オールバック用におすすめのワックスを紹介します

オールバック用におすすめのワックスを紹介します
Pocket

男性のカチッとした髪型のイメージがあるオールバックの髪型。

ワックスなどの整髪料でしっかり持ち上げた髪の毛が男らしい、清潔感のある印象を与えますよね。

現在は、オールバックと呼ばれる髪型も幅が広がってきています。

さらに、男性の髪型のイメージがあるオールバックですが、女性が取り入れる場合も。

そもそもオールバックにはどのような髪型があるのか女性が取り入れるものはどんな髪型なのか、気になりますよね。

女性のオールバックのスタイリングには、ワックスがおすすめ。

オールバックスタイルにおすすめのワックスはどのようなものなのでしょうか。

今回は美容師が、オールバックとはという基本的なところから、女性がオールバックにするときにおすすめのワックスまでご紹介します。

ワックスを使ったヘアセットの方法も解説していますので、ハンサムなスタイリングに挑戦してみたいあなたはぜひ最後までご覧くださいね。

かっこいいオールバックはメンズだけでなくレディースにもおすすめ

男性のオールバック

男性のための男らしい髪型の印象があるオールバック。

ホテルマンやビジネスマンなど、かっちりとしたイメージがありますよね。

日本人より海外のメンズヘアスタイルの印象が強いなんて声も。

一方で、オールバックがピンとこない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

オールバックとは、具体的にどのような髪型を言うのでしょうか。

男性の髪型の印象があるオールバックは実は女性にもおすすめの髪型でもあります。

オールバックを女性が取り入れるというと、想像できない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では次の項目からオールバックの基礎的なところから解説していきます。

文字通り髪を全て後ろに上げるオールバック

オールバックは髪を全部後ろになで上げる髪形のこと

オールバックとは、日本語に直訳すると「すべて後ろ」という意味になりますよね。

その名前通り、オールバックは髪を全部後ろになで上げる髪形のことを言います。

前髪をすべて上げて、額を出すようなヘアスタイルは一般的にオールバックと呼ばれることが多いです。

昔はオールバックというと、カチッと固めて髪の毛一本乱れのないヘアスタイルを指すことが多かったもの。

現在は、少しラフな印象のオールバックも登場し、オールバックの概念が広がってきています。

ふわふわと動きのあるオールバックも。

昔のオールバックのイメージが強い方にとってはあまりオールバックっぽくないと感じる方もいらっしゃるはず。

少しフワッとしたオールバックも

このようにオールバックスタイルの幅は以前よりも広がっています。

一昔前までは、オールバックというと、フォーマルな髪型と考えられることが多かったもの。

現在のオールバックは、フォーマルな場面ではもちろん、少し変化させてカジュアルな場面でも取り入れやすい髪型になっているんですよ。

かっこいい女性を目指すならオールバックにチャレンジ

男性の髪型のイメージが強いオールバックですが、現在は女性でオールバックを取り入れる方も。

前髪をかき上げたような髪型は、大人っぽく、クールな印象になれると人気。

かっこいい女性になることができます。

オールバックは女性にもおすすめ

女性がオールバックにする場合には、男性よりもふんわりと、ラフに仕上げることが多いです。

かき上げた時の束感を作る、少し髪の毛を垂らすといったアレンジで、オールバックでも抜け感とやわらかさのあるヘアスタイルに。

濡れ髪スタイルと組み合わせればトレンド感あるオールバックスタイルになります。

パーマと組み合わせる方も。パーマヘア×オールバックなら自然とふんわり感がアップ。

動きやボリュームがでますから華やかな印象になります。

ポニーテールなどのまとめ髪でもオールバックを取り入れることでキリッとしたヘアスタイルにできます。

ミディアムの髪型にオールバックを組み合わせる髪型も今風。

ハンサムで女性らしいスタイリングが可能

サイドの髪の毛を少しのこして、束感をプラスすると、ツヤっぽい雰囲気に。

ハンサムなのに、女性らしい、そんな印象のヘアスタイルが完成。

男性のヘアスタイルに思われがちのオールバック。

ハンサムな雰囲気になりたい女性は、オールバックにチャレンジしてみるのもおすすめですよ。

オールバックの基本、スタイリング方法とワックスの使い方

女性らしさにハンサムな印象をプラスできるレディースのオールバックの髪型。

オールバックにはワックスやスプレーといったスタイリングが欠かせませんが、女性の場合、あまり使ったことがない方も多いはず。

スタイリング方法

メンズのオールバックであれば、かっちりした使い心地のジェルやツヤなしのマットワックス、ポマード・グリースなどを使うことも多いです。

オールバックの髪型におすすめのスタイリング剤ランキングにはさまざまな種類のスタイリング剤が掲載されているもの。

おしゃれなオールバックにするにはどうしたらいいの?」

オールバックに挑戦してみたいけど、どのスタイリング剤を使えばいいの?使い方は?

オールバック初心者の女性は、たくさんの疑問が浮かびますよね。

では、続いては美容師が女性のオールバックスタイリングのやり方を解説していきますね。

しっかり髪を乾かしてドライヤーで髪を後ろに流す

まずはドライヤーで形作りをしましょう

オールバックのスタイリングは意外に簡単。

  1. 軽く髪を濡らす
  2. 立ち上がらせるように髪をかき上げながらドライヤーを当てて乾かす
  3. スタイリング剤をつける

オールバックのやり方ステップ1、軽く髪を濡らす。

オールバックにする時には髪の流れが重要です。

乾いている状態でも流しやすい髪質の方であれば髪を濡らさなくてもOK。

基本的には濡らしたほうが髪を立ち上げやすい、流れをつけやすいため、軽く濡らすのがおすすめです。

最初に髪を少し濡らす

髪が長い女性の場合、びしょびしょにしてしまうと髪を乾かすのが大変になるので、軽く濡らす程度にしましょう。

前髪や根本の部分中心に濡らすと髪が流れやすく、立ち上がりやすくなります。

オールバックのやり方ステップ2、立ち上がらせるように髪をかき上げながらドライヤーを当てて乾かす。

濡らした髪の毛にドライヤーを当ててオールバックの形を作っていきます。

濡らした髪の毛が後ろに流れるように、普段の髪の流れに逆らうような形でドライヤーの風を当てていきましょう。

前髪は特に重要。しっかり後ろの方向に流れるように、根本を中心にドライヤーを当てていきます。

オールバックの形を作りつつ、髪の毛を完全に乾かしましょう。

ドライヤーで髪の毛を後ろに流す

オールバックのやり方ステップ3、スタイリング剤をつける。

ドライヤーでの形づくりが完了したら、最後にワックスなどのスタイリング剤をつけて形を整えて完成です。

ウェット系のスタイリング剤で濡れ髪セットをするのもおすすめ。

オールバックは髪を流す髪型ですから、ショートやボブなど髪が短すぎる方が挑戦する場合には、整髪料だけではなかなか理想通りにスタイリングできないことも。

髪が硬い剛毛さんや天パさんの場合でも、髪が短い方と同じように髪が後ろに流れてくれないケースが。

そのような場合には、コーム型のピンやカチューシャを使って髪をとめるのもおすすめ。

カチューシャは何年も前に流行したアイテムで少し古いイメージがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし2020年あたりから再流行。太めから細め、素材も金属のものから布製のものまでさまざまなカチューシャが販売されています。

ヘアアクセで押さえるのもおすすめ

ショートで髪が短すぎる方や髪が硬い・癖毛でいうことを聞いてくれない、といった方はこのようなヘアアクセサリーを取り入れると、おしゃれにオールバック風の髪型がきまります。

ピンやカチューシャには女性らしいイメージがありますよね。

しかし現在は数多くの商品が作られており、テイストもさまざまなものがあります。

ハンサムな印象ならシンプルな金属の細めのピンやカチューシャもよく似合うます。

レザー調のカチューシャもクールな印象になれますね。

その日の気分やファッションに合わせてオールバックの髪型にヘアアクセサリーを組み合わせるのも楽しいはず。

スタイリング剤にワックスを使ってしっかり髪型をキープ

スタイリング剤のおすすめ

スタイリング剤にはさまざまな種類のものがありますが、オールバックのスタイリング剤をする時には、ワックスがおすすめです。

ワックスには硬めから柔らかめのものまで使用感や仕上がりを希望に合わせて選ぶことができます。

メンズがオールバックにする際によく使用されるジェルやグリースは、しっかりキープできるのが魅力。

しかし、かっちり固めてしまうものが多いため、スタイリングを治すことはできません。

髪の長い女性にとって手櫛を通すことができないのは避けたいですよね。

そのため、固まらないワックスがおすすめなのです。

特に現在のレディースヘアのトレンドは抜け感のある髪型が多いもの。

抜け感は髪の毛の動きがあってこそ、表現できるもの。

スタイリング剤を選ぶのは難しい

髪の毛を流すキープ力はありながらも、髪の毛の動きも出るような絶妙なセット力のワックスが最適なのです。

とはいえ市販品にはワックスといえどたくさんの商品が並んでいます。最近はコンビニにも置いてあるほど。

自分でぴったりの使用感のワックスを見つけるのは難しいですよね

そこでオールバックにするときにぜひお使いいただきたいのがプリュムワックス。

プリュムワックスは、ヘアバームタイプのワックスです。

プリュムワックスなら、固まらずに前髪をしっかり後ろに流すことが可能。

固まらないため、つけた後に髪の流れを変更する、手櫛を通すこともできます。

固まらずキープできるものがおすすめ

髪の毛が固まるのが苦手な女性は多いもの。プリュムワックスはそんな方でも使いやすいワックスになっています。

天然由来成分でお作りしていますので、ヘアケアしながらオールバックのスタイリングを楽しむことができるのも嬉しいポイント。

ワックスは頭皮やお肌につくことも多いアイテム。

特にオールバックではおでこにもワックスがつきやすいヘアアレンジでもあります。

プリュムワックスは、合成香料・合成着色料・パラベン・アルコール無添加、オーガニックにこだわっていますから、敏感肌の方でもお使いいただけます。

オールバックのスタイリングにお使いいただいた後は、そのままリップやハンドクリームとしてお使いいただけますから、お肌につきやすいオールバックのスタイリングにもピッタリ。

プリュムワックスの使い方は次の通り。

  1. 適量を手にとって体温で温めながら手のひら全体に伸ばす
  2. 髪を後ろに流すようにかきあげるようにしてプリュムワックスをつける

ワックスで髪をかき上げた女性

プリュムワックスは硬めの軟膏のようなテクスチャーのワックス。

髪の毛に満遍なくつけるにはしっかり体温で温め、手のひらに伸ばすことがコツです。

後ろに流したい髪の根本部分から手のひらを押し付けるようにつけましょう。

プリュムワックスには天然植物オイルが配合されていますから、ツヤのあるオールバックにできますよ。

髪の毛全体に少し多めにつければ、トレンドの濡れ髪スタイリングも可能。

濡れ髪はパーマヘアとの組み合わせも今風。プリュムワックスならくせ毛を活かしてパーマ風ウェットヘアにも。

くせ毛をパーマ風に活用する場合には、くせ毛を握るようにプリュムワックスをつけましょう。

くしゅくしゅとしたウェーブ×オールバックの髪型は抜け感のある印象に。無造作な印象が大人の女性の魅力引き出します。

今回使用したプリュムワックスは以下から詳しくみることができますので、オールバックに挑戦する方はぜひご覧くださいね。

 ヘアセットをしながらヘアケアもできるプリュムワックス

ベタベタしないワックスでおしゃれなオールバックにしましょう

今回は美容師が、オールバックとはという基本的なところから、女性がオールバックにするときにおすすめのワックスまでご紹介しました。

オールバックとは、髪を全部後ろになで上げる髪形のこと。

しかし、最近は、オールバックの髪型の幅が少し広がってきています。

束感や動きのあるオールバックスタイルも加わり、オールバックを取り入れる女性も出てきました。

女性のオールバックスタイルは、ハンサムな印象に。

濡れ髪やまとめ髪と合わせれば、女性らしさとかっこよさ両方を手に入れることができます。

かっこいい印象になりたい女性にはおすすめのオールバックスタイル。

自分にぴったりのスタイリイング剤でおしゃれなヘアセットを楽しみましょう

スタイリングも意外と簡単。

ドライヤーで髪を後ろに流してワックスなどのスタイリング剤をつけ、髪の流れを整えるだけでOK。

スタイリング剤が欠かせないオールバックの髪型ですが、特に女性のオールバックスタイリングではワックスがおすすめ。

プリュムワックスは固まらず、ベタベタしないバームタイプのヘアワックスです。

リップクリームやハンドクリームにも使えるプリュムワックスは、オールバックにぴったり。

オールバックでハンサムなヘアスタイルにしたい方は、ぜひプリュムワックスを使ってみてくださいね。

 ヘアセットしながら同時にヘアケアもできるプリュムワックス
Pocket