ヘアオイルは寝る前につけるのがおすすめ、美容師が効果と使い方を解説

ヘアオイルは寝る前につけるのがおすすめ、美容師が効果と使い方を解説
Pocket

お風呂上がり、寝る前に使うヘアオイルは、洗い流さないトリートメントとして多くの人に選ばれています。

寝る前に使うとベタついてしまう、ヘアオイルの効果ってどんなもの?正しい使い方ってあるの?こんな疑問をお持ちの方へ。

現役美容師さんに寝る前のヘアケアにおすすめ、ヘアオイルの効果と使い方を聞きました。

市販品からサロン品まである、種類豊富なヘアオイルの選び方についてもご案内します。

\ 教えてくれたのは /
    ヘアメイクアーティスト Genki
    • ヘアメイクアーティスト
    • Genki@geeeeenkii
    • 渋谷CALAMARIの代表。
      ブリーチやカラー、似合わせカットが得意。

寝る前にヘアオイルを使うことであなたの髪にツヤ・潤いを

髪のナイトケアは美髪づくりの大切な要素
髪のナイトケアは美髪づくりの大切な要素

寝る前にヘアオイルをつけて、髪を保湿。夜寝る前は、ヘアオイルでヘアケアするのに最適な時間です。

しかし、ヘアオイルは正しい使い方をしないと大惨事になることもあるので注意しなければなりません。

「ヘアオイルをつけすぎたので枕がテカテカに」

「枕についたヘアオイルでニキビが増える?」

「寝る前に毎日ヘアオイルをつけるとオイル髪に?」

そんな疑問がある方へ。ヘアオイルをどのように使うべきか、寝る前にヘアオイルをつけるとどんな効果があるのかを解説します。ヘアケアに欠かせないマストアイテムになったヘアオイル。髪質に合っているものを選んで、正しい使い方をマスターしましょう。

お風呂から出た後のヘアケア、洗い流さないトリートメントにヘアオイルを使う意味

寝る前のヘアケアは、髪を健やかな状態に維持するためには欠かせません。

そんなナイトケア。ドライヤーで乾かす前に髪につける、洗い流さないトリートメントとしてヘアオイルはおすすめです。

お風呂やシャワーの最中に使うシャンプー&トリートメントは基本、洗い流すもの。

それに対して、洗い流さないトリートメントは髪に染み込んで保湿や毛髪補修をしてくれるだけでなく、ドライヤーやアイロン、コテの熱から髪を守ってくれます。

ドライヤーの時に髪が乾燥しやすい、キシキシしやすい人は洗い流さないトリートメントとしてヘアオイルを使ってみましょう。

ヘアオイルをドライヤー前に髪に馴染ませると、乾いたときにしっとりサラサラ、まとまりやすくなります。

寝る前のヘアオイルにはそのほか、こんな効果も。

  • 睡眠中の乾燥
  • 摩擦ダメージ

寝ている間に枕と髪が擦れることで髪に負担がかかってしまい、朝起きたときになんだかパサパサして、まとまらない、こんな経験ありませんか?

特に、湿度が低下して乾燥する冬は、寝ている間の摩擦・乾燥による髪へのダメージが生じやすいです。寝る前にヘアオイルを使うことで、髪をしっかり保湿・保護してあげましょう。

忙しい毎日、スキンケアは念入りに行うのに、髪のケアをおろそかになりがち。髪の毛もお肌と同様、無防備状態で放置するのはNGです。ぜひ、寝る前にヘアオイルで髪を労る習慣を。

睡眠中、乾燥する髪に必要なヘアケア

就寝前にヘアオイルを使うとどんな効果があるのでしょうか?

洗い流さないアウトバストリートメントの効果

  • 寝ている間に補修成分が浸透
  • 朝のスタイリングがしやすくなる
  • 寝癖がつきにくくなる
  • 乾燥を予防する

ヘアオイルだけでなく、洗い流さないトリートメントにはその他にもいくつか種類があります。

  • ヘアミルク
  • ヘアミスト

シャンプー後のドライヤーで、髪は乾燥してパサパサになりがち。そこに、洗い流さないトリートメントを使うと、乾燥によるパサつきを抑えられます。

寝る前に使う、くせ毛さんがヘアオイルを使う4つのメリット

プリュムヘアオイルを使う前と使った後、ツヤ・まとまりが違います
プリュムヘアオイル使用前、使用後コーミング実施

入浴後や就寝前に使いたい洗い流さないトリートメント、その中でもダメージを受けて傷んだ髪やくせ毛の髪質にはヘアオイルを。

髪へダメージが加わると、髪の一番外側で内部を守るキューティクルと呼ばれるウロコ状の組織が開いて剥がれ落ち、水分やタンパク質が流出してしまいます。

結果、空洞ができてスカスカになった髪は乾燥してうねりやパサつきの原因に。油分メインのヘアオイルなら髪内部への余計な水の侵入を防ぎ、同時に内部からの流出も防いでくれます。

