うねるくせ毛の前髪だけを縮毛矯正するってアリですか?

うねるくせ毛の前髪だけを縮毛矯正するってアリですか?
Pocket

毎朝のヘアセットでどうしても前髪がうまく決まらない、その理由がうねるくせ毛だと縮毛矯正を試してみたくなりますよね。

髪全体がくせ毛・天然パーマではなく、前髪にだけうねりがある場合、部分的な施術は可能なのでしょうか。

このページでは自身もくせ毛の美容師が前髪だけの部分的な縮毛矯正ができるかどうか、またその値段はどのくらいなのかを解説しています。

まずは、うねる・広がるくせ毛の髪をまっすぐサラサラに直す唯一の方法である縮毛矯正とはどのような施術なのかを説明します。

その上で前髪だけの部分的な施術を美容室で受けられるのか、値段がどれくらいかかるのかをご案内。

ドラッグストアやウェブサイトで購入できる縮毛矯正剤を使ったセルフ施術についても解説します。


うねるくせ毛の前髪をまっすぐサラサラにできる唯一の方法、縮毛矯正について

前髪だけ縮毛矯正
前髪だけ縮毛矯正

ダメージに弱くて傷みやすい、乾燥してパサパサになるくせ毛の髪質。

毎朝のヘアセットでもうまくまとまらず時間がかかってしまうため、くせ毛にお悩みだと必ず一度は縮毛矯正を検討するものです。

髪全体にクセがある天然パーマではなく、前髪やサイド、襟足などの部分的なくせ毛は気になるところだけに施術することも可能。

スタイリングで重要な前髪だけを縮毛矯正したい、そんなあなたにまず、縮毛矯正とはどのような施術なのかを説明しますね。

前髪だけの縮毛矯正でもダメージは同じ、傷む髪の毛のヘアケアは必要です

前髪だけ縮毛矯正してもダメージはある
縮毛矯正部分はダメージをうける

くせ毛をまっすぐサラサラに直すことができる縮毛矯正は、まず髪の毛の一番外側の構造であるキューティクルを開くために薬剤を貼付します。

本来、弱酸性でしっかり締まったキューティクルは髪内部の水分やたんぱく質を保護しながらツヤ・まとまりを作ってくれている大切な壁のようなもの。

そのキューティクルにアルカリ性の薬剤を付けることで締まりを弱めて開かせ、髪内部に内部構造を熱で変化しやすくします。

アイロンで熱を加えて髪をまっすぐストレートに直したら、最後にキューティクルを再び閉じるための薬剤を付けて終了、というのが縮毛矯正の基本的な流れ。

残念なことに、最初に使うアルカリ性の薬剤は非常に強くキューティクルを開くだけではなく、剥がれ落としてしまいます。

結果、再びキューティクルが閉じる状態になっても剥がれ落ちてしまった部分からは髪の内部から水分やタンパク質が流出、いわゆる髪が傷んだ状態に。

健康毛とダメージ毛の比較
健康毛とダメージ毛の比較

髪全体であれ、前髪だけの部分的な施術であれ、髪に加わるダメージは変わりません。

前髪だけの縮毛矯正を検討する場合にも必ず髪を労わるための正しいヘアケアを導入しなければ、せっかくまっすぐサラサラになってもパサパサ・ボロボロで見た目が悪くなってしまいます。

