初めてのショートヘアやカットで失敗しないために

Pocket

ショートで失敗した、直して欲しいとご予約がありました。

前回髪の毛が長かった時に梳かれすぎてしまったそうで、

ことの始まりはパサパサしたからショートにしてリセットをしようと短い髪をオーダーされたそうです。

でも、またスキばさみで梳かれてパサパサになってしまったんだとか・・・ 毛量が多いとかくせ毛の女性は今までショートにすることができず、けど勇気を出してオーダーをして で、失敗をしてしまうってことよくあるみたいです。

カット後プリュムワックスを使って仕上げただけ。 初めてショートにする女性へ

▼失敗の原因

・美容院でセットができても自分ではできない

・後日爆発する

・長持ちしない

・似合わない、評判が悪い

・切られすぎた(オーダーと全く違う髪型)

・デザインが気に入らない

これらは未然に防がなくてはいけない

だからオーダーするときは最低でも参考画像を見せるようにしましょう。

そしてショートが得意な美容師さんでもセンス(感性)があなたに合っていない場合はお任せにしてはいけない。

もちろん画像通りに作ってしまうと失敗をしやすいから注意しましょう。

もし失敗をしたとしてもショートは少し変えただけで垢抜けた髪型にできます。

お客様から寄せられたお声 ↓

こんばんは。 11月にショートにしてもらった近藤です。ほぼ初めてのショートで、不安があったんですが、とても気に入ってます。全体はまだ大丈夫だと思うんですが、前髪がのびてきたので、前髪のカットをお願いしたいと思っています。 前髪カットのみの予約はやっていますか??17日の午後(13~16時)でお願いしたいのですが。

このように初めてのスタイルは最初は不安だと思います。

ずっと髪の毛が長くて結んでいたり、ロングをキープされてきた方は美容院でのカット直後は誰だって違和感を感じてしまうわけですが、その心配していた髪型を家に帰ったり、学校に行ったりいつも会う友人に評判が良くて初めて「切ってよかった」と思えるのではいでしょうか?

似合う髪型になればいい話なのですが。

もちろん周りから評判が良くても彼氏さんや旦那様からは評判が悪い可能性も考えられるのであまりボーイッシュに切ることはお勧めしません。

くせ毛の髪質であれば女性らしさを一番出しやすいと思っていますが重たいショートにするより垢抜けた雰囲気を出すふんわりする髪型のほうが初めての場合男女ともにいい評判になるはず。

初めて短く切る際のオーダーの時に注意をしなくてはいけないのが自分のイメージを伝えることですが、いつも行っている美容院でも初めての長さとなれば緊張をするはず。

なので画像やカタログを見せる女性がほとんどだと思いますが、まったく同じ髪型を作ってもらえるとは思わないほうがいいでしょう。 骨格や髪質は人それぞれですので、同じような髪型にその日はなったとしても自分でセットができなかったらなんの意味もないのです。 ですので、美容師さんには「自分に似合う髪型は何ですか?」と聞くのがいいと思います。

ショートヘアにも様々なデザインがありますので初めての髪型をオーダーする女性は自分の髪質、骨格や好みをわかってくれるような美容師さんにお任せをすることをお勧めしています。

芸能人でも初めてショートにして人気が出る方も珍しくない

 例えば新垣結衣さんはボリュームが出にくい髪質なので、

雰囲気的に重めなボブよりも毛先が軽くひし形になるスタイルをされています。

基本的に似合わせとは卵型を目指せばいいのですがオデコが狭かったり、くせ毛もそうですし、襟足が浮いてしまうなどの髪質のコンプレックスをどうカットをして初めてのショートでも自分でセットができるか?がポイントです。

トップにボリュームを出すことで髪型は大きく変わります

こちらのお客様も襟足をここまで短くするスタイルは初めてのことだそうでお任せを頂きましたが、このようにトップからふんわりと後頭部が潰れないように作るスタイルをお勧めしています。

メリハリとも言いますがボリュームの強弱をつけていきましょう。

オーダーされる際には芸能人の髪型を参考に見せてあげるのはいいのですが全く同じスタイルにはならないと上でも述べてしますが、髪質を生かして欲しいので短くできないところは無理に切らない選択をしなくてはいけません。

そして自分でもセットができるようにするためには再現性が重要なポイントになってきますので僕が初めて担当する場合はセットをしなくても決まるように乾かしただけでどうなるか?をお見せします。

例えば襟足が浮きやすい方に短い襟足の髪型はしないほうがいいです。透かし長めに残すことをお勧めします。

PhotoGrid_1450930583153

このように上に向かって生えてしまう毛流れは隠してショートにすべきなんですが、美容師によってそれぞれの処理の仕方があって重めにカットをして隠す場合と僕は軽めにして跳ねさせるスタイルを提案することが多いです。

40代や50代の女性には特に毛束や髪の毛の動きを出すショートが多いです。

DSC_0870

このように作ります。こうすればくせ毛を生かす髪型になります。

正面から見たときに軽く襟足が見えているほうが小顔になる効果もあります。

特に面長やハチが張ってしまう骨格の方にはおすすめしています。

40代になって縮毛矯正をやめてショートにされる方も多いと思います。 そんな時初めての試みで自分の髪質でも短くすることができるのか? というところから不安になってくると思います。

でも大丈夫です。

縮毛矯正をやめて初めてショートに

Screenshot_2016-01-10-11-12-47

このようなくせ毛で悩んでいる方は毎回伸びたらまた縮毛矯正をかけなくてはいけなくなってしまいます。

二か月もしたら根元が浮き上がってしまうので頭が四角くなってしまうのがお悩みとのこと。

年齢的そろそろ短い髪の毛に挑戦をしてみたいとのことで女性らしさを保ちつつ長さを残しながらくせ毛を生かすデザインに。

Screenshot_2016-01-10-11-13-11

まだ縮毛矯正が残っているので自然な感じはそこまで出ませんが、

あれから三か月後にご来店頂き今ではこのように

DSC_0971

地毛だけにすることができて初めてのくせ毛だけのショートになることができました。

今までショートにしたことがない方は自分でセットができるのか不安ですよね。

やっぱり頻度よく切らなくてはいけないのでは?と思われるのもわかりますが、僕のお客様でいえば三か月頻度や二か月半の頻度が平均的です。

ショートだからといって持ちが悪いというのはないですよ。

なので自分の雰囲気や髪質骨格を考慮し、くせ毛や剛毛、髪の毛が多いという理由でショートにできない方はどのようにカットをするのか?デザインなのか?で似合う似合わないが決まってきます。

顔がショートが似合わないというのも大人っぽい雰囲気のスタイルが似合うと思いますし、丸顔でしたらそれを生かした可愛い髪型なのかひし形になるようデザインをするのか?または髪色をどうするのか?でも多く変わってきます。

猫っ毛は髪の毛のボリュームがないのでなんだか違和感もあるかもしれません。 ボリュームが出にくい髪質の場合はパーマもおすすめします。

PhotoGrid_1450917318947

このようにツヤはあってもふんわりしない髪質に方は頭が大きく骨格も協調されてしまいます。

ですがカットとパーマでこのように

PhotoGrid_1450917375314

カールを作るだけでも大きな変化ですよね。

髪型を少し変えただけで似合うどうかが変わってきます。

後日パーマをかけに来てくださいました

DSC_4392

美容院ってとっても心地のいいところ カットが明らかに梳きすぎてしまったり、重すぎるカットをしてしまったり・・・

原因は必ずあります。

僕の美容院ではトリートメントや髪質改善などのサロンケアが一切ないです。 誤魔化したくないからです。

かと言って無料でトリートメントをサービスをするなんてこともしていません。

トリートメントなどは意味がないのです

しなくてもきれいにできるからです。

 PhotoGrid_1449223748230

後姿も大事ですよね。 「何が気にいらなかったのか?」それは髪の毛の毛量を梳いてもらわなかったからです。

上でご紹介した女性は反対に少なくしすぎてしまったことによってパサパサしていました。

髪質が良い方ばかりではないので、重たく切ったらまとまるとは限らないですよね。

髪質のコンプレックスがある女性は美容師さんの言いなりになります。

こちらの女性は前回の美容院でショートにしたかったそうですが断られてしまったのです。

理由は「くせ毛だから」 悩みをお伺いして切らせていただきました。

ショートでもくせ毛を生かす選択にさせて頂きました 初回の来店直後カットはもちろん決まりまして喜んで頂きました で大事なのは次の来店直後です。

PhotoGrid_1449224026173

このようにお客様自身でセットをできるカットを提供したい。

こちらのお客様は月一で白髪染めとカットをされて毎朝ブローをするのが当たり前になっていましたが 今では三か月に一度のカットでいいのです。

カットの失敗は何とかなります

美容院が苦手になってしまうのもカットの失敗から来てしまいます。

技術職なので「100%失敗がない」という美容師がいるとしたらそれはありえない。

誰にでも失敗をしてしまうのです。ただその確率をいかに少なくするのかが大切です。

美容師の上手い下手は美容師が評価することではない。お客様です。

お客様は美容院を変えたらいいだけ、そしてすぐに直してもらえばいいのです。他人の失敗は自分にもあり得ることであって、人の失敗を馬鹿にしてはいけません。 また怖くてショートカットにできないでお客様に無難な髪型を提供をするのは失敗するよりは遥かにいいのですが、何の感動も生まれない。 「ショートにしたいのに断られてしまう」 これはお客様想いかもしれませんが、言い方やその女性の感じ方によっては「自分はショートにできない髪質、顔なんだ」となってしまいコンプレックスにもなってしまう。女性には自信が大事です。

自分のことを好きになって欲しい。 失敗はもちろんいけないことです。 ですが断り方や提案の仕方の言い方を間違ってしまうと気分は下がってしまいます。

よく他人の失敗を「こんなカットありえない」と言ってしまう美容師さんもいます。

自分のほうが上手いと言っている美容師さんもいます。

お客様は確かに前回カットを失敗をされていて落ち込んでいるかもしれません。

そこに付け込み自分を優位な立場にして「共感してもらえた」とそれで喜ぶようなお客様もお客ですが、カットの失敗は誰でもしています。 お客様には全く関係のないことなので、「ここがこうだからダメなんです」なんてお客様は知りません。

2015-09-22_13.56.04

このように失敗はあります。 こちらのお客様は表参道のくせ毛カットがうまい、縮毛が得意と評判のいい美容院で髪の毛を何度も担当してもらっていて、縮毛矯正をやめたくて短く切ってもらったのですが数週間でこのように繋がっていない髪型になってしまい失敗をしてしまったのです。

表参道に限らず、どんな美容師も失敗があります。二か月経過してもうまくまとまっていないカットは失敗と思って担当させて頂きますが、他人の失敗は自分にもあり得ることなので「学ばせてもらっている、よし、自分も気を付けよう」でいいのです。

で こちらのお客様は決して安くしているカットではなく一万円以上する美容院でカットをされていました。 高いから失敗をしないなんて保証はないのですが値段に比例して価値観や経験値。

髪への想いが違います。 くせ毛のカットの場合は特に気を付けなくてはいけないのが「お客様で乾かしたときにどうなるのか?」を予測しなくてはいけないし、もちろんブローなどのセットで誤魔化してはいけない。 二か月後、三か月後どうなっているのか?がポイントです。

では初回の AFTER

2015-09-22_13.55.26

つながりました。

このように初回は失敗を何とかきれいにすることはどこの美容院でもできます。

だってなぜ失敗をしたのかがわかるからです。 失敗から学ぶことができます だから二か月後でも

2015-09-22_14.45.15

このように同じ来店直後でもお客様自身でセットをすることができます。

前回の失敗をしたカットでは三週間ほどでしたがそれでもパサパサに広がってしまっていました ですが二か月経過した来店直後でこのようにできました。

髪の毛を梳きすぎるとパサパサになってしまうのですね。

2015-09-22_12.08.47

こちらのお客様もそうです。 同じご来店直後でまとまるようにできました。

このように初めてのショートヘアやカットで失敗しないようにすることはできますのでお気軽にご予約くださいね。

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

美容師が開発した毎日できる髪質改善

“使うたび美髪に導く”
傷んだ髪、くせ毛、バサついた髪、うねり、を改善する。
美容師が監修したヘアケア商品はこちら。

公式プリュムヘアケアオンラインはこちら

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください