MAXシャンプーに配合されているスルホコハク酸ラウレス2naの特徴と効果について

  • 2017/5/18
Pocket

シャンプーとは一つの成分だけで評価する事はできないので配合されている成分とその量と配合の順位(順番)が重要です。

もし一位にスルホコハク酸ラウレス2naが来ていたらさっぱり軽い質感の髪の毛になります。

そして敏感肌の方にはオススメすることができないシャンプーとなります。

MAXシャンプーはスルホコハク酸ラウレス2naが第三位の配合量になります。

これだけを見て効果についてご説明することは正直できません。

なぜならその他の界面活性剤やダメージ補修系の成分などがどれだけ配合されているのかでシャンプーの特徴が変わってくるからです。



 

MAXシャンプーのダメージ補修系の成分で代表的なのが『ヘマチン』です。そのほかにもありますので後ほど詳しくご紹介します。

MAXシャンプーに配合されているスルホコハク酸ラウレス2naの毒性と効果について

 

MAXシャンプーの一位はアミノ酸系のココイルグルタミン酸TEAそして二位がコカミドプロピルベタインです。

この二つについても後ほど詳しくご紹介をしますがここでは簡単に特徴についてご説明します。

◎ココイルグルタミン酸TEA

適度な洗浄力があるにもかかわらず低刺激なので敏感肌の人でも使う事ができる。

◎コカミドプロピルベタイン

静電気を帯びにくく低刺激で赤ちゃんのシャンプーでも使われている界面活性剤。

MAXシャンプーの上位二位の界面活性剤はともに敏感肌にもお使いいただけるものですが、本題のスルホコハク酸ラウレス2naは低刺激で、洗浄力があります。

そのため敏感肌の方にとっては少し刺激がある場合があります。



なぜ三位にスルホコハク酸ラウレス2naを入れたかったのかというとマイルドすぎるシャンプーの欠点はシャンプー本来の目的である洗うことができなくなってしまうからです。

適度な洗浄力を確保しつつ敏感肌の方にもお使いいただけるように低刺激な成分を混ぜて作らせて頂きました。

 

現場で美容師をしていていろんな髪の毛を触ってわかる事があるのですが、べったりした髪の毛は触り心地も髪の毛の臭いも良くないためやはりシャンプーには洗浄力は欠かせないものだ。

敏感肌や乾燥に困っている方は『湯シャン』をすると頭皮、お肌にとってはいいのですが髪の毛のコンディションを整えるためにはシャントリを使って欲しい。

低刺激でマイルドなシャンプーだからいいシャンプーだ!というわけではない。

強すぎず弱すぎない洗浄力 シャンプーの目的は洗うこと

一回のシャンプーでプリュムワックスを落とす事ができるのでオススメしたいシャンプーです。

 

洗浄力もなくてはいけないためスルホコハク酸ラウレス2na三位に配合しているんですね。

その配合バランスが難しかったのでかなり開発までに時間がかかってしまったんです。

僕自身かなりの敏感肌で頭皮にシャンプー剤をつけて擦ってしまうと絶対にかゆくなります。だから頭皮には絶対につけないように洗う時間も数秒でシャントリしています。

ちなみに市販シャンプーを使っても頭皮や肌がなんともない方にとってはたとえスルホコハク酸ラウレス2naが大量に配合されているシャンプーだったとしてもかなり安全な界面活性剤といえます。



以上スルホコハク酸ラウレス2naの効果特徴についてご紹介いました。

 

Pocket

戸来 正博

戸来 正博美容院MAX代表美容師

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

愛する犬と猫について

ページ上部へ戻る