縮毛矯正を受ける場合には同時に髪質・状態に合わせたヘアケアを検討するようにしましょう。

根元から伸びる髪はうねる、定期的に繰り返して縮毛矯正を受けなければなりません

縮毛矯正をかけて3ヶ月後
縮毛矯正をかけて3ヶ月後

前髪の部分的な縮毛矯正を受ける前にもう1つ知っておかなければならないのが施術後の頻度について。

縮毛矯正は今ある髪をまっすぐにしてくれますが根元から伸びてくる髪は本来のくせ毛のまま。

ある程度伸びたらまた縮毛矯正施術を受けなければなりません。

頻度は髪の状態次第ですが、何度も繰り返しダメージの強い縮毛矯正を受けていると髪はボロボロに。

傷んでしまった部分だけを調整カットすれば良い、というわけでなく、元の髪に戻すためには時間をかけなければならないというデメリットもあります。

施術前にヘアカラーなどをしていると髪が傷んでしまっていることもあり、失敗してしまうとチリチリの縮れ毛になるため、縮毛矯正前には必ず美容師さんに今のあなたの髪の状態や髪質(軟毛・剛毛など)、それから髪への施術の履歴をしっかり伝えておきましょう。

くせ毛のうねる髪をストレートでサラサラ、扱いやすい前髪にできる縮毛矯正ですが、デメリットについて正しく把握しておくことが非常に大切です。


前髪だけの縮毛矯正の値段はどのくらい?市販品を使ってセルフでも可能?

前が髪だけ縮毛矯正っていくら?

それでは実際、前髪だけの縮毛矯正を受ける場合にどうすれば良いかを紹介していきます。

髪全体がくせ毛、天然パーマの場合と前髪だけの施術だとどのような差があるのでしょうか。

気になる値段の相場もご案内しますね。

前髪だけの部分的な縮毛矯正をやっているかどうか予め問合せを

まず最初に縮毛矯正をしてくれる美容室に、前髪だけの部分的な施術でもOKかどうかを確認しましょう。

そのとき一緒にどのくらいの値段になるのか聞いてみると良いですね。

縮毛矯正は美容室での施術の中でも比較的高額な部類であり、全体的な施術であれば1万円前後が相場です(髪の長さによって異なることも)。

前髪だけの部分的な施術の場合、5,000円前後が相場のようですが、もっと安かったり、逆に高く設定している美容室もあります。

サロン予約サイトに「前髪ストレート」や「前髪のみ縮毛矯正」、「部分ストレート」というメニューで掲載されているお店もあります。

とはいえ髪へのダメージが大きな縮毛矯正を受ける場合には信頼できる美容室の方が良いので、通いなれた美容室・美容師さんにまず聞いてみてください。

その上で、実際に行くことができる範囲の美容室2~3件程度に前髪だけの部分的な縮毛矯正の可不可と値段を確認してみると良いです。

市販品の縮毛矯正剤なら自分でやれる?失敗したらどうすれば良い?

縮毛矯正は髪が伸びて根元からくせ毛のうねりが出てきて目立ち始める度に施術を繰り返さなければなりません。

毎回美容室まで通い、高い料金を支払って長い時間をかけるのは大変です。

ドラッグストアなどで販売されている市販品の縮毛矯正剤を使ってセルフでの施術も可能なのですが、美容師としておすすめはできません。

市販品を使うことのメリットは値段が安く済むこと、それから美容室まで行く必要がなくご自宅でも出来ることが挙げられますが、それと引き換えに失敗してチリチリのビビり毛・縮れ毛になってしまうリスクを負うことになります。

美容室での施術の際は美容師さんがあなたの髪質を見た上で薬剤を使ってくれますが、市販品は一般的に誰もが使える仕様となっており、偶然あなたの髪質にぴったりで綺麗に仕上がる、ということはほとんどありません。

万が一失敗して美容室に駆け込む場合には、どんな薬剤を使って、どういう使い方をしたのか、きちんと美容師さんに説明してくださいね。


前髪だけの縮毛矯正を検討中ならメリット・デメリットを理解しておきましょう

部分的な縮毛矯正で前髪をサラサラ・まっすぐなストレートにすると、毎朝のヘアセットにかかる時間をぐっと短縮できるのは嬉しいですね。

縮毛矯正は髪へダメージが大きな施術、前髪だけでも施術後には傷んでしまう髪へのヘアケアをしっかり行うようにしましょう。

2STEPアウトバストリートメント

9,300円(税込)

公式サイト

9,300円 (税込)

楽天市場

9,800円 (税込)

Pocket