髪の静電気を抑えるには?

  • 2015/10/26
Pocket


髪の静電気抑える

 

もうすぐ12月となります。静電気が特に気になってしまう時期になりますが、髪に何をつけたらいいのか?わかりますか?もちろんどこでも売っているようなスタイリング剤をつけるのもいいのですがどうせだったら使い心地がいいスタイリング剤をつけたいですよね。私オリジナルの商品があるのですが、そのワックスの成分はいたってシンプルに設計しています。

無着色無香料無エキス界面活性剤も入っておらず成分だけの特徴を生かしたワックスになります。

その成分はワセリンとミツロウとホホバオイルアルガンオイルトコフェノールになっています。

これしか入っていないのです。

オイルを多めにつけてしまうとベッタリとしてしまうのですがそのベッタリしてしまうオイルとワックスの中間になるようなスタイリング剤を開発したのです。ただ現場で美容師をしていてお客様にはこんなものを使ってほしいと想いで作ったのです。

 

セット力がないと静電気で逆立ちやすくもなるし、かと言ってセット力が強いと頭皮や髪の絡まりがきっと気になるはずです。

これらの成分のみで設計していますので素人のお客様でも何が入っているのか?をわざと明らかにしたことによって安心して使っていただきたいからこのようなシンプルな製品を作ることにいたしました。今巷では静電気を抑えるスプレーもあったりしますし、もちろんワックスのようなものもあります。

ヘアオイルや市販であるワックスについて悪いといいたいのではなく、私は現場の美容師で作り手としても髪の毛によりよくなじむ製品を開発したいと思いお届けしています。

 

私表参道原宿で美容院MAXを一人で経営している美容師の戸来といいます。この記事では静電気を抑えるのにおおすすめのワックスをご紹介いたします。何をつけたらいいのか?わからない方にはぜひ参考にしていただけたらと思います。

美容院MAXの詳しい店舗情報はこちら

~~~~~~~~~

先日ワックスをご購入いただいたお客様から静電気を抑えることができたとのお声をいただきました。

時間がたったら広がってしまう髪がワックスを付けたことによって広がらなくなったのと静電気も抑えることができたとお声を頂きました

PhotoGrid_1445566539732

それに加え髪に艶が出たと口コミをいただきました。ありがとうございます。

 

このように髪の静電気を抑えるだけではなく髪に艶を与えてくれるのはオイルのテクスチャ「硬さ」ではできにくいのです。

固形のものだしたら髪もまとめることができますので、おすすめさせていただいています。

 

次に実際にワックスを購入されたお客様から静電気を抑えることができたのか?についてをご紹介します。あとは使い方も。

~~~~~~~~~~~~

お仕事中すみません 先日カットカラーしていただきました ありがとうございました[m(_ _)m]富山の○○です ちょっと教えて下さい 今日 昼頃から 静電気で 髪の毛逆立って困ってます 先日購入させていただいた ワックス朝出勤前につけました…たっぷりつけたほうが静電気防げますか
恥ずかしくてお客様の前でれません(笑)フワッって逆立ってます(涙)

>たっぷりとつけるよりかは今は乾燥して静電気が発生しやすくなってしまい、夏場のような温度ではないため汗をかくことがありません。だからいつもより使用料を増やしていただきたいです。

 

はい いろいろ試してみます 静電気で髪の毛枝毛傷みになりますか?ネット検索したら すぐにシャンプーかえたほうがいいとか 洗い流さないトリートメントたっぷりつけるみたいな記事だらけ 冬場乾燥大敵って 戸来さんが開発されたワックスで調整しますね[天使]

 

>静電気で髪がもし痛むとしたら髪が絡まってしまうからです。シャンプーがもしラウリルなどと成分表記に書いてある場合やそのシャンプーの洗浄力あなたの髪の状態にあっていない場合静電気は発生しやすくなります。夏に使っていてもし12月になっても同じシャンプーを使っていても夏は時に気にならなかった髪質も冬になってしまうと乾燥が違いますので、もしシャンプーをしてきしむようであれば変えたほうがいいと思います。ではどんなシャンプーがいいのか?ですが残念なことに決まりはないためあまりお勧めできません。ですが私は近い将来ショートのくせ毛専用のシャンププーやトリートメントを開発したいと思っています。そして時期によって気温や環境が変わって髪質が変わってしまう方にも対応したシャンプートリートメントを開発したいと思います。

 

 

ワックスの口コミ

ご購入はこちら↓



 

 

 

Pocket

戸来 正博

戸来 正博美容院MAX代表美容師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

愛する犬と猫について

ページ上部へ戻る