くせ毛の女性がもしボブにしたいなら注意すべきこと!!

Pocket

こんにちは。原宿にある美容院MAXを一人経営している美容師戸来です!

今回は、「くせ毛の女性がもしボブにしたいなら注意すべきこと」というテーマで、おすすめの髪型やセット方法についてご紹介していきたいと思います。

冒頭のBeforeのような髪型は、老けて見えてしまうため、こちらのお客様にはボブではなく「ショートボブ」をおすすめしました。

見ての通り、Afterの方が垢抜けて若々しく見えますよね?

このように、同じ肩上のヘアスタイルでも、ちょっとしたバランスの違いだけで「見た目年齢」や印象が大きく変わってきます。

また、髪質や毛量によってもそれぞれカットの仕方を工夫しなければなりません。

くせ毛の方がボブに挑戦して「失敗した!」「思ってたのと違う!」と後悔しないためにも、ぜひじっくりとお読みくださいね。

くせ毛の女性がボブにする際の注意点とは?

くせ毛の女性がボブにしたいと思ったときには、いくつかの注意点があります。

一般的に、ボブが似合うとされていつのは、

  • 首が長い
  • 襟足の生え際が浅い

このようなタイプの方です。

しかし、骨格や髪の生え方によっては、ボブは似合わないことがあるんです。

例えば、首が短めで襟足が深くまで生えている女性や、生え際に跳ねやすいクセがある方にはボブは難しいでしょう。

とはいえ、毛量や髪の太さによってはボブが非常によく似合うこともあります。

やはり全体的なバランスを見て「似合う・似合わない」を判断するため、文章ではなかなかお伝えしにくいのが事実。

そこで、実際のお客様の例を見ながら解説していきたいと思います!

くせ毛でうねりが出てしまう女性には「動きのあるボブ」がおすすめ!

こちらのお客様は、うねるようなクセのせいで広がってしまう髪質がお悩みでした。

しかし、Afterではバランスを見ながらカットして、プリュムワックスを付けて仕上げると「ニュアンスパーマ」のような動きのあるスタイルが完成。

くせ毛でうねって跳ねてしまうような「生え癖」と「髪質」の女性は、どう頑張っても毛先が整っているボブにすることはできません。

そのため、上のような動きのある髪型をオススメしています。

こちらの女性も・・・

このように、うねりが出やすい髪質の女性は軽めに動かすデザインが良いですね。

自宅でも再現しやすいので、毎朝自分の髪の毛と格闘しなくても済みますよ(笑)

また。

髪の毛がパサパサで、「加齢やダメージによって広がってしまう」とか「ツヤが出にくくなってきた」文という女性も・・・

ボブにすると清潔感や女性らしさを出すことができます。

こちらの女性は、髪質によってパサパサ見えてしまっていますが、ボブにカットしてみると・・・

ご覧の通り!!

髪の見た目年齢が20歳くらい若返った気がしませんか!?やっぱり女性は髪の印象で大きく変わりますよね。

ちなみに、こちらは乾かしたあとに「プリュムワックス」を使って仕上げています。

くせ毛、ボブのスタイリングの仕方を動画でも解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


 

チリチリするくせ毛におすすめのボブ

こちらのお客様は、チリチリして広がりやすい「くせ毛」で、扱いに困っていらっしゃいました。

カットして、プリュムワックスを少量つけただけで、この通り!

チリチリしてまとまりが悪かった髪にも、Afterでは大きな束感が出てツヤもアップしたように感じますよね?

また、

くせ毛の正しいセット方法を知っておきましょう!

チリチリパサパサしてしまう「くせ毛」でも、ここまで変わります。

Afterではカットをしてシャンプーした後、仕上げにプリュムワックスを使用しただけです。

明らかに髪の「見た目年齢」が若々しくなっていると思いませんか?

プリュムワックスは、パサつきやすいくせ毛にも自然なツヤをのせることができます。さらに、チリチリやボリュームも抑えることができるのも嬉しいポイント!

朝出掛ける前や寝る前の「洗い流さないトリートメント」としてお使いいただくのもオススメしています。

ちなみに、おやすみ前に馴染ませておくと、翌朝の寝癖が格段に抑えられると評判なんですよ!

ボブやショートボブは、ロングと比較すると寝癖がつきやすい髪型なのでぜひ試してみてくださいね。

プリュムワックスの付け方は、こちらの動画をご覧ください。

プリュムワックスで「くせ毛が好きになる」ショート女性必見ワックスの付け方、使い方

強いくせ毛でも似合うボブとは?

