髪の分け方、前髪の分け目について。変える?それともなくす?

  • 2016/11/14
Pocket

髪の毛の分け方によって髪型は大きく変わります。前髪を作るか作らないかで別人になれる。

「おでこが広い」、「前髪が割れてしまう」だから作ることができない人もいますが作れる人もいます。

作ってみてからじゃないとわからない場合もある。また、少し頑張って朝三分くらい時間をかけて前髪を濡らしてお教えするような乾かし方セット法を実践いただければ風に吹かれてもおでこは全開にならずに手でちょっと直せばいい場合がある。

「分け目を毎日同じ場所にすることで生え際が薄くなる」とゆうことを良く聞きます。

医学的な根拠が全くないのですが、現場で多くのお客様を見させていただき分け目を変えることで見た目が良くなる人もいることは事実。



 

そんなこんなでこの記事では

髪の分け方、前髪の分け目について。変える?それともなくす?

これについて触れていく。

お顔正面をご紹介したいのですが個人が特定できないようにするため横顔や後姿だけで解説していきます。

 

 

なぜ分け目を変えることをお勧めするのか?また、なくした方がいいのか?を自由に説明していきますね。

最初に注意させていただきますが、前髪が割れてしまう、つむじが割れてしまうから縮毛矯正をかけてしまっている人がたまーーにいらっしゃいますが効果はないです。

生え方が問題なので髪の毛をまっすぐにしても意味がないのです。

 

例えばつむじが割れてしまっていたら?正面から見ると顔がのっぺりとしてしまう。

ハチが張っている骨格や丸顔の女性はとくに気を付けたい。

ふんわりさせましょう。

髪質や髪型が問題で分け目を変えることができない

縮毛矯正をかけないと下すことができない髪質や逆に猫っ毛や薄毛、直毛でパックリと分け目ができてしまう女性もいらっしゃいます。

美容院MAXくるお客様にはいろんなお悩みを抱えているのだ。

1478855777589

はいこちらをご覧ください

今月2016年11月にいらっしゃったときの髪型

だいたい二年ほど通っていただいています。

(beforeは四か月経過した来店直後)

最初はこちらでした

縮毛矯正をやめたい

beforeが初回の来店直後でafterが初回から一年以上経過した髪型です

何を言いたいのか?

初回の来店直後は縮毛矯正にさらにデジタルパーマをかけていました

そしてカラーをしたくてもできなかった。

美容院の滞在時間と頻度がものすごい体力の消耗になっていた。

何よりも縮毛矯正をやめることができた

で、前髪の分け目が常に変わっていますよね?

今となってはこれが当たり前となり、縮毛矯正をやめることができたお客様で昔は無理と言われていた、お客様自身もできないと信じているロングヘアを目指している。

一般的にはくせ毛はショートにすることで生かしやすいのですが信じて通っていただくとくせ毛でもロングにすることができる。

 

頑張って縮毛矯正を定期的にかけて根元がペタンとさせていた日々が今では強いくせ毛を生かし分け目も自由に変えることができるようになりました。

もう一度ご覧ください

これが今の状態です。

くせ毛はロングにすることができない?

beforeが四か月経過した来店直後です

ちなみに四か月経過しても地毛とカラーしている髪の毛の境目(プリン)が目立たないようにカラーをしている

だから四か月放置することができるのだ。

前髪に強い生え癖があって割れてしまう。分け目をなくすには?

前髪の分け目を変える

このように前髪の分け目をぼかし、ふんわりさせることによって頭の形を綺麗に見せることができる。

ポイントを解説します。

まずくせ毛で髪の毛が硬い毛量が多いわけで骨格、顔型のお悩みもありました。

分け目が目立ってしまい頭が大きく見えてしまう

正面から見たら頭が四角く見える

ショートにしたいとゆうことでひし形のシルエットになるようにデザインをさせていただきました。

「分け目は線にするのではなく点にする」

どうゆうことなのかご説明しましょう。

 

つむじが縦に割れてしまう

真横に流してしまうと線になる

放射線状に流すと点になるとゆうことです。

これは初回だけでは解決しないかもしれない。それほど難しいとゆうこと。

どうカットをするのか?とお客様にどうしたら分け目をなくすことができるのか?を通っていただくうちに何度もお教えしていきます。

 

髪型は根元からふんわりしている方が恰好がいいです。

割れ目や分け目、分け方を変えると頭の形が変わる

そして横顔はつむじが割れていると後頭部に高さを出しにくいため、頭の形が悪くみえます。

変えることをおすすめしたい。

前髪の分け目を右にするか左にするのか?でも雰囲気が変わります。

 

顔が左右対称な人はなかなかいません。僕で言えば右側のほうが笑った時に上がる。

話すときの表情が左右非対称なのも個性ですが見せたい表情のほうに分け目を持ってきたいですよね。

魅せたい方を隠す髪型にしてはいけないとゆうことです。

毎日同じ分け目だと表情が変わる可能性もあるのだ。

前髪の分け目次第で見せたい雰囲気にしようといいたい。

縮毛矯正をかけたばかりでペタンコに

こちらのお客様は僕よりも若い芸人が好きな愛知県?からお越しのお客様だ

初回の来店直後がこちら

痛まない縮毛矯正はない

 

で最近の来店直後がこちらです

dsc_0221

およそ三か月?経過している来店直後になります。

まだ縮毛矯正部分が残っていますがセットの仕方をお教えし、実行いただいています

だから今ではお客様自身でくせ毛と縮毛矯正の境目を誤魔化すことができている。

髪型も変わって分け方も変わったので丸みが出てきましたね。

 

初回の来店直後

縮毛矯正は痛む、やめたい

 

そして三回目の来店直後

dsc_0220

いかがでしょうか?

分け目や分け方で後ろ姿が変わるのだ。

 

初回の来店直後

できるだけ痛まない縮毛矯正

 

三回目の来店直後

dsc_0222

ショートカット歴がまだまだ浅いのでセット方法を来るたびお教えします。

あ、ちなみに

初回のbefore→afterです

 

縮毛矯正はいつまでかけないといけない?

 

そして三回目のカット後

dsc_0225

乾かしてプリュムワックスをつけただけです。

 

頭の形を綺麗に見せることがどれだけ大事なことなのか?がお分かりいただけましか?

dsc_0224

 

そして縮毛矯正で時間をかけていても決まれない人もいるとゆうことです。

「まっすぐにすればいいや」って満足している美容師さんはいないのですがくせ毛や髪質を良く見せても満足しない人も現実にらっしゃいます。

骨格や髪質にそこまでお悩みを抱えていない一部方はなにをしても決まる。

 

時間とお金をかけても気に入らない髪型になっている人もいるのではないでしょうか?

分け方や分け目を変える方法は?

では最後に方法についてテキストや動画でできるだけわかりやすく解説していきます 


頂いたご質問がこちら

おはようございます。
昨日カットをして頂いた○○です。襟足の辺りがスッキリしたので首回りが綺麗に見えるようになりました😳
3ヶ月後にまたお邪魔すると思いますのでよろしくお願い致します☺️

1つご相談したいのが前髪の扱いについてです。昨日セットして頂いたように左に流したいのですが自分でやると、浮いてしまい前髪に隙間が空いてしまうのです。
ブローの時も反対に流してからセットしているんですがストレートアイロンで髪の毛先を巻くとくるっと浮き上がってパラパラと細かい束になってしまうんです……
アドバイスなとがあれば教えて頂けると幸いです💦

>「左流しにしたい」

とゆうことは右に分け目を作らないといけないとゆうことになる

この動画をご視聴ください

前髪の生え際がウネってしまったり割れてしまう方やトップをふんわりさせたいなどくせ毛のうねりに悩んでいる女性におすすめします。

以下が記事が参考になれば幸いです

前髪が割れてしまう

テキスト、動画で解説するのにも限界がありまたいらっしゃったときにご説明いたします。

二回目以降のお客様は前髪カットが3000円です。

初回のお客様は10,000円。

「一度切ってもらったけど再現することができない」とゆう方はお気軽に「前髪カットお願いします」とご予約ください

その際にどうセットをしたらいいのか?わからないことを教えていただけますか?

よろしくお願い致します。




あなたにおすすめ記事三選

BEFORE→AFTER

髪にいいシャンプーとは

綺麗な髪になる方法は

 

「初めまして」の女性が必ず確認して下さい

美容院MAXの店舗情報価格メニューなど

 

くせ毛や髪の毛のダメージ、乾燥に悩んでいる女性のおすすめ
ショップはこちら

ワックス口コミ、使い方まとめ

『予約やお問合せ、髪の悩みはこちら』

携帯 abbccd@docomo.ne.jp

メール masahiroherai@gmail.com

電話 03ー6447ー4500

携帯 080-1853-4538

LINEID max.herai

ライン登録の際は一言「ワードプレスを見て」と教えていただきたいです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
戸来 正博

戸来 正博美容院MAX代表美容師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

愛する犬と猫について

ページ上部へ戻る