髪を軽くしたい女性へ

  • 2016/1/9
Pocket

こんにちは!表参道原宿で美容院MAXを一人で経営している美容師の戸来です。

完全マンツーマンです。他のお客様がいないのであなただけの美容院です

では今回の記事でも熱く語らせてください!!

髪を軽くしたい女性へ

というテーマで行きます!!

注意しなくてはいけないことや梳きすぎて大変な思いをされたことがある方へ

お話しをしていきたいと思います。

・梳かいないとできない髪型があります

でも梳いてはいけない髪質があります。

見極めなくてはいけないです。

 

髪を軽くしたい方は軽くしたいでしょう!!

髪の毛を触ったときに重かったり乾かすのが遅くなったり

触り心地ちがごわごわしてしまったり

もっと柔らかくしたいと誰しもが思うはず。

早く髪の毛を乾かしたい方はこの記事をどうぞ

 

軽くするカットはデザインを考えて施します。

「くせ毛は軽くすると広がる」と普通の美容師さんは言います。

しかし

僕は軽くしても少なくしても広がらないようにどうしたらいいのか?を提供します。

梳いたら広がってしまうのは誰でもわかることなのだ。

軽くしないで重たくまとめるカット

デザインはどっちも完璧でいないといけないです。

職人気質な美容師さんはどっちかが得意でそれは時代の流れに沿っていないことになります。

流行は絶対に考慮しないといけない。

ヘルメットみたいな動かない髪型は今時ない。

ファッション誌見てください!!

どの芸能人を見てもヘルメットみたいな髪型になっていないわけです。

 

軽くしたい女性はそのカットの仕方によって扱いやすい・扱いにくいが決まってきます。

 

レイヤーとシャギーの違い をぜひご覧くださいね。

 

軽くしてもまとまるカット。

そして束感を出す。

さらに二か月以上長持ちし柔らかく動く髪が日本人の女性には大事。

重くまとめるカットでも実際は軽いが理想!!

 

重たくするのもデザインです。

(梳かないでまとめるでもなく)丸いカットをすることが重要な技術です。

軽くしたいけど丸さは残すのです。

 

髪質を見極めなくてはいけない!!

髪質が柔らかくて毛の量が少ないかたにむやみに梳くのは間違っています。

 

基本通り美容学生でもできるカットとはただ繋げて切ること。

これはどの美容師さんでもできますが、流行を考えて今カットの提案事態が変わっています。

 

ただ収めればいいわけではない。どんな髪質でも対応できなくてはいけない。

 

「収まらないのは前回の美容院でこんなにも軽くしたから」

と美容師さん言われる方もいると思います。

 

「軽くしたい」とオーダーすると「まとまらない」と言われてしまう女性は多い。

そのため梳く=下手な美容師と思う方もいるでしょう

けどそれは違います。

何度も言いますが梳かないとできない髪型があります

顔、頭を小さく見せたいなら少なく、軽くしないといけない。

 

髪質を見極めてカットをしなくてはいけないのです。

「軽くしたいのに広がるから梳けない」

これは間違っていますし正しい意見でもあります。

美容師の応用力、カットの力量、柔軟性が必要。

 

ただ乾かしただけでどう決まるのか?&巻いたり、風に髪がなびいたらくせ毛がどう動くのか?をデザインしなくてはいけない

そんなことを考えたら梳くしまとめるカット!

 

 

軽くしたいとは髪が動かないからだったり本当に重く感じて毎日のストレスになってしまっています。

したい髪型にもできません。

 

「お菊人形みたいになってしまった」なんて良く聞く話です。

 

「毛量が多いしくせ毛だ」

そこの深い悩みを解決しまとまるカットを僕たちはしていかないといけない。

 

どっちも叶えないととプロではない。

まとめるカットをしたいなら1000円カットはうまく切ってくれます。

そして早いです。

一切梳かないでまとめてください

とオーダーをすればいいのだから。

 

髪を少なくする技術はリスクがあります。

いくらでも逃げる口実ができます。

「軽くしたいです」

「まとまらなくなってしまいますがいいですか?」

 

って言われてしまってはできませんよね。

 

だって美容院に行って「髪の量が多いから少なくしたい」とオーダー

そしてら美容師さんに「梳いたら広がる」だなんて言われたらカットしてもらいたくないですよね

 

カットって難しいんです。

そこを何とかしましょう!!

 

軽くしたい方はもっと柔軟にいきましょうね

ではさっそくコチラ↓

 

PhotoGrid_1449126322784

スキ方大事わけです。

縮毛矯正をかけていると「軽くしたい」という悩みは解決できずにとりあえずくせ毛だけを抑えるように矯正をかけてもらっている方が多いと思います。

 

アフターではほとんど長さがわかっていないのがわかると思いますが、

軽くしたいという願いをかなえまとめる髪型にすることが出来ました。

 

もちろんブローもしていません。

トリートメントもしていません。

僕のお店には髪の毛をつるつるのする誤魔化しのサロンケアが一切ないです。

なぜ?

と思った方はこちら→美容院のトリートメントは痛む をご覧くださいね。

 

 

で上のお客様ですがどれくらい梳いたのか・・・

PhotoGrid_1449126346477

これくらいです。

 

当たり前ですがめくったら大きな穴が開いているわけではございません。

しっかり時間をかけてすいています。

2015-07-03_20.11.45

梳きすぎてしまったかたへ をご覧くださいね

上記の画像は同じところを梳きすぎです!!

 

軽くしたいと悩む女性は軽くしすぎて後悔をしてしまう方も大勢います。

だからどう軽くするのか?がポイントになってきます。

 

でね

このようにしてしまう美容師さんもいらっしゃいます。

2015-07-03_20.39.08

こちらのお客様は毎日コテを巻くお客様で 岩手県から通ってきてくれる をご覧いただけたらわかると思いますが

「髪の量が多くて少なくしてください」

とオーダーしたらこのようにされてしまうので毎日巻いてごまかしているんです。

 

軽くしたいだけ叶えてはいけない

デザインしていかないといけないのだ

毛先がパサパサしていると老けて見えます

髪型の雰囲気もそうですが巻いたときにふんわりと動いてほしい

毛先がパサパサになってしまってはセットもしにくいです。

 

 

「じゃあ梳かなければいいのでは」

と思うじゃないですか?

 

それで僕のカットは三万円ですが、価値がないと思っています。

 

軽くしたいを叶えてまとめるカットをしたいのです。

 

髪の毛の量が多い・軽くしたいのに梳かないって

結構苦痛で美容院に行く意味すらないと感じる方だっています。

だから自分でカットをする人だっているんですから。

 

上でご紹介しているお客様は髪の毛の量は正直多いし硬いのですが、

そのため毛先をやたらすいていました。

 

僕は梳く箇所を変えました

軽くしたいけどまとまる髪型にしたい方には

毛先はまとまるけど毛量を梳くのです!

1428183816958

役半年間でこのように変えることができました!

 

言葉では簡単に言えますがこのように岩手から通って頂くのも何かの価値を感じてくださってのことだと思います。

 

もちろん適当に乾かしただけです。

軽さは均一に梳いていますので広がりません。

「軽くしたいを叶えてまとめる」

じゃないとリピートしませんよね

正確に梳いているから巻いてもふんわりします。

 

 

ではこちらの軽くしたいショートの女性

くせ毛で髪の毛が太い・多い女性です

1438467973672

前回の美容院でも少なくしてもらっていましたが

BEFOREのように毛先がパサパサしてしまっています。

 

アフターは髪の毛の量を結構少なくしてまとまるように毛先を丸く切りました。

 

頭の大きさに注目をして頂きたいのですが遠近法を使っているわけではないです。

大きさが変わるのです。

 

ここまで読まれて「この美容師は髪を梳くのが好きなのか?」と感じる方もいらっしゃるはず

違います

お客様にただデザインをご提供しているだけ。

頭を小さくして乾かすのも早く

まとまりやすく、髪の量を少なくしています。

 

何度も言いますが梳くしまとめる!

軽くしたいといわれてもまとまるカットを目指している。

 

こちらの軽くしたい女性もそうです

2015-09-22_12.08.14

僕は髪を少なくしたい方には立体感を出すようなカットをして後ろ姿にも注力を注ぎます。

 

首がきれいに見える髪型を作りたいんです。

 

髪の毛の量が多いと軽くしたいのは誰でも思いますが

失敗をしてしまうと以後美容院で軽くしたいとオーダーをするのが怖くなってしまいます。

 

 

芸能人の髪型にも小顔にする・見せるヒントがあります。

PhotoGrid_1447553759993

束感を出すのは技術です。このように軽くしたいですよね。

 

髪を多いので少なくした女性の一か月半後

 

では梳いた髪の毛は一か月半経過した来店直後どうなっているのか?

 

重たく切ってもくせ毛や剛毛のお客様は美容院帰りではまとまっていても

後日広がってしまっては終わりです

自分でセットができない髪型は頭が大きく見えてしまいますので

全体のバランスを意識してデザインをしていきます。

ではこちらが初回来店されたときです

1445166085749

「軽くしたい」とのことで切らせて頂きました。

 

BEFOREはカットをしてまだ一か月も経っていない髪型です。

 

毎朝髪の毛のボリュームを抑えるためにブローをされているのです。

アフターではブローもしないでただ乾かしただけ

そしてプリュムワックスをつけただけです。

 

ちなみに女性ってワックスがベタベタするから使うのが嫌な女性って多いと思いますが

自分で開発したプリュムワックスはただシンプルに保湿をしてくれる成分だけを入れています

 

自分の顧客に使ってほしくて開発したものがあります。

くせ毛でも軽くしたい女性はまず

なぜ女性にはワックスが必要なのか?をご覧いただけると嬉しいです。

 

 

一つ上で説明したお客様の初回来店直後

PhotoGrid_1449223748230

頭が大きいのではないです。

なぜ大きく見えるのか?

それは「くせ毛で毛量が多いので少なくしたら広がる」

と言われているから重たくカットを収めていただけのカットをされていました。

 

肩幅と頭の幅のバランスは非常に大事です。

このような髪型こそ軽くしなくてはいけません

では二度もカラーのみをされにきたお客様の来店直後

PhotoGrid_1449224026173

いかがでしょうか?くせ毛で軽くするのを断られてしまったお客様です。

 

梳いたら広がると言われていたお客様の一か月半後の来店直後です。

1449221370005

同じ来店直後です

 

髪を少なくしたいという悩みは梳いてもまとまるカットにしなくてはいけないし

お客様自身でセットができないと意味がない。

 

長持ちをするカットをしています。だから三か月に一度のカットでもいいわけです。

 

 

軽くすることでのメリットとデメリット

これは先ほども述べましたが乾かすのも早くなるし頭が軽くも感じます。

 

実際少なくした重量は大した重さではないのですがそれでも軽く感じるのは

隙間が髪の毛にできますのでそれが動いてくれるから軽く感じるんです。

 

そう、カットをしています。

僕は髪を軽く(梳く)ことが多いです。

「少なくしたい女性を軽くします」

なぜ?

今のトレンドでもあります

自分が担当をするお客様の系統的に軽い髪型のほうが似合うのです。

 

芸能人の髪型って大体軽い髪型になっていますよね?

でも大体の美容師さんは「あれはセットをしているからできている」とか

「雑誌の髪型はいい髪質の人しかやっていないから誰でもできるし、自宅でセットができなければ意味がない」などと言われ

お客様が軽くしたいと思っていてオーダーをしても断られてしまいますよね。

 

「梳きすぎているからこんなになってしまう」だなんて言う美容師さんもいるそうです。

たしかにそうです

少なくしすぎてしまうとパサパサしてしまいます。

PhotoGrid_1449185855394

軽くされすぎてしまって広がる髪の毛でもカットとカラーだけでいいのです。

トリートメントなんて意味がないのです。

だから僕のお店にはメニューにないのです。

確かに広がる原因は少なくしすぎたことによって起こる事故です

 

PhotoGrid_1445338170334

このようにまとめるカットも大事です。

でもコテで巻いたときにふんわり動く・なびくカットは軽くしないといけないです。

道具は何を使うのか?とかではない。誰が使うのか?だと思っています。

 

臨機応変に対応していきたいと思っています。

 

 

ただ収まればいいって問題でもなく似合わせていかなくてはいけないし、いかに誤魔化さないでスタイルを維持していただくのか?が大事なんです

 

最近でもフレンチカットグランといったカット技法が珍しく思うことから

そのカットをしている美容院に駆け込み

毛量は少なくなったけどあとから後悔をされる方も少なくない

 

根元から髪の毛をスクとうのは短い髪の毛を作ってしまうことなので

一か月に一センチ伸びていくと仮定すると半年たった時に

髪の毛の表面からパサパサと出てきてしまうのです。

 

最初は軽く感じていいのですが梳き方を間違ってしまうとのちのち大変なことになりかねます。

 

ですので根元から少なくするカットはリスクがありますし、

「ハサミに特徴がある」とうたわれていますが、

物は使い手によって違ってきます。

 

「ハサミが特殊だから根元から梳ける」そんなイメージでしょうが

今ネットでフレンチカットグランでも失敗を検索をすると

失敗談がほとんどでその失敗は大きな代償となってしまいます。

 

 

刃先が特殊?とはいえ同じ髪を切る道具には変わりがないため

それを過信してしまったために失敗をしてしまうのではないでしょうか?