剛毛や毛量が多い方、強いくせ毛で髪がうねる女性の場合には、バランスをみて梳きながらカットするボブがおすすめです。

例えば、こちらの女性。

かなり生えグセに個性があり、襟足も浮きやすいお悩みがありました。

そこで、全体的に丸いシルエットができるようにカットしてから、乾かしただけでこの通り。

後姿も全く別人のようになりましたよね?

ちなみに。

こちらの女性も、かなり強いくせ毛と硬い髪のせいで「全然まとまらない」とお悩みでした。

Beforeでは横に大きく広がってしまっていましたが、毛量を減らしながらカットすることで、まとまりやすいシルエットに整えることができました。

乾かす前にヘアオイルを1プッシュ程度馴染ませ、仕上げには少量のプリュムワックスを使用しています。

全体的なボリュームも抑えられ、髪にツヤ感も出ていますよね?

詳しいセットの方法、ドライヤーのかけ方については動画でもご紹介しています。

くせ毛でもOKなドライヤーのかけ方、使い方!艶が出る正しいヘアオイル、ワックスのスタイリング法とは

くせ毛女性がボブにすると扱いにくくなるって本当?

正直なところ・・・くせ毛は、ボブにすると扱いにくくなってしまうことが現場で美容師をしていてよくわかります。

長持ちしないし、完成しても自宅で再現することができる方が少ないのが事実。

部分的にうねりが強い方もいれば、湿度や天候によって髪の毛の調子が変わってしまう方もいます。

これらをトータルで考えると、ボブよりもショートボブの方が、圧倒的に扱いやすいんですよね。

もちろん、ボブがとっても似合う「くせ毛女性さん」もいらっしゃいますよ!!

こちらの女性は、強いくせ毛ではありませんが毛先のうねりが気になるということで、ばっさりボブスタイルに変身!

頭の形も丸くキレイに見えて、よく似合っていますよね?

これは、やはり髪質や毛量、骨格、生えグセなどが総合的に関わってくるんです。

あなたはどんな髪質でしょうか?チリチリ?パサパサ?うねうね?

さらに毛量はいかがですか?少ない、多い?そして骨格や生え癖はどうでしょうか。

自分では「こんな髪質だからショートやボブにはできないんだよね・・・」と思っていても、僕から見ると「ボブにすると最高に扱いやすくなるし、パーマをかけたようなオシャレな髪型にできる」と感じる女性も多いのです。

特に、前下がりショートボブは毎日のセットもしやすいのでおすすめですよ。

動画でもカットの様子をご覧いただけます。

前下がりショートボブのご提案【顧客向け動画】「髪質は毛量が多くて硬い」でもセットは簡単!

ボブにチャレンジしてみたいけど、本当に似合うか不安。という方は、ぜひ一度ご相談いただければと思います。

もしくは、いつも担当してもらっている美容師さんに相談してみてくださいね。

縮毛矯正をやめたい「くせ毛さん」にもボブはおすすめ!

ある程度の年齢から、ずっと縮毛矯正をかけ続けている方って結構多いんですよね。

それほど、くせ毛と長年戦い続けている女性がいるということ。

しかし、年齢を重ねると「縮毛矯正」の施術自体が、髪や頭皮の負担やストレスになってしまうケースも少なくありません。

縮毛矯正って、美容院にあるメニューのなかでも一番髪を傷める施術ですからね。

まさに、今お話ししたような内容のご相談をいただいたのでご紹介します。

はじめまして。 小4から突然天然パーマが出始め、それ以来、太い、多い、天パが強い、乾いてくるとモワモワ広がって頭でっかちになる髪と格闘してきました。

社会人になってからはずーっと縮毛矯正をしていましたが、歳とともに白髪染めを始め、痛みが酷くなって来ました。

30代半ばに一度縮毛矯正辞めようと試みたのですが、手に負えず諦めました。

そして、この度40半ばにして、もう髪を痛めつけるのは辞めよう、地毛と付き合って行こうと思いました。そんな中で、このブログに辿り着きました。

ずーっとロングでしたので、バッサリショートはなかなか決断できませんが、まずはワックス使ってみようかなと思った次第です。宜しくお願いいたします。

 

>そうですね。まずはMAXのヘアケア製品から試して頂くのが良いかと思います。

自分の髪の毛が、どれくらい艶が出てまとまるのか?をヘアケアだけで試すべきです。

うねる癖を抑えようとすると縮毛矯正をすることになりますが、年齢を重ねると髪のダメージにも気遣ってあげなければなりません。

若い頃は頻度良く美容院に通えたかもしれませんが、加齢によってパサつきや髪が痩せる、頭皮のストレスなどが増えてきます。

そのため、40代以降からはトレンド的にも短い長さが流行っているんですよね。

「ずっと縮毛矯正をしてきたけれど、そろそろやめたい」と思っている女性には、クセ毛を活かしたボブ、ショートをおすすめします。

こちらの女性も、縮毛矯正をやめたいということで、思い切ってボブにばっさりカット!

仕上げには、いつものプリュムワックスを使用しています!

ひし形シルエットが出るように計算してカットしているので、横顔もきれいに見えますよね?

もちろん、クセが出てもまとめやすいようなボブに仕上げていますよ。

プリュムワックスの使い方は、こちらの動画もぜひ参考にしてみてくださいね!

【雑談あり】4:04からくせ毛女性におすすめのスタイリング剤を使ってショートセット法解説!

 

ボブにすると「くせ毛女性」のセットが楽になる!?

こちらの女性は、肩を覆うほどの毛量とチリつくような髪質。

美容院で髪にダメージを与えるような施術をしてなくても、原因不明のパサつきに悩まされていました。

【Before】

このように広がってしまう髪をボブにすると、頭が大きく見えてしまうのでショートボブをオススメしたい!!

ということで、今回はショートボブにカット。

【After】

いかがでしょうか?

頬骨や骨格をカバーするように、若く見えるように顔に落ちる髪もお作りしました。

目的はセットを楽にすることと、顔、頭を小さく見せて体格とのバランスを整えることです。

一般的な美容院では、顔、上半身だけを見て「髪型の似合う似合わない」を判断されることが多いですが、美容院MAXでは全身で判断するようしています。

「40代以降になると、ロングヘアが似合わない」とは言いません。

しかし、髪質によってはボブにすることで「清潔感アップ」や「毎朝のセットが楽」などのメリットがあるため、ぜひチャレンジして欲しいと思います。

髪を短くボブにして、大正解だった!と嬉しいメッセージもいただきましたので、ご紹介しますね。

戸来さん、こんにちは!昨日13時に伺った○○です。昨日お任せした新しいスタイルですが大変気に入っておりますのでお伝えしたくメールしました!

今朝起きて、昨日のスタイルが再現出来るかどうかチャレンジだったのですが驚くほど簡単にできました!

手ぐしでほぼ完成形になるのが素晴らしいです。ワックスの効果も絶大ですね。

そして何より感激したのが、アレンジの幅が色々あることです。

耳にかけて滝川クリステル風、ボブを強調して黒木瞳風など!素敵な女優さん風の髪型が色々出来るのを発見し驚きました。今朝は楽しすぎてずっと自分の髪で遊んでいました^_^

このように自分の髪でウキウキ楽しめたのは本当に久しぶりです!

とりあえずまとめ髪、、、の世界から素敵なスタイルを提案いただきありがとうございました。お願いしてよかったです!またよろしくお願いいたします!

 

くせ毛の女性は、何年も何十年もまとめ髪を続けている方が多いのが現状。

そのため「おろした髪を好きになれたことがない」とか、おろした髪型すら忘れてしまっている女性が結構いらっしゃるんですよね。

これからは、結ばずにおろしても楽でおしゃれなヘアスタイルを楽しんでいきましょう!!

ちなみに。

白髪が気になる女性でも、ボブにすることで落ち着いた女性の雰囲気を生かすことができますよ。

【Haircut】くせ毛×白髪のショートボブ40代50代60代ミセス女性髪型ヘアスタイル

 まとめ

今回は、くせ毛の女性がもしボブにしたいなら注意すべきこと!!というテーマで、くせ毛におすすめのボブやショートボブのセット法、ヘアケア法について解説してきました。

「いきなりボブにするとセットが上手くできなさそう」とか「慣れるまで大変そう」となど不安に感じる場合には、鎖骨→肩くらい→顎→ショートボブなどと段階を踏むのもおすすめ。

少しずつ「くせ毛の扱い」に慣れたらボブにするなど、計画して髪型を作っていくと良いでしょう。

「髪は長い方がくせ毛が抑えられて楽」という人もいます。しかし、毎日乾かすのが大変だったり、毛量によっては肩が凝るほど重い髪の方もいるんですよね。

でも、くせ毛の場合には肩上の短めスタイルの方が明らかに楽です。これは、美容師として断言できます。

くせ毛を活かしたボブスタイルって、自然なニュアンスが出しやすいためとっても可愛いですよ!もちろん、年齢問わず楽しめる髪型なので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

それでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

美容師が開発した毎日できる髪質改善

“使うたび美髪に導く”
傷んだ髪、くせ毛、バサついた髪、うねり、を改善する。
美容師が本気で監修したヘアケア商品はこちら。

公式オンラインショップはこちら