「ババアやおばさん」と言われない髪型を美容師が考案

  • 2019/6/5
Pocket

こんにちは、原宿で一人経営をしている美容師の戸来です。

まずは髪の毛の艶が大切です。

「縮毛矯正をしてストレートヘアだから若く見える」ということではないです。

くせ毛も個性ですから綺麗に見せる、生かす選択をすることをおすすめします。

顧客の7割が40代以降の女性なので「おばさんっぽく見えない髪型」を求められる方が多いです。

というわけでこの記事ではいち美容師で経営者、化粧品やヘアケア製品を開発、販売する側として様々な人との出会いでわかったことをできるだけわかりやすく、そしてマニアックにご紹介していきます。

「おばさん」と言われないため。髪型だけではいけない理由

おばさんっぽくなってしまう原因は髪型もそうなんですが、考え方や生き方も関係していますよね。

そして具体的な改善方法も合わせてご紹介したいと思います。

正直美容院だけでは老いを止めることはできませんから、外部期間(クリニック推奨)でなにをすべきなのかも余計なお世話を招致で提案していきますね。

髪型、性格でおばさんになってしまう原因と対策

おばさんになってしまう根本的な原因は見た目です。

お肌もそうだし、スタイルもそうです、

とはいえ太っているからとか、痩せすぎているからなどは正直関係ないです。

どっちかといえば50代以降からは少し太っていたほうが健康的に見えることから、おばさん感がでにくいことは確かです。

「太っている」ならダイエットをすればいいだけで「痩せすぎている」なら豚肉を食べることをお勧めしたい。

長寿の秘訣としてはお肉らしいですからね。

そして運動も大切です。

絶対に気をつけないといけないのが紫外線ですからね。

お肌についてはシミやシワを早急に対処しなくてはいけないのですが、正直化粧品類は過大評価してしまっている人がいます。

シミやシワの進行を防ぐくらいはできても、無くすことはできませんからね?

無くすならクリニックに相談です!!

ではおばさんと言われないために、髪型と性格など含め以下で詳しく解説していきます。

1.前髪を作る

とりあえずおでこのシワや白髪が生え際に多い(密集)場合は前髪を作ること。

「生え癖があって作れない」「毛量が少ない」などの原因で作れない場合は、作らなくていいので根本的な解決策としてはクリニックに相談をしてシワを伸ばしに行きましょう。

白髪については定期的に自分で染めることをお勧めします。

時間、経済、体力的に余裕がある場合は気になったら美容院に行くべきですが、本音をいうと2週間で一回とか美容院にいくことは消耗をしてしまっているからおすすめできないんですよね。

こんな考えだと美容師さんに怒られてしまうと思いますが・・・

僕は美容師で、しかも経営者です

間違った考え方ではないですからね。

とはいえ美容院経営者でセルフカラーをお勧めするってヤバイっすよね(笑)

心理カウンセラーとしても活動をしていますが、

老けないためにストレス感じることはできるかぎり、潰していきましょう。

交友関係においてもそうですね。

あ、失礼しました・・少し脱線してしまいましたね。

では次

2.髪型は「好き」と「似合う」のバランスが重要

自分の「好き」を優先しがちな人は他人があなたを見て全く似合わない髪色やデザインをしてしまっています。

それではバランスが良くないため、「似合う」も優先していきましょう。

逆に「似合う」だけを優先しがちなあなたは美容師さんや旦那さんの言うことを100%鵜呑みにしてしまう傾向なので、もう少し自分らしさ(自己満足)を考えてみてくださいね。

他人の意見に左右されてしまう人の多くは自分に自信がない人ですから、それもおばさんと言われてしまう原因でもあります。

我を強くもち、自分の言動すべてが好きになれば変わることができます。

信用している美容師さんがいるなら、その人に毎回任せる楽しみを作ることですね。

3.ストレス大敵!大切なのはアンチエイジング

ちなみに僕は平成3年生まれですから普通に僕と同い年くらいの息子さん娘さんがいる方もいらっしゃるわけなんですが、なんか家庭内の事情とかでイライラしているんですよねー・・・。(まあ、隠している人が大半ですが)

他人にあなたの痛み、苦しみなんてわかるはずがない。

相談されなきゃもっとわからない。

きっと貴女はものすごく悩んでいるんでしょうけど

それはわかるんですが、起きてしまったことをどう対処すべきなのか?を考えるだけで良い

後悔なんて無駄な消耗でしかないですから一瞬だけでいいんですね。

老ける原因はストレスですから楽観的なほうが雰囲気的に若く見えます。

楽観的過ぎてめんどくさがりだと「おばさん街道まっしぐら」となります。

まず大前提として紫外線対策は念入りにしましょう!!

そして通販番組で物を買い始めると、おばさんの予備軍かも・・・

通販ではなく出かけましょうよ!!(笑)

自分らしさを大切にする

例えば女社会(大奥)のような環境において若作りをしてしまうと

コソコソと・・・聞こえる。

噂話が気になって居心地が悪くなってしまうため、本当はしたい髪型や髪色があってもみんなに合わせてシンプルにする(できるだけ目立たない格好)

そんな女性がいるとかいないとか・・・

自分の人生なのだから相手のことは一切考えないで好きなことをして好きな服や髪色、髪型にすればいいのではないだろうか?と思う。

とある中学、小学校でしたっけ?では文化祭(運動会)のような父母が集まる場においては・・・

「行きたくない」「怖い」

と思う人もいます。

40後半で若すぎる恰好はイタい?

いやいや、大丈夫です。

ピンク着ようがビキニ着ようがあなたがそれで、その日がなんかウキウキしているならそれで良いです。

ただし注意があります。

服や髪型に着られてしまっていて、内心自信がないのなら

その気持ちが表面化し、イタい、似合わないとなる。

自信がないのにやってしまうと「50越えでも巻き髪しているし、こんな早くから化粧もしているし、髪明るい。」

「しかも膝見えるスカートかよ・・・」

って思われても仕方がないですよね(笑)

とはいえ、なんでこんなに本気なの?って周りから思われようが関係ないです!!

都会にはそんな人ウジャウジャいますからね。

周りに合わせることは考えなくて良いでしょう。

子供の送り迎えだろうが妥協してはいけない。

食事会などなど

本気で挑まないといけない!!

って日々何かしらドレスアップする日を作ることこそ、おばさんと言われない道を歩むことができます。

「私、なんか・・・」は禁句

逆にもうすぐ40代女性の人にありがちなことをご紹介します。

・地味で控えめな方が多い

「自分だけが年齢的に若い」

晩婚化が影響なのか?

自分だけ浮いている気がするし、他所の子供に「なんで髪色明るいの?」と言われてしまうほど自分が浮いてしまう。本当は髪色を明るくしたいけど、周囲になんとなく合わせないと視線が痛い。

そのため、暗い髪色にして服装も地味な色をセレクト

ありそうなことをたとえ話としてご紹介しましたが、このことについても若いのにおばさん化してしまう原因です。

男の僕は実際に体験したことがないことので

わからない世界ですが、あるそうですね・・・

歩いていたらババアと言われた、原因は髪型?

酔っ払い(おじさん)に「ババア」と言われたんだとか・・・

そのようなライン相談を頂いたときは正直吹きました。

これが頂いたメッセージです。

ババアと言われたのは髪型のせい?

アラサーでババアと知らない人に言われてしまうのは少しつらいかもしれない。

ここだけの話、僕の笑ってしまったせいで

携帯画面がご飯粒だらけになったのは初めてだ。

読者からしたら

もしかしたら

「え?ババアって言われるからって髪型を変えれば何とかなると思ってるのかしら・・・」

とか

「酔っ払いの言うことなんて無視しちゃえばいいのよ」

とか思われる方もいらっしゃるかもしれない。

髪型を変えること、切ることによって気分が変わりますよね?

ある意味リセットできるんです。

ババア(おばさん)と言われた女性ご紹介

見てください

ババアと言われた髪型

来店直後です

どうですか?

