髪のボリュームダウンさせるワックス(整髪料)について

  • 2016/2/20
Pocket

ボリュームが出てしまう原因や対策法についてを書いていきます。

くせ毛や剛毛、髪の毛が太い、多い女性はロングヘアでもボリュームに悩ませれると思います。

「縛らないといけない」

そんなお悩みを抱えているのではないでしょうか?

美容院でのトリートメントや髪質改善より大切なこと

美容師さんに一生懸命やってもらうサロンケアは効果がない。

一時的にボリュームを抑えることができても、翌日からは広がります。

時間とお金があってご褒美感覚でされるのでしたら、良いと思います

効果を期待していくなら、毎回の美容院での施術と毎日のホームケアを見直しましょう。

広がってしまう原因を以下で列挙します。

⇒カット

梳きすぎや、重すぎることで広がってしまう。

参照画像

BEFOREはカットで梳きすぎてしまったため毛先がパサパサ

一年ほど(3カ月に一回)通っていただきAFTERではボリュームを抑えるだけではなく、艶を出すことに成功。

もちろん、乾かしただけ。

仕上げはプリュムワックス。

美容院にあるトリートメントはいりません。

正しいカットと毎日のホームケアだけで変わることができます。

⇒パーマや縮毛矯正など薬剤でのダメージ

パーマを失敗してしまうと絶対に広がります。

縮毛矯正の失敗によってチリチリパサつく。

▼参照

パーマの失敗対処法

⇒ホームケア製品が自分にあっていない

MAXでは乾かす前や乾かした後に『プリュムワックス』を使用することで、ボリュームを抑えることに最高される人がいます。

▼プリュムワックスの効果

表面のパサつきは乾燥する髪質だったからです。

ハンドクリームとしても優秀なシンプルな成分のプリュムワックスで仕上げました。

来店直後にただプリュムワックスをつけた、髪の表面のボリュームを抑えることができました!

このように、ただつけるだけ改善することもできますので、あきらめないでください!!

何度もこのブログでは美容院でするトリートメントや髪質改善と言われているサロンケアは通わないといけないし時間もかかる、自宅では再現をすることができないものとして説明をしてきています。

度な髪の毛のコーティングは痛める と←こちらでも紹介をしていますのでまだご覧になっていない女性がいらっしゃったら是非。

お客様自身でボリュームダウンさせるためにはベースのカットも重要ですがスタイリング剤も必要です。

一般的にワックスはベタベタしてしまい女性は髪につけることを好まないと思います。

でもお肌でも保湿をするように髪の毛も保湿をしてしっとりとさせたらツヤも出るし、広がる髪の毛もくせ毛もうまく自分でセットをすることが可能なんですね。

チリチリの縮毛を抑えるカットとスタイリング剤

縮毛の髪質をショートで活かす

こちらの女性はくせ毛と言うよりは縮毛に近い髪質です。

チリチリとして広がってしまうしツヤが出ないことから、痛んでも見えてしまう。

三カ月おきに縮毛矯正をかけています。

髪の毛の毛量も多いため広がってしまうから短くしたくてもできなかった。

ですが今回「縮毛矯正をやめたい」とのことでオーダーを頂き約半年間矯正をかけずに僕のお店にいらっしゃいました。

くせ毛には種類があってチリチリしてしまう縮毛の髪質がショートにしたらボリュームが出てしまうのが誰でも予測ができるはずです。

毛量も多いことから縮毛矯正でボリュームダウンをされていましたが、「そろそろやめたい」

剛毛でチリチリしてしまう髪質

そんな思いで来店されました。

顔周りがチリチリ、パサパサしてしまう

今までショートにしたのは小さいころや学生の時くらいだそうです。

短くするとボリュームが出て自分でセットをすることができないんだとか。

縮毛矯正をかけても硬い髪の毛の質に悩まされているのでコテやアイロンをされてセットをしていたそうです。

ではショートカットにして適当に乾かしてワックスを付けただけでどうなるのか?

縮毛のショート(女性)

このように仕上がりました。

縮毛だけでショートヘアにすることができました。

あとは自宅でも自分で再現をすることができるのか?が問題ですよね。

ワックスを付けただけでボリュームをダウンさせることができます。

ショートに限らずロングの女性でもくせ毛や乾燥をしてパサパサしてしまう方には整髪料を付けることをおすすめしています。

縮毛を生かすショート

後日こちらの女性から頂いたご感想

市販のワックスト美容院で買うスタイリング剤の違い

上記でご紹介をしている女性は先日注文をされていたワックスがまだ自宅に届いておらず、代用として市販のワックスで髪の毛のボリュームをダウンさせようとしたようですが、その市販の整髪料では上手くスタイリングをすることができなかったそうです。

「自分では美容院帰りのような髪型にすることができない」

と思っていたところプリュムワックスが到着

そして半信半疑で使ってみたら

PhotoGrid_1455883922204

朝に寝癖を直すために髪の毛を濡らしてワックスを使用されたそうで

使用料を工夫しそのまま放置をしたらボリュームを抑えることに成功しました。

ペタンとなりすぎることがなく自然なカールを出すことができたんです。

何も付けないよりは付けて方がいいとお伝えしました。

でも市販のワックスでは縮毛を抑えることができなかった。

おすすめをしている整髪料を使ったことで上手くスタイリングをすることができた。

なんでもいいということではない。

さらに

PhotoGrid_1455881009107

自分自身のくせ毛を好きになってくれたのです。ボリュームを自由自在にすることができというのは髪の毛に非常になじみやすい成分のワックスだからです。

プリュムワックスをつけるかつかないかのテスト

ボリュームをダウンさせるワックス

こちらのお客様は縮毛で悩まされて来店

AとBで比較してみました。

普段なにも整髪料を付けないようで付けるようにアドバイスをさせて頂き比べてみた図です。

美容院の高級なシャンプーやトリートメントは美容院でしかできないため自宅で再現をすることができない。

ですがホームケア商品でボリュームをダウンさせることができたらいつでも自分でスタイリングをすることができます。

Bの方にはワックスを付けてAは何も付けていません。

ただ整髪料を付けただけでも変わることができます。ブローなどをしたらさらにボリュームをダウンさせることができますがお客様はブローなどのセットをされないので僕もしません。

もちろんしないよりはしたほうがいいのですが、来店直後にワックスを付けてみたのはお客様でできないスタイリングで誤魔化したくはないからです。

髪のボリュームをダウンさせるカット

髪の毛の毛量には個人差があります。ですので整髪料でも限界がある場合もあります。

髪の毛の量が多い

このように広がってしまう、毛量が多い硬い髪質の女性をショートに。

丸顔に似合う前髪

ここまでボリュームをダウンさせることができました。最後の仕上げには整髪料を少し付けています。

ワックスも重要ですがカットで上手にダウンをさせないといけません。

ボリュームを抑えるためにはまずはカットを見直すことです。
今すぐ変えたい場合はホームケア製品を変えることです。
乾かし方やセット法でも変わることができます。
毎回の美容院で髪を痛めてしまうと、良い髪質でも広がる。
できるだけ髪に負担をかけないように施術をしてもらうようにしましょう。

▼美容院MAX

東京都渋谷区神宮前1-8-20-2階

『MAX 場所』で検索!

料金など(ホームページ)

読むとあったかくなるお客様からのメッセージ集

2019年心と髪のBEFORE→AFTER画像集

⇒戸来にお問合せはこちら

▼戸来オリジナル大人の艶活応援アイテム

ショッピングサイト

ショップはこちら

Pocket

戸来 正博美容院MAX代表美容師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

愛する犬と猫について

twitter

ページ上部へ戻る