ロングヘアのカットオーダーのコツ、好みのヘアスタイルにするには?

ロングヘアのカットオーダーのコツ、好みのヘアスタイルにするには
Pocket

綺麗なロングヘアは女性らしさが溢れています。

しかし、ツヤやまとまりのある健やかな状態でおしゃれなヘアスタイルに仕上げるのは簡単なことではありません。

現役美容師さんに、綺麗なロングヘアに伸ばすためのコツ、カットしてもらうときに注意しておきたい点について解説してもらいました。

自分好みのヘアスタイルにするためのポイントをご紹介します。

\ 教えてくれたのは /
    ヘアメイクアーティスト Genki
    • ヘアメイクアーティスト
    • Genki@geeeeenkii
    • 渋谷CALAMARIの代表。
      ブリーチやカラー、似合わせカットが得意。

綺麗なロングヘアを目指す!髪を伸ばすならここに注意

憧れの美髪ロングを手に入れよう
憧れの美髪ロングを手に入れよう

ロングヘアは女性なら一度は憧れる、女性らしさいっぱいのヘアスタイル。

ただただ髪を伸ばすだけではおしゃれなロングヘアにすることは難しく、「おしゃれなロングヘアにイメチェンしたかったのに髪を伸ばしたら垢抜けなくなってしまった」という経験はきっとあるはず。

艶めく美髪ロングヘアにするのは、そう簡単なことではありません。

これから髪を伸ばして美しいロングヘアを目指す方へ。美容師からおしゃれなロングヘアに仕上げるためのヘアカットにおける注意点を2つ、ご紹介します

  1. 髪を伸ばしている最中のパーマやヘアカラー
  2. 前髪カット

髪が理想の長さまで伸びたときに後悔することがないよう、気を付けておきたいポイントをチェックしましょう。

ロングヘアにするために!髪を伸ばしている途中はパーマやヘアカラーを極力しない

美しいロングにするならブリーチやパーマは避けましょう
美しいロングヘアを目指して髪を伸ばしている途中、ブリーチやパーマは避けましょう

綺麗なロングヘアを手に入れるため髪を伸ばしている間は、パーマや縮毛矯正、ブリーチやヘアカラーなどの施術は避けましょう。

アイロンやコテで時間をかけて巻かなくてもいいパーマは魅力的なヘアスタイルが多いですよね。

どんどん変わるヘアカラーのトレンドに合わせて髪色を変えるのは楽しいもの。

しかし、これらの施術ではキューティクルを開いて、髪内部のタンパク質の結合を切り離したりする工程があるため、髪にダメージが残ります。

髪の毛は死滅細胞で出来ており、自己再生機能がないので、一度傷んでしまった髪は元に戻せません。

これから本当に美しい地毛のロングヘアを目指すなら、髪へダメージを残す施術には手を出さないようにしましょう。

サラサラのストレートなロングヘア
サラサラのストレートなロングヘア 美容師Genki

髪を伸ばしている間にヘアスタイルで印象を変えたいなら、巻き髪やまとめ髪など自分で出来るヘアスタイリングを試してみて。

巻髪はう最初は簡単ではありませんが、練習すればできるようになりますよ♪

髪を伸ばしている最中に、ヘアアレンジの研究しておけば、髪が伸びるのがより楽しみになりますよね。

短めの髪型から伸ばす場合は、ボブのヘアセット、ヘアアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか。

伸ばしかけのボブも濡れ髪スタイリングで今っぽく
伸ばしかけのボブも濡れ髪スタイリングで今っぽく

くせ毛の髪質なら、うねる髪のボリュームを活かして動きのあるおしゃれな髪型を楽しめます。

サイドにボリュームを持たせたひし形シルエットの髪型なら、パーマをかけなくてもメリハリが出るのでおすすめ。

メリハリのある髪型は黒髪でも抜け感のある軽い印象を与えられて、ひし形シルエットにすると小顔効果も期待できます。

美しいロングヘアを目指すなら、パーマやヘアカラーなど髪へのダメージが強い施術はできるだけ避けて、ヘアアレンジの研究をしながらスタイリングでいろいろな髪型を楽しみましょう。

編集部セレクト、ヘアケアできるスタイリング剤

プリュム・デュール
(スタイルキープワックス) 60g

3,900円(税込)

髪を伸ばしているときに前髪のカットはどうすれば良い?

前髪は毛先よりこまめなカットを
前髪は毛先よりこまめなカットを

ロングヘアにするため髪を伸ばしているとき、カットして調整しなければならない前髪

前髪は髪を伸ばしている間もこまめにカットするのがおすすめ、でもその度に毎回、美容室に行くのは大変です。

前髪は髪の中でも長さが短くダメージがあまり出にくい部分なので、セルフカットされる方も少なくありません

しかし、失敗を避けたいなら、やはり美容室で前髪カットのみをしてもらいましょう。

美容室をご利用いただくお客様の中には、全体カットは約半年に1回、前髪カットは月に1回、という方もいらっしゃいます。

美容室に行くときは髪全体カットしないといけない、とお考えの方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。

自分自身のご希望に合わせて、自由に美容室を利用してくださいね。


ロングヘアのカットオーダーはおしゃれな髪型にするためにも毛先を重視して◎

毛先を軽くしすぎないカットで美髪キープ
毛先を軽くしすぎないカットで美髪キープ

女性の憧れのヘアアスタイルのひとつであるロングヘアを目指し、髪の伸ばし方のコツを掴んで少しずつ希望する長さに髪型伸びてきたら、次はバランスを取るためのヘアカットが必要です。

おしゃれなロングヘアを手に入れるのに重要なのはズバリ、毛先のカット

髪を伸ばしてロングヘアをキープするだけなら、カットは必要ないのでは?と思われる方もいらっしゃいますが、綺麗でおしゃれなロングヘアに仕上げるためには、定期的な毛先のカットが大切です。

人の髪の毛の伸びるスピードは生えている箇所によってバラバラであるため、髪の毛先は伸びてくると先端が不揃いになることも。

規則性のない毛先は、お手入れが行き届いていない印象を与えたり、パサついて見えたりします。

ロングヘアを目指して髪を伸ばしているときに美しい髪であり続けるには、定期的な毛先カットが重要◎

メンテナンスカットしてヘアオイルでダメージ補修を

メンテナンスカットしてヘアオイルでダメージ補修を

ロングヘアにしたいと考えているのに、毎月のように毛先カットをしてしまうと髪はなかなか伸びにくくなるため、ロングヘアを目指すときの毛先のカットは、3か月~半年に1回くらいの頻度で毛先をカットすればOKです。

個人差はありますが、髪の毛は平均で1か月で約1cm〜2cm伸び、半年全くカットしなければ、髪は6cm〜12cm伸ばせます。

ヘアオイルで艶を与えてスタイリング

ヘアオイルで艶を与えてスタイリング

ベースのカットがしっかりしていれば、ロングヘアは半年の1度のカットでもそれほどヘアスタイルは崩れません。

正しいベースカットを施して、綺麗に伸ばすため毛先を整えることで、おしゃれなロングヘアに仕上げられます。

傷んだ毛先も補修するヘアオイル

ヘアオイルをつけてスタイリングした髪
ヘアオイルをつけてスタイリングした髪
プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)

アイロンやコテの使用頻度が多いなら、こまめなメンテナンスカットを

レイヤーが入っている髪はメンテナンスカットを多めに
レイヤーが入っている髪はメンテナンスカットを多めに

ロングヘアの髪型維持のためのカットは3か月から半年に1回、という頻度については例外もあります。

以下のいずれかの場合、もう少しこまめな毛先カットをするようにしましょう。

  • レイヤーカットを多めに入れた動きのあるスタイルの場合
  • コテやアイロンを頻繁に使用して髪の毛が傷んでいる場合

髪に段を入れるレイヤーカットは、髪の表面を短く、内側になるにつれて徐々に長くなるようにカットします。

レイヤーカットだと、ロングヘアでもヘアスタイルが崩れやすくなるため、もう少しこまめにカットするようにしましょう。

髪のダメージや伸び具合によっても毛先カットの頻度は変わります。

ヘアデザインだけでなく、髪質や髪の状態、ライフスタイルに合わせることも大切です。

どのくらいの頻度でカットするのが良いのか、担当の美容師さんと相談して決めるようにしましょうね。

髪の毛のダメージが蓄積するロングヘアこそ、毛先カットが重要ポイント

毛先をそろえて調整カット、後日ヘアオイルをつけてブローした例
毛先を揃えてカットした後、後日プリュムヘアオイルをつけてブロー

綺麗なロングヘアにするために欠かせない毛先のカット。

なぜ毛先のカットがそれほどロングヘアに影響を与えるのでしょうか。

それは、毛先が髪の毛の中で最も古い部分であり、髪の長さにもよりますが、ロングヘアの方であれば数年前の髪が毛先に残っているためです。

毛髪は皮膚とは異なり、自己再生ができない死滅細胞であり、髪の毛は一度ダメージを負ってしまったら皮膚のように自然治癒はしません。

死滅細胞で出来ている髪には自己再生能力はありません
死滅細胞で出来ている髪には自己再生能力はない

新しく伸びてくる髪よりも、最も古い毛先の方にダメージが蓄積するのは当然のこと。

ロングヘアはサラサラストレートのように整った髪の毛であればとても美しいものの、毛先がダメージを受けて乾燥、パサついてボサボサだとその美しさも半減します。

本当に美しいロングヘアを目指すなら、毛先にダメージを与えないように毎日のヘアケアで健やかな状態を維持しましょう。

毛先を整えると、髪がまとまりやすく後ろ姿もきれいに見える効果もあります。

スカスカな毛先の状態では、ヘアセットをしてもなかなかまとまりにくいもの。

バラバラになった毛先をカットして揃えれば、アレンジやスタイリングもしやすくなります。

自分で髪を切る「セルフカット」は失敗する可能性大

セルフカットはダメージが大きい

ロングヘアを目指して髪を伸ばしている間、前髪についてはご自身でセルフカットする方もいますよね。

毛先をカットして揃えるだけだから、美容室に行かなくても自分でカットできるのでは?と考えちゃうものです。

しかし、できれば毛先だけの場合でも美容室でカットしてもらうのがおすすめ。

その理由は以下の2つ。

  • セルフカットだと髪が傷みやすくなる
  • 美容室なら毛先がまとまりやすいようにカットできる

美容室、サロンでの毛先カットをおすすめする1つ目の理由は、髪へのダメージを防げること。

セルフカット用のハサミと、美容師さんが使うハサミでは切れ味に雲底の差があります。

家庭用のハサミでは髪が傷みやすい
美容師が使うプロフェッショナル用のハサミ

切れ味の悪いセルフカット用のハサミでは、髪の毛の切断面が押し潰されてしまい、そこから切れ毛や枝毛が発生。

美しいロングヘアにするために毛先カットをするのに、切れ毛や枝毛になってしまうのはもったいないです。

美容室での毛先カットをおすすめする2つ目の理由、それは毛先がまとまりやすいようにカットしてもらえること。

ロングヘアをキープしている場合でも、ロングヘアを目指して髪を伸ばしてる途中の場合でも、綺麗なヘアスタイルは維持したいものです。

そのためには毛先がまとまるようにしつつ、デザイン性も考慮した毛先カットが重要。

セルフカットを失敗すると元どおりにするのは難しく、直すためにカットラインを直すために結局、美容室に行かなければならないことに。

カットで失敗した部分を修正するために、髪の毛が予想より短くなってしまうケースもあります。

ロングヘアにするために伸ばしていた大切な髪の毛ですから、それは避けたいですよね。

絶対に失敗したくないなら、毛先カットだけでも美容室に行くことをおすすめします。


綺麗なロングヘアにはカットだけでなくヘアケアも大切

ロングヘアはヘアケアあってこそ
ロングヘアはヘアケアあってこそ

おしゃれなロングヘアになるようカットしながら伸ばし続けることだけでなく、希望の長さまで伸びた髪が美しくなければせっかくのヘアスタイルも台無しです。

本当に綺麗なロングヘアを目指すためには、カットだけでなく毎日のヘアケアが重要。

そこで簡単に始められて毎日続けられる、正しいヘアケア方法をご紹介します。

綺麗なロングヘアに仕上げるため、毎日のシャンプー&トリートメントにこだわる

髪を健やかな状態に維持するための正しいヘアケア方法にはどのようなものがあるでしょうか。

最も身近で毎日使っているヘアケアアイテム、シャンプー&トリートメントにこだわることから綺麗なロングヘアを目指すためのヘアケアをはじめてみませんか。

せっかく伸ばしたロングヘアがパサついてボサボサにならないよう、アミノ酸系シャンプーを使って髪と頭皮のうるおいを保つようにしましょう。

一緒に使うトリートメントには天然植物由来成分、ホホバオイルやアルガンオイルが含まれたものなら保湿効果が期待できます

タンパク質ケラチンと、そのケラチンと結合して髪を補修、質感を整えるヘマチンが配合されていれば髪を健やかな状態に導いてくれますよ。

特別なにか、難しいことを取り入れるのは簡単ではありません。

毎日使うシャンプー&トリートメントにこだわって髪質や髪の状態に合わせたものを選ぶことならずっと続けられます。

綺麗なロングヘアに伸ばすためだけでなく、希望の長さまで伸びたあとにも美髪を維持できるようシャンプー&トリートメントにはこだわるようにしましょう。

編集部セレクト

プリュムシャンプー&トリートメント 300mL

4,900円(税込)

定期購入(初回)

4,900円 (税込)

通常購入

11,000円 (税込)

ロングヘアのスタイリングに役立つヘアオイル

シャンプー&トリートメントに続いてもう1つ、ロングヘアをより美しく見せられて、簡単に取り入れられるヘアケアアイテムをご紹介します。

お風呂上がりのドライヤー前に使う、洗い流さないトリートメントとしてヘアオイルを試されたことはありますか?

濡れた髪からタオルで優しく水気を拭き取ったあと、ヘアオイルを適量髪に馴染ませていつも通りドライヤーでブロー。

それだけで、髪はしっとりとまとまりの良い、ツヤのある状態に変わります。

ヘアオイルは油分で髪をコーティングすることで水分と油分を補い保ちながら、髪の毛先まで補修してなめらかな状態にしてくれる優れモノ。

髪にツヤが出ることでロングヘアをより綺麗に見せられるだけでなく、まとまりの良さからヘアセットも楽になります。

お風呂上がりだけでなく、朝のヘアセット前、乾いた髪に直接馴染ませてもOK。

使い続けることでスタイリングにかかる時間を抑えられて、保湿や毛髪補修効果で健やかな髪を維持できます、ぜひお試しください。

編集部セレクト

毛髪補修できるヘアオイルは髪に艶と潤いを与える
毛髪補修できるヘアオイルは髪に艶と潤いを与える
プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)


ロングヘアに伸ばすときのカットのポイントと美髪維持のためのヘアケアまとめ

女性らしさ溢れるおしゃれなロングヘアを目指すための大切なポイントを現役美容師さんに解説してもらいました。

髪を伸ばしている最中は、ダメージの強いパーマやヘアカラーなどの施術を避け、前髪だけのカットでも出来るだけ美容室に行くことをおすすめします。

ダメージが蓄積して傷んでしまいやすい毛先も状態を見ながら適切にカットすることが大切です。

希望する長さのロングヘアまで伸びるまで、また伸びたあとに綺麗な髪を見せるためにも、髪質や髪の状態に合わせた正しいヘアケアをはじめましょう。

その方法は難しいことではなく、シャンプー&トリートメントにこだわること。

それから洗い流さないトリートメント、ヘアオイルを取り入れて髪を健やかで綺麗な状態に維持しつつ、ツヤとまとまりのある美髪を目指しましょうね。

毛髪補修成分配合3点セット

5,800円(税込)

初回購入

5,800円 (税込)

初回購入

10,900円 (税込)

Pocket