髪を油分でコーティングすることでドライヤーやアイロン、コテの熱からも保護してくれますよ。

そんなヘアオイルの中でも、髪ナチュラ編集部がおすすめするはこちら。

編集部セレクト

プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)

傷みやすく乾燥に弱いくせ毛、その髪質にお悩みのお客様のカット、スタイリングを担当してきた美容師がその知識と経験を活かしてプロデュースしたプリュムヘアオイルは、傷んでしまってパサつく髪にぴったり。

髪にうるおいを与える保湿成分はもちろん、傷んでしまった髪内部を補修するための毛髪補修成分にも美容師のこだわりが詰まったヘアオイルです。


毎日使いつづけることで髪を健やかな状態へ導くヘアオイル

寝る前におすすめのヘアオル
ヘアオイル、就寝前の使用で翌朝が違う

プリュムヘアオイルは、夜、寝る前にお使いいただくことを考えて使い心地を追求しています。極力ベタつかないように、成分とその配合にこだわりました。

髪に浸透しやすい天然由来の植物オイルを配合することで、うるおい成分が髪により浸透しやすく、サラリとした使い心地を実感していただけます。

軽い使い心地で、手にも不快感が残りにくく、夜使っても、朝まで続くサラサラ。

使用量は髪質がオイリーな方は少量でもOK、髪が乾燥しがちなでれば指通りなめらかになる適量をお使いください。重くなりにくいので髪のボリュームが少なくぺたんこになりやすい軟毛・猫っ毛さんにもおすすめです。

乾燥する髪を保湿&毛髪補修、成分・使い心地も◎

洗い流さないトリートメント、ヘアオイルは寝ている間に保湿成分が髪に浸透します。そのヘアオイルを寝る前に使うといっても、いつ使うのが良いのでしょうか?

寝る前、横になる直前?それともお風呂上がりすぐにヘアオイルをつけるのが良いの?

ヘアオイルをつけるタイミング、それはドライヤーを使ってブローする前

ヘアオイルを使用するタイミングはドライヤーを使う前がベスト
ヘアオイルを使用するタイミングはドライヤーを使う前がベスト

ドライヤー前にヘアオイルを使うことで熱ダメージや摩擦から髪を保護、シャンプー後の無防備な髪をしっかり守り、ダメージを受けた部分に毛髪補修成分が付着します。

その他、寝る前以外のタイミングだと、ヘアセットするとき。ヘアオイルをつけてドライヤーでブローすれば、アイロン・コテの熱ダメージ&摩擦からも髪をやさしく保護してくれます。

ヘアオイルで濡れてる状態でアイロンやコテを使用することは避けましょう。つけたオイルが乾いている状態で使用してくださいね。

寝る前にヘアオイルを使う習慣を

プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)

プリュムヘアオイルは成分にこだわって作られています。

サラリとした使い心地以外にも、お肌のことも考えて作られていますから、敏感肌の方や小さなお子様にも喜ばれています。

「寝る前には、余計な香りがついたヘアケア剤を使いたくない」

「シャンプーの香りと混ざるヘアオイルが苦手」

そんなお客様からのご指摘も考慮に入れて、無香料にしました。

油臭さがなく無香料のプリュムヘアオイルは、生活の中に自然と溶け込み、快適にお使いいただけます。

夜おやすみ前に使えば、ケラチン※1、シルク※2やコラーゲン※3といった毛髪補修成分が寝ている間にダメージを補修してくれるので、朝には指通りの良いまとまる髪へ。

※1イソステアロイル加水分解ケラチン(羊毛) ※2イソステアロイル加水分解シルク ※3イソステアロイル加水分解コラーゲン

寝る前だけではなく、朝のスタイリングにもおすすめ。職場や学校でも、においがないので気になりません。

実際にご利用いただいたお客様からの口コミ・体験談

ベタつかず髪はしっとり、yoshi da様からの口コミ

伸び、ベタつかなさ、不快感のなさは最強だと思います。最初使ったときは、重く感じます。
使っていくうちに髪がしっとり、なのにさらっとしてきます。ヘアオイルって表面からとぅるとぅる?ぬるぬる?って感じをイメージしていましたが、そういう感じではなくて内部の方から芯の通った指通りになりました。
★★★★★ 2020年6月15日

多毛・剛毛にお悩みだった、たけ様からの口コミ

多毛剛毛で悩んでいた男ですが、ドライヤー前にこのヘアオイルを使用するようにしてから1ヶ月、髪の毛がしっとりしてきたのを感じます。
★★★★★ 2021年3月22日

※感想はお客様個人のご意見です。

商品紹介ページにはその他のお客様からの口コミ、体験談も掲載しています、ぜひご覧ください。


ダメージを受け傷んで乾燥する髪におすすめ、保湿もできるワックスとの組み合わせ

髪の乾燥やダメージ、くせ毛による髪のうねりや広がりなどが気になる方へ。

洗い流さないトリートメント、プリュムヘアオイルでのヘアケアに加えて、毎朝のヘアセットに保湿もできるヘアバームタイプのプリュムワックスを取り入れてみませんか。

  • パサつきが強くまとまりにくい
  • ダメージ毛が進行している
  • 加齢による髪質の変化が気になる方
  • 髪のクセが強い
  • 髪が太く毛量が多い

これらの髪質でお悩みのお客様には、ヘアオイルとワックスがセットになったプリュムヘアケア「2STEPアウトバストリートメント」を。

チリチリ・パサパサのくせ毛におすすめ、プリュムワックスのご紹介

2STEPアウトバストリートメント

9,300円(税込)

公式サイト

9,300円 (税込)

楽天市場

9,800円 (税込)

毎日の生活ルーティンに取り込みやすい簡単2ステップ。

  1. プリュムヘアオイルで髪を保湿・毛髪補修、ツヤ・まとまりを与える
  2. お出かけ前、プリュムワックスでヘアセットと同時に保湿・ヘアケア

プリュムワックスは、ベタつくことなく髪を快適に保湿できるスタイリング剤です。

  1. ワセリン
  2. ミツロウ
  3. ホホバオイル
  4. アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)
  5. 酢酸トコフェロール(ビタミンE)

アルコール、パラベン、合成着色料、合成着色料無添加。

ヘアオイルだけだと髪がパサパサしてしまう、そんな乾燥毛やダメージ毛さんのヘアセットにおすすめのスタイリング剤です。パサついたり広がりやすいタイプの髪質には、保湿ケアが大切。

毎日へアセットを続けることでふんわりナチュラルな髪型を作れるだけでなく、保湿・ヘアケアもできるのは嬉しいですよね。

寝る前にヘアオイル、朝のスタイリングはワックスを

お風呂から出たらドライヤーでブローする前にプリュムヘアオイルを髪に馴染ませてブロー、寝ている間に髪をしっかり保湿・毛髪補修。

お出かけ前はプリュムワックスでヘアセット、スタイリングをしながら保湿・ヘアケアもできる簡単2ステップ。

毎日、ご自宅にいながらサロンクオリティのヘアケア・ヘアセットを実現しましょう。


ヘアオイルを寝る前に使うメリット、まとめ

ヘアオイルをお風呂上がり、洗い流さないトリートメントとして寝る前にお使いいただく効果、メリットとその使い方を現役美容師さんに解説してもらいました。

寝る前にヘアオイルをつけることで、2つのダメージを軽減できます。

  • 睡眠中の乾燥
  • 摩擦ダメージ

ドライヤーでブローするとき、またアイロンやコテでのヘアセットの際の熱からも髪を保護してくれるヘアオイルは、保湿・毛髪補修成分が含まれているものを使えばヘアケアにもなります。

寝ている間にヘアオイルのうるおい成分が髪に浸透、傷んでスカスカになった髪内部を補修してくれます、髪の状態やヘアスタイルに合わせて適量を髪い馴染ませてくださいね。

2STEPアウトバストリートメント

9,300円(税込)

公式サイト

9,300円 (税込)

楽天市場

9,800円 (税込)

※本記事内の成分および製品に関する意見は個人の見解であり、効果を100%保証するものではありません。

Pocket