後頭部をふんわりさせ横顔美人な髪型を目指す。

後頭部をふんわり見せるコツを美容師が解説します
Pocket

「絶壁でぺたんこ後頭部に、可愛いふんわり感が出るショートにしたい」

「ロングヘアをまとめ髪にすると、後頭部がボリューム不足で疲れた印象になってしまう」このようなヘアスタイル&骨格のお悩みありませんか?

猫っ毛や軟毛、細毛さんをはじめ、頭の形にコンプクレックスがある女性でも、ちょっとしたコツさえ掴めれば後頭部をふんわりさせることは可能なんです!

今回は、ぺたんこになってしまう後頭部をふんわりさせる髪型を現役美容師がわかりやすく解説。

ショートヘア&ボブに丸みをつくるカット方法から、ロングヘアまとめ髪の可愛いふんわり感の出し方まで紹介します。

後頭部に自然なふんわり感を出せるようになると、髪型のこなれ感や垢抜け度が一気にアップするので、ぜひ今日から取り入れてみてくださいね。

ボブやショートで後頭部をふんわり見せたいあなたへ

後頭部がふんわりするショートヘア

ショートやボブのような「短い髪型」は、後頭部の絶壁や骨格コンプクレックスをカバーしにくい印象があるのではないでしょうか。

しかし、後頭部をふんわりさせたい女性にこそ、ショートヘアやショートボブが断然おすすめ!

あらゆる髪型のなかでも、ショートやショートボブは絶壁などの平たい後頭部に丸みをプラスし、頭の形をキレイに見せることができます。

後頭部に「自然な丸み」と「ふんわり立体感」をつくるには、レイヤー(段)を上手に使ったカットが欠かせません。

そのため、切りっぱなしのボブやストレートボブよりも、レイヤーでエアリー感や動きを出したショートボブの方が「ふんわりヘア」を再現しやすいでしょう。

◆レイヤーボブ

レイヤーショートボブ

◆切りっぱなしボブ

上の髪型比較画像を見ていただけるとわかりやすいですね。

動きの少ないパッツンボブよりも「ニュアンスのあるショートボブ」の方が、後頭部に優しい丸みが出ていますよね。

「あまり短くしたくない」という女性は、ボブから髪の長さをそこまで大きく変えなくても大丈夫。

カットデザインを少し変えてボブからショートボブにチェンジするだけでも、後頭部の形を可愛くふんわりさせることができますよ。

ぜひ、担当の美容師さんに相談しながら、あなたに似合う「ふんわりショートボブ」にイメチェンしてみてくださいね。

前下がり前髪で後頭部にはボリュームを持たせてふんわり感を出す

絶壁頭やぺたんこ後頭部をふんわりさせるなら、前下がりショートボブがおすすめ。

サイドの髪を長めに残し、トップや後頭部へ「レイヤー」をバランスよく入れた前下がりショートボブは、ぺたんこになりがちな後頭部にふんわりとしたボリューム感を持たせやすい髪型です。

本当はボブにしたいけど後頭部の絶壁が気になる

ふんわりセットが楽チンでおしゃれに見えるショートにしたい

過去にショートボブにしたら後頭部がぺたんこで可愛くならなかったこのような女性でも、前下がりショートボブなら「ふんわり感」のある可愛いヘアスタイルを再現しやすいでしょう。

後頭部に優しいボリューム感を出すには、カット方法がとても重要!

レイヤーを入れる位置や量だけでなく、すく髪とすかない髪のメリハリを出すことがポイントです。

均一に髪をすいてしまうと、後頭部が潰れてぺたんこになってしまうため、美容師さんには「全体をすき過ぎないでください」とオーダーしておくと安心です。

すきすぎないレイヤーボブ

このカット方法は「彫刻カット」とも呼ばれていますが、ボリュームが出すぎてしまう部分は削り、ボリュームを出したい箇所に立体感をつくる技。

適度なボリュームコントロールをすることで、トップや後頭部にナチュラルな丸みを作り、頭の形をキレイに見せていきます。

絶壁頭やハチ張りも上手にカモフラージュできるため、骨格コンプレックスがある女性にはおすすめですよ。

後頭部に丸みのあるカット

横顔や後頭部をふんわりキレイに見せるコツは、首周りの毛量を少なくして、段を入れながらカットすること。

髪の毛は、後頭部の毛量を少なくしないで「ふんわりボリューム」が残るようにデザインカットします。

このようにポイントをしっかり押さえてカットすると、絶壁さんの「ぺたんこ後頭部」もふんわり綺麗に見せることが可能なんです。  

前下がりショートボブは、前髪のデザインを変えるだけでもさまざまなイメージのヘアスタイルを楽しむことができます。

後頭部がまっすぐで絶壁な人におすすめのボブ

女性らしく柔らかい印象の可愛い系ボブはもちろんのこと、洗練されたカッコカワイイ髪型も再現できるため、あなたのお好みに合わせて仕上がりを決めてくださいね。

後頭部が絶壁になってしまう場合にはふんわりパーマがおすすめ

絶壁さんにおすすめのパーマスタイル

「ふんわりしたショートヘアやショートボブにしたいのに、髪質が柔らかい直毛で後頭部がぺたんこになってしまう」

こんな髪悩みがある女性には、大きめのロッドで巻いたふんわりパーマもおすすめ。

  • 猫っ毛
  • 軟毛
  • 直毛でストレート
  • 髪の量が少ない

上記のような髪質の女性は、後頭部にふんわりしたボリュームを出しにくく、どうしても髪が潰れてぺたんこになりがちですよね。

しかし、くせ毛風パーマを軽くかけるだけでも、気になる後頭部に自然なふんわり感と立体的な動きを簡単に出すことができるのです。

何よりも嬉しいのは、パーマヘアは毎朝自分でセットするのがとっても楽チンなところ。

せっかく美容室で「後頭部にふんわり丸みのある髪型」にカットしてもらっても、翌朝からのセルフスタイリングで再現できなければ意味がありません。

その点、くせ毛風のふんわりパーマをかけたショートボブなら、毎朝のセットも楽チン時短に!

「ふんわりさせたいけど、毎朝コテやヘアアイロンで髪を巻くのは面倒くさい」なんて女性にもおすすめです。

パーマのカールやウェーブで後頭部の髪にボリューム&丸みのある膨らみが出るため、360度どの角度から見てもふんわり可愛いショートボブになります。

簡単なセットで手軽にふんわり後頭部を作りたい方は、このようなゆるふわパーマヘアにもぜひ挑戦してみてくださいね。

つむじや生えグセのせいで「ドライヤーでブローしても、根元から髪がぺたんこになっちゃう」という場合は、根本パーマで髪の毛をふんわりと立ち上げてあげるのも良いでしょう。

まとめ髪、ポニーテールで後頭部のふんわり感を出すコツ

ここまでは、後頭部をふんわりさせる髪型としてショートヘアやショートボブをおすすめしてきました。

この記事を読んでくださっている女性のなかには「ロングヘアが好きだけど、長い髪だと骨格をごまかせないの?」と不安を感じる方もいますよね。

確かに、絶壁でぺたんこの後頭部に丸みのあるふんわり感を出すなら、美容師的にはショートやショートボブがイチオシです。

しかしロングヘアでも、まとめ髪やポニーテールなどのアレンジ方法を工夫すれば、後頭部をふんわりさせて「横顔」をキレイに見せることは可能。

ただし、まとめ髪のやり方やポニーテールの結び方を間違えてしまうと、ぺたんこ絶壁の後頭部を強調してしまうこともあるため注意しましょう。

手ぐしでまとめたような無造作感を意識する

トップや後頭部の髪の毛を引き出して適度にほぐす

まとめ髪をする前にはスタイリング剤をつける

ひとつ結びやポニーテールなどの「まとめ髪アレンジ」をするときには、上記のポイントを必ずおさえておくことが大切です。

ふんわり無造作感を意識したまとめ髪は、こなれ感+垢抜け感が抜群にアップ!

