「ラウレス硫酸Naが入っていないシャンプーですか?」界面活性剤の毒性について

  • 2017/4/21
Pocket

MAXシャンプーには実はラウレス硫酸Naが入っているのですが、毒性があるのか?ないのか?心配ですよね。

そしてなぜこれだけネット上や一部の美容師さんなどが「ラウレス硫酸Naは毒性があるからダメ」「身体に悪い!!」「経費毒だ!!」と言われているのを知っておきながらMAXシャンプーの成分に配合されているのか?

そもそも界面活性剤ってなに?・・・「え?洗剤でしょ。」と思ったそこのあなたへ詳しくご説明して差し上げましょう。


 

「ラウレス硫酸Naが入っていないシャンプーですか?」界面活性剤の毒性について

敏感肌の方は洗浄成分でもある界面活性剤にこだわらなくてはいけないのですが、すでにご存じの方が多いはず!!

ラウレス硫酸Naは洗浄力が強い事で有名で、どこのイケメン美容師に聞いてもきっと「市販のシャンプーはゴミです!!」のような事を言われると思いますが、理由としては市販のシャンプーのほとんどがシャンプーの成分表記を見てみると上位、第1位~第3位にラウレス硫酸Naが記載してあるのです。

ちなみにMAXシャンプーは何位かと申しますと・・・

8位です!!

刺激の強い界面活性剤と有名な成分と知っておきながらも絶賛販売予定(2017年5月中旬予定)なんです。

入れている理由としてはしっとりさせすぎてはいいシャンプーとは言えない事に気が付いたからです。

まずシャンプーの役割は髪の毛を洗うことです。ふんわりサラサラになって欲しい。

だからといって洗いすぎてもいけないのですが、洗いすぎないように界面活性剤の配合バランスを工夫している。

ちなみにMAXシャンプーの一位はアミノ酸系のココイルグルタミン酸TEAと同じくアミノ酸系の二位、コカミドプロピルベタインです。※コカミドプロピルベタインは赤ちゃんの敏感肌でも使うことができるほど刺激が少ない良質な成分になります。

 

 

ラウレス硫酸Naが入っているシャンプーなのに毒性、刺激はほとんどないと言える理由

上でも言ったように上位にラウレス硫酸Naがないからです。

一位二位で低刺激で良質な界面活性剤を使用しているためそれでは洗浄力がわずかに足りないとお客様の髪の毛で試し、ラウレス硫酸Naを配合させて頂きました。

もちろんですが界面活性剤だけではシャンプーの良し悪しは決まらないので補助の成分をこれから詳しくご紹介していきます。

参照 ヘマチンについて

MAXシャンプーの配合されているラウレス硫酸Naには毒性がないと言い切れる理由はほかにもあります。

実際に敏感肌のお客様にもお試し頂いているし、洗っていくうちに洗浄力が強い影響で脱色や髪の毛の乾燥によってパサつくなどのお声を一度も頂いた事はない。

参照 MAXシャントリの口コミまとめ 

成分の特性、効果だけを見た机上の空論だけではここまで好評を頂かなかったと思います。(ご協力ありがとうございました)

 

頭のいい化学者が成分解析をして高評価している製品だからといってあなたに合うのか?といえばそうじゃない!!

参照 シャントリは成分解析しても意味がない?!

 

MAXシャンプーに限らずほとんどの製品は1位はそのシャンプー全成分の10パーセントを占めていて2位の場合はおよそ5パーセントと言われていてシャントリ選びの際には10位までを参考にするといい。

ラウレス硫酸Naを入れている理由!洗浄力がマイルドで肌に低刺激だと髪が重くなる

洗浄成分をすべてアミノ酸系にすると使い始めの使用感としてはしっとりするのですが使い続けると「なんか合わなくなってきた」と感じる。

髪の毛は通年同じ状態をキープしているわけではないですよね?

梅雨時や夏場になるとくせ毛の方は特にですが、しっとりするシャンプーを使っていると余計にうねるしまとまらなくなってしまう。

ラウレス硫酸Naは洗浄力が強いし静電気が起こりやすいです。

冬場の乾燥した時期に使うのはオススメしない。




「え?・・じゃあMAXシャンプーは汗っかきで、皮脂でべたべた、髪がふんわりしない人にオススメなの?」

いえいえ、違います。

上での言いましたがラウレス硫酸Naは8位です。微量しか入っていないし一位と二位はアミノ酸系の界面活性剤でマイルドに設計している。

ついでにご説明しますが、一位二位で使っているアミノ酸系のマイルドな洗浄をもう少し強くしたかったので補助的な役割として三位でも洗浄力を強めたものを使っています。

(赤い下線が三位の成分です。)

髪と頭皮は全く別もの MAXシャンプーの洗い方オススメ

僕も一部の敏感肌のお客様も実践されていますが頭皮は二日に一回洗うだけでいいんです。

僕の場合は皮脂をそこまで出さない頭皮なのでほとんどシャンプーの時は頭皮は洗いません。

いっさい!!頭皮を擦らないです。

髪の毛だけを泡立ててササッと洗っています。

洗顔の時に使うあの泡立ちネットを使って髪を包み込みように洗っている方もいます。

 

頭皮だけの事を考えたらここでは湯シャンの効果とメリットについてをご紹介していますが、髪の毛にとっては好ましくない触り心地と臭いになってしまう。

 

洗浄力がマイルドで、地肌に優しいと言われているものを作ろうと思えば作れたのですがシャンプーは洗う事が一番の役割です。

 

とはいえ、洗浄力が強すぎるシャンプーは一言でいえば髪の毛が痛みます。

だから絶妙な配合バランスが要求されているんです。(ホント時間がかかりました)

万人に合うシャンプーはないです。

洗濯だって何を洗うかで洗剤を変えますよね?シルクを普通に洗濯したら終わりです。

洋服のデザインで洗い方を変えますよね?じゃないとすぐほつれてしまうデザインの洋服もある。

 

これだけ言ってもまだ洗浄力が強いと髪を痛ませてしまうと考えてしまう方は大勢いらっしゃるのですがもう一度言います。

シャンプーの成分表記を見て上から順番に配合が多いので、もしラウレス硫酸NAが上位にあるシャンプーを使われていて髪の毛のパサつきや頭皮のかゆみ、肌荒れに悩んでいる方は今すぐ変える事をオススメします。

特に悩んでいなければいくらイケメン美容師に「まだ市販使っているんですか?」などと馬鹿にされても無視をしましょう。

いいですか?

ラウレス硫酸NAがダメと言っているわけではなくてどれだけ入っているのかとその他の成分はなんなのか?特徴は?と疑いましょう。




ちなみにですが全く同じ成分表記、順位だったとしても使用感、目的、性格がシャンプーは変わります。

だから成分解析は意味がないと言ってきました。

ホント難しいですよね。だから僕はまず一作目としてMAXシャンプーを販売決定し、男性用にトニックシャンプー、敏感肌用、梅雨のくせ毛用などといった専用のシャンプーをのちに作っていきたいと思っています。

まずは第一作をおすすめします。

以上!!最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

Pocket

戸来 正博

戸来 正博美容院MAX代表美容師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

愛する犬と猫について

ページ上部へ戻る