洗浄力の弱い・強いシャンプーはどちらが良い?美容師が解説します

Pocket

髪を綺麗に洗い流すためには洗浄力の弱いシャンプーと強いシャンプー、どちらが良いのでしょうか。

文字だけ見れば市販品に多い洗浄力が強いシャンプーが良さそうですが、美容室・サロン製は洗浄力が弱いシャンプーとあえて謳っています。

このページではシャンプー選びのポイントである洗浄力は強い・弱いどちらが良いのか、その他何に注目すべきなのか美容師が解説しています。

30代後半を過ぎ、今まで通りにシャンプーを続けているのに髪がうねる・パサつく、手触りがゴワつくなら要注意。

今のあなたの髪質に合わないシャンプーになっているかもしれません。

その原因と対策をこのページで紹介していますのでぜひ、お役立てください。

あなたの髪にはどっちが正解?洗浄力の弱い・強いシャンプー

美容師としているとお客様からシャンプーの洗浄力について「弱いのと強いのはどっちがいいですか?」という質問をいただくことがあります。

答えは、どちらのシャンプーにもメリット・デメリットがそれぞれあるため、髪質・状態に合わせたものを選ぶのが正解。

ドラッグストアやコンビニ、インターネットで見かけるシャンプーには以下のような商品が挙げられます。

  • 低刺激シャンプー
  • アミノ酸系シャンプー
  • 石鹸シャンプー
  • ノンシリコンシャンプー
  • 優しさが売りのシャンプー
  • 弱い界面活性剤配合のシャンプー

本当に種類が多く、洗浄力の弱い・強い以外にもそれぞれの特徴があなたの髪に本当に合うのかどうか、シャンプー選びは簡単ではないですね。

まずは本題である洗浄力が弱いシャンプーと強いシャンプー、それぞれの特徴について紹介していきますね。

洗浄力が弱いシャンプーの特徴

洗浄力が弱いシャンプーの代表的なものは、アミノ酸系シャンプーなどがあげられます。

成分表に「〇〇ベタイン」と表示されているものは、アミノ酢酸型ベタイン系の界面活性剤

少し難しい話になりますが、これは両面界面活性剤に分類されており、低刺激で洗浄力が弱いのが特徴です。

頭皮や髪の皮脂を取り除きすぎないため「肌バリア」を壊すことなく、髪をしっとりと優しく洗いあげることができます。

洗浄力が弱いシャンプーを使うメリット

洗浄力が弱いシャンプーは、以下のような方でも刺激が抑えめな使用感が大きなメリットです。

  • 敏感肌
  • 乾燥肌
  • アトピー肌
  • 頭皮に痒みやフケが出やすい方

また、皮脂分泌量が少なく、皮膚や髪が乾燥しがちな方でも「洗いすぎ」の心配が少ないです。

とはいえ、洗浄力が弱いからといって汚れが落ちないわけではありません。

洗浄力が弱いシャンプーを使うデメリット

洗浄力が弱いシャンプーにも、デメリットはあります。

低刺激で洗浄力が著しく弱いシャンプーは、シャンプーの一番の目的である「洗浄」が不十分になることも。

特に、皮脂の分泌量が多く、いつも頭皮や髪がベタベタしてしまうような方は、注意が必要です。

毎日のシャンプーで汚れをきちんと洗い流すことができず「頭皮のかゆみ」「臭い」の原因になってしまうことも。

また、ガッチリとホールドするようなスタイリング剤やワックスを使用している方も、髪のベタつきが気になってくることがあります。

また、くせ毛の方が「洗浄力の弱いシャンプー」を使った場合。

しっかり洗浄できないことによって、髪にシリコーンなどのコーティングが残りやすいです。

しっとりしすぎてしまい、ぺたんとしたり、クセやうねりが出やすくなることがあります。

洗浄力が強いシャンプーの特徴

洗浄力が強いシャンプーというのは「頭皮スッキリ」とか「皮脂のベタつき除去」タイプのシャンプー。

また、成分表記では以下のようなアニオン界面活性剤に分類される「高級アルコール系」の洗浄剤が多く配合されている傾向があります。

  • ラスレス硫酸○○
  • アルキル硫酸○○
  • 硫酸エステル○○

このような成分が並んでいるシャンプーは、洗浄力が強いと思っていただいてOKです。

洗浄力が強いシャンプーを使うメリット

洗浄力が強いシャンプーのメリットは、すっきりとした洗いあがり。

  • 皮脂が多いオイリー肌
  • 粘着力・キープ力の強いスタイリング剤を使っている方

このような方にとっては「使い心地が良い」と感じることが多いでしょう。

過剰な皮脂やスタイリング剤汚れをキレイに落としてくれるので、洗髪後に「さっぱりした」と実感しやすいですね。

また、髪をボリュームアップさせたい方は、強い洗浄力によって「髪に蓄積した汚れやシリコーン」を落とし切ることで、ふんわりとしたシルエットを作りやすくなるメリットも。

湿気やしっとり感のせいで、ぺたんとしたり、うねりが強く出てしまうような「くせ毛」の方にも、ある程度の洗浄力を持ったシャンプーがおすすめです。

洗浄力が強いシャンプーを使うデメリット

「さっぱりするから」といって、あまりに洗浄力が強いシャンプーを使い続けると頭皮や髪に大きな負担がかかってしまうケースもあります。

人によってはフケや乾燥、かゆみなどの症状が出てくることも。

洗浄力が強い=刺激が強め、ともいえます。

シャンプーの役割は「洗浄すること」だとお話しましたが、シャンプーは髪を洗うものであって、基本的に頭皮を洗うものではないという考え方が大切です。

頭皮には、皮膚の自浄作用が備わっているため、お湯だけでも十分汚れが落ちるようにできています。

特に、皮膚がデリケートな方や、もともと乾燥肌・アトピー肌の方は注意が必要です。

また、以下のような髪質・髪悩みがある方も「洗浄力が強いシャンプー」は避けるべきでしょう。

  • 髪が傷んでいる方
  • 軟毛・細毛の方
  • くせ毛がある髪質
  • エイジング毛が気になる方

このような方には「強い界面活性剤」は選択肢から外すと良いでしょう。

髪のパサつきや広がり、キシみ、乾燥による静電気、絡まりなどが悪化したら、シャンプーの洗浄力が強すぎるかもしれません。

また、カラーや白髪染めの持ちを悪くしてしまうデメリットもあげられます。

洗浄力が強い場合、汚れだけが落ちるわけではないのです。

最近、髪がパサつく・うねるようになったあなたに合うのは?

「シャンプーを変えたら髪のパサつきが気になってきた」

「カラーの色落ちが早い気がする」

このような場合には、まず洗浄力の強さを見直しましょう。

あなたの髪には強すぎる可能性があります。

人それぞれ好みがありますが、最初から刺激が強いシャンプー(洗浄力が強いシャンプー)を使わず、洗浄力が優しいものからはじめると良いでしょう。

シャンプーの洗浄力は、成分表を見れば誰でもわかります。

なぜなら、シャンプーの洗浄力=界面活性剤だからです。

シャンプーの洗浄力=界面活性剤

そもそも界面活性剤は、水分と油分などの「混ざりにくいもの同士」を溶け合いやすくする物質のこと。

化粧品では、クリームや乳液を作る際の「乳化剤」として使われたりしています。

シャンプーに配合される界面活性剤の場合には、主に「洗浄剤」として使われており、皮脂や油性のスタイリング剤を洗い流すための役割を担っているのです。

シャンプーの成分表を見たときに、ラスレス硫酸Na、とかアルキル硫酸○○、硫酸エステル○○などと明記されているものは、全て石油系合成界面活性剤です。

本来、頭皮についた汗やほこりなどの汚れは、お湯だけでも洗い流すことが可能。

お湯洗いだけでも、頭皮の約8割程度の汚れは洗浄できます。

しかし、残りの2割の汚れはお湯だけで落とすことができません。

それが、皮脂やスタイリング剤の「油性汚れ」なのです。

これらの汚れを落としてくれるのが、界面活性剤(洗浄成分)というわけです。

界面活性剤が間に入ることによって油汚れを溶かし、さっぱりと洗い上げることができる!という仕組みです。

サロン品質のヘアケアがご自宅で可能になるシャンプー

ここまで読んでいただいても「自分に合ったシャンプーがわからない」という方もいらっしゃいますよね。

美容師が「洗浄力」にこだわって開発したプリュムシャンプーをご紹介します。

アミノ酸系髪面活性剤、ベタイン系界面活性剤で構成されています。

「洗浄力が強いシャンプー」と「洗浄力が弱いシャンプー」双方のメリットを考慮したシャンプーです。

 しっかり洗浄、傷んだ髪を保湿・毛髪補修できるプリュムシャンプー・トリートメント

プリュムシャンプーは、僕の美容院でも使っているサロンクオリティーのシャンプー。

たくさんのお客様から生のお声をお聞きして作られました。

シャンプーをはじめとしたホームケアが美髪をつくる

美髪のためには、まずはおうちでのお手入れとホームケア製品を正しく選ぶことが大事。

洗浄力の強い・弱いは、

  • 配合されている界面活性剤の種類
  • 配合量
  • 組み合わせ
  • 配合バランス

これらによって使い心地や洗いあがり、手触り、指通りが大きく変わってきます。

また、髪質やお悩み、ダメージ状態は人それぞれ違いますよね。

実際にシャンプーを作る際にはさまざまな髪質・悩みに寄り添うため、成分配合にこだわりました。

洗浄成分の配合比率にも気を配り、一度洗いでもさっぱりとした洗浄力が特徴です。

プリュムシャンプーに含まれる成分

水、ココイルグルタミン酸TEAコカミドプロピルベタインスルホコハク酸ラウレス2NaラウロイルメチルアラニンNa、グリセリン、ヘマチン、加水分解ケラチン(羊毛)、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、クオタニウム-33、ポリクオタニウム-10、トレハロースソルビトール、ベタインジステアリン、PEG-150、PEG-60水添ヒマシ油、ラウラミドDEA、BG、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、EDTA-2Na、フェノキシエタノールメチルパラベン、プロピル、パラベン、オレンジ果皮油、ニオイテンジクアオイ油

プリュムシャンプーに配合されている主な洗浄成分(界面活性剤)は、4種類。

  • ココイルグルタミン酸TEA
  • コカミドプロピルベタイン
  • スルホコハク酸ラウレス2Na
  • ラウロイルメチルアラニンNa

主原料の、ココイルグルタミン酸TEAは優しさを追求したアミノ酸系。

そして、コカミドプロピルベタインは「ベタイン系」の界面活性剤なので、マイルドで低刺激なのが特徴です。

スルホコハク酸ラウレス2Naは、アニオン界面活性剤で洗浄力と泡立ちに優れています。

さらに、アミノ酸系界面活性剤に分類される「ラウロイルメチルアラニンNa」でバランス調整。

この洗浄成分の絶妙なブレンドが、さまざまな髪質の方に喜んでいただけている秘密です。

くせ毛や剛毛、ボリュームの出にくい髪質の方をはじめ、乾燥しやすい髪やダメージ毛でお悩みの方からも嬉しいお声をいただいています。

髪・頭皮にあったシャンプーが見つかったまき様からの口コミ

購入したくてもできなかったため近所の美容院でおすすめをしてもらったシャンプーを使用していました。

でもプリュムシャンプーは頭皮のかゆみも出ないしすぐ色が落ちてしまう私の髪にはプリュムシャンプーじゃないといけないみたいです。

再販売を心よりお待ちしております。

★★★★★ 2020年1月25日

プリュムシャンプーは一回使うとハマる、すずな様からの口コミ

再販待ちわびていました。

LINEで販売のご連絡をいただいたので即購入。

こちらのシャンプーが品切れしていたときは同じようなものを探して使ってみましたが、これ以上のものはありませんでした。

使用感はもっちりとした密度の濃い泡で、トリートメントが要らないくらいしっとりサラサラになります。

一回使うとハマります。

★★★★★ 2020年2月2日

こうしたお声をいただくと本当に苦労して開発して良かったなと思います、ありがとうございます!

商品詳細ページにはその他のお客様からの口コミ・体験談も掲載していますのでぜひ、ご覧くださいませ。

シャンプーの洗浄力は弱いor強い、どっちがいいか、まとめ

シャンプー選びの要素のひとつ、洗浄力の弱い・強いについて美容師が解説させていただきました。

今このページをお読みいただいているあなたが、髪が最近ゴワつく・パサつくなどの状態であるなら、その原因は髪質の変化とシャンプーである可能性があります。

まずは洗浄力の弱いシャンプーで髪がどのような状態になるかを確認、あなたの髪質に合うシャンプーは洗浄力が弱い・強い、どちらが良いか選んでみてくださいね。

髪が傷んでいる、パサつく、その原因が髪のダメージなら洗浄力に加え、保湿・毛髪補修ができるかどうかも重要。

乾燥しやすくダメージを受けやすいくせ毛さんのために開発したプリュムシャンプー&トリートメントは美容師の僕のこだわりが詰まった傑作だと言い切る自信があります。

パサついたりボサボサになってしまう髪にお悩みならぜひ一度、お試しください。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

 くせ毛専門の美容師がお客様の声を活かして作ったプリュムシャンプー・トリートメント
Pocket