シャンプーのシリコンに害はあるの?

Pocket

こんにちは!表参道原宿で美容院MAXを1人で経営している美容師の戸来です。

ここ数年、シャンプーのシリコンについては、さまざまな情報が飛び交っていますよね。「シリコン入りのシャンプーは良くないからノンシリコンにすべき」なんてフレーズは、みなさんも良く目にするでしょう。

また、「シリコンのせいで髪が薄くなる」など、嘘かホントかわからないような噂までささやかれています。

でも、これって真実なのでしょうか?

本当にシリコンは悪者なのか!?

そこで今回は、『シャンプーのシリコンに害はあるの?』という疑問について、現役美容師の僕が徹底解説していきたいと思います。

シリコン入りシャンプーの注意点や、メリット・デメリット、おすすめシャンプーもご紹介しますので、ぜひ最後までお読みいただければ嬉しいです!

シャンプーに入っているシリコンは害があるのか?

長々と引っ張るのもアレなんで。まずは、結論からお伝えしますね。

シャンプーに入っているシリコンに害はありません!

これは、断言します。

シリコン自体は、非常に優れている成分です。実際に、ほとんどのシャンプーやトリートメントに配合されていますよね。

しかし、美容師さんによっては「シャンプーはノンシリコンのほうがいい」とおすすめをする人もいると思います。

それはなぜなのか?

シリコンで髪の毛をコーティングしていると、パーマやカラーなどの薬剤がうまく入らなくなってしまいます。こういった理由から、ノンシリコンシャンプーを勧める美容師さんがたくさんいるというわけです。

施術のやりやすさを考え、ノンシリコンを勧められていると考えてもいいでしょう。コーティングによって薬剤が均一に入らないと、仕上がりが「失敗」してしまうこともあるんですよね。

さらに、問題視されているのは、「シリコンによるコーティング」がシャンプーでは洗い流せないことに原因があります。

とはいえ、普段のサラサラ髪をキープするといった意味では、「シリコンがしっかり髪に残ってくれた方がいい」と考える方もいるはず。

美容院のサロントリートメントだって、シリコンで髪に被膜を作っているんですからね。同じことです。

「シリコンに害がある」といわれているのは、カラーやパーマを上手にかけることができない可能性が高くなるから。

ちなみに。

僕自身は、シリコンが入っていても入っていなくてもどっちでもいい派!

こちらの動画もご覧くださいませ。

【市販VS 高いシャンプー】美容師が教えるシャンプーのおすすめとは【動画】

決して、テキトーなわけではありません。重要なのは、そこじゃないと考えているからです。

お客様の髪がいかに扱いやすくなるか、キレイに見えるのか。そして、ご本人が「本当に満足して使っているのか」という点が大事だと思っています。

シリコンに害はない!ただし注意点がある

シリコンには害がないとお話をしてきましたが、シリコン入りシャンプーを使用する場合にはいくつかの注意点があります。

一番の問題は、その配合量です。

商品によっては、シリコンが大量に配合されていることがあります。

成分表を見たときに、○○メチコン、○○シラン、○○シロキと表記されているものは全てシリコンです。

これらのシリコンが、成分表の上位5を占めているようなシャンプーは「シリコンの入れすぎ」と思ってください。

もちろん、シリコン自体は害ではないのですが、過剰に髪へ蓄積してしまうとベタついたりギトギトの見た目になってしまうことも多いので注意が必要です。(すすぎが足りない場合にも、髪が重くなってしまう場合があります。)

正しいシャンプー方法の解説動画もあるので、もしよろしければご覧ください。

【動画】敏感肌様必見!美容師が解説する自宅での正しいシャンプーの仕方、やり方とは

その他。

美容院でパーマやカラーなどの施術を受ける前夜あたりからは、シリコン入りのシャンプーを控えた方が良いでしょう。

これは、さきほど解説した通り「コーティングによって薬剤が入りにくくなる」という問題があるからです。

あまり神経質になる必要はありませんが、少しでもキレイな仕上がりを求めているのであれば、注意しておいて損はないはずです。

シリコンの害より「界面活性剤の害」がコワイ!?

シャンプーを選ぶ際には、シリコンを気にするのも大事なのですが・・・

実は、界面活性剤の害の方が危険なのです。

シャンプーの界面活性剤は、主に洗浄成分として配合され「泡立ち」や「洗い上がりのスッキリ感」に貢献してくれます。

もちろん、界面活性剤だって完全な悪者ではありません。

しかし、あまりに強力な界面活性剤は、頭皮や髪に必要な皮脂・油分をごっそり取り除いてしまいます。その結果、乾燥してフケが出たり、かゆみが生じるケースも少なくありません。

油分が不足したせいで、髪もパサパサになってしまう場合だってあります。

確かに。

古い皮脂を残したままにしていると、酸化したりニオイを発したりして頭皮トラブルの原因になることもありますが、洗いすぎも良くないのです!

界面活性剤が多く含まれているシャンプーや、強力な界面活性剤が含まれている製品の場合には、ノンシリコンでもシリコンありでも害になるといえるでしょう。

シリコンの有無だけに振り回されてはいけない、ということですね。

シリコンのメリットとデメリットについて

シリコンに害がないといっても、やはりメリットとデメリットは存在します。

シリコンのメリットは、以下のようなものが代表的です。

  • 髪の毛の指通りや手触りを良くしてくれる
  • 傷んでゴワゴワする髪の毛をサラサラに整える
  • まとまりやすい髪に洗い上げてくれる

このように・・・

こちらは、シャンプーのシリコンではありませんが、MAXで開発したプリュムヘアオイルを馴染ませた髪の毛です。(After)

明らかに見た目もキレイに感じますよね。もちろん、手触りもなめらかに変化します!

しかし。

大量のシリコンが配合されたシャンプーを使い続けたり、すすぎをしっかり行わないでいると・・・髪の毛がギットリ、ベッタリしてくることもあります!

これは、髪に付着したシリコーンが過剰に蓄積したためです。

  • 根元にボリュームが出にくくなり薄毛に感じてしまう
  • 夜にシャンプーをしても翌朝にはベタつきが気になる
  • コテを巻いてもすぐにカールが落ちてしまう
  • カラーの色が長持ちしなくなる

など。

髪質によっては、上記のようなデメリットが出てきます。

シャンプーの使いはじめは「髪がしっとりしてイイ感じ!絶対リピしよう!」と思っていても、1本使い終わる頃には「なんか違う」と感じることってありますよね?

これは、シリコーンの蓄積が主な原因なのです。

とはいえ。

シリコンは髪の毛の触り心地や指通りを良くしてくれるので、物理的な摩擦ダメージを軽減する効果が期待できるんです。

ノンシリコンの場合、シャンプー後にきしむので指通りが悪くなります。この際に摩擦で切れ毛(断毛)が生じると、枝毛を作る原因に繋がってしまうのです。

シリコンは、適度に使うことが大事。

髪質によっては、シリコンを使わないと髪が絡まったりキシみが酷くなるケースもあります。

逆に「ノンシリコンシャンプー」を使用した方が髪がふんわりして、ボリューム感を出しやすい女性もいるんですよね。

髪質によって、人それぞれのメリット・デメリットがあるといえるでしょう。

美容師が開発!こだわりのノンシリコンシャンプー

僕が美容師として開発した「プリュムシャンプー」は、シリコンを一切配合していません。

その理由は、補修成分(ヘマチン・ケラチン)や保湿成分(ヒアルロン酸・トレハロース)などの効果を最大限に引き出すためです。

シリコンを入れてしまうと、コーティングという「髪のバリア」によって、これらの成分がしっかりと髪に届かなくなってしまうから、すごく勿体ないんですよね。

『シリコンが害だから入れていない』とか、そんな理由ではありません。

配合成分を活かすための、ノンシリコンシャンプーです。

ちなみに。

プリュムシャンプーは、もちろん着色剤、合成香料、鉱物油は無添加。

お肌がデリケートな方でも、毎日安心して使っていただくことができますよ!

嬉しい口コミもたくさん寄せられているので、ご紹介しますね。

 

プリュムシャンプーの成分解析

どんなに口コミが良いシャンプーでも、「やっぱり成分が気になる」という方は多いでしょう。

そこで、プリュムシャンプーの成分解析を美容師の僕がわかりやすくお伝えしたいと思います。

まずは。

プリュムシャンプーの全成分は以下の通りです!!

【全成分】

水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドプロピルベタイン、スルホコハク酸ラウレス2Na、ラウロイルメチルアラニンNa、グリセリン、ジステアリン酸PEG-150、ラウラミドDEA、ラウレス硫酸Na、ポリオクタニウム-10、ヘマチン、グルタミン酸、クエン酸、加水分解ヒアルロン酸、ベタイン、プロリン、トレハロース、ツバキ種子油、ポリオクタニウム-51、PCA-Na、アルギニン、セリン、グリシン、アラニン、リシン、トレオニン、PEG-60水添ヒマシ油、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、ニオイテンジクアオイ油、オレンジ果皮油、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、塩化Na、BG、EDTA-2Na、プロピルパラベン、メチルパラベン、フェノキシエタノール、ソルビトール、エタノール

いかがでしょうか?

・・・全然わかりやすくないですね。

むしろ文字だらけで腹が立ってきますね(笑)

正直。

こういった成分表って「難しい文字がいっぱいで、読むのを断念しちゃう」という方も多いはず。

そんな方のために、プリュムシャンプーの「特に大事な成分」のみを抜粋して解説していきます。

ちなみに、このような成分表は配合量が多い成分から記載されているため、前半15個くらいを見ておけばOK!

後半の成分は、ほんの微量しか入っていないことがほとんどです。(例外もありますが、ごく稀です。)

他の製品の成分表示を確認する際にも、ぜひ参考にしてくださいね。

では、プリュムシャンプーの成分解析をみていきましょう!

主原料はマイルドな低刺激成分!アミノ酸系洗浄成分

僕が開発したプリュムシャンプーは、アミノ酸系洗浄成分(ココイルグルタミン酸TEA、コカミドプロピルベタイン)が主成分となっています。

シャンプーにとって、洗浄成分は命です。

前半で、界面活性剤のお話をしてきましたが・・・

界面活性剤って、大きく2種類に分けられるんです。ひとつは、「アニオン活性剤」と呼ばれるもの。そして、もうひとつが「両面活性剤」といわれるものです。

市販のシャンプーには、「アニオン活性剤」に分類される高級アルコール系が多く使用されています。

高級といっても、石油から作られた人工的な界面活性剤です。泡立ちが良く、かなり安価でつくることができるため、アチコチで使われているんですよね。

ただし、洗浄力が強すぎて「大事な皮脂バリア」を破壊してしまうリスクもあります。

しかし!

プリュムシャンプーでは、「両面活性剤」に分類されるベタイン系の界面活性剤(コカミドプロピルベタイン)を使用。

このベタイン系は、赤ちゃんのシャンプーにも使われるほど、優しく低刺激なのが特徴です。ただし、高価な成分なので市販のシャンプーではほとんど使われていません。

また、アミノ酸系洗浄成分のココイルグルタミン酸TEAもバランスよく配合し、保湿成分が髪に吸着しやすいように作りました。

髪のダメージを補修する「ヘマチン」配合

ヘマチンには髪の成分を作り出し、ダメージを受けた髪を補修する効果があるとされています。

さらに、ヘマチンは「抗酸化作用」を持っているため、老化や抜け毛を予防しながら若々しい髪をキープする効果も!

年齢を重ねた髪にこそ必要不可欠な成分だといえるでしょう。

その他、髪内部に残留した薬剤(酸化剤・還元剤など)を除去する働きがあるので、パーマやカラーなどの施術をした後に使うと、「持ち」を良くしてくれる嬉しいメリットもあります。

MAXシャンプーは、完全無着色ですが赤褐色をしています。これは、ヘマチン由来の色素です。

むしろ、ヘマチン配合の証ともいえる色なので安心してご使用くださいね。

キューティクルを整える「ケラチン」で髪の水分量を保つ

ケラチンは、髪の主成分である「アミノ酸」から成るタンパク質です。

最近は、「髪のためにはアミノ酸系シャンプーが良い」なんてよく耳にしますが、実際に健やかでキレイな髪の毛を保つためには、アミノ酸は必須成分!

アミノ酸には、髪表面のキューティクルを整える作用があるため、内部の水分をキープする効果が期待されています。

そのため、カラーやパーマなどの施術を定期的に受けている方にはオススメの成分!

ケラチンが施術(薬剤)による乾燥やパサつきを抑えて、ツヤやかな髪に導いてくれるのです。

香料は安全?どんな香りがするの?

プリュムシャンプーには、合成香料が一切入っていません。

香りは、微量のエッセンシャルオイル(精油)によるもの。

オレンジの爽やかな香りは、現代人に多いストレス・不安・緊張などを緩和し、リラックス効果をもたらしてくれますよ。

ただし、敏感肌やアレルギー体質の方でも安心してお使いいただけるよう、必要最低限の量しか入れていません。シャンプーの目的は、髪の香りづけではないと考えているからです。

一般的な「アロマ系シャンプー」や「エッセンシャルオイル配合シャンプー」と比較すると、香りは弱めでしょう。

それでも「MAXのシャンプーの香りが好き!」と言ってくださるお客様がたくさんいるので、嬉しく思っています。

【注意】シャンプー以外のスタイリング剤にもシリコンが大量!?

市販のヘアオイルやワックスなどには、大量のシリコンが含まれていることがあります。

シリコン自体には害があるわけではないのですが・・・

シャンプーにもトリートメントにもシリコンが入っていて、さらにアウトバスにも、ワックスにもヘアオイルにも・・・と、「すべてシリコンが大量に入っている製品」を使うのはおすすめできません。

すでにお伝えしている通り、シリコンが髪へ蓄積することによって

  • 髪のベタつきが気になってくる
  • 全体的なボリュームダウン
  • 見た目がギトギトしてしまう
  • 美容院でのカラーがうまく入らない

このような問題が浮上してくるからです!

ヘアケアトータルでの「バランス」が大事なんですよね。

ちなみに。

僕が開発をして販売中の「プリュムワックス」には、シリコンをはじめ香料など余計なものを一切入れていません。

「くせ毛で髪のツヤがない」「毛先の乾燥が気になる」という方は、シャンプーで洗いっぱなしではなく、プリュムワックスのような『ノンシリコンワックス』でケアすることをオススメします。

まとめ

今回の記事は、「シャンプーのシリコンには害があるのか?」という内容でお届けしました。

結論としては、シャンプーのシリコン自体には害がないということ。

シリコンに害があるといわれているのは、「コーティングによって、美容院の施術が失敗する恐れがあるから」とお話をしてきました。

これは、担当の美容師さん次第で『好み』や『考え方』が異なると思います。

実際、僕はどっちでもいいと考えているので・・・(笑)

シリコンが入っているほうが指通りが良くて心地がいい方もいますし、ノンシリコンシャンプーの方がふんわりボリュームアップする女性もいます。

自分の髪質やそのときの状態によって、シャンプーを使い分けることが何よりも大事だということを覚えておいてくださいね。

それでは、今回も最後までお読み頂きありがとうございます!

 

人気のプリュムシャンプーは現在、再販の先行予約受付中です!

【速報】先行販売!美容師がおすすめする人気シャンプー『プリュムシャンプー』【動画】

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

MAX戸来オンラインショップ

プロフィール


MAX戸来(ヘライ)
20歳から上京し、22歳から原宿美容院MAXを一人で設立。24歳から一律カット料金3万円に。
パサつく髪、くせ毛、ダメージ毛で悩む全国のお客様へ「毎日サロン帰り」を実現することができるヘアケア製品の開発、ヘアスタイルをご提案。
公式HPを見る

髪型BEFORE→AFTER画像集を見る

公式LINEで髪型の無料相談する

MAX戸来公式オンラインSHOPはこちら

ページ上部へ戻る