ヘアオイルは寝る前につけるのがおすすめ、使い方・効果を美容師が解説

Pocket

「寝る前にヘアオイルを使うとベタついてしまう」

「寝る前の正しいヘアケアってどうすればいいの?」

お客様からこのようなご相談をいただくことも。

寝る前のヘアケアは大切ですが、使い方によっては大変なことに。

しかし、使い方や効果によってそれらは変わってくるものです。

オイルを髪につけすぎるとベタつきやすいので、適量使うことが大切。

そういった使い方や、ヘアオイルの効果、選び方を詳しく解説。

オイルをつけるタイミングや、ヘアケアの重要性。

更におすすめのヘアオイルも、美容師が詳しくお伝えしていきます。

ヘアオイルの正しい使い方と効果について、一緒に見ていきましょう!

寝る前にヘアオイルを使うことであなたの髪にツヤ・まとまりを

寝る前にヘアオイルをつけて、髪を保湿。夜寝る前は、ヘアオイルでヘアケアするのに最適な時間ですよね。

しかし、ヘアオイルの使い方によっては寝る前に大惨事にも。

ヘアオイルの使い方によっては寝る前に大惨事に?

「ヘアオイルをつけすぎたので枕がテカテカに」

「枕についたヘアオイルでニキビが増える?」

「寝る前に毎日ヘアオイルをつけると、髪の毛がはげる?」

そんな風に言われることも。

今回は、そうならないためにヘアオイルの正しい使い方も交えて詳しく解説していきます。

寝る前にヘアオイルをつける効果と正しい使い方を、美容師が分かりやすくお伝えしていきます!

ヘアオイルをつける効果と正しい使い方を、美容師が分かりやすくお伝えしていきます!

ヘアケアに欠かせないヘアオイル。

パーマやカラー後のヘアケアにも使うことが多いですよね。

市販でも人気のヘアオイルは種類が豊富。

Lipps(リップス)」「エイトザタラソ」「ロレアルパリ」はお手頃で使いやすいタイプ。「マシェリ」「ミルボン」「ダヴィネス」「ボタニスト」ヘアオイルは香りが良いと人気ですよね。

ヘアオイルだけではなく、ワックスの種類も多い「ハウジー」「フィーノ」など。市販品はドラッグストアやコスメショップで気軽に買えるもの。

美容室でも使用率の高い「N.Nドット)」は、施術後に使われることが多いです。また、市販のヘアオイルとしても大人気。

ヘアケアに欠かせない、種類の多いヘアオイル。

ヘアケアに欠かせない、種類の多いヘアオイル。

髪質に合っているものを選び、正しい使い方をしていれば髪の毛がハゲる、ダメージを受けるなんてことはありません。

ヘアケアやベーススタイリングとして使いやすいヘアオイル。今回は、特に寝る前のヘアオイルケアについて詳しく解説します。

まず美容師目線でお伝えすると、ヘアオイルを使ったヘアケアは大切です。

寝る前のヘアケアは、美髪を作るためには欠かすことができません。髪のことを考えると「アウトバストリートメント」でのお手入れは大切です。

アウトバストリートメントとは?

シャンプー後、ドライヤーで乾かす前に髪につける洗い流さないトリートメントを指します。

アウトバストリートメントでのお手入れは大切。

シャンプー後の髪は、洗浄成分によって油分やうるおい成分まで洗い流された状態。髪の毛の水分、タンパク質も洗い流された状態です。

シャンプーの後につける「洗い流すトリートメント」だけでは髪がきしむことも。

ドライヤー前にアウトバストリートメントを使うと、指通りが良くなります。

寝る前のヘアオイルで髪の毛がサラサラになるんです。

さらに、寝る前にヘアオイルをつけることで嬉しい効果が。

  • 睡眠中の乾燥
  • 摩擦ダメージ

この2つのダメージを抑えられます。

ヘアオイルは睡眠中の乾燥や摩擦ダメージから守ってくれる

睡眠中に髪に負担がかかることで、朝起きたときに「なんだかパサパサして、まとまらない」なんてことも。特に、湿度が低下する冬などは、寝ている間の乾燥がダメージにつながりやすくなります。

寝る前にヘアオイルをつけることで、睡眠中のヘアダメージを軽減できます。

また、睡眠中には枕や寝具との接触をはじめ、髪同士が擦れ合うことによる「摩擦ダメージ」が起こることも。そのため、寝る前にヘアオイルをつけて、髪をしっかり保湿・保護してあげる必要があります。

寝る前のスキンケアは念入りに行うのに、髪のケアをおろそかになりがちですよね。しかし、髪の毛もお肌と同様、無防備状態で放置するのはNG

寝る前にヘアオイルで正しくケアしましょう。

睡眠中に乾燥する髪にこそ必要なヘアケア

寝る前にヘアオイルで正しくケアしましょう。

寝る前のヘアケアは、洗い流さないアウトバストリートメントがおすすめ。

寝る前に正しく使うことで、以下のような効果が期待できます。

寝る前の洗い流さないアウトバストリートメントの効果

  • 寝ている間に補修成分が浸透
  • 朝のスタイリングがしやすくなる
  • 寝癖がつきにくくなる
  • 乾燥を予防する

アウトバストリートメントには、などさまざまな種類が。

  • ヘアミルク
  • ヘアミスト
  • ヘアオイル

など、メンズ・ウィメンズ向けにたくさんの種類があります。

シャンプー後のドライヤーで、髪は乾燥してパサパサになりがち。

シャンプー後のドライヤーで、髪は乾燥してパサパサになりがち。

そこに、アウトバストリートメントでヘアケアすると乾燥を抑えることができます。

アウトバストリートメントはたくさんの種類がありますが、中でもおすすめなのは「プリュムヘアオイル」。

おすすめの理由を、次の項目で紹介していきますね。

美容師のこだわりがつまったプリュムヘアオイル寝る前にヘアオイルを使う4つのメリットを紹介します

プリュムヘアオイルを使ってみた

寝る前のヘアケア、アウトバストリートメントは乾燥や髪のダメージを軽減できるとお伝えしました。

中でもおすすめの「プリュムヘアオイル」。

どんな効果があるのでしょうか?

寝る前のヘアケアにぴったりなのは、プリュムヘアオイル。

美容師が開発した「プリュムヘアケアシリーズ」のヘアオイルです。

プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)

くせ毛やダメージ毛、乾燥毛、エイジング毛でお悩みの方は髪がダメージを受けやすいです。

寝る前にヘアオイルでのケアが欠かせません。

なぜヘアオイルがおすすめなのか、お伝えしていきますね。

ヘアミルクやミストの場合、水分が多めに含まれています。

アウトバストリートメントは、基本的に髪を乾かす前に使用するのが効果的。

アウトバストリートメントは、基本的に髪を乾かす前に使用するのが効果的。

しかし髪を乾かしている間に、これらの水分が飛んでしまうと「いまいち効果を感じられない」なんてケースが多いです。

その点、ヘアオイルの場合には水分が含まれていません。

そのため、髪の補修成分や保護成分、保湿成分を寝ている間に効率よく浸透させることができるのです。

寝る前のヘアケアに、ヘアオイルがぴったりな理由はそこにあります。

プリュムヘアオイルは、美容師が開発したヘアケア用品。

お風呂あがりの髪や、寝る前につけるために成分配合や使い心地にこだわって仕上げたものです。

美容師のこだわりがつまったプリュムヘアオイル

寝る前におすすめのヘアオル

プリュムヘアオイルは、夜の「寝る前ケア」にお使いいただくことを考えて、使い心地を追求。ヘアオイルによっては、ベタベタするタイプも。

ヘアオイルをつけたあとに、何度も手を洗うのは面倒。髪質によって、ヘアオイルの浸透具合も違う場合がありますよね。

ベタつきやすい髪質や、ヘアオイルが浸透してサラサラしやすい髪質。

その点、プリュムヘアオイルはベタベタしにくいのが特徴。プリュムヘアオイルは、髪に浸透しやすい成分配合。

潤い成分が髪に浸透しやすく、サラリとした使い心地を時間できる方が多いです。

ヘアオイルを使った場合と使わなかった場合の比較

サラサラとした使い心地なので、手にも不快感が残りにくいのです。夜に使っても、朝まで続くサラサラの手触り。

寝る前にプリュムヘアオイルをつけても、枕にべっとりとついている、なんてことはありません。

ヘアオイルなのに油っぽさをあまり感じないヘアオイル、それがプリュムヘアオイル。ベタつきにくいヘアオイルですが、髪質と髪量に合わせてご使用ください。

髪質がオイリーな方は、少量でもOK

髪が乾燥しがちな方は、指通りなめらかになる適量をお取りくださいね。

ヘアオイルを使用して指通り滑らかな髪に

サラリとした使い心地、軽やかさを考えたプリュムヘアオイル。軽い使用感なので、ペタンとしやすい猫っ毛さんにもおすすめですよ。

乾いた髪を保湿・毛髪補修、成分・使い心地にこだわりました

寝る前のヘアケアにおすすめのヘアオイル。

寝ている間に保湿成分が髪に浸透するので、寝る前のヘアケアはおすすめなのです。

しかし、寝る前にヘアオイルをつけるといっても、いつ付けるのが良いのでしょうか?

寝る前、横になる直前?

どれとも、お風呂上がりすぐにヘアオイルをつけるのが良い?

ここでは、ヘアオイルをつけるタイミングを解説します。

ズバリ、ヘアオイルを使用するタイミングはドライヤーを使う前がベスト。

髪を洗い終わって、ドライヤーをかける前にヘアオイルをつけるタイミングがベストです。

ヘアオイルを使用するタイミングはドライヤーを使う前がベスト。

ドライヤー前にプリュムヘアオイルを使うことで、熱ダメージや摩擦から髪を保護する役割もあります。

シャンプー後の無防備な髪をしっかり守り、ダメージを受けた部分に毛髪補修成分が付着。

また、寝る前以外のヘアケアでは、ヘアアイロンを使う前にもお使いいただけます。

ヘアオイルは、アイロンの熱ダメージ&摩擦から髪をやさしく保護。

寝る前やスタイリング前にヘアオイルを使うことがおすすめです。

オイルなのにベタつかず、さらっとした指通りを楽しめます。

敏感肌に優しい使い心地で安心感、寝る前にヘアオイルを使う習慣を

成分にこだわったプリュムヘアオイル。

サラリとした使い心地以外にも、お肌のことも考えてお作りしています。

敏感肌さんもお使いただけるように、無添加処方。

  • パラベン無添加
  • エタノール無添加
  • 石油系界面活性剤無添加

「寝る前には、余計な香りがついたヘアケア剤を使いたくない」

「シャンプーの香りと混ざるヘアオイルが苦手」

そんなお客様からのご相談も考慮し、無香料でお作りしています。

天然オイルのような油臭さがなく「無香性」のプリュムヘアオイル。

ニオイがないので毎日快適にお使いいただけますよ。

天然オイルのような油臭さがなく「無香性」のプリュムヘアオイル。

寝る前だけではなく、朝のスタイリングにも。

職場や学校でも気にならない使い心地です。

さらに、美髪をつくるために欠かせない「ケラチン」や「シルク」などの補修成分&保湿成分を配合。

寝ている間にダメージを補修してくれるので、朝には指通りがよく、まとまる髪へ。

寝る前&毎日のスタイリングにおすすめのヘアオイルです。

実際にご利用いただいたお客様からの口コミ・体験談

伸び、ベタつかなさ、不快感のなさは最強だと思います。

最初使ったときは、重く感じます。

使っていくうちに髪がしっとり、なのにさらっとしてきます。

ヘアオイルって表面からとぅるとぅる?ぬるぬる?って感じをイメージしていましたが、そういう感じではなくて内部の方から芯の通った髪になりました。

2020//15 ニックネーム:yoshi da

多毛剛毛で悩んでいた男ですが、ドライヤー前にこのヘアオイルを使用するようにしてから1ヶ月、髪の毛がしっとりしてきたのを感じます。

プリュムデュールと一緒に、リピートするつもりです!

2021//22 ニックネーム:たけ様

嬉しい体験談のご報告をありがとうございます。

毎日のヘアケアにおすすめのプリュムヘアオイル。

使い方も簡単なので、どなたでもヘアケアできますよ。

公式サイトよりお客様の体験談・レビューを記載しております。

髪質によって個人差があります。

アレルギー体質の方など、気になることがありましたらお気軽にお問合せください。

乾燥・ダメージを受けたくせ毛ならワックスとの組み合わせがおすすめ

髪の乾燥やダメージ、くせ毛による広がりなどが気になる方。

そんなあなたにはプリュムヘアオイルに「プリュムワックス」をプラスすることがおすすめ。

プリュムヘアオイル&ワックスの併用がイチオシです。

プリュムヘアオイル&ワックスの併用がイチオシです。

プリュムヘアオイル&ワックスの効果

  • パサつきが強くまとまりにくい
  • ダメージ毛が進行している
  • 加齢による髪質の変化が気になる方
  • 髪のクセが強い
  • 髪が太く毛量が多い

上記のような髪質でお悩みのお客様からご相談をいただくことも。

このような方には、ヘアオイルとワックスがセットになった2STEPアウトバストリートメント」が最適です。

チリチリ・パサパサのくせ毛におすすめ、プリュムワックスのご紹介

1ステップ・プリュムヘアオイルで髪を保湿。

2ステップ目のプリュムワックスは、ワックスという名前がついていますが「固形トリートメント」です。

2STEPアウトバストリートメント

9,300円(税込)

公式サイト

9,300円 (税込)

楽天市場

9,800円 (税込)

ベタベタすることなく、髪を快適に保湿することができるヘアケア用品です。

ワセリン、ホホバオイル、アルガンオイルが主成分。

保湿力が高いだけでなく、お肌への影響も配慮して仕上げました。

お肌がデリケートな方でも「寝る前のヘアケア」にお使いいただけます。

「ヘアオイルだけだと、髪がパサパサしてしまう」

そんな乾燥毛やダメージ毛さんにこそ、併用していただきたいです。

パサついたり広がりやすいタイプの髪質には、保湿ケアが大切。

寝る前のヘアケアの仕上げとして保湿をしっかり行うと、翌朝の扱いもかなり楽になりますよ。

パサついたり広がりやすいタイプの髪質には、保湿ケアが大切。

寝る前にヘアオイル、朝のスタイリングはワックスで決まり

先ほどおすすめした、プリュムヘアオイル&ワックス。

プリュムヘアオイル&ワックスのセット「2STEPアウトバストリートメント」

  1. 寝る前にヘアオイルで髪のダメージを軽減
  2. 朝のスタイリングにワックスで保湿&保護

この2ステップの使い方がおすすめです。

寝る前にヘアオイルをつけて、シャンプーやトリートメントの潤いを閉じ込める。

更に、朝のスタイリングにはプリュムワックスを。

朝のスタイリングにはプリュムワックスを。

プリュムワックスはスタイリングだけではなく、ヘアケア用品としても。

キープ力もヘアケア効果も高いワックスです。

プリュムヘアオイル&ワックス、2つを併用すると髪の潤いが実感しやすいですよ。

特に、ダメージ毛やくせ毛さんにおすすめのヘアオイル&ワックス。

ダメージを受けやすい髪質の方にこそ、潤い効果を実感していただきたいセットです。

ヘアオイルを寝る前に使うメリット、まとめ

今回は、夜寝る前のヘアケアについて解説しました。

寝る前にヘアオイルをつけてヘアケアを入念に。

寝る前にヘアオイルをつけると、2つのダメージを軽減できます。

寝る前にヘアオイルをつけると、2つのダメージを軽減できます。

  • 睡眠中の乾燥
  • 摩擦ダメージ

ドライヤーの熱からも髪を保護。

ヘアオイルの潤い成分が浸透して、朝には保湿たっぷりの髪になっていることが期待できますよ。

髪がベタつかないように、適量手にとって使いましょう。

中でも、サラサラしているヘアオイル・プリュムヘアオイルがおすすめ。

サラリとした使い心地だけではなく、保湿成分が含まれています。

朝のスタイリングにはプリュムワックスでスタイルキープ&ヘアケア。

朝のスタイリングにはプリュムワックスでスタイルキープ&ヘアケア。

プリュムヘアオイル&ワックスの併用で、髪に潤いを。

寝る前のヘアケアを行なって、サラサラの髪でおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょう。

2STEPアウトバストリートメント

9,300円(税込)

公式サイト

9,300円 (税込)

楽天市場

9,800円 (税込)

Pocket