一か月半前に他所でカットをされていました。

カラーは一年前以上に黒髪にしたくて最近はずっと黒髪ロング。

メニューのご希望は特になく「長さを変えなければお任せ」だそうです。

パッと見た感想

え?どの辺がババアなの?

って思いますよね。

みなさんもそうですよね?

僕なんか笑ってしまいましたよ(笑)

「え?」みたいな

なんで気にしているんだろう

って。

本当はここでババアなんて下品な表現をしたくはないのですが

気にしないでほしいんですね。

やはり一人の悩みは今回のように読者様にもご紹介することによって

ほかにも

美女に限ってネガティブな出来事だけ根に持ち、良いことは忘れてしまっている

そんな勿体ない性格の女性に素敵な髪型をプレゼントし

さらに美女活動に励んでいただきたい。

それが社会貢献とはよく聞きますよね?

魅力的な女性というのは外見だけではなく内も外もどの自分も大好きです。

ご覧ください

DSC_0184

「どのへんがババアなの?は?嫌味?」

ってまさか携帯を投げそうになっている女性はいないと思いますが

すでに完璧のようにも見えますよね?

「いったいどこを変えようっていうのよ!!」って。

いやいや、悩みに大も小もないです。

本人は困っているんです。

髪型のせいでババアと言われたのではないのか?って

夜中の二時に熱いメッセージをくれるほど本当に悩んでいるんです。

若く見られたいけど頑張っているように見せたくない!!

職業柄女しかいなくていろんな意味でつらいんだとか。

DSC_0185

世の中には

「老けて見られたり男性に舐められてしまうのがムカつく」

などで悩んでいる女性もいると思います。

負のオーラを断ち切らないといけない

そう

カットで。

なぜババア(おばさん)とおじさんに言われたのか?

今回の女性の場合夜道でしかも酔っ払いおじさんにおばさん扱いをされているわけで

なんでだろう

僕がおじさんだったら?

イメージをしました・・・・

まさか!!

いや

でも

ちょ、待てよ。

僕はカウンセリングしながらいろいろ考えていました

アラサー女性がなぜ

酔っ払いにババアと言われてしまったのか?

一つ聞きたい事がありました。

「肩でもぶつかったんですか?」

・・・

違うらしい

じゃあ

なぜ??

美容師という仕事は髪の毛を切ってカラーをしてきれいにするのが役目のように思われますが

そこじゃないと思っていて

女性を綺麗にすることなんですね。

一緒のようで全然違うと思います。

365日で平均5回は美容院に行くと思うんですが

その、六日間だけ綺麗になるのではなく

360日綺麗と思える自分になっていただくよう、お手伝いする

それは簡単なことではないです。

「見た目だけではなく内面まで美しく」

これはお金で買えないことでして、日々の生活が絡んできます。

嫌な事や自分の都合が悪いことだけを忘れて

いいことだけを覚えているほうが得をします。

このお店が発散する場になればいいと思っている。

似合う髪型とは自分でセットもできて髪型で自分を表現できることだと思っています。

気に入る髪型になれたら自分のことが好きなりもっと綺麗になりたいと思って

食生活を見直したり

ジムに通うなどヘアスタイルが変わることで意識が高くなる

体も変えないとヘアスタイルに合わなくなる

だからショートにする女性は「痩せなきゃ」って思う。

美意識のレベルを上げることだと思っているし

それだけデザインには可能性が「無限」

大げさかもしれませんが

髪型を変えることで人生が変わるというのは長い目で考えると間違いがない。

自分に時間をかけて大切に磨いている女性は自分のことが何よりも好きです。

しかし子育てに奮闘中の方の場合は少し変わってきますよね。

自分にかける時間が無くなってくることによってロングでもショートでもババアっぽくなってしまう。

一瞬女を捨てるからです。

誰しもが楽な髪型を求めています。

けど見た目は違うしネガティブな発言をしません。

自分が一番きれいだと思っています。

アラフォーの女性によくあることは生まれた子供との時間を大切にするということ。

できる限り一緒にいたいという強い思いがいつの間にか、おばさん街道を走ってしまっているのかもしれません

時間を作って欲しいです。

そのためにどうすべきなのか家庭によって変わってくるかと思います。

美容院MAXでは子連れ大歓迎ですからね。

他人優先の髪型セレクトは老ける(ロング・ショート)

