ポイントパーマとは?毛先や部分的にかける目的について

毛先に部分的にポイントパーマ
Pocket

「くせ毛にポイントパーマをかければセットが楽になる?」

「ポイントパーマって、どんなメリットがあるの?」

このようなお悩みや疑問がある方は必見!

今回は、原宿の美容師がポイントパーマを徹底解説。

ポイントパーマが合う人と合わない人の特徴、ポイントパーマなしでも髪型を楽しむ方法についてもご紹介します。

ポイントパーマとは

ポイントパーマについて

ポイントパーマとは、髪の毛全体ではなく部分的にかけるパーマのことを指します。

美容院によっては「部分パーマ」といったメニューになっていることも。

ポイントパーマは毛先だけにかけるのが基本。

中間や根本までかけるポイントパーマは、地毛と馴染まないためおすすめできません。

また、前髪サイドへ部分的な動きを出したい場合にも、ポイントパーマは活躍します。

全体にかけるパーマよりも、髪へのダメージ範囲が少ないのも大きな魅力です。

ポイントパーマが合う人

ポイントパーマは、以下のような人におすすめです。

  1. 直毛の前髪に動きをつけたい
  2. 毛先のセットを楽にしたい

直毛の前髪に動きをつけたい

ポイントパーマで一番多いオーダーが前髪です。

特に、髪質が直毛で動きが出ない人や、ふんわりとしたボリューム感が欲しい方にはおすすめ。

前髪パーマの例

お出かけ前に前髪を毎日コテやアイロンで巻いているのであれば、ポイントパーマをかけることでスタイリングの時短にもなります。

流し前髪にしたい場合には、横に流れるようにカットしてからポイントパーマをかけてあげるとキレイにセットできますよ。

女性らしい「動き」「柔らかさ」を出したい人におすすめです。

毛先のセットを楽にしたい

ポイントパーマは、前髪だけでなく毛先にかけるのもおすすめ。

全体にかけなくても、毛先にワンカールつけてあげるだけで朝のスタイリングが圧倒的に楽になります。

特に人気なのは、ナチュラルな内巻きをはじめ、外巻きなどのポイントパーマ。

ワンカールパーマ

毛先だけでもクセづけしておけば、毎朝ハンドブローのみで「理想の髪型」を再現しやすくなります。

ただし、パーマをかけた毛先はパサつきが出やすくなるため、ヘアケア&スタイリング剤は必須です。

ポイントパーマが合わない人

ポイントパーマが似合う人

ポイントパーマが合わないのは、以下のような人です。

  1. 髪にダメージがある人
  2. くせ毛がある髪質

髪にダメージがある人

ポイントパーマは、全体パーマと比較すると髪に与えるダメージは少ない施術です。

とはいえ、ポイントパーマも通常のパーマと同じように薬剤を使用します。

そのため、毛先が強く傷んでいる場合にはおすすめできません。

本来、ポイントパーマは「まとまりやすくなる」「スタイリングが楽になる」というメリットがあります。

とはいえ、ダメージ毛にかけてしまうのはNG!

傷みが進行してパサつき広がりまとまりにくさを感じるケースが多いので注意しましょう。

パーマでボサボサになってしまった例

必ず担当の美容師さんに髪の状態をしっかり見てもらってから、ポイントパーマをかけるようにしてくださいね。

くせ毛がある髪質

くせ毛は、もともとダメージ乾燥の影響を受けやすい髪質。

ポイントパーマをかけることで、余計に髪質が悪くなってしまうことが多いです。

↑くせ毛にパーマをかけて扱いにくくなった事例

また「生えグセによる前髪の割れ」「生えグセによる浮き」を誤魔化す目的でポイントパーマをかけるのもオススメできません。

ポイントパーマは基本的に「毛先」にかけるもの。

くせ毛や生えグセは「髪の根本」に原因があるため、毛先にだけパーマをかけたところで解決にはならないのです。

生えぐせ

むしろ、くせ毛とポイントパーマが混じり合って、これまでより扱いにくくなってしまいます。

このような理由で、くせ毛や生えグセを誤魔化すためのポイントパーマはおすすめしていません。

ポイントパーマなしでも髪型を楽しむ方法

ポイントパーマをかけた場合

手軽にふんわり感や動きを出しやすくなるポイントパーマ。

しかし、一度かけてしまうと髪型がワンパターンになってしまうデメリットも。

実際に、モデルさんや芸能人はポイントパーマをかけないことがほとんど!

ポイントパーマをかけてしまうと、ヘアスタイルのバリエーションが減ってしまうからです。

また、いくら部分的なパーマでも繰り返しかけていれば、髪へのダメージも蓄積してしまうんですよね。

だからこそ、僕としてはポイントパーマなしで髪型を楽しんで欲しいと思っています。

その方法は以下の2つ。

  1. パーマ風にカット
  2. パーマ風にスタイリング

特に、くせ毛がある髪質の方にはおすすめです。

ひとつずつ実例を交えてご紹介していきましょう。

パーマ風にカット

カット担当:Genki

ポイントパーマは一度かけてしまうと、基本的に自分では修正ができません。

また、くせ毛さんの場合には髪のパサつき広がりが余計に目立ってしまうことも。

そのため、髪に動きを出しやすいような「パーマ風のカット」をおすすめしています。

このようにカットだけでも、毛先に程よいニュアンスを出してあげることが可能!

ポイントは、毛流れを見極めたレイヤー毛先の軽さを意識したカット

もちろん「くせ毛で髪が扱いにくい」と感じている方でも大丈夫!

カット担当:戸来

ポイントパーマをかけなくても、カットだけでここまでイメチェンすることができるのです。

髪本来のうねり流れをそのまま活かしているため、スタイリングが簡単なのも嬉しいポイント!

パーマ風にスタイリング

くせ毛がある髪質の方は、わざわざポイントパーマをかけなくても「パーマ風のスタイリング」で垢抜け感を出すことができます。

とはいえ「スタイリングすると髪がベタベタするから嫌」「不自然に固めたくない」という女性は多いでしょう。

そんな方にこそ、僕が美容師として開発した「2STEPアウトバストリートメント」がおすすめ。

プリュムヘアオイルがパサつきやすいくせ毛を内部から補修。

さらに、厳選した保湿成分だけでお作りしたプリュムワックスで仕上げることによって、ツヤのある自然なパーマ風スタイルを作ることができます。

カラーの色もちをよくするシャンプー

補修ヘアオイルで髪にしなやかさを与え、保湿ワックスで動きを出してあげれば、ポイントパーマなしでもこんなにオシャレな髪型に!

2STEPアウトバストリートメントなら、ヘアケアとスタイリングを同時に行うことができるため、ダメージの心配は一切なし。

それどころか、使うごとにツヤツヤで美しい髪へと導いてくれます。

2ステップでパーマも綺麗に

軽くコテ巻きを加えるだけでこの仕上がり。

「ポイントパーマをかけるか迷っている」という方も、まずはスタイリングでのイメチェンを試してみませんか?

きっと、ご自身の髪をもっと好きになれるはずですよ。

まとめ

今回は、現役美容師がポイントパーマについて解説させていただきました。

ポイントパーマは、直毛で髪に動きがまったく出せない人に向いています。

しかし、髪のうねりくせ毛がある方なら、カットやスタイリングを活用した「パーマ風スタイル」がおすすめ。

部分パーマであっても、髪には必ずダメージが蓄積します。

「まとまりが良くなると思ってポイントパーマをかけたのに、今までより扱いにくくなってしまった」なんて女性も多いのです。

パーマは一度かけてしまうと、ノーダメージで元に戻すことはできません。

まずは、あなたの髪質を活かしたカットスタイリングに挑戦してみてくださいね!

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください