QBハウス(1000円カット)は注文できない?失敗すると評判があるみたいだが果たして!!

  • 2016/6/15
Pocket

はー

みなさんおはようございます。

暇すぎてどうしよう

DSC_0194

顔を洗ってとりあえず一服しながら今日なにするか考えています

 

DSC_0195

暇だからまず髪の毛セットして

やる気を出そう

DSC_0196

最近男性にもご購入いただいているこれです。

プリュムワックスです。

これのすごいところは一服をしている二分間の間で

髪の毛もまとめてくれるしくせ毛でしたら艶を出してくれる

寝癖につけてみると髪の毛全体によーく伸びるんですね・・・

つける量はこれくらいです

DSC_0198

そして下を向いて

握りながらつけてください

DSC_0199

そう、こんな感じです

DSC_0203

ほら

そしてらこんな感じで

たばこ吸いながらスタイリングが簡単にできました。

まだ吸い終わっていません。

僕の支度は一服の間にほとんど済ませてしまいます。

 

僕の場合手に残ったプリュムワックスは洗わず、顔につけます。

時間がないときはもうこれでオッケーなんです。

めんどくさい化粧水、乳液、クリームしなくていいんです

髪の毛もできて顔もオッケーなんです

 

で、この記事のタイトル気になりますよね?

暇な僕は男性諸君にスタイリングの仕方をお教えするのが目的でした

 

でも、なんか舞い降りてきましたんですね

 

ひらめいた

今までにないこの感じ・・・

ゾクゾクするこの感情!!

 

 

 

そうだ!!

 

 

QBハウス行こう

Screenshot_2016-06-15-11-15-53

ってことで家からも近い有楽町駅から近いQBハウスへ向かおう!!

http://www.qbhouse.co.jp/search/detail.php?id=584

 

QBハウスって何?

まず行く前の心境、僕の中に植え付けられていた勝手な先入観をご紹介します

・1000円でカットをしてくれる

・シャンプーなどしない

・年齢層が高いお客様しかいない

・早い

・オーダーができない

・失敗のリスクがある

・入りにくい

行ってみないとわからないことがあるんだ!!評判なんて気にしない!!

と自分を信じて今まで生きてきました

実体験するまですべてのことが信じません。

僕はB型

無心で体が動き

QBハウスって評判悪いイメージがあって

それを覆したい!!とゆう強い想いだけが僕の原動力になっている

 

速攻着替えて

PhotoGrid_1465957331328

タクシーを捕まえます

 

よし

 

DSC_0207

原宿の美容院で髪の毛を切ってもらって

まだ二週間も経っていないと思います

QBハウスで髪の毛を切るのはもちろん初めてです

生きている間に一度は行ってみたいと思っていた場所でもあります。

まだ実感がないです。

これから1000円カットに行く!!

ここだけの話、途中で引き返そうかと二度思いました

 

でも、もうタクシーを止めることはできません

もう、イメージがなんとなくできてしまっていて

ニヤニヤする自分の顔を、笑いを押しこらえ

 

・・・

なぜかいつものルートがすごく長く、今までの人生を振り返ることができるくらい長く感じます

 

ついにデビューしてしまう・・・

 

 

着きましたよ

DSC_0208

看板わかりにくかったです。

靴の修理屋さんかと思いました

 

1000円カット人生初

ドアは自動なのか?と思ったら普通の引くやつでした

中が見えない

深呼吸をしました

そして

 

「ガチャ」

いらっしゃいませー

とトーンが高めの声が聞こえました

なんか美容師になったばかりのことを思い出しました。

 

店内を見るのが怖かったため下を向いて入店・・・

匂いは無臭だったと思います

 

 

1000円カットとなればなんかもっと混雑しているのかな?と思ったら

顔をあげたら・・・

俺含め、二人の客しかいなかった

心の準備が僕にはまだできていません

(平成三年生まれの俺)

当初のプランは待合に座っている最中その切られているお客様の様子を見てイメトレをすることでした

 

でもそれができません

僕しかいないからです。

美容師さんとお客様の他愛もない会話が聞こえます

こんなはずではなかった!!

待っている最中

何を話そう?

とか

どんな口実で写真を撮ることを承諾得ればいいのか?

気分を悪くさせないように、悪気は一切なくただ、世界にQBハウスとゆう1000円カットの実態を親愛なる読者に知ってほしくて

何とか優しく僕のこの好奇心に付き合ってくれないか?

などなど

気持ちの整理が必要でした

 

いろいろ考えるのが無駄と

やっと開き直りました

 

でも

DSC_0209

これを見て

不安しかない。

でも店員さんの目線やばい

もう、行くしかない

店員さん見ている

待合には誰もいない

店内にはスタッフ三名

60代くらいのお客様

 

QBハウスの美容師さんは50代近かったです

女性のスタッフさんがいましたがマスクをされていて綺麗なのかどうなのか?

わからない

とりあえずもう僕を担当する人が決まっているみたいです・・・

(美容師だからなんとなくわかります)

 

女性じゃなくて眼鏡をかけている男性が待っています・・・・。

発券するのを待っています

まだ僕はこの機械の意味が分かりませんでした。

(ちょっとフリーズしてました)

これを発券(購入)したら席に座らないといけないと想像できる

そのおよそ二分でいろんな事を想像してしまった

1080円を入れました。

 

「こちらへどうぞー」と優しいおじさんの声

 

軽くお辞儀をして

着席

1000円カットでは注文できる?

座った瞬間切られるイメージでしたが、違う

なんとカウンセリングっぽい雰囲気を感じることができた

話聞いてくれるんだ!!

俺より優しい!!

と思っていたら

あちらから

「今日はどうしますかー?」

え?優しい!!

俺「んー・・・・」

まさか注文を聞いてくれるとは思ってもいなかったので驚きました

 

「刈り上げていますね、何ミリにしますか?」

俺「んー・・二ミリで」

何ミリとか僕にはわからなかった

そこも聞いてくれるんだ!!って驚きました。

 

いつも美容院に行くと「適当に」って注文をしてなんとなく切ってもらっているから。

 

「ジャニーズっぽくしてください」っていつも初回の美容院ではつまらないギャグにもならないことを言って自分だけがツボに入って笑いをこらえるのですが

 

QBハウスの場合、冗談が言えない雰囲気です。

それが面白かったりもする。

 

(和やかなジェーポップの音楽が流れています。)

 

 

音楽とは裏腹に

全然笑ってくれない雰囲気を感じます。

 

 

気分的には就職面接のときみたいな感じです。

緊張します。

 

「全体は?」

「・・・・」

「整えるくらいにしますね、梳きますか?」

「・・・梳かなくていいです」

梳くとはリスクが生じやすい

だから断りました

今思うと弱気な自分に嫌気が・・・

 

「はいかしこまりましたー」

 

ってカウンセリングをされている最中に知らないうちに

クロスの装備が完了していました。

 

首に巻いてもらったのがタオルじゃないのは今でも覚えていて

あの感触は何だったのか?

 

アッとゆうま過ぎてわからない

テープかな?ビニールっぽかった

そして今からカット!!

と思いきやバリカンだ.

 

かなり丁寧です。

気持ち悪いくらいです。

 

そのとき

あ、俺なんのために来たんだ

写メで撮ってみんなに伝えないと!!

勇気を振り絞って

「すみません。写真撮ってもいいですか?ここ(QBハウス)に来た事みんなに伝えるために撮影したいんですが、お店と僕しか撮らないのでいいですか?」

ってお願いした。

入店した二分後視線を感じながらもスマホを出して

発券機を撮影しておきながらも、改めて許可を得る

それしか手段がないのです。

 

 

 

そしたら

「いいですよ・・・・」

と返事がきました

顔を一緒見て感じました

まったく笑顔ない

でも承諾いただきました

 

その瞬間僕の目に入ったのは目の前にあるモニターではなく

DSC_0212

笑顔で接客をします

とゆうシールだ

なんか悲しい、つらい。

 

QBハウスの美容師さんの容姿は?

できるだけ誰なのか?特定できないように鏡越しで

DSC_0213

ひげを生やしている男性の美容師さんに僕の髪の毛をお任せしています。

その下にはあのシール「笑顔で接客します」

DSC_0216

(モニターの人と同じポージングでパシャリ)

体の大きな美容師さんです

バリカンだけで終わるかと思っていましたがそうではない。

ハサミをもってカットもしてくれました

軽快なリズムです

 

全体的に一センチカットをしてもらいました。

注文はしていません

していたらもう少し切ってもらっていたかもしれません。

カット始まる前の注文時間で伝えておくといいかもしれないポイント

切られている最中に後悔したことがいくつかあるのでご紹介します。

・イメージする画像があったら見せておけばよかった

何か変わっていたかもしれない

・梳かないでを梳いていいですなど、信用してお任せすべきだったかもしれない。

 

あっとゆうまに終わります

 

DSC_0217

「あ、なんか吸い取られている」

このとき美容師さんは

「スタイリング剤つけているから終わったらすぐシャンプーしたほうがいいですよ」

とアドバイスをいただき

スタイリング剤をつけてきたことを少し後悔しました

しかし

もし、スタイリング剤をつけていなくてカットをしてもらっていたら・・?

このあとデートなどがなかったからよかった!!

もし、1000円カットの帰りに合コンやキャバクラ、映画などを鑑賞するようなデートが控えている方はプリュムワックスを持参してQBハウスに駆け込んでみてください。

 

で、吸い取った後!!

渡されました

「よかったらこれをどうぞ」

 

なんだと思いますが?

1000円カット終了後

美容師さんに渡されるものって・・・・

1、ラブレター

2、チョコ

3、名刺

4、クシ

5、紙おしぼり

 

 

正解は・・・・・

 

 

 

 

DSC_0218

 

5番のおしぼりでした!!

 

渡されたとき何に使うのか?わからなかったです。

手をとりあえず拭こうかなーと思いましたがほかの使い道があると思った・・

なんだろうなーと思いながら

QBハウスの目の前にある横断歩道を渡って

タクシー来るのを待ちます

乗り込み

まだ使い道がわからない

DSC_0219

髪型はこんな感じで仕上げていただきました

なんか違和感がある

サイドは?

DSC_0220

んん?

DSC_0221

コリアン?

 

刈り上げてもらったところ触ってみました

DSC_0223

ゴマ?

いいや、これは俺の髪の毛だ!!

まさか・・・?

DSC_0224

 

おしぼり・・・・・

 

 

DSC_0226

先生!!

今わかりました!!

スタイリング剤付けてる、付けていない関わらず、シャンプーなしだと髪の毛がくっ付いたままになるってことなんですね

 

刈り上げ部分にはもちろんスタイリング剤をつけて入店していません

おしぼりは刈上げ部分や顔を拭いてなど細かい髪の毛を取って欲しいとゆう

「やさしさ」から生まれたサービスなんですね!!

 

 

人生初の1000円カットでは失敗をしませんでした

そして評判にあるようなことは一切ありませんし

価格に対して最高のパフォーマンスでした

 

 

しいて言うならば

DSC_0228

 

往復の交通費のほうが高かったです

各駅に展開していただくことを願っています。

タクシーのほうが不満があります。

同じ10分でも居心地は1000円カットのほうが良かったです。

 

タクシーは匂いが気になります

そして会話はいりません

道案内させないでください

 

どさくさに紛れ、関係のないことを・・・失礼しました

 

かえって見てから鏡を見てセットを簡単にしてみました

DSC_0230

いいと思います

 

美容院に行ったら必ず30分かかってしまいます

けど1000円で無駄なお話がなく

ただメンテナンスをしていただける

 

それで1000円なのですから

待たされることがなく

美容院でのシャンプーが嫌いな僕はQBハウスよかったです。

また行きます。

評判や口コミは無視をして自分で実体験するのがいいとおすすめします。

 

スタイリング方法や似合わせ、提案をしてくれれば最高ですね。

 

以上今回の記事ではQBハウス(1000円カット)の失敗とゆう口コミ・評判が真実なのか?についてをお届けしました

 

非常にいい、美容院です。

お互い気を使うことがなく無駄もない

 

女性には絶対に行ってほしくない領域ですが

男性にはベースがある程度整っている方のみでメンテナンスをされることをお勧めします

 

似合わせとか、扱いやすさを求めるのではなく、整えに行くところと認識をし

一切甘えることができない美容院だと思っていきましょう

ドライなプライベートなヘライには接客がなしでカルテを記入しないといけないなどが一切ないQBハウスのカットはあっていると感じましたよ

ただ担当が誰に当たるのか?

わからないため感じ方は人それぞれ好みがあるかと思います

なんか辛い

とゆう、感情が芽生えてしまうのはなぜなのか・・・

 

正直、女性にはいってほしくないところです

 

 

 

 

 

つまらない記事をここまで読んでいただきありがとうございます。

 

またリベンジしたいと思います。

 

 

プリュムワックスの口コミは

こちら→口コミ・評判まとめ

 

美容師戸来に問い合わせ【カットの予約する】

 

携帯 abbccd@docomo.ne.jp

メール masahiroherai@gmail.com

電話 03ー6447ー4500

携帯 080-1853-4538

LINEID max.herai

お問い合わせや登録の際は一言「ワードプレスを見て」と教えていただきたいです。

 

美容院MAXの店舗情報価格メニューなど

髪型が変わることによってどのように変わるのか?

BEFORE→AFTER

 

ワックス(洗い流さないトリートメント)のご購入はこちら

くせ毛にはワックスは必須です。僕のオリジナル商品です。


 

美容師MAX戸来の口コミ

 

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
戸来 正博

戸来 正博美容院MAX代表美容師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

愛する犬と猫について

ページ上部へ戻る