髪が多いし硬いけどショートやボブにできますか?

  • 2016/2/12
Pocket

髪の毛が硬いなら柔らかく見せるカットがあり、セットができるならチャレンジしましょう。

ふんわりとした髪は男女問わずモテます。

毛量が多くて硬い髪はショートにすると格好が悪くなるためパーマをかけるのもオススメです。

しかしパーマがかかりにくい髪質もあるためカウンセリングをして、「どうしたら柔らかく見せることができるのか」を考える。

髪質に悩んでいて、したい髪型をオーダーしてもできない、「ずっと結んでいたり下ろしても気にいらない・・。」

「せっかく毎晩乾かしているのに広がるから下すことがほとんどないため
意味がない・・・」

そのようなお悩みを抱えている女性は少なくないのでは?

失敗したパーマを生かすショートボブ

頭の形を綺麗に見せるためにはちょっとしたコツがいります

硬い髪質の女性はいわゆる「よい髪の人」と同じようにカットをしてはいけません。

ちょっと努力をしてもらわないといけない。

くせ毛で髪の毛が硬いならそれに合うデザインがあるし、骨格にも悩みがある女性もいらっしゃると思います。

実際に見て触らないとわからないのですが、ショートとかボブはどう梳くのか?どのようなデザインで長さなのか?で大きく変わります!!

そして

残念ながら硬い髪の毛の毛質をシャンプーやトリートメントで柔らかくすることがはできません!!

ですが触り心地をサラサラさせてみたり、しっとりすることで少しは見た目の変化や感じ方が変わるのは事実です。

髪にいいシャンプーとは』をご参照くださいね。

サラサラさせれば髪が引っかからないことから、軽く感じることもあるでしょう。

コンディションが重要なんです。

しっとりと保湿をさせることでも髪がまとまってボリュームを押さえることができるので、硬い髪でも少しは変化することは望めます。

しかし根本的な解決にはならない。

ちなみに以下でご紹介するbeforeafterは開発したプリュムワックスをつけただけ!!

くせ毛でもボブにできる

いかがでしょうか?

乾燥する剛毛は一本一本が硬いためヘアオイルでは艶を出すことが難しい。

しっとりと見せれば硬く見えない。

ただスタイリング剤をつければいいとゆう問題ではなく毎日使っても使い心地のいいもの、キープさせることができるワックスでセットをしてみよう。

このようなメッセージも寄せられます

プリュムワックスの口コミ

硬くて多い髪の毛はコテで巻いてもふんわりとしないことがあります。

そこでまずはショートやショートボブにしてどのように髪型を変えることができたのか?を紹介していきたいと思います。

髪が多い、硬い髪質の悩み

髪の毛が硬い髪質に悩んでいる女性

こちらの女性は前回の美容院に行ってから約一年間カットをしていませんでした。

とても硬い髪です。

通っている美容院があったそうですが担当の美容師さんの対応が嫌になったんだそうです。

「なぜ嫌になったのか?」

接客が馴れ合いになってしまっていたからなんですね。

カットやカラーなどの施術だけではなく女性が求めているのは居心地のいい時間でもあると思うんですね。

自分の戒めとしてもこのようなお悩みを聞くことで学ばせて頂きます。

髪が硬い、多い髪質

髪の毛を結んで来店をされたので結び目ができています。

広がってしまうことから結ばないと家から出れない女性もいます。

硬い髪でくせ毛がところどころにあり特に襟足には浮き癖がありました。

襟足にくせ毛がある女性がショートやボブにしてしまうとハネてしまうリスクがあります。

髪の量が多いことや硬いだけではなく、生え癖のコンプレックスもあるそうで硬いから巻いてもすぐに取れてしまうんだとか。

多いとコテやアイロンを使ってもすぐ弾かれてしまう。

いろんなお悩みを抱えているお客様ですが触ったらそうでもないのです。

よくある話ですがお問い合わせの際に「自分の髪質は硬くて多い・・だからしたいショートやボブをオーダーすると断られてしまう」そのようなお悩みを伺い実際に見させて頂くとそんなことがない女性が多いです。

髪の毛が多い、硬い女性はショートを失敗しやすい?

過去にショートやボブにして扱いにくい、自分ではセットができない髪型になってしまった女性は短くすることを嫌います。

「同じ失敗を二度としたくない」

と思うからです。

でも長年ロングをキープしていたら飽きて来てしまいます。

ロングヘアーとショートヘアでは美容師によってそれぞれ得意不得意が別れてきます。

それは経験の差があると思うんですね。

もちろんキャリアとはまた別の話です。

バッサリショートに切ることが僕には多いため慣れている部分が少なからずあります。

40代の女性が多いので「長年ロングをキープしていたけど短くショートやボブにして、楽で綺麗に見せたい」

そんな女性やくせ毛に悩んでいた女性は、縮毛矯正をやめて癖毛を生かす選択をされる方もいます。

「短く切ってください」とオーダーをして美容師さんによっては硬い、多いという髪質を理由として切らない場合もあります。

「短く切ったら広がってしまう」と自分の技術ではなくお客様の髪質のせいにしてしまう場合も少なくない。

髪の毛が硬い、剛毛の髪質

ではカットをしていきます。

高級なシャンプーやトリートメントをせずにブローなどもしないでただ適当に乾かしただけでどうなるのか?

after

DSC_0090

このように仕上げることができました。

上でも述べてしますが襟足が浮きやすい生え癖なんですね。

でもカットを少しそれ用にするだけで解消されるのです。

髪が硬い、剛毛、量が多いボブ

このように跳ねないようにぎりぎり結べるくらいの長さでつくっていきます。

夏になると結べた方が楽な場合がありますよね?

三カ月か2か月半は持続して欲しいので長さを少し残しておきました。

他にもショートにする選択肢もありましたがこちらの女性は休みの日はコテで巻きたいそうなので、巻けるくらいの長さを残したショートボブに。

硬い髪の毛だからボブが簡単にできます。毛量は結構少なくしています。

巻いた時にふんわりしてくれるように作りました。

arrange

毛量が多い髪型ボブ

ふんわりとさせるのです。

硬い髪質で毛量が多い場合は梳かなくてはいけない

そしてこちらの女性の場合は休日髪を巻くことも好きなので、巻いた時に柔らかいショートボブに見えるようにカットをしなくてはいけない。

このセットの仕方も非常に簡単です。自分で届かない襟足の部分はカットでベースができていますのでわざわざ巻かなくても跳ねないのです。

1か月半くらいして少し伸びたときに巻いてみてはいかがでしょうか?

後ろ髪も硬い髪質を柔らかく見せるポイントがあります。

硬くて髪の毛の量が多い(柔らかく見せるコツ)

このように無造作にカットをしました。

もちろんわからないくらい自然にですが。

毛先の落ちる位置をまばらにすることによって難しい巻きをしなくてもふんわりとすることができます。

毛先をワンカールにするだけでも全然変わるんですね。

硬い、髪の毛が多い女性は重めにカットをしてボリュームを抑えてしまう本当に重く見えてしまうし、硬く見えてしまいます。

arrange

硬くて多い髪質を柔らかいボブに

巻いたらこのようにすることができます。

先ほども述べていますが襟足は巻いていません。自分で巻くことができないところは僕も巻きません。

自宅でお客様がアレンジをする際に再現をできるようにわかりやすく伝える意味でお客様にできるセット方法でどのように変わることができるのか?をお見せします。

多毛・剛毛・くせ毛のボブ

いかがでしょうか?

何もしなくても跳ねない。そして巻いたら軽いからふんわりと動いてくれるボブはオールシーズン対応できるはずです。

一般的に髪の毛の量が多くて硬い、くせ毛の女性のは梳かないカットをオススメされますが・・・それで正解です!!

けど梳かないといけない場合もあります。

上記のお客様の場合は梳かないとカットの価値を感じられないでしょう。

梳いてもまとまるし、巻いたらふんわりするような技術を求められている場合、無難なカットをするわけにはいかないためリスクを取って施術をしています。

長持ちさせるためには軽くしないといけない場合の髪質もあるということです。

髪が硬いから、多いからと言ってむやみに梳くことはおすすめできないので、髪質によって慎重にカットをしなくてはいけないです。

ちょっとしたことで柔らかく見せることができることは間違いない。

硬い髪のくせ毛はボブにできない?

