髪を梳く(すく)と広がる?!

  • 2015/12/4
Pocket

こんにちは、表参道原宿で美容院を一人で経営しています、美容師の戸来といいます。

髪を梳く(すく)という行為はどこの美容院に行っても断られてしまうことです。

すくことによって短い髪の毛を作ってしまうのですが、その短くした髪が表面に出てくることで表面のパサつきや毛先のパサパサを生んでしまう。

毛量が多くてくせ毛で硬い髪質のお客様の場合上手く梳いてそしてまとまるカットが必要だ。

梳いてしまうとまとまらないは常識です。

しかし、本当に毛量(髪質)で困っている方に感動してもらうためには梳いてもまとまるカットを提供していくべきなのだ。

 

梳かないで正確(無難)に整えてもらうor教科書通りのカットデザインを希望しているなら1000円カットに行ってください

梳くことでのデメリットの方が大きいのであまりお勧めをされません。

失敗が怖ければ梳かないほうがいいでしょう。

 

すくと髪が広がってしまう、痛んで見えてしまうというのは当たり前なんですね。

一般のお客様や美容師さんですらこれの答えは決まりはないと思います。必ずしも梳けば広がるとは言えません。

僕のカットは3万円と安いわけではないのですが、なぜこのようなメッセージを頂けるのだろうか・・

photogrid_1480663489961

なぜカットが三万円でもリピートいただくのか

どこの美容師さんも梳いてはいけないと言うけど僕は梳く。

梳かないとダメなお客様がいるんですね

さて

髪を梳く(すく)と広がるの?

PhotoGrid_1449185855394

乾かしただけでトリートメントもブローもしていません。

仕上げにワックスを使っただけです。

下手に梳いてしまうと広がってしまうので注意が必要です(*^^*)

上手く梳けばいい。

でも何度も言うようにどこの美容師さんも梳くことでのデメリットを強調します。

本当に髪の毛の量が多い人じゃないとわからないことでしょうけど、梳いても梳かなくても気に入らない髪型になって結局下すことができないで毎日を過ごしている人がいるんです。

「梳いたから広がっているんだ」と言われ

じゃあその梳かない美容師さんのもとで一年以上通ってみた

「あれ・・・なにこの野暮ったい髪型」ってなる

どうしていいのかわからなくなるんです。

それほど梳く(すく)とゆう技術は難しいのだ。

 

 

こちらをご覧ください

出張カットは5万円です

beforeは初回のカット前

1481096849619

afterは二度目、わざわざ東京までお越しいただき二か月以上経過した来店直後です。

いかがでしょうか?

まず、梳くからにはスタイリング法をお教えしないといけないのです。

すいても梳かなくても広がってしまう方は大勢いらっしゃいます。

梳いたらどんなセットをすべきなのか?をしっかり教えてあげないといけない。

こちらをご参照ください

なぜ女性にはワックスが必要?

こんなメッセージが寄せられます

PhotoGrid_1450320246997

ワックスの口コミ

購入をされた方からのワックスの使い心地や口コミ

 

髪をすくデメリット・メリット

髪を梳くと短い髪の毛をつくるということなのでそれが一か月で一センチ伸びてしまいますので周りの髪の毛を押しだしてor髪の表面から出てくるためパサパサ枝毛みたいに見えてしまいます。

 

根本から髪を梳くことはおすすめしませんが、箇所とか生え方、髪質、求める髪型によっては根元から梳かないといけない場合がある。

言葉では言い表せない、説明することができないことです。

そう、

感覚。

髪の量が多くて困っているのに梳いたら広がってしまうなんて誰でも簡単に言えますし梳く(すく)ことはそれだけリスクがあります。

メリットも多く存在していて

すくし梳かない人もいます。

 

求めるデザインによります。

 

髪の本数が多いとふんわりしない髪質の方は梳かないとエアリーな髪型にはなりません。

猫っ毛の髪を梳いてしまうと毛先がパサパサに簡単になってしまいます。

梳きすぎることがいけないのです。

PhotoGrid_1449185684170

2か月しか経っていないのに後姿がこんなにもパサパサになってしまっていたお客様。

 

いつも髪の量が多いから美容師さんには髪を梳くようにお願いしていたそうですが毛先がまとまらなくなってしまっています。

今回頂いたオーダーは髪の量をすきつつもまとまる髪の毛にすることです。

PhotoGrid_1449185728528

はい★

いかがでしょうか?これはカラーをする前にカットをさせて頂きました。

頭にのせているのは今回の梳いた髪の量をお見せするためにご協力を頂きました。

「髪の毛の毛量に困っている、悩んでいる方に役立ちたい」とのことでした

髪の量を少なくしつつも毛先をまとめるカットができるのです。

後日このような喜びの声が私のもとに届きました★

PhotoGrid_1449185638601

 

読みにくい方にもわかりやすく文章に書きだしたいと思います(*^▽^*)

・髪の痛みがなくなってすごくまとまる。

・髪を暗くしても子供っぽくならないで大人っぽい印象になった。

・髪を大切にしたいと思った。

髪の毛が変わった以外にも喜んで頂けてなによりです。そして信頼をしておまかせ頂けたことが私にとっては嬉しいです。(*^▽^*)

 

梳く(すく)コツがある

 

2015-09-22_13.56.04

このように毛先だけを梳いてしまってパサパサしてしまう

 

2015-09-22_13.55.26

梳き方を変えるだけでこのように変えることができるのです。

もちろんブローなどをしていません!!

 

くせ毛の髪質はうねってしまいますが、正確にカットをしてドライカットによって乾かしただけでどうなるのか?を見て頂きます。

 

僕が乾かしてから8割を切る理由は再現しやすくするためにです。

ドライカットのメリットやデメリットについて

 

梳きすぎたことによって広がってしまう方はこちらも参考にしてみてください★

梳きすぎてしまった方へ

髪を梳くのは簡単ですがもし間違った梳き方をしてしまうと直すのに膨大な時間と精神的な苦痛(髪を下せない)などリスクがあります。

 

失敗して毛先をまとめるために切らないといけない

でも

短く切りたくない方も多い。

 

毛先をパサつかせないで髪の量を少なくしてまとまりのいい髪型にするためには経験がいります。

 

私は美容師としての経験は浅いですが多くの失敗(挑戦)をしてきました。失敗なくして成功はない。

二度と同じ失敗をしないように美容師は日々精進していく必要があります。

頭ごなしに梳くのはダメ、下手な美容師だ とは経験上断言することができません!!

 

梳くのかすかないのかで髪型も大きく変わります。

 

乾かすスピードも変わってきます。髪の量が多い方は少ないことに憧れます。根本から梳くと短い髪の毛が必ず生えてきてあとで後悔をしてしまうこともあります。

髪を梳くというのはそれほど難しいことなのです。

梳くか梳かないかで髪型は変わります。

PhotoGrid_1449126322784

一見変わらないようにも見えるはずです。

ですがこれくらい⇓(胡散臭いですが(笑)本当です)

PhotoGrid_1449126346477

髪を梳いています。でも毛先をパサつかせないようにカットをしています。これは根元中間そしてカットのシルエット(デザイン)を変えたことによってここまで梳くことができたのです。

 

注意が絶対に必要です。

梳くのは簡単です。

梳かないのも簡単です!!

 

どっちがリスクがあるのか?と言えばどっちも変な髪型になってしまうリスクがあるとゆうことだけを覚えていってほしい。

 

もう一度言います。梳かない教科書通りのデザインなら1000円カットに行けばいいんです!!

 

髪が生えてくる時間は半年で六センチ。

それを考えると間違って失敗をしてしまって修正をする期間は半年間以上かかります。

 

髪を少なくすればいいという問題ではなくデザイン的にどうなのか?を追求することにこだわって頂きたいと私は思います。

以上今回は「髪を梳く(すく)について」でした。

髪の毛の悩みさえなくなれば生活さえも豊かになれるには間違いがないです。髪のお悩みなどございましたらお気軽に戸来にご相談くださいね(*^▽^*)

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

美容師戸来に問い合わせ【カットの予約する】

美容師戸来について自己紹介

携帯 abbccd@docomo.ne.jp

メール masahiroherai@gmail.com

電話 03ー6447ー4500

携帯 080-1853-4538

LINEID max.herai

お問い合わせや登録の際は一言「ワードプレスを見て」と教えていただきたいです。

美容院MAXの店舗情報価格メニューなど

~~~~~

ワックスのご購入はこちら

くせ毛にはワックスは必須です。僕のオリジナル商品です。


★ーーーーーー

【読んで頂きたい記事】

 

美容師MAX戸来の口コミ

BEFORE→AFTER

 

 

Pocket

戸来 正博

戸来 正博美容院MAX代表美容師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

愛する犬と猫について

ページ上部へ戻る