 

くせ毛で剛毛でしたら確かに髪の毛の量が多くて広がってしまう

かと言って梳きすぎてしまうとパサパサになってしまう。

どこをどのように梳くのかが大事なだけですが、これはセンスと経験でしかない

マニュアルはないのです。

だってくせ毛は湿気を含むといつもよりも広がったりうねったりします。

雨で広がる、膨張してしまう髪質なのに短い髪の毛をたくさん作ってしまったら

DSC_4572

このように湿気で表面からパサパサと出てきてしまいます。

 

このように髪の毛の表面がモアモアと出てきてしまうのは

細かいスキを入れてしまったからでもありますし、

少なくする場所が悪かったからなんですが、

これを何とかしたいがために美容院でトリートメントをしてもなんの解決にはなりません。

 

ただ誤魔化しているだけでコーティングが剥がれてしまってまた広がってしまいます。

僕の美容院にはサロンケアが一切ないというのは何度もお伝えしてありますが

このような方でも

DSC_4581

このように正しく髪の毛を梳いて

さらに髪の毛の表面もつやが出るように仕上げることができます。

 

トリートメントなどは一切していません。

適当に乾かして最後にプリュムワックスを付けただけです。

 

硬い髪質やくせ毛の女性は痛んで見えてしまいます。

 

ですので保湿をすれば艶が出るのですが、少なくすればするほど短い髪の毛を作ってしまいます

 

なのでそのカットの方法は髪質によって変わりますから、一概に「フレンチカットグランがいい」など言えません。

 

くせ毛がパサパサしてしまうお客様にはワックスをおすすめして

実際に使ってみた方からの感想はこちらです。

edited_PhotoGrid_1453038730411

こちらのお客様は剛毛で癖があるのがお悩みでしたが

今では二か月経過してもワックスをお使いいただいていつものようにセットをされたら

このように「広がる髪がまとまる」と教えてくださいました。

いくらヘアケアを美容院でしても自宅で再現できなければまったく意味がないためホームケア商品をお勧めしています。

 

「根元から梳いても大丈夫」とはなんの根拠もないです。

現に失敗をしてしまう女性は大勢いらっしゃいますので

やり手の問題なのかと思いますし根元から減らしていい箇所とダメな箇所があります。

そこを見極めなくてはいけません。

すべての人に対応できるカットはありません。

1452941328829

ただ硬い印象のあるボブがこのように柔らかく見えるようなってくれるだけでも頭が小さく見えます。

 

根元から少なくしてしまうとその髪の毛は後から出てきてしまいパサパサになってしまいます。

1452941374054

こちらのお客様も髪の毛の量が多いことから短く切っても「広がるから」と言われ

ショートを断られてしまった。

BEFOREではもちろん適当に乾かしてワックスを付けただけです。

 

骨格や髪質を考慮し三か月たっても短い髪の毛が手出て来ないように

カットをするには経験しかないと思います。

PhotoGrid_1445338128721

なので同じ来店直後二か月経過し、

お客様でセットができているのか?を見させていただいています。

 

まったく髪の毛の毛量を梳かないのも持ちが悪いのですが、

梳きすぎてしまって最初はいい気もすると思います

でもあとのことも考えてスタイルをご提案しなくてはいけません。

髪型が変わることによってどのように変わるのか?

BEFORE→AFTER

 

今回は「髪を少なくしたい女性へ」熱く語らせて頂きました。

 

最後まで読みにくい文章をお読み頂きありがとうございます。

 

美容師戸来に問い合わせ【カットの予約する】

美容師戸来について自己紹介

携帯 abbccd@docomo.ne.jp

メール masahiroherai@gmail.com

電話 03ー6447ー4500

携帯 080-1853-4538

LINEID max.herai

お問い合わせや登録の際は一言「ワードプレスを見て」と教えていただきたいです。

美容院MAXの店舗情報価格メニューなど

~~~~~

ワックス(プリュムワックス、ホームケア商品)のご購入はこちら

くせ毛にはワックスは必須です。僕のオリジナル商品です。


★ーーーーーー

【読んで頂きたい記事】

 

美容師MAX戸来の口コミ

 

 

Pocket

戸来 正博

戸来 正博美容院MAX代表美容師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

愛する犬と猫について

twitter

ページ上部へ戻る