「楽な髪型にしたい」

子供を優先しているわけで本能なのですから。

自分だけを優先した考え方は周りを不幸にすることもあります。

けど、綺麗に見せる努力をする

自分に対してのご褒美がプリンでもいいし、ちょっと奮発をしてコース料理食べに行こうとか、たまには弱音を吐いて誰かに甘えようとか

なんでもいいと思います

力みすぎて、完璧すぎて、しっかりしすぎていて老けて見える女性もいます。

我慢をしているのはもったいないことです。

ババア(おばさん)と言われない髪型ロング

長さを変えないで何を変えたのか?

ご覧いただきましょう

BEFORE

DSC_0185

希望

・長さを変えたくない

・頑張っているように見せたくない

・乾かすのも楽でまとまる髪型にしたい

・結んだときに顔回りを自然に隠せるような髪がほしい

ってことで

長さを一切変えないでデザインを変えました!!

after

PhotoGrid_1465897152170

カットカラー

コテ巻きも週の半分はされるとのことでしたので

巻き方もお見せしました

乾かしただけはこちら

1465896833039

毛量が変わりましたよね?

でもスキばさみ使っていませんし梳きすぎたわけでもないです

巻いたときにどのように動くのか?も考えました

BEFORE

DSC_0184

重めに切っているのでコテを巻いても広がりすぎてしまう

中間まで巻くとすごいボリュームになってしまいます

なので動かす髪型にできません

かといって梳きすぎてしまったら乾かしただけでは決まりません

酔っ払いにすれ違い際で

「ババア」といわれたのは髪色が暗すぎたのと重すぎたからです!!

そして運が悪かったんです。

そんなときもあるでしょう!!

巻いても動いたら絶対に崩れますよね?

風で崩れてもOK

after

DSC_0188

かなり適当に巻いています

ようするに、たまには巻髪をして気分を変えてみてくださいってことです。

BEFORE

DSC_0185

after

乾かしただけ

PhotoGrid_1466061937178

で巻いたら?

PhotoGrid_1465897152170

ありがとうございました!!

もうババアって言われないです。

おばさんと言われないショート

ショートヘアは長さを変えなくても

シルエットが重要だからとトップの長さや毛量調節をするだけで変わることができます。

まとめ

とても長い記事お読みいただきありがとうございます。

髪型だけではおばさんと言われないようにすることはできません(-_-;)

もちろん性格だけでもいけません。

見た目への投資を惜しみなくしていたとしても、内面がおばさんだとイタいとなってしまうこともあります。

それを『ケバイ』ともいうんでしょうか?(死後?)

上でご紹介したように「好き」と「似合う」のバランス、そしてお肌を綺麗にすること。

そして姿勢ですね。

心が変わると日々の生活スタイルも変わり、美意識を高めることこそが一番の若返り、そして健康への近道なのではないでしょうか?

おばさんと言われないためには髪型だけではなく、「美」にかかわるすべてをバランスよく自分に与えてやってくださいね

最後までお読みいただきありがとうございます。

▼美容院MAX
東京都渋谷区神宮前1-8-20-2階

料金など(ホームページ)

  2019年心と髪のBEFORE→AFTER画像集  

お問合せはこちら

美容院MAXは髪の毛だけではなく「美」にかかわるすべての有益な情報をお伝えするように、日々努力して成長していきます。
引き続きよろしくお願いします。

MAX戸来オフィシャルブログ

剛毛くせ毛メンズ特化サイト

コスメ、スキンケア情報サイト
▼戸来オリジナル大人の艶活応援アイテム
ショッピングサイト
ショップはこちら


Pocket

戸来 正博美容院MAX代表美容師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

美容院MAX公式インスタ

twitter

ページ上部へ戻る