女性からの評判はもちろんのこと、メンズウケも良くなるので「ぺたんこ髪や骨格を可愛い髪型でカバーしたい」と思っている方は参考にしてくださいね。

2段階で髪をまとめるとボリューム感が出ます 

まとめ髪をして後頭部にボリュームを出すヘアアレンジ方法

ロングヘアをふんわりとした後頭部に見せるアレンジ&まとめ髪では、きっちり髪の毛を結びすぎないことが何よりも大切。

前髪までひっつめたようなポニーテールは、後頭部だけでなくトップやサイドまでぺたんこになってしまうため絶対にNGです。

少しの乱れもないまとめ髪は、一見「清潔感」がある髪型にも感じますが、後頭部をふんわりさせたい場合には避けた方が良いでしょう。

とはいえ「後頭部へのふんわり感の出し方がわからない」とか「まとめ髪にすると後頭部に丸みがうまく出せない」なんて女性も多いはず。

こんな場合には、2段階で髪をまとめる方法がおすすめです。

2段階アレンジのやり方はとっても簡単。

まず、ハーフアップにするときのように上側の髪の毛をヘアゴムで結びます。

キレイな仕上がりにするには、細めのゴムでまとめるのがコツ。

トップや後頭部上側の髪の毛を少しずつ摘まんで引き出しながら、ふんわり感が出るようにほぐしていきましょう。

ほぐし終わったら、下に残った髪も一緒にまとめて、さらに髪表面をほぐします。

表面をほぐすと髪型にボリュームがでる

1本のゴムでポニーテールにするよりも、このように2回に分けて結んであげると、絶壁の平らな後頭部にもふんわりとした丸みを演出できます。

また、まとめ髪をする前には後頭部付近にボリュームを出すようにコテ巻きをしておくのがベスト。

コテやヘアアイロンだと髪の傷みが心配な方は、カーラーを巻いて後頭部の髪にふんわりとした動きを出してあげるのも良いでしょう。

まとめ髪で後頭部をふんわりさせるアレンジセットの前には、バームや保湿力のあるワックスで髪に適度なうるおいを与えておくのがおすすめです。

スタイリング剤でしっかり下準備をしておくと、ふんわり無造作感のあるまとめ髪や毛束を引き出した髪型でも「ボサボサな印象」になりにくいので、ぜひ試してみてくださいね。

ロングヘアのまとめ髪をふんわり可愛く作るには、柔らかめの保湿ワックスを使用することがポイントです。

ヘアセットのスタイリング剤にはワックスがおすすめ

ワックスを使ったヘアセットで後頭部が綺麗にふんわり見える

後頭部にふんわりとした立体感をつくるスタイリングには、断然ワックスがおすすめ。

先ほどお話した通り、ロングヘアのまとめ髪やポニーテールをはじめ、ショートヘアやショートボブのセットにもワックスは大活躍します。

ふんわりスタイリングを目指すなら、重さやベタつきが少ないタイプのワックスを選びましょう。

メンズ系ハードワックスやファイバーワックスなどのスタイリング剤だと、髪に重さが出てしまい「思い通りにふんわりセットできない」なんてことも。

女性の髪にツヤ感を与えながら、ナチュラルで軽い仕上がりになるワックスがおすすめです。

美容師が監修・開発したまとまり良く毛髪保湿もできるヘアワックス

美容師がヘアワックスでヘアセットした実例

美容師が開発したプリュムデュールは、保湿成分中心でお作りしたヘアワックス。

ぺたんこになりがちな後頭部に柔らかい丸みやふんわり感を出し、立体的でおしゃれな髪型にセットできます。

メンズ用スタイリング剤のように髪がゴワゴワしたり、固まったりする心配もなし。

だからこそ、メンズをはじめ多くの女性に愛されているワックスなのです。

髪やお肌にもやさしい「天然ワックス成分」が髪表面を湿気や水分から保護するため、朝のセットで使えばヘアスタイルの持ち良くなり、後頭部のふんわり感が持続するのも嬉しいポイント!

保湿できるヘアワックスの特徴

  • 後頭部の厄介なつむじ割れを直す
  • ぺたんこになる部分にふんわり感を出す
  • ボリュームが出すぎて広がる髪は適度に抑える

髪を知り尽くした美容師こだわりの成分配合により、このようなふんわりヘアを作りやすい万能ワックスに仕上がっています。

さらに毛髪保湿成分としてホホバ種子油、アルガンオイルを配合。

これらの成分が髪内部にも入り込むことで、コテやヘアアイロン、パーマでパサパサと乾燥しやすい髪の保湿にも効果的です。

ぜひ、この機会に美容師監修のヘアワックス「プリュムデュール」をお試しくださいね。

美容師が開発したヘアワックス

後頭部のふんわり感の出し方まとめ

今回は、後頭部の髪をふんわりさせるショートボブ、ロングヘアのコツをご紹介してきました。

ショートやボブなど短いヘアスタイルなら、くせ毛や髪の生えグセを活かし「後頭部をふんわりさせるカット」がおすすめ。

ドライヤーでの乾かし方を工夫し、重さが出ないワックスでスタイリングするだけでも、気になる絶壁をカバーできます。

猫っ毛の髪やボリューム不足の髪質で「後ろの髪がぺたんこになってしまう」という場合には、ゆるいパーマをかけて後頭部に立体的な丸みを出してあげましょう。

ロングヘアは髪をそのままおろすだけでなく、まとめ髪やアレンジで後頭部にふんわり感をもたせるとGOOD!

自然なふんわり感の出し方を覚えて、ぜひ今の髪型をもっとおしゃれに楽しんでくださいね。

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください