ヘアアイロンで髪が傷む原因と対策!美容師が教える正しい使い方

ヘアアイロンで髪が傷む原因と対策!美容師が教える正しい使い方
Pocket

「ヘアアイロンで毎日セットすると、髪の毛が傷む?」

「コテやアイロンを使っても、髪が傷まない方法はないの?」

このような疑問やお悩みがある方は必見!

今回は、ヘアアイロンで髪の毛が傷む原因と、髪のダメージを最小限に抑える使い方を美容師が解説。

適切な設定温度や、髪の保護&補修に効果的なヘアオイルもご紹介します。

ヘアアイロンで髪の毛が傷む2つの原因

ヘアアイロンで髪の毛が傷む原因は、主に2つ。

  1. 熱ダメージによる髪内部のタンパク質変性
  2. 摩擦ダメージ髪表面のキューティクルが傷む

コテなどのカールアイロンストレートアイロンは、髪の毛の内側と外側に「ダブルのダメージ」を与えてしまうため、使い方には注意が必要です。

アイロンで傷んだ髪の例

まずは、これらの原因についてわかりやすく解説していきましょう。

熱ダメージによる髪内部のタンパク質変性

ヘアアイロンで髪の毛が傷む大きな原因は、熱によって起こる「髪内部」のタンパク質変性。

コテやヘアアイロンは、熱の力で「髪内部の水分」を飛ばすことによって、ヘアスタイルを形づくるための道具です。

ヘアアイロン原理図解

金属でできたアイロン部分は、海外製のものだと210度などの高温になるタイプも。

しかし、髪の毛を構成するたんぱく質は、150度で熱変性を起こします。これは乾いた髪の場合です。

濡れた髪では、傷む温度がもっと下がり60度くらいの低温から「たんぱく質変性」が起こるといわれています。

たんぱく質変性で髪が傷む 熱変性図解

簡単にいえば、ヘアアイロンの熱を受けることで髪の毛の水分が蒸発して「焦げた状態」になってしまうということ。

その結果、髪がパサパサ、ゴワゴワになり「傷んだ」と感じるようになるのです。

摩擦ダメージで髪表面のキューティクルが傷む

ヘアアイロンは、髪の毛表面を覆っている「キューティクル」にもダメージを与えます。

主に、コテやアイロンを滑らせるときに生じる「摩擦」によるものです。

髪の毛が傷む要因

キューティクルは、本来うろこのように髪の1本1本を覆い、髪内部の水分うるおいを保護し、なめらかでツヤのある状態をキープしています。

ところが、キューティクルはとてもデリケートな組織。キューティクルの働き+傷んだ状態の比較

ヘアアイロンの摩擦で剥がれたり、めくれ上がった状態になってしまうと、本来の「保護膜」としての働きを維持できなくなってしまいます。

  • 手触りがゴワつく
  • パサパサする
  • 髪の乾燥がひどい
  • カラーの色落ちが早くなった

そのため、コテやストレートアイロンで髪の毛が傷むと、上記のようなトラブルが目立つようになってしまうのです。

毎日のヘアアイロンでも髪の毛の傷みを抑える方法

髪の毛をヘアアイロンで傷ませないためには、以下の3つの方法を必ず実践しましょう。

  1. 設定温度を守り髪の傷みを最小限にする
  2. 毛束を細かく分けてヘアアイロンをかける
  3. アイロン前にはヘアオイルで髪を保護する

ダメージ抑えるイメージ写真

残念ながら、アイロンやコテを使用している限り「まったく傷まない方法」はありません。

しかし、その使い方をほんの少し見直すだけで「髪が傷む速度」を遅くさせたり、アイロンダメージを最小限にすることは可能です。

アイロン温度を厳守して髪の傷みを最小限に

髪の毛の傷みを抑えるためには、ヘアアイロンの温度を130~140度に設定しましょう。

記事の前半でもお話した通り、150度以上になると熱変性(タンパク質変性)によって髪がダメージを受けてしまいます。

髪が傷まないアイロン温度

実際に僕がお客様の髪を巻く際にも、コテやアイロンの温度は150度以上にしません。

「温度が高い方が早くセットできる」とか「180度くらいの方がカールの持ちがいい」という女性も多いかもしれませんが、髪は確実に傷んでしまいます。

髪の毛は、死滅細胞と呼ばれる「死んだ細胞」の集まりです。

髪は死滅細胞 イメージ図

そのため、一度傷んでしまうと髪の毛が自己修復はすることはありません。

高い温度でのヘアアイロンは、髪にダメージが蓄積して、枝毛や切れ毛、乾燥、手触りの悪化につながるため注意しましょう。

毛束を細かく分けて「熱の伝わり方」を均一にする

髪のダメージを考慮するなら、ヘアアイロンの温度は低ければ低いほど良いのですが、スタイリング時に物足りなさを感じる方も多いでしょう。

低いアイロンの温度ではうまくストレートにできない、カールがつかない

特に、強いくせ毛やうねり、硬い髪、剛毛といった髪質だと「うまくカールできない」「髪がまっすぐにならない」なんてことも。

そんな場合には、「熱の伝わり方」が均一になるように毛束をできるだけ細かく分けてヘアアイロンをかけることで解決できます。

毛束を細かくわけて熱の伝わり方を均一にする

特に、細くて柔らかい髪質はヘアアイロンの熱で傷みやすいので注意してください。

アイロン温度を上げるのではなく、毛束を少しずつとって熱の伝わり方を良くする方が髪には負担が少ないですし、髪型がキレイに仕上がりますよ。

アイロン前にはヘアオイルで保護&補修ケアが必須

ヘアアイロン前には、熱や摩擦ダメージから髪の毛を保護するために「ヘアオイル」でのケアが欠かせません。 

アイロン前に使って欲しいプリュムヘアオイルの効果

実際に僕の美容院でも、コテやアイロンを使用する前にはプリュムヘアオイルをつけてからスタイリングします。

髪の傷みを最小限にするためには、補修&保護成分が含まれたヘアオイルを使うことが大切です。

ヘアオイル成分、効果

プリュムヘアオイルには、毛髪補修成分であるケラチン、シルク、コラーゲンを贅沢に配合しているため、髪の構造を補いながらしっかり保護。

アイロン前のヘアオイル使用例

ちなみに、精製済みでない天然100%などのオイルは、髪が重たくなってしまうためアイロン前のケアには不向き。

プリュムヘアオイルは、髪の水分&油分バランスをベストな状態に整えるため、重くなりすぎません。

そのため、ヘアアイロンでスタイリングした髪の毛を長時間キレイにキープすることができます。

髪がが傷まないように考えられたヘアオイル水分調整

下でご紹介するお客様は毎日ヘアアイロンを使う女性ですが、プリュムヘアオイルを付けてから巻くようにアドバイス。

ヘアオイルでの保護ケア効果

 

僕の方ではカットとカラーで髪がキレイに見えるようメンテナンスしただけ。

あとは、お客様がご自宅での正しいホームケアを実践した結果です。

このように、ヘアアイロン前に「ヘアオイルでの保護ケア」を行うことで、髪の毛の傷みやパサつきを最小限に抑えることができます。

髪が傷みにくいアイロンやコテの使い方をしよう

今回は、ヘアアイロンで髪の毛が傷む原因と、髪のダメージを最小限に抑える方法をご紹介してきました。

コテやストレートアイロンで髪を傷ませないためには、設定温度の厳守や「ヘアオイルでの補修&保護ケア」が必須。

アイロンは間違った使い方さえしなければ、縮毛矯正やデジタルパーマよりも髪の傷みは少なく済みます。

ぜひ毎日のホームケアを徹底して、しなやかでキレイな髪をキープしてくださいね。

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください