手が汚れないワックスってどうなの?

Pocket

最近ひそかに流行っているのでしょうか?手が汚れないワックスという名のスティック型の髪をまとめることに特化している商品。

今回ワックスについてお客様からご質問を頂きましたので考えてみました。

そもそも手が汚れないワックスががあったとしてもその汚れ=ワックスを髪につけるのってどうかと思いませんか?

手が汚れるということはワックスにはそれだけ粘着力があるので、チリやほこりをすぐにくっつけてしまい髪が汚れやすくなってしまいます。

ちなみにこちらのbefore→afterのお客様の髪には私が今現在試作品段階のワックスつけた後にコテで巻いた物です

1436085322208

シャンプーをした後にある程度乾かしてワックスを付けてドライヤーで熱を通したらツヤツヤになります。今作っているワックスはドライヤーの熱によって髪によく伸びます。熱からも守ってくれるのでそのままコテで巻くことができます。

 

 

 

 

手が汚れないようにするには髪を触らないということになります。髪につけるときにスティックタイプだったら確かに手を汚さなくっても付けることができます。ですがそれは髪を触れないということになります。

 

髪が固くなってしまい下ろしたらギトギトな髪になってしまう。

 

 

ただ髪につける際にスティックになっていますので、手に付けて髪につけるワックスではない。

だから手が汚れないというわけですが・・・半日ずっと髪を触らないで過ごしたら確かに手は汚れませんが、そんなこと無理ですよね?!

だったら手についても洗う必要がないワックスの方がいいと私は思うのです。

 

実際にそれを付けてこられたお客様がいらっしゃったのですが、どうやらまとめ髪につける物らしくマト〇ージュといいます。その触った感じは

 

ちょっと宣伝しているみたいになってしまっていますが女性がつける髪をまとめるワックスはある程度サラサラしていて手についても安全で髪が汚れにくい適度な粘土『テクスチャー』のものがいいと私は思います。

だから今私が作っているワックスはおすすめしています。ハンドクリームを手に付けてそれが手の汚れなのか?違いますよね?

 

すでに今ハンドクリームを応用して髪をまとめる用のワックスに使ったりしているようですが、髪に浸透するのか?とかキープ力だったりはやはりもう少し固い方がいいように思えます。

私がおすすめできるワックスの最優先は肌についてもいいというところです。ハンドクリームは肌につけたとき油分が強すぎてニキビができてしまったことがあります。なんとなくですが肌が窒息している感じになっているような気がしました。

手が汚れないワックスについてですが、手についても手を洗う必要がない成分ならいいのでは?

と私は思います。

今作っているのは無香料で無着色で、成分表記もシンプルなワックスを作ろうと思っています。

 

 

 

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

美容師が開発した毎日できる髪質改善

“使うたび美髪に導く”
傷んだ髪、くせ毛、バサついた髪、うねり、を改善する。
美容師が本気で監修したヘアケア商品はこちら。

公式オンラインショップはこちら