縮毛矯正はやめることができる?やめたい大人の女性へ

  • 2017/1/18
Pocket

縮毛矯正をやめるために、およその目安としてはかけてから一年以上です。

上の女性はセットはいつも少し濡れているときにプリュムワックスをつけて放置です。

とっても楽でしょうね。

一年半以内でご覧の通りですがやめるまでの過程は最初は短くショートに切らせていただき伸ばして、切って、伸ばして、少し切って・・・を繰り返して三か月に一回ご来店いただきました。

今では四か月に一回の頻度です。

昔はくせ毛、縮毛矯正の特化サロンで縮毛矯正に毛先デジタルパーマをかけてもらっていたそうで美容院の滞在時間も毎回三時間以上・・・。

腰が痛くなってしまうんだとか。

そしてカラーをしたくても痛むからとゆう理由でする事ができずに髪質改善をされていたそうです。

このように縮毛矯正をやめることができて、さらにカラーも明るくすることできて、かけていた時期はただくせ毛を伸ばしに行っていたのが今では滞在時間もカットカラーで90分以内、通う頻度も四か月に一回なので年に4回の美容院になったんです。

大人の女性は時間のかかる縮毛矯正をやめて、自宅でのセットも毎日楽な髪型を手に入れたいですよね。

 




縮毛矯正はやめることができる?やめたい大人の女性へ

 

脱縮毛矯正』でも詳しくご紹介していますので予習していただきたいです。

 

やめることができるまでの過程と期間(やめたいと思ってからどれくらいでくせ毛を好きになれるか)は人それぞれです。

縮毛矯正が残っている状態ではやめることができませんのでやめたい方は伸ばして切ってを繰り返すか、放置して地毛を伸ばして縮毛矯正を切るかのどっちかです。

やめるためにパーマをしたり、トリートメントをする必要はないです。

ただし例外としては前髪だけ縮毛矯正をする場合があります。

完全にやめることができない場合は最後に縮毛矯正をかけてから半年間くらい経過してやっとわかります。

自毛を見ないとやめることができるかやめれないか判断できないし、最初は「やめることができないかもしれない」と思っていても切っていく最中でやめることができると確信する場合もある。

 

縮毛矯正をやめてロングにしたい方はショートにしたい方に比べて倍以上の時間がかかります。

つまりやめたい方は事前にどんな髪型にしたいのか?を相談頂きたいのです。

 

しかし、メールやlineで髪型のご質問を頂きますが申し訳ないのですが見ても触ってもいない方への詳しいアドバイスができかねます。

でもイエスかノーかは言えます。

けど写真(自撮り)を送っていただいて「やめることができますか?」と頂いたとして、濡らした状態とか適当に乾かした状態とか日々の生活の時にどうなっているのか?どうなりそうなのか?までは写真だけでは予測することができません。

ですので、はっきり言ってしまえば縮毛矯正をやめたいなら来店頂きたいです。

※やめたいのに、なんだかんだ言って縮毛矯正を勧めるようなセコイことはしませんのでご安心ください。

 

 

 

縮毛矯正をやめたいと思っている女性には無駄な消耗をさせないように僕はサロンケアは一切オススメしません。

それについては以下でご説明します。

縮毛矯正をやめても気にらない髪型になってしまっては意味がない。

「くせ毛を生かしたカット」と言っても本人と周りが気に入っていないといけないのですが、楽をしたいと思ってバッサリショートに切ってヘルメットみたいな髪型になりたくないですよね。

ただやめればいいとゆう問題ではないとゆうことです。

「重めにデザインをしないとくせ毛は広がってしまう」とほとんどの美容師さんに言われてしまうと思います。

重めにしても変な髪型になってしまいませんか?大人の綺麗な垢抜けた雰囲気が出ますか?

梳くと広がってしまうのか?以下の二つをご参照いただきたい。

梳かない髪型について、梳きバサミを使う美容師は上手い? 』

レザーカットや梳きバサミは痛む? 』

 

 

髪が長めで縮毛矯正をしていて、暗めの髪色の女性は痛むから明るくしないほうがいいと言われていたり、短くしてしまうと扱いにくくなってしまうから長めなんですよね?

重め、長めのほうが抑えやすいためロングヘアをキープされているんだと思います。

癖を縮毛矯正で抑えていたとしても気に入らない髪型のまま毎日髪の毛を結んでいる女性は意外と多い。

毎晩乾かすのに時間をかけているのに結局見せないなら髪がある意味がないですからね・・。

 

縮毛矯正をやめたいと思う理由も様々

妊婦や生まれたばかりの子供がいるとか、どうしても美容院に頻繁に行けない方はなんとか自分の髪の毛だけで長持ちする髪型を選びたいと思います。

乾かす時間が少しでも早ければストレスも軽減される。

毎日結んでいるくらいなら縮毛矯正をやめてくせ毛を生かしたい。

 

サロンケアもしてホームケアもさせるのは美容院側の都合で『くせ毛にはトリートメントや髪質改善は効果がない?』『髪質改善(トリートメント)とは?』でも書いていましたが毎回のカットとホームケアだけで変われるんです。

サロンケアだけでくせ毛、パサつきが改善されましたか?

「改善された」と答えた人は幸運です。さほど髪質、ダメージに悩んでいない方です。

もしサロンケアをしながら縮毛矯正をやめるためにカットもしているならちょっと待ってください。

サロンケアしている意味があるのでしょうか?

カットだけでやめることができるんですよ。

意味がない、必要がないと気づいてから僕のお客様では一度も髪質改善やトリートメントをしたことがないんです。

だからメニューからなくしたんですね。

 

たしかに縮毛矯正をやめると今までの髪とは見た目が全く違いますから、表面や毛先がパサパサとまとまらなくなってきます。

それを髪の毛のダメージだと勘違いをしてしまっていませんか?

梳いているからパサつく、カラーをしているから痛んで艶が出ないと思っていますよね。

確かにそれも一理ありますがいかがでしょうか。



〇カットだけの口コミ

このようにトリートメントをしなくてもカットだけでいいんです。

毎回美容院でトリートメントや髪質改善をしていた女性がプリュムワックスやMAXシャンプー、トリートメントに出会ってサロンケアから卒業、やめることができた女性もいます。

〇プリュムワックスの口コミ

②使い方までご丁寧に教えて頂きました

ありがとうございます

 

〇シャンプートリートメントの口コミ

縮毛矯正をやめるためには長期的なスパンで考えていきたいです。

上記でご紹介したカットやプリュムワックスやシャンプートリートメントの口コミをご覧いただきわかるように、サロンケアは必要がない。

そしてくせ毛で悩んでいる方でもホームケアだけで髪の毛のまとまりや艶が自分で保つことができる。

このように

最初の来店直後はパサパサだった40代以降の女性が今では三か月経過した来店直後でafterのように変わることができたんです。

 

 

縮毛矯正をやめるためには最後にかけてから一年~一年半以上かかるケースがありますが、あきらめないことが大事ですし、無駄な消耗をしてしまわないように自分の髪質に合った髪型とホームケア製品を使い、セット方法もお教えしながらやめていきましょう。

かけていた時とは全く違うセット方法になりますのでそのあたりも美容師さんからのアドバイスが必要です。

僕の場合はバッサリカットをした二か月後に来店を頂きその来店直後を見てどこを修正したらいいのか?を考えながら二回目のカットをさせていただきます。

 

重めにカットをしてもらうと市松人形みたいな感じになって等身のバランスが悪くなります。

そうすると頭が大きくなるんですね。

髪の毛の毛量が多い・硬いくせ毛の女性でも縮毛矯正をやめることができる?

先ほど市松人形と表現をしましたがどうゆうことなのか説明しましょう。

毛量が多くてくせ毛も強くて、硬い髪質の方は長い髪の毛で全体に縮毛矯正をかけている方が多いです。

せっかく時間かけて縮毛矯正をしているのにほとんど結んでいる方もいるでしょう。

だからと言って縮毛矯正がかかっている髪の毛を梳いてしまうとその梳き方次第では大変なことになってしまう。

「髪を短くしたり、梳いたら広がってパサついてしまう」

だから

「重め、長めにしてレイヤー(段)も入れない。髪色も暗めだ」

 

・・・

「これが市松人形?・・・」

いかがでしょうか。

 

いやいや、確かにサラサラで艶がありますよ?

けど僕が大事にしていることって体とか顔とか雰囲気(ファッション)とか

大げさに言えばどれだけ日々の生活を楽にさせて人生を謳歌させるかですよ?

 

等身のバランスが大事

縮毛矯正をやめたい人ってなぜ、毎日結んでいるのに髪を結ぶんでしょうか?

なぜ結んでいるのに縮毛矯正をしているんでしょうか?

身体のサイズと髪の毛のバランスが大事とゆうことをいいたいのです。

下すと広がってしまうくらい硬くて毛量が多い方は重めにしないで大人の女性は軽いショートヘアにする事をオススメしたいです。

 

縮毛矯正をしても上手くかからない、かかってもパサついてしまう

やめることができても短く切ってもらうことがない!!

毛量が多いとショートに切ってもらうとこけしみたいに、ヘルメットみたいになってしまうため長めをキープしている女性もいらっしゃると思います。

after

 

(カットのみ)

毛量が多い女性が縮毛矯正をしてしまうと毛先が真っ直ぐすぎて違和感がありますから毛先にデジタルパーマをかける方もいらっしゃいます「」:@@@@@@@@@」が・・・結局最初だけでパサパサするんですよね。

デジタルパーマの失敗は切るしかない? 』

ではもう一度例にしてご紹介させていただきます。

少しでもやめたいと思っている女性にお役に立てればと願っています。

これが初回来店

必死にくせ毛を抑えて重めにされていました。

美容院でのトリートメントも頑張ってされていたそうです。

で、

今では

いかがでしょうか。来店直後です。

月一でカットをする必要はないし当然縮毛矯正をしなくてもいい。

自毛だけで長めのショートヘアにする事ができました。

今では半年に一回くらいのペースでいらっしゃってます。

 

過去に毛量を梳いてしまってパサパサになって美容師さんに「なにこのスカスカカットは?」って自分は関係ないのに怒られている気がしたことがある女性はそれ以降軽くされると美容師に否定されてしまうから重めに無難な髪型をオーダーされる方もいますね。

 

 

縮毛矯正はやめないほうがいい人ともう少し我慢すればやめることができる女性がいる。

縮毛矯正をかけて数か月してから僕のブログにたどり付き「やめたい」と来店される方がいますが

かけたばかりなのでそう簡単に髪の毛は伸びませんし、伸ばして切ってを繰り返してようやく自毛100%になったとしてもそこからどうして行くべきなのか?を通っていただき見つけて、提案していきたいです。

しかしながら待てないでしょうからできるだけ最短で結果を出し、喜んで頂くように努めていきます。

 

高いシャンプートリートメントを購入させ、さらに月一~一か月半で美容院に通わないといけないとなれば縮毛矯正をかけている時とほとんど状況は変わっていないわけです。

そのようになってしまうような方には縮毛矯正をやめることをあきらめてもらわないといけないと思っています。

そのためできるだけ長持ちさせセットも簡単で大人の女性が似合う髪型を提案していかないといけない。

 

せっかくやめたんだったら三か月に一回、四か月に一回のカットにしていきたいですよね?

「定期的に通ってトリートメントや髪質改善をしないと綺麗な髪の毛にはならない」とゆうことはどこの美容師さんも言いますよね。

 

楽をしたくて、楽になりたくて縮毛矯正をやめたいのにやめてからも頻度良く美容院には行きたくないはずです。

楽とゆうのは決して悪いことではない。周りはもしかしたら「女らしくない」というかもしれま線が楽をする事の何が女なしくないのでしょうか?

縮毛矯正をやめる二つの選択肢 楽を手に入れ、女性らしくなる!まとめ

まとめさせていただきますが選択肢は二つです。

〇一年以上放置をしてバッサリとショートカットにする

〇「今すぐやめたい」髪の毛が重たいから自毛とくせ毛が馴染まないことは承知だけど、それを上手く誤魔化すようにカットをしてほしい。

 

自分の素の髪(くせ毛・縮毛)を伸ばしながら美容師さんが一生懸命伸ばした縮毛矯正(ストレート)を切っていくことを長期的に我慢していくのが縮毛矯正をやめるとゆうことです。

しつこく残ってしまうので切らないで放置していると一年放置していても残っています。

切らない限りやめることはできません。

もしショートヘアにするのが嫌なら?長い髪の毛の状態をキープしつつ、やめたいなら?

一年以上我慢しないといけないです。

ショートならロングに比べて早いです!!

大人の女性は白髪染めをしないといけないのでさらに縮毛矯正をしていたら若い時のように長時間美容院に滞在することができない、疲れる人もいる。

やめて楽になりませんか?

以上長くなりましたが縮毛矯正はやめることができる?やめたい大人の女性へ捧げました

最後までお読みいただきありがとうございます。
 くせ毛や髪の毛のダメージ、乾燥に悩んでいる女性におすすめ

プリュムワックスやシャンプートリートメントのネットショップはこちら
ショップはこちら



あなたにおすすめ記事三選

BEFORE→AFTER

髪にいいシャンプーとは

綺麗な髪になる方法は

 

「初めまして」の女性が必ず確認して下さい

美容院MAXの店舗情報価格メニューなど
ワックス口コミ、使い方まとめ

『予約やお問合せ、髪の悩みはこちら』

携帯 abbccd@docomo.ne.jp

メール masahiroherai@gmail.com

電話 03ー6447ー4500

携帯 080-1853-4538

LINEID max.herai

ライン登録の際は一言「ワードプレスを見て」と教えていただきたいです

Pocket

戸来 正博

戸来 正博美容院MAX代表美容師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

愛する犬と猫について

twitter

ページ上部へ戻る