無香料と無香性の違いとは?おすすめの匂わないワックスを紹介します

Pocket

メンズ、レディース関係なくスタイリング簡単なヘアワックス。

ハードやマット、ジェル、バームタイプなど髪質に合わせて使うことが多いですよね。

スタイルキープや髪のツヤ感が出るタイプなど。

ヘアワックスは、毎日のスタイリングやヘアケアには欠かせないもの。

ヘアワックスは、毎日のスタイリングやヘアケアには欠かせないもの。

しかし、ワックスの「ニオイがきつい」と感じる方もいらっしゃいます。

ニオイが気になって無香料タイプを購入する方が増えています。

職場や人混みでもニオイが気にならない無香料タイプは万能。

「オーガニックワックスを買ったのに臭いのはなぜ?」

「でも、完全にニオイがしないワックスはあるの?」

そんな気になるところも含めて、無香料と無香性の違いについて美容師が詳しく解説。

更に、おすすめのニオイなしワックスを紹介していきます!

なぜ香り付きのヘアワックスが多いのか、その理由とは?

ドラッグストア、薬局などで市販されているヘアワックス。

美容院やネット通販でも購入しやすい整髪料です。

種類の多さから、雑誌やネットではワックスランキングの記事も。

ワックスの種類の多さから、雑誌やネットではワックスランキングの記事も。

無香料・無香性ワックスや、香り付きワックスなど。

自然派の無香料ワックスや、ハーブ系などオーガニック的なワックス。

ワックスで髪を整えながらも、香り付けできるワックスもありますよね。

ワックスの用途や種類も様々。

かっちり髪が決まるハード系や、ツヤ感を出すジェルワックス。

ワックスの質感が多い「ギャツビー」「ウーノ」

ハード系ワックスが多い「ナカノ」「ルシード」

短髪の男性や、オールバックをかっちり固めたい方にはぴったりのヘアワックスです。

メンズワックスはかっちり髪が決まるハード系、ツヤ感を出すジェルワックスなど

他にも「オーシャントリコ」「リップス」「ファイバー」ワックスはおしゃれな男性に人気のワックス。

ウェット感やスタイルキープには欠かせないヘアワックスです。

女性に人気のワックスは「ロレッタ」「ルシードエル」「シュワルツコフ」「ミルボン」など。

女子高生や大学生にも人気です。

パーマや巻き髪、ボブヘア、まとめ髪にも気軽に使えるのが嬉しいところ。

ツヤ感が出る、ツヤなしタイプなど種類が豊富。

ツヤ感が出る、ツヤなしタイプなど種類が豊富なワックス

サクッと束感が出てくれるので、時間のない時でも使いやすいワックス。

男性・女性用など様々な種類が販売されています。

無印のヘアワックスは男女兼用。

「合成香料フリー」と紹介されています。

「無香料」という言葉が真っ先に浮かびますよね。

では「無香料」とは?

「無香料」とは?

無香料ワックスとは、全く香りのないワックスを指すのでしょうか?

今回は「無香料ワックス」について美容師が解説していきます。

「ワックスのニオイが気になる」

「ニオイのしないワックスが欲しい」

そんな方は、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

さて、一般的なスタイリングワックスには、香りが付けられています。

  • フローラル系
  • フルーツ系

これらの香りがすることが多いですよね。

香り付きワックスは多い

中には「フレグランスワックス」という、香り付けされているワックスもあります。

一般的なワックスは香料が使われ、オーガニックワックスは精油で香りづけされているのが基本。

せっかくワックスの使い心地が良くても「ニオイが苦手」という方が多いです。

無香料ワックスを探しても、なかなか見つからないのが気になるところ。

ワックスのツヤ感やキープ力が好みでも、中には使用中止する方も。

ワックスは基本的に、髪型キープやツヤ感を出すことを目的として油分が多く配合されています。

ワックスは基本的に油分が多く配合されている

しかし、この油分というものは独特な「油臭さ」があることが多いです。

酸化してしまうとその臭さが強調されてしまうため、あらかじめ香料や精油によって香り調整がされています。

無香料ワックスが少ない理由は、そんな背景があるのです。

無香料・無香性のワックスの違いについて

「無香料」「無香性」

そんな言葉を聞いたことがあるでしょう。

どちらも「ニオイがしない」という印象が強いですよね。

しかし、無香料・無香性は違うものなのです。

ワックスの商品紹介にもよく書かれている、無香料・無香性。

ワックスの商品紹介にもよく書かれている、無香料・無香性とは?

違いとは一体なんなのでしょうか?

  • 無香料:香料が入っていないこと
  • 無香性:ニオイがしない、またはニオイがしにくいもの

ワックスにも記載されている香料について。

無香料は香料が入っていないことに対し、無香性はニオイがしないもののこと。

無香料と無香性の解説をしました。

では、オーガニック原料のワックスはなぜ臭いが強いものが多いのでしょうか?

オーガニック原料のワックスはなぜ臭いが強いものが多い?

オーガニックと謳っていても、気になる臭い。

次の項目で詳しく解説していきます。

オーガニック原料のワックスはなぜ臭いが強い?

「無添加のオーガニックワックスを買ったのに臭い」

そんな経験をしたことがある方も多いでしょう。

無添加や無香料といっても、匂いがある物はたくさん存在します。

先ほど「無香性と無香料は別物」と解説しました。

  • 無香性:ニオイがしない、またはしにくいもの
  • 無香料:香料が入っていないこと

無香料は香料が全く入っていないことに対し、無香性はニオイがしにくいもの。

無香料は香料が全く入っていないことに対し、無香性はニオイがしにくいもの。

さて、オーガニック原料のワックスについても解説していきましょう。

「無添加オーガニックワックス」

「無香料オーガニックワックス」

そう謳われているワックスも、ニオイが気になる理由とは?

合成香料が入っていなくても臭いと感じる理由は、大きくわけて3つ。

  1. 配合されている油分の匂い
  2. 酸化して臭い
  3. 成分と精油の香りが混ざって臭く感じる

それぞれについて詳しく解説していきます。

合成香料が入っていないワックスでも、臭いと感じる理由は?

1、配合されている油分の匂い

ワックスの成分は油分。

その油分そのもののニオイが気になる場合も。

無香料ワックス=香料が入っていないワックス。

無香料でも、ワックスそのものから香りがすることもあります。

2、酸化して臭い

ワックスの成分は油分が多く含まれています。

油分が酸化すると、ニオイの発生原因になることも。

古いワックスの使用は、できるだけ控えましょう。

ニオイだけではなく、髪にも悪影響が出る可能性が高いです。

古いワックスの使用は、できるだけ控えましょう。

使用期限が記載されているワックスが多いので、パッケージをよく確認してみてくださいね。

また、使用期限だけではなく使い方にも注意。

  • 汚れた手で触る
  • 蓋を開けたまま長時間放置している
  • 高温多湿の場所に置いている

ワックスを汚れた手で触ると、雑菌が繁殖やすくなります。

雑菌からニオイが発生することも。

保管場所にも要注意です。

高温多湿の場所でワックスを保管すると劣化が早まり、髪にも影響が出てきます。

高温多湿の場所でワックスを保管すると劣化が早まり、髪にも影響が出てきます。

洗面台やお風呂場の近くに保管するのは避けましょう。

3、成分と精油の香りが混ざって臭く感じる

香りづけ(匂い消し)のために配合されている「エッセンシャルオイル」

その香りと酸化臭が混ざり合うと、独特な臭さになることも。

無香性には、原料のニオイを感じにくくするために香料が入っている場合があります。

このように、オーガニック=匂いがないワックスとはいえないのです。

無香料といわれているワックスも、酸化や劣化で匂いが気になる場合も。

使い方にも気をつけましょう。

美容師監修、匂いのない無香性のこだわりのワックスを紹介します

お客様の中には、くせ毛で悩む女性が多いです。

くせ毛は乾燥しやすく広がりやすいもの。

乾燥しやすく広がりやすいくせ毛に、ワックスは欠かせないもの

ワックスなどスタイリング剤が欠かせないですよね。

「ワックスに匂いが気になる」

「匂いがしないワックスがあったら嬉しい」

そんなお客様が多くいらっしゃいます。

ご要望にお応えして、ニオイのないヘアワックスを開発しました。

完全無香性で作ったヘアワックス「プリュムワックス」

使い心地と効果、成分にこだわったワックスです。

完全無香性で作ったヘアワックス「プリュムワックス」

化学的な合成成分というより、自然派な成分を多く含むワックス。

  • ワセリン
  • ミツロウ
  • ホホバオイル
  • アルガンオイル
  • トコフェロール(ビタミンE

ワセリンを主成分として、以上の成分だけで仕上がっています。

髪にやさしい無香料の自然派ワックスです。

無香料・無着色はもちろんのこと、防腐剤も無添加。

それでいて、無香性のワックスを作りました。

ワックスの臭いが苦手な女性も安心して使えるスタイリング剤

先ほど紹介した無香料・無着色のプリュムワックス。

プリュムワックスは、無香料のオーガニックワックス。

プリュムワックスは、無香料のオーガニックワックス

しかし匂いのないワックスなのです。

香料を入れていない無香料なので、匂いのないワックスに仕上がっています。

また、配合しているワセリンやホホバオイルは精製済み。

そのため、嫌な油臭さを感じにくいワックスとなっています。

「完全無香性のワックスが欲しい」

そんな方に嬉しいポイントです。

香りや匂いの好みは人それぞれ。

香りや匂いの好みは人それぞれ。

ワックスについている匂いが苦手だと、「匂いに酔って、気分が悪くなってしまう」なんてことも。

せっかく使い心地が気に入ったワックスでも、匂いが苦手で使用を断念するなんて悲しいですよね。

プリュムワックスは匂いゼロの「無香料」「無香性」にこだわりました。

プリュムワックスはシンプル成分だから敏感肌の方にもおすすめ

プリュムワックスは、お肌に優しいワセリンが主成分。

ミツロウ、ホホバオイル、アルガンオイル、トコフェロールをちょうど良いバランスで配合しています。

また、香料や着色料などの添加物は一切不使用。

香料や着色料などの添加物は一切不使用のプリュムワックス

無香料・無香性のヘアワックスです。

敏感肌やアトピー肌など、皮膚がデリケートな方でも毎日安心して使用できるヘアワックス。

成分配合にこだわりました。

ワックスだけではなく、ハンドバームやリップクリームとしてもお使いいただけます。

髪につけたワックスが余ったら、そのままハンドクリームにも。

乾燥する冬の今の季節に嬉しいワックスです。

実際に使ったときの使用感、特徴のご紹介

プリュムワックス」の大きな特徴。

それは、シンプルな成分だけでお作りしていること。

プリュムワックスは無香料・無香性なので、香水やシャンプーの香りの邪魔をしません。

プリュムワックスは無香料・無香性なので、香水やシャンプーの香りの邪魔をしません。

シーンや気分に左右されることなく使用できるのは「無香料・無香性ワックス」の魅力。

プリュムワックスは、ワックスという名がついておりますが「固形トリートメント」のようなイメージがぴったり。

お肌と髪に優しい保湿成分だけで作ったので、夜のヘアケアにも大活躍。

寝ている間の乾燥から髪を保護し、朝の寝癖や広がりを予防する効果も期待できますよ。

絶妙な成分配合バランスを実現しているので、枕やお肌についてもベタつく心配はありません。

もちろん、朝のスタイリング時にお使いいただくのもオススメ。

パサつきが気になる毛先を中心に、広がりや膨らみ、うねりが目立つ部分に馴染ませてください。

ヘアケアにも大活躍のプリュムワックス

プリュムワックスをご利用いただいているお客様からの口コミ

冬の季節は髪の毛全体が乾燥してパッサパッサになって困ってましたが、プリュムワックスは朝つければ夜までしっとりまとまるので助かってます。

2020/11/11ニックネーム:たぬきん様

私は兵庫住みですが、通っている美容師にこちらのプリュムのワックスについて聞いたらかなり良いと言われたので買ってみました。

使い心地はベタつかず、髪に染み込む感じがして満足です。

寝る前にヘアオイル、朝はこちらのワックス。と使い分けてます。

特に雨の日の広がりを抑えられてます。

2020//9 ニックネーム:すずこに様

ワックスやオイルは何使っても痒くなるので諦めていましたが、こちらは本当に痒くなくて感動しました。

匂いが全くないこともお気に入りです。

不器用なので、前髪につけるとつけすぎて髪の毛洗ってないみたいになることが多かったんですが、こちらのワックスはべたつかず程よく束感が出てくれます。

良いものに出会えて嬉しいです。

これからもずっと使います。

2020//1 ニックネーム:ミー様

嬉しい体験談のご報告をありがとうございます。

匂いが全くないとの嬉しいお声も。

スタイルキープだけではなく、ヘアケアとしても使えるプリュムワックスです。

公式サイトよりお客様の体験談・レビューを記載しております。

髪質によって個人差があります。

アレルギー体質の方など、気になることがありましたらお気軽にお問合せください。

無香料・無香性の違いと匂わないプリュムワックス、まとめ

無香料・無香性の違い。

そして、匂いのないプリュムワックス。

いかがでしたか?

最後に、今回の記事をおさらいしましょう。

  • 無香料:香料が入っていないこと
  • 無香性:ニオイがしない、または匂いがしにくいもの
  • オーガニック=匂いがないワックスとはいえない
  • 無香性には、原料のニオイを感じにくくするために香料が入っている場合がある
  • 「プリュムワックス」は匂いのない無香料・無香性のワックス
  • スタイルキープだけではなく、ヘアケアとしても使える

スタイルキープだけではなく、ヘアケアとしても使えるプリュムワックス

毎日使うスタイリング剤、ヘアワックス。

職場などでも気軽に使える無香料の製品を選びたい、そんな方が多いです。

無香料・無香性ワックス、匂いがないワックスをお探しの方。

そんな方は「プリュムワックス」を使って、おしゃれを楽しんでくださいね。

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

Pocket