美容師解説くせ毛こそ「楽」似合う髪型はショートカット!!女性編

Pocket

こんにちは、表参道原宿で美容院MAXを一人で経営している美容師の戸来です。

今回はくせ毛の女性に似合うショートカットの髪型をご提案したいと思います。

またくせ毛のお悩みを抱えたお客様がどのように変わったのかも、before&after写真でご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

さらに自宅でも簡単&楽にヘアセットする方法も解説します。ぜひ最後までお読みください!

★ご質問があれば、ご気軽にLINEお友達登録お願いします。

友だち追加

くせ毛に似合う&楽な髪型はショートカット

実は僕の美容院にいらっしゃるお客様の多くが、40代以降からショートになっているんです。

とはいえ、いきなりショートにすることに抵抗があるお客様もいます。そういう場合は、あえて肩のところでハネるくらいの長さに切って、女性らしさを強調しつつ動きも出るようなデザインのヘアスタイルにしています。

間違っても、癖が強いからといって襟足を短くしすぎたりしないように気を付けています。短くしすぎるとおばさんっぽくなってしまったり、ボーイッシュになりすぎてしまったりするからです。

実際に短くなりすぎてしまって「イメージと違う髪型になってしまった」という経験をされている方は少なくありません。

ひし形シルエットのショートで頭の形もきれいに

↑このようなひし形シルエットのショートは、日本人女性に似合いやすいスタイルです。骨格をカバーすることもでき、シルエットがきれいに見えます。

適度に軽さを出しているところもポイントです。くせ毛を何とかしようと思うと重めのデザインを選びがちですが、軽くした方が垢抜けた雰囲気になるんですよ。

また上の方にボリュームを持ってくることでリフトアップ効果を得ることができるので、顔のたるみが気になってきた方にもこういうスタイルはおすすめですね。若々しい印象になります。

さらに前髪のデザインも大事です。ぱっつん前髪は10代~20代前半くらいまでは似合うのですが、30代以降からは骨格や顔が大人っぽくなるので似合わなくなりやすいんです。なので、斜めに流すようなデザインにすると良いですよ。長さは少し長めだと、小顔に見えるのでおすすめです!

癖とうねりを活かした動きのあるショートボブ

↑こちらの方はメリハリのないデザインで、野暮ったい印象になってしまうことに悩んでいました。

くせ毛の場合は、広がりを抑えるために重めにカットされてしまうことがあります。こちらの方も以前の美容院で軽くしてもらえなかったのです。

何故軽くしてもらえなかったのかというと、癖を抑えるためでもありますが、軽くするとパサつきが目立つからですね。でも、パサパサ感を抑えることができたとしてもおしゃれじゃないヘアスタイルだったら意味なくないですか?

それにくせ毛のパサつきは、スタイリングで目立たなくすることができるんですよ。

>>とにかく髪がパサつくなら僕が2015年から作っているプリュムワックスを是非一度お試しください。

 

↑こちらがカット後の状態。くせ毛でうねりがあるからこそ、このような髪型にすることができました。

丸顔や頭が大きく見えてしまうのがコンプレックスの方には、あえてハネる長さがおすすめなので、ぜひ試してみてください。毛先をハネさせてひし形のシルエットを作ると、顔型をカバーすることができるんですよ。

ちなみにこのスタイル、面倒なセットやブローなどは一切していません。

それなのにどうしてここまでしっかりセットしたような仕上がりになっているのかというと、仕上げにプリュムワックスを使ったんです。

くせ毛はツヤとまとまりが出にくい髪質です。なのでまずはそれを解消する必要があります。

プリュムワックスはくせ毛の方向けに開発したMAXオリジナルのワックスで、馴染ませるだけで髪にツヤ感を与えることができるんです。

こんな感じで誰でも簡単にくせ毛をまとめられます。

ちなみに美容院を経営していながらこんなことを言うのもあれですが、美容院の髪質改善やトリートメントは意味がないので、やらなくて良いですよ。確かにサロントリートメントなどをした直後はサラサラつやつやになりますが、持続性はありません。また逆に髪を傷ませてしまうこともあるんです。それだと、お金や時間の無駄ですよね。

↑こちらも、ただプリュムワックスをつけただけです。高価で時間もかかるサロントリートメントをしなくたって、ホームケアでつややかな髪に見せることはできるんですよ。

↑こちらは実際にプリュムワックスを使ってくださった方の感想です。

もしかしたら「ワックスなんて何でも同じじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、髪に使うアイテムはお肌や頭皮にもついてしまうので、負担がかからないものを選んだ方が良いですよ。特に敏感肌の場合は、品質がしっかりしているものを選びましょう。

そしてワックスだけでなく、シャンプー&コンディショナーも重要です。

美容師の立場からあえて言わせていただきたいんですが、毎回の美容院でのカットも大事ですが毎日のホームケアの方がもっと重要なんですよ!

↑こちらはMAXシャンプーMAXトリートメントを使ってくださった方の感想です。

このようにサロンケアをしなくても、ホームケアで髪の状態を良くすることはできるんですよ。もちろん髪質を根本から変えることはできませんし、髪は死んだ細胞なので一度傷んでしまった髪を再生させることもできませんが、しっかりケアしてあげることで、良い状態をキープすることならできるんです。今よりも髪を傷ませたりしないように、正しいホームケアを心がけていただきたいです。

ちなみに、僕はかなりこだわりが強いです。だから一人経営を続けています。

そして、カット3万円でも通ってくれるようなこだわりの強いお客様から頂く生の声だけをもとに、製品の開発とご縁ある読者様に商品をご紹介をしています。

またこだわりが強く、少しでもお客様の髪の状態を良くしたいという思いから、僕のお店で使うシャンプー・トリートメント・スタイリング剤は自分で製薬会社さんと契約して作っています。

▼MAXのヘアケアアイテムはこちらから見られます

とはいえ、カットのベースももちろん大事ですよ。

「プリュムワックスさえ使っていればどんなカットでも素敵に決まる!」というわけではないので、そこは勘違いしないようにしてくださいね。

その人に似合うカットとホームケア、どちらも大事なんですよ。

ちなみにくせ毛の方を多く担当してきた経験から言うと、「くせ毛」と言っても色々なタイプの癖があり一括りにすることはできません。チリチリする・パサつく・大きくうねる・全体ではなく部分的に癖がある・剛毛・多毛・細くて柔らかい……など、髪質は本当に人それぞれです。

参照:くせ毛の種類や特徴について、まとめました。

また髪質だけではなく、その人が持っている全体的な雰囲気やライフスタイルに合わせたヘアスタイルにすることも重要です。骨格・髪のコンディション・スタイル・仕事・ファッションやメイクのテイスト・周囲からどのように見られたいのか……等々、髪型を決めるにあたって気にしなくてはならない部分はたくさんあり、挙げたらキリがないです。

髪質や雰囲気、スタイルなどの要素を総合的に見て、似合う髪型を作らなくてはいけません。でもそれが、美容師の大切な仕事であるとも言えますね。

自分ではなかなか「似合う髪型」が分からなかったりすることもあると思うので、ぜひ美容師に気軽に相談していただけたらと思います。

くせ毛に似合う髪型はなぜショートなのか?

「どうしてくせ毛に似合う髪型はショートなの?」と疑問に思っている方もいるかもしれませんね。

それは短くすればするほど、扱いやすくなるからです。だから扱いが難しい髪質であるくせ毛には、ショートが良いんですよ。

それからショートはうねりやハネなどの癖を活かしやすいというメリットもあるんです。癖を活かすことができれば、縮毛矯正をする必要もなくなります。

短すぎるショートが苦手な方におすすめの髪型

↑こちらのお客様は毛量が多く、広がってしまいやすい状態でした。

「ボリュームが出てしまいやすいけど、短すぎる髪型は好きではない」ということでしたので、襟足を長めにしたショートに。襟足を長めに残す&全体的に丸みのあるデザインにすると、男性的にならず女性らしく仕上がりますよ。

またスタイリングはカットの後、プリュムワックスをつけただけです。

チリチリする髪質を活かしてパーマ風スタイルに

↑縮毛に近いチリチリする髪質の方には、ロングやセミロングなど長めの髪はおすすめできません。圧倒的にショートが扱いやすくて良いですよ。ショートなら髪質を活かしてパーマ風ショートを作ることも可能です!

カットの後、プリュムワックスを握るように揉み込んで仕上げました。

基本的に僕の美容院では難しいセットはしません。似合わせているカットとはいえ、自宅で簡単に自分でセットをすることができないと意味がないからです。なので誰でも簡単に使えるプリュムワックスで仕上げます。もちろんセットの仕方のレクチャーもしますので安心してくださいね!

細かくチリつく&毛量が多い方に似合うショート

↑チリつく毛質だときれいにうねらないのでゴワゴワしてしまいますが、プリュムワックスを仕上げに使って毛先に束感を出したりツヤを与えれば素敵に見えます。

くせ毛の「チリつき」はスタイリング剤でツヤを出すことで気にならなくできるケースがほとんどです。ただしダメージが蓄積していてチリついている場合は、時間をかけてなおしていくしかありません。傷んでいるところをばっさりカットしてしまうのも一つの方法ですね。

毛量が多くてしっかりうねる髪質に似合うショート

↑大きくうねるタイプの場合、結構簡単におしゃれなショートにすることができます。

こちらは40代の女性で、まとまり重視のカットをされていました。まとまり感がある髪型がダメというわけではありませんが、垢抜けた印象にしたい場合や若く見られたいのであれば軽くすることをおすすめします。

骨格をきれいに見せるひし形ショートボブ

↑ひし形シルエットのショートボブは骨格をきれいに見せることができるためおすすめです。ちなみに重めのボブは若い方がやると可愛いんですが、30代以降からはあまりおすすめできないです。軽さを適度に出しましょう。

なお骨格によって似合うヘアスタイルは変わりますが、日本人女性の場合、外国人やハーフのモデルさんがやっているようなボブは似合わないケースが多いので注意してください。顔は隠せても頭が大きく見えるので、あまりおすすめはできません。やっぱり適度に軽くした方が、小顔に見えますね。

丸顔の方に似合いやすいショート

くせ毛のショートで似合う髪型になった女性

↑丸顔が気になるなら、このように毛先を細く軽くしたショートが良いですね。すっきりとした印象になります。

芸能人だと、真木よう子さんもこのようなヘアスタイルをされていますよね。

PhotoGrid_1454573701502

真木よう子さんは最近ではショートですよね。そして耳にかけていることが多い印象です。

PhotoGrid_1454573723012

吉瀬美智子さんもそうですね。ちなみにこの写真はくせ毛風のショートですが、他の写真を見るとどうやらくせ毛ではないような感じです。おそらく、セットで毛先をカールさせて動きを出しているのだと思います。

髪型を決めるときには、自分と年齢が近い女優やタレントさんを参考にするのもおすすめですよ。芸能人の髪型をマネすると、トレンドを取り入れることもできます。

内側に癖がある方におすすめの若見えショート

40代若く見えるくせ毛の髪型

↑内側に癖があって、今までショートヘアにできなかった女性です。でも長くて重い髪型は老けて見えるししっくりこないので、毎日髪を結んですごしていたのだそう。

40代くせ毛のショート

↑癖はこんな感じ。短くしすぎると髪が落ち着かなくなってしまう感じだったので、長めのショートにすることにしました。

黒髪太いくせ毛のショート

↑こちらがafter写真です。軽くして、元々のうねりもしっかり活かしました。

軽やかな印象になって、若々しく見えますね!

丸顔&軟毛の方に似合うやわらかい印象のショート

PhotoGrid_1453860143645

↑丸顔で髪質がやわらかい場合は、このようにトップにボリュームを持たせましょう。高さを出すと丸顔が目立たなくなります。毛先を軽めにすることも大事ですね。

また大人の女性には基本的に明るすぎない髪色(7トーンより暗め)がおすすめなんですが、可愛らしい雰囲気やアクティブな雰囲気にしたい場合は、このようにちょっと明るめにするのも良いと思います。その人に合ってれば、明るいカラーも素敵ですよ。

硬くて多い髪質の方に似合うショート

PhotoGrid_1453535353595

↑こちらの女性は縮毛矯正をかけて数か月しか経過していないときに、はじめて来店されました。

縮毛矯正をやめたいということだったので、それから3か月に1回の頻度で通っていただき、地毛を活かしたヘアスタイルを目指してきました。

くせ毛を生かした髪型・ショート・女性

↑そして今ではこのように、くせ毛を活かした髪型にすることができるようになったんです。

ちなみに髪色が少し明るくなってしまっているのは、前回カラーをしてから3か月ほど経っているからです。それでも毛先が褪色していないので、早急に染めなくてはいけないレベルではありません。

くせ毛の場合、縮毛矯正をかけている方も少なくないと思います。昔から縮毛矯正をかけているなら、自分の髪を活かしたヘアスタイルにするまでには半年ほどかかります。縮毛矯正を卒業する場合、最初は我慢も必要です。中途半端にストレートが残っている状態だとどうしても地毛と馴染まないので、また縮毛矯正をかけたくなってくるかと思いますが、そこは耐えてください。しっかり耐えて卒業できれば、かなり楽になりますよ!

多毛+剛毛+くせ毛の方に似合うショート

アラフォーくせ毛のショート

↑こちらの方は毛量が多く、髪質も硬めです。

くせ毛に似合うショートの髪型

↑そこで癖を活かし、このようなスタイルに。

ボリュームも程よい感じになって、バランスの取れた髪型になりました。

PhotoGrid_1454573675329

↑ちなみにくせ毛の方にはショートがおすすめではありますが、このように軽いデザインならロングでも大丈夫です。

動きがあるデザインなら、長めでも垢抜けて見えますよ!

くせ毛にパーマはおすすめしない

くせ毛でパーマをかけている方もいますが、正直くせ毛にパーマをかけるのはおすすめしません。

PhotoGrid_1453860262579

↑こちらの方は昔からストレートパーマをかけていて、毛先と中間にはデジタルパーマをかけていました。細くてパサつくタイプのくせ毛ですね。

パーマをかけてセットしやすくしていたそうなんですが、髪の毛が傷んでしまい、もっと扱いにくい状態になってしまっていました。

くせ毛を扱いやすくするためにパーマをかける方は結構いますが、正直それで成功されている方って全然見たことがないです。意外かもしれませんが、かけない方が良いケースがほとんどなんですよ。

できればパーマをかけずに地毛を活かしたヘアスタイルにしましょう。そうすればパーマを頻繁にかけなおす必要もなくなり、時間もお金も節約できますよ。

また無駄な時間やお金を使わないためには、モチが良い髪型にすることも大事ですね。

ショートボブの後ろのポイント

↑このようにカットの仕方によっては、2か月経過した状態であってもデザインが崩れません。モチが良い髪型にすれば頻繁に美容院に通わなくても良くなるので、時間にもゆとりが生まれますよ。

まとめ

最後に今回の内容をまとめますね。

  • くせ毛の方にはすっきり見える&癖を活かせるショートがおすすめ
  • くせ毛といっても髪質やライフスタイルなどは人それぞれなのでその人に似合うデザインにする必要がある
  • 髪をきれいに見せるにはカットはもちろんホームケアをしっかりすることも大事
  • 自分で簡単にセットできる再現性が高いヘアスタイルにすることも重要
  • パサパサする髪はプリュムワックスなど保湿できるワックスを使ってツヤを出せば簡単にきれいに見せることができる
  • くせ毛にパーマをかけるのはあまりおすすめできない

今回はこれで以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ご質問があれば、ご気軽にLINEお友達登録お願いします。

友だち追加

▼美容院MAX

東京都渋谷区神宮前1-8-20-2階

『MAX 場所』で検索!

料金など(ホームページ)

読むとあったかくなるお客様からのメッセージ集

2019年心と髪のBEFORE→AFTER画像集

⇒戸来にお問合せはこちら

▼戸来オリジナル大人の艶活応援アイテム

ショッピングサイト

ショップはこちら

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

お得な情報配信中

ショップはこちら

MAX公式LINE@

友だち追加
どなたでも髪質や髪型のお悩みを無料でお話しいただけます。お気軽にご登録お願いします。

MAX戸来オリジナルヘアケア

美容院MAX公式インスタ

ページ上部へ戻る