってしまったりひりひりしてしまう方はノンジアミンカラーをすることをお勧めしていますが前回nさんが私のお店でしたカラーはジアミンが入っているカラーです。ちなみに都内のお店六店舗経験してようやく行き着いたカラー剤です。

どのカラー剤もですが、安全なものはないです。

シャンプーをして皮脂を取ってしまってからカラーしたからでは?カラーする前はシャンプーはしない方がいいです。自分でカラーをするときもできたら染める前24時間はシャンプーはしないでほしいです。

 

 

 

ある日突然 まぶたが腫れてアレルギーをおこす可能性があるとテレビで特集してました 私は頻繁に染めるので心配になりました なので非ジアミンカラーに行ってきました MAXさんのカラーは匂いもヒリヒリもなく大丈夫です カラー材は売ってないですよね?自宅で買って染めてみましたが匂いがきつく 目がチカチカ 安全なカラー剤探してます

>カラー剤はそのうち作らせて頂きたいです。ですが開発には軽く見積もって1000万円以上が必要です。私個人では無理です。市販のセルフカラーをされるくらいなら私がお勧めするカラー剤(お店で使っているカラー剤)を使って欲しいと思います。ちなみにヘナはされたことはありますか?

 

はい かなり前に 匂いやゴワゴワして嫌で おまけにすぐ剥がれた印象
今回は 木木と(MOkUMOKUTOTO)とか言うので染めて来ました お子様から妊婦まで安心ってDMにかかれてました ネットで調べてみて下さい 戸来さんも毎日カラー剤を触り 大丈夫かなぁ?と心配になりましたすみません 変なメールして とりあえず銀座に行かれたら予約してまた伺います それまで私はMAX貯金頑張り 働きます 良い2016年お迎え下さい 忙しいのにすみません[m(_ _)m][m(_ _)m][m(_ _)m]

 

>では塗り方や方法についてをお教えしましょうか?地元でカラーをするいくらですか?

 

おはようございます 先日オーガニックカラー(ジアミン8%含有) 8200円 で 本当に染めて欲しいフェイスライン染まってなかったんです(涙) 「木木と」は初期費用約 17000円 (加温キャップ等含む・会員登録料含む)ちょっとねずみ講なかんじ (私が会員になると私の紹介者にお金が入るシステム)ジアミンなしでオールオーガニック 私一月2回染める事があるのでサロンばかりだとキツイんで

塗りかたは戸来さんが以前ブログでやられたので 大丈夫です 安全なカラー剤を探してます 素人でも簡単に濡れて被れないもの
が理想です 戸来さんめちゃくちゃ忙しいのに おばはんのたわけたメールにお付き合い有難うございます(笑)

 

~~~~~~~~~~~

とこのように頂いたメッセージをもとにカラーにお悩みの方はぜひご相談を頂けたらと思います。

こちらのお客様へは後日私が使っているカラー剤を発送してセルフカラーの仕方は動画にてお教えします。

 

 

私のお客様はお金よりも時間を大事にしています。

 

このように

PhotoGrid_1449219497622

私のカットは三万円です。時間を大切にするようにお客様にもお伝えしています。

自分でカラーをするときに大切なのは「時間を有効に活用できているのか?」です。

セルフカラーを否定しているわけではないです。

自分でカラーをする際のメリットは1000円以下で購入できいつでもできることです。

ですが以前、ヤフーのニュースでもあったように自分でカラーをしたことによって肌の荒れなど事故が多いわけです。

じゃあ、美容院には安全なのか?って簡単に済ませてしまうのもどうかと思います。

自分で染める方が多ければ多いほど美容院側が困るのです。美容師はセルフカラーを勧めないのも利益が絡んでいるからより、セルフカラーのあらさがしをするわけです。

 

実際は白髪がすぐに目立って美容院に何回も行く時間がもったいないと私は思います。

自分で髪を染める(カラー)の方法

私のお客様には県外からいらっしゃるお客様が多く年齢層は40代の方が多いです。そこで髪のお悩みはすぐに白髪が生えてきてしまい三週間もしたらカラーをしたくなってしまうことから私のもとに来ることができない方がいらっしゃいます。

そんな方はまずご連絡を頂きたいです。

私がどうにかしたいと思います。

LINEをされている方は→max.herai  でご登録(自分でカラーをしたいと一言ください)

または→abbccd@dococomo.ne.jp

あなたに合うカラー剤、塗り方をお教えします。

ワックスのご購入はこちら

くせ毛には整髪料は必須です。僕のオリジナル商品です。


★ーーーーーー

 

美容師戸来に問い合わせ【カットの予約する】

美容師戸来について自己紹介

携帯 abbccd@docomo.ne.jp

メール masahiroherai@gmail.com

電話 03ー6447ー4500

携帯 080-1853-4538

LINEID max.herai

お問い合わせや登録の際は一言「ワードプレスを見て」と教えていただきたいです。

美容院MAXの店舗情報価格メニューなど

 

 

Pocket

戸来 正博

戸来 正博美容院MAX代表美容師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

愛する犬と猫について

ページ上部へ戻る