コスパがいいシャンプー、トリートメントとは?

  • 2016/11/21
Pocket

 

このように実感されるお客様もいらっしゃいます。

ちなみに最初はこのような髪質でした

beforeが初回の直後

50代髪が細い、薄毛に似合うショート

髪の毛がパサパサしてしまう、加齢によって髪が細くなって艶やコシがなくなる

初回の施術ではやむ終えず段(ハイレイヤー)を入れました。

 

 

くせ毛の活かし方(薄毛、細い髪)女性

髪の毛のボリュームが出ないでパサパサとしてしまうのです。

今では来店直後でこのように変わることができたんです

DSC_1883

二か月以上経過した来店直後です。

 

使えば使っていくうちに髪質が良くなってきたと感じるだけではなく結果に出る方もいらっしゃいます。

使い方をアドバイスさせていただきシャンプーした後にきしむ箇所にトリートメントをつけて時間を置き、流すとゆうシャンプートリートメント法もお勧めしています。



 

コスパがいいシャンプー、トリートメントとは

これについてぼくの想いを書いていきます。

値段に比例していいシャンプーだと思っていませんか?そんなのとんでもない!!

じゃあ安ければダメなシャンプーなのか?

いいえ!!

値段は関係ないので成分表記を見ていいか悪いかをわかることができればシャンプートリートメント選びに苦労することはない。

「コスパがいい」の感じ方はそれぞれ違うはず。

安いシャンプーでも効果が出ない、髪質、肌質に合っていないから見た目も使い心地も求めているものにならずに美容院でトリートメントを毎回してもらっていてはコスパが悪いです。

時間的にも損している。

本当にコスパがいいシャンプートリートメントはホームケアだけでいいんです。結果が出るんです!!

とはいえども、皆さんはきっと美容院でもヘアケアをしないといけないしホームケアもしっかりしないといけないと思っているはず。

そうじゃないんですよね。

コスパって大事ですよ。

高級志向のあなたもじっくりお読みいただきたい!!

 

髪にいいシャンプーとは?市販はダメ?』でも似たようなことを詳しく記載していますが

結論は自分に合うものでなければ原料が高いシャンプートリートメントでも満足した結果が出ません。

髪の毛にいいと言われている科学的な根拠のある成分は本当に髪の毛に浸透(同化)するのでしょうか?

どんなに高い原料で髪にいいと証明されていても髪に吸収されなければ意味がないとゆうことです。

そもそも自分の求める質感に合っているのでしょうか?

ほとんどの人が本当の自分の髪質を知らないです。それはカラーやパーマ、または縮毛矯正をしているからです。

加齢や時期によっても髪質は変わります。

そしてシャンプーやトリートメントの成分が髪に合うとしても肌に合わないとゆうお悩みがある敏感肌の女性もいらっしゃいます。

 

安いシャンプートリートメントはコスパが悪い?いい?

安くても効果が出なければパフォーマンスが悪いだけではなく、見た目が良くならず結局美容師さんがおすすめするサロンケアをしないと艶やまとまりを出すことができないのでトータルのコストは高くなる

ホームケアを頑張っている方が年間の出費は安く済むはずですよ。

 

スキンケア、化粧水などもそうです。

一般的にはものすごく安い原料なのに何倍もの値段で販売されている。

そして肌にいいと言われている成分の配合量ですが・・・水がほとんどなんですよ?

とは言えども使っていくうちに美肌になる女性もいますが・・・実際使わないとわからないんですよね(笑)

こちら『エンビロンのビタミンA反とは?』も良かったらどうぞ

何事も疑い、騙されたと思って試して結果が出ればラッキーですよね。

ちなみに結果が出ませんでした(笑)

美容は楽しむものです

しかしながら無駄な消耗はしたくないですよね。

 

こんなこともありました。

高い化粧水、乳液、クリームの三点セットでおよそ5万くらいするものがありますが使っていても効果に満足することができなかった。

その商品を販売しおすすめしていたクリニックですら「有効成分ってほんの微量(意味がないくらい)しか肌にしっかり浸透しないから、○○をすることをおすすめします」と言ってくるんですね

「ええー!!?」ですよね

 

僕に意地悪をしているわけではなく本当によくしたいからお勧めしてくれていると思うんですが

じゃあ、「買った意味がないんじゃない?」となる。

それをいったらきっと「毎日のホームケア <も!> 重要なんです!!」と言われておしまいです

 