できますよ

画像でご確認ください

くせ毛のショートボブ

黒髪だと重たく見えるので軽く優しく見せるために少しだけ明るくさえていただきました。

そう、カラーでも硬い髪を柔らかく見せることができるんです。

もちろん明るくしすぎてしまうといけないのでカラーをオーダーするときはできるだけ痛めないように慎重にしなくてはいけない。

一回明るくしてしまうと硬い髪質の場合すぐ明るくなってしまう癖ができてしまうからです。

硬くてくせ毛の髪質でもプリュムワックスをつけて仕上げればご覧の通りです。

くせがあるから柔らかく見せることができました。

そしてくせ毛が原因で軽くすることも短くすることもできなかった女性をafterのように垢抜けて印象のヘアスタイルにさせていただきました。

くせ毛でも似合うボブ

いかがでしょうか?こちらもカットをして乾かしただけです

髪色が暗く見えますよね?

まずくせ毛を綺麗に見せたいなら黄色くしないことです。

髪が黄色いとただですらパサついて見えるくせ毛がさらに痛んで見えてしまうので、明るすぎない髪色を選びましょう。

カラーをしていないのに暗く見える理由はプリュムワックスを仕上げに使っているからです。

カットも重要です。

くせ毛はショートにすればするほど扱いやすいのは確かです。

実は硬い髪はボブとミディアムが難しい

before

髪がパサパサ

after

くせ毛を生かしたボブ

いかがでしょうか?カットして最後にプリュムワックスをつけただけです。

軽くしてもらえないし短くすることも、ボブにもできないと言われてしまう髪質ですがどうカットをするのか?だと思う

これは髪質にもよります

ですからあきらめないで欲しい。

髪が硬い女性へおすすめのワックスがあります

ワックスを使い髪の触り心地がさらに硬くなってしまうのが嫌な方は是非お読みください。

髪が硬いのにそれをキープするためにまたハードなワックスを付けてしまうと髪がさらに硬く見えます。

剛毛や多毛などで悩んでいる男女には髪型は長めにして頂き、ツヤ感の出るワックスをお使い頂きたいと思います。

ショートやショートボブにするのはリスクがあるので信用できる美容師さん以外にはオーダーしないことが無難です。

過去にこのような口コミを頂きました

2015-08-12_19.45.17

2015-08-12_19.45.55

2015-08-12_19.46.26

2015-08-12_19.46.58

2015-08-12_19.47.33

2015-08-12_19.48.26

お客様から素敵なお声を長文で頂けることは美容師になってよかったなーと感じます。

で、さきほどの口コミをいただいたお客様のご来店直後↓

デジタルパーマを何度かかけて髪が硬く、パサパサしてしまう髪になってしまいました。

本当は切らないといけないのだが『できるだけ髪の長さは変えたくないというのがお客様のオーダー』

仕上げにワックスを付けた髪です。

どんなシャンプーを使おうが髪が一度痛んでしまったらパサパサしてしまうのです。

指通りが悪いワックスが嫌いな方はオイルを使う方がいらっしゃいます。

オイルでは不正解ではないのですがセット力が弱いため硬い髪には対応できません。

もともと髪質がいい方は何をしても綺麗に見えてしまうのですが、くせ毛で毛量が多い方は美容院でのトリートメントではなくホームケアでできるスタイリング剤を見つけることをおすすめします。

お顔、スッピンで出かけるより何か塗りますよね?髪もスッピンではいけない。

ではどんなワックスを髪につければいいのか?が問題です。

私がおすすめしているワックスはくせ毛専用でもあります。

髪が硬い女性はとにかく指通りがいいワックスをおすすめしますが、それだけではいけないので程よいセット力のあるスタイリング剤が必要ですからプリュムワックスをおすすめしています。

以上今回の記事では髪が硬い多いと悩んでいる女性にショートやボブのご提案をさせて頂きました!

最後までお読み頂きありがとうございました

髪質に悩んでいる女性がカットやカラーのみでどのように変わることができたのか

をまとめてみました→(before→after)

ワックス(くせ毛におすすめ)のご購入はこちら

くせ毛にはワックスは必須です。僕のオリジナル商品です。

ショップはこちら

美容師戸来に問い合わせ【カットの予約する】

携帯 abbccd@docomo.ne.jp

メール masahiroherai@gmail.com

電話 03ー6447ー4500

携帯 080-1853-4538

LINEID max.herai

お問い合わせや登録の際は一言「ワードプレスを見て」と教えていただきたいです。

美容院MAXの店舗情報価格メニューなど

 

美容師MAX戸来の口コミ

Pocket

戸来 正博

戸来 正博美容院MAX代表美容師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

愛する犬と猫について

twitter

ページ上部へ戻る