コスパのコストとはお金だけではなく時間、手間も考慮すべきだ

先日出張カットに行きましたがカットだけでこのような実感をされて人がいます

↓こちら

〇 伝達メッセージ : 戸来さん

今日は
カットありがとうございました。
15時から南森町でカットしていただいた○○です。

髪を洗うのが軽くてとても楽です♪

自分の髪の重さから、
シャンプー、リンスするのが辛かったのですが、今日はそんなことなかったです。

帰りも、髪がのさっとのってこないから、軽くてよかったです。

ん?「髪がのさっとのってこないから?」誤字でしょうか?(笑)

カットによって髪の毛の触り心地が変わるのは確かです。

そして乾かすのが圧倒的に楽なんです。

髪質を良くしたいと考えると、シャンプーやトリートメントで変えようとするのが一般的ですし冒頭でご紹介した口コミではシャンプートリートメントのおかげで「触り心地が全く違う」と感じる人もいる。

優先順位としてはまずカットやカラーでどう変わることができるのか?です。

「カットやカラーさえ上手ければ、よければどんなシャンプートリートメントを使用していてもいい」とさえいえるかもしれない。

 

カットでしか触り心地が変わらない人と毎日の正しいホームケアを続けることで次第に扱いやすく少しづつしっとりするとように見た目から変わる人もいる

次回までに、
戸来さんシリーズで幾分か扱いやすい髪にしておきたいので、
合わせて購入します。

また、大阪来てくださいね。
次は目新しい観光スポットなど、
ご案内できるようにしておきますd( ̄  ̄)

では、取り急ぎお礼まで。。。

ありがとうございました、ぜひまたお待ちしています。

効果を実感するまでの時間、結果の即効性だったり、あれもこれも揃えなくてもそれ一つだけで良いパフォーマンスの製品がコスパのいい製品だ。

効果が出ると言われ購入したが、「結果が出ないから○○もしよう、持続させるためには○○もおすすめです」それは無駄な消耗なのです。




さて先ほどお話したクリニックのお話しですが医者がいるクリニックですら営利目的なんですね。

すべてのクリニックがそうとは言いませんが実際にあるんですよ

男の僕にですらそんなことがあるんですから、女性は本当に大変だ・・。

 

美容院のトリートメントや髪質改善で今でも浪費していませんか?

美容院はもっとひどいですよ(笑)

クリニックとは単価が全く違うので皆さんは「5000円くらいのトリートメントだからいいや」ってなっているんです。

しかし年間で考えたことがあるのでしょうか?

コスパがいいシャンプー、トリートメントを使用していれば毎回の美容院で行う5000円前後するヘアケアはいらないのです。

 

そして近年ヘナ(アワル)を使用した髪質改善トリートメントが流行していますが通販で「アワル 購入」または「ヘナ 購入」で検索して探してみてください。

その物さえ買ってどう配合すべきなのか?を知ればだれでもできる。

べたって塗ればいいんですから

表参道では1万から2万する髪質改善が こちら では数千円でできるんです!!

カット技術はその人にしかできないことで値段に違いが出ても仕方がないのですが

ヘアケアについては全くべつです。

 

髪質改善やトリートメントをしている美容院に一度聞いてみてください。

その商品はなんてものを使っているのか?とどんな配合なのか?を聞こう!!

使っているのものの原価を知ってしまえばショックを受けると思いますし、商売ですので教えようとする美容師さんはなかなかいないと思いますが・・・気持ちのいい答えが返ってくればいいですね!!

ヘアケアは技術ではないのでその物(製品)さえあればいいのです。

あとはメリット・デメリットを理解しましょう。

髪質改善トリートメントをするのか?パフォーマンスのいいシャンプートリートメントをするのか?

ほかの美容院に浮気をしないで頻度良く通えば通うほど髪の毛が綺麗になります!!

とはだれでも言えることで、だれでも結果を出す、実感できる。

毛先がバサバサしてしまう

こちらのお客様は岩手県から通てくれていますが

初回の来店直後はbeforeのようにパサついていました

ですが今では来店直後のafter(初回から約一年半)が毛先がまとまっていることがわかると思います。

こちらの女性には髪質改善や高いシャンプートリートメントを一切おすすめしませんでした。

パサパサだった時から使っていたホームケア製品で見た目に結果が出たのです。

つまり!!毎回のカットカラーだけで変わることができたんです。

もし僕が髪質改善やトリートメントをその間におすすめしていたら経営者的には正解でした

もっと儲けることができたんでしょうけど、カットカラーだけで変えて見せたかったのです。

さて田舎では3千円くらいでやっている髪質改善トリートメントについてですが

 

表参道の一万超えする髪質改善をしてもらったことがある人が効果がないと実感し(具体的にはただ髪が暗くなったとか高いとか、改善されないなど)MAXにいらっしゃるのでこのような『美容院のメニューにある髪質改善とは』で記載している

初回の来店直後

表参道の髪質改善

一年間髪質改善をしてもらった が効果が表れない

カラーしてもらったはずが根元が染まらない!!

ショートにすることができないと断られる

毛先中間がただ暗くなっただけ

高いお金を支払っても何も変わらないことに嫌気がさして

そして前からしたいと思っていた?ショートヘアをオーダー頂きました。

 

 

今!!

dsc_0365

後ほど詳しくご紹介させていただきます

 

その場限りのトリートメントや通わないといけない効果が出ないトリートメントで消耗していませんか?

自分に合っているホームケアさえしていれば美容院でのトリートメントは必要がないのです!!

サロンケアもして高いシャンプートリートメントもしてやっと効果を得られるような無駄な消耗こそが一番良くない。

コスパのいいシャンプー、トリートメントならサロンケアから卒業することができるはずです。

もちろんですが毎回のカットやカラーが重要ですげ・・

 

詐欺とはいませんが日常茶飯事で当たり前のように行われているわけです。

例えば

・やればやるほど良くなる(月一で来てください)

・髪の毛に栄養を与える(このスチームor超音波orナノorピコ)

・カラーの色もちorパーマの持ちが良くなる

 

 

「安いからダメ」のようなことは誰でも簡単に言えます。

毎日使っているヘアケアが変わらなくてもカットやカラー(施術する美容師)が変わっただけでお手入れのしやすさが圧倒的に違うわけです。

 

値段は関係ない。

じゃあ自分のあった製品をどうやって探せばいいのだろうか?

これは普段担当いている美容師さんに聞くべきなんですけど美容師さんのすべてが成分に詳しいのか?あなたの髪質を理解しているのか?と言えばそうではない。

いろんな髪の毛を見ている美容師さんでもわからないのです。

ディーラーがお勧めする製品を鵜呑みにしそのままお客様におすすめする美容師さんもいるのだ。

 

すべての製品を試すことは正直困難なんです。

いいシャンプー悪いシャンプーではなくて今の自分の髪の毛に合っているのか?が重要なんですね。

だから原料が高い、髪にいい成分しか配合されていないから最高のシャンプー・トリートメントとゆうことではない。

わかりますよね?

とはいえ、値段とは消費者が製品を買ううえで成分の良し悪しを決めていることは間違いがない。

値段に比例していい製品なんてないとさえ僕は思います。

ホテルは値段に比例しているけど一泊5万以上となればそこまで変わらない

シャンプーも同じです

市販のシャンプーは1000円以下じゃああなたの顔や体に合わないブランドもので

一般人でも成分の特徴を見極め、「○〇が配合されているから敏感肌の私に合っている」と

いいシャンプーと悪いシャンプーの違いとは値段が高いか安いかで決めつけられていることがあるし、開発者である者の想いも重要な判断材料となっていてこれだけネットが普及していると誰がどんな製品を作って何を配合しているのかがわかるようになっている。

「これだけ高い原料を使っているから最高の仕上がりになっている」とは簡単に言える

高価な原料を使えば当然販売価格が高くなります。

僕は両方検討しました。

原料が高いのと安い製品どっちがコスパがいいシャンプー・トリートメント?

まずは安くてお客様にいいと言われるようなシャンプートリートメントの開発も検討しました。

はっきり言って原料を安くしてその三倍くらいの価格で販売しようと思えば絶対に売れ自信があるのですが

成分解析や髪にいいとされている科学的な根拠をもとにランキング



あなたにおすすめ記事三選

BEFORE→AFTER

髪にいいシャンプーとは

綺麗な髪になる方法は

 

「初めまして」の女性が必ず確認して下さい

美容院MAXの店舗情報価格メニューなど

 

くせ毛や髪の毛のダメージ、乾燥に悩んでいる女性のおすすめ
ショップはこちら

ワックス口コミ、使い方まとめ

『予約やお問合せ、髪の悩みはこちら』

携帯 abbccd@docomo.ne.jp

メール masahiroherai@gmail.com

電話 03ー6447ー4500

携帯 080-1853-4538

LINEID max.herai

ライン登録の際は一言「ワードプレスを見て」と教えていただきたいです

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
戸来 正博

戸来 正博美容院MAX代表美容師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

愛する犬と猫について

ページ上部へ戻る