くせ毛はドライカットとウェットカット、どちらが向いている?

くせ毛はドライカットとウェットカット、どちらが向いている?
Pocket

美容室でヘアカットしてもらうとき、ドライカットとウェットカットの2種類があることをご存知ですか?

文字通り乾いた状態の髪をカットするか、濡らしてから切るかの違いですが、くせ毛の場合はどちらが向いているのでしょうか。

このページではくせ毛のお客様のカット・スタイリングを担当してきた美容師が、くせ毛さんにはドライカット・ウェットカット、どちらの方が向いているのか解説しています。

それぞれのメリット・デメリットにはどのようなものがあるのかをご紹介。

その上でくせ毛を活かすヘアスタイルにはどちらが向いているのかご案内します。

次回の美容室でのヘアカットでも役立つ情報です、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

プリュムシャンプー

何が違う?ドライカット・ウェットカットの違い

くせ毛はどんなカットをすべき?

あなたが今、ご利用になっている美容室でヘアカットをオーダーしたとき、美容師さんは髪を乾いた状態でカットしますか?

それとも髪を濡らしてから切りはじめますか?

前者、乾いた状態で髪を切ることをドライカット、髪を濡らしてから施術するものをウェットカットと呼びます。

この2つの違いは美容師さんがただ単純にどちらにするか決めている、というものではなく、それぞれを選ぶ意味がちゃんとあります。

これから紹介をさせていただくドライカットとウェットカットの違いが分かると、これからどちらの方法を採用している美容室を選ぶか変わることでしょう。

まずはその違いについて説明していきますね。

ドライカット・ウェットカットとは?その違いを美容師が解説します

ドライカットとは

ドライカットとは、名前の通り髪が乾いている状態でカットするカットの方法のこと。

普段、髪型は乾いた状態で仕上げることが多いですよね。

髪が完全に濡れている時には、髪が広がることはありません。

うねりがあるくせ毛の髪の毛でも、水分の重さで抑えられます。

ドライカットはいつものヘアセットと同じ状態、髪が乾いたときの仕上がりを考慮に入れてカットできます。

ウェットカット

濡れた状態の髪を切るウェットカットは、ドライカットに比べてカットするときの髪へのダメージを軽減できます。

髪には、水素結合という髪が濡れると切れる結合があります。

水素結合が切れると髪は柔らかい状態になるため、硬い状態の髪をカットするより柔らかい状態の髪をカットした方が少ない力で髪をカットできることからダメージも減らせるわけですね。

ドライカットの解説で少しお話しましたが、髪は濡れるとくせ毛や広がりなどが出にくい状態になります。

美容師にとってはくせ毛のうねりがない方がカットしやすく、作業的にもウェットカットは切りやすいというメリットがあるのでくせ毛を濡らしてから切る美容師さんも少なくありません。

乾いた状態と濡れた状態では髪の状態が大きく変わるため、毛量調整・細かなカットはウェットカットの方が難しくなります。

ウェットカットは、大まかにヘアスタイルのフォルムを作るときや、ワンレンやカットラインがはっきりしたような髪型にするときに用いられることが多いですね。


くせ毛にはドライカットとウェットカット、どちらが良い?

カット方法の選び方

ドライカットとウェットカットの簡単な説明とその違いについて説明しましたが、くせ毛の髪質の場合、どちらのカットの方が良いのでしょうか。

ドライカット・ウェットカットのメリット、デメリットを整頓しながら考察してみます。

ドライカットとウェットカットのメリット・デメリット

ドライカットのメリット

  • 美容室から帰って自分でヘアセットしやすい髪型が分かる
  • くせ毛のうねりを活かしたカットにできる

ウェットカットのメリット

  • 髪へのダメージが少ない
  • ドライカットより慣れている美容師さんが多い

ドライカットのデメリット

  • ウェットカットに比べてカットによる髪への負担が大きい
  • カットの時間がかかる

    ウェットカットのデメリット

    • 細かい調整ができない
    • 自分でうまくセットできなっかった場合、サロン帰りとイメージが異なる仕上がりになることがある
    • くせ毛、個性を活かすことが難しい

    ドライカットはスタイリングしやすい

    ドライカットのメリット1つ目は、普段の髪の状態を考慮しながらカットすることで、美容室から帰ったあと自宅でもヘアセットしやすい髪型に仕上げてもらえること。

    美容師さんが、普段の髪の状態を観察・判断し、お悩みの部分を解消できるようにカットしてくれます。

    ウェットカットだと髪のうねりや広がりが濡れている髪では分かりにくいことから仕上がりの状態とはどうしてもズレが出てしまいますね。

    ドライカットのメリット2つ目は、くせ毛のうねりを活かしたカットにできることです。

    ウェットカットではくせ毛のうねり具合が見えなくなってしまいますが、ドライカットなら本来のくせ毛のうねり具合を見ながらバランスのよいヘアスタイル作りが可能です。

    ドライカットは自宅での髪型を想像しやすい

    ウェットカットの一番大きなメリットは、カットの時のダメージが少ないことです。

    ドライカットは髪質を見極めながら最善の方法を考えつつカットしていくため、時間がかかるというデメリットがありますが、ウェットカットは手早く髪を切ることができます。

    髪質・ヘアスタイルにより異なりますが、上記のメリット・デメリットを踏まえると、くせ毛を活かして簡単にヘアセットができる髪型が作れるドライカットの方がくせ毛にはおすすめですね。


    くせ毛を活かしたショートヘアの髪型はドライカット向き

    くせ毛を活かす髪型にはいろいろなヘアスタイルがありますが、くせ毛を見続けてきた美容師がおすすめするのはショートヘア。

    ショートはくせ毛を活かしやすい

    くせ毛はショートヘアにすると広がりやすくうねりが強く出てしまうから避けてきた、美容室でショートヘアをオーダーしたら毛先が広がって大変だから止めた方が良いと言われた、なんて経験をお持ちのあなたへ。

    ショートヘアにするとくせ毛のうねりや広がりは出やすくなりますが、むしろそうした髪のうねりや広がりを活かした髪型こそ、くせ毛のあなただから選ぶことのできるヘアスタイル。

    ドライカットで全体的なバランスを取りながら普段の手入れ・スタイリングな髪型を作ってもらい、ヘアカット後はくせ毛に合ったスタイリング剤を使ってヘアセットをすることで問題は解決します。

    毎朝、時間のかかるヘアセットがぐっと楽になりますよ。

    パサパサ広がるくせ毛の髪は保湿できるワックスでスタイリング

    くせ毛をドライカットで仕上げてもらったら、ご自宅で毎朝のスタイリングについて考えなければなりません。

    ダメージに弱く乾燥しやすいくせ毛の髪はショートヘアにするとうねりが出やすく、傷んでいればすぐパサパサ・ボサボサになってしまいます。

    ショートでくせが広がりやすい理由

    ただ、そうした問題を解決できるスタイリング剤がちゃんとあるのでご安心を。

    くせ毛のお客様のカット・スタイリングを担当し続けてきた美容師が、そのお悩みをお伺いしながら、自身の経験・知識を活かしてプロデュースしたプリュムワックスはヘアセットをしながら、保湿・ヘケケアもできるスタイリング剤。

    傷みやすく乾燥しやすいくせ毛を保湿、ツヤ・まとまりのある髪に導くプリュムワックス

    保湿できるプリュムワックスだからパサつかずまとまりある髪へ

    保湿系ワックスで広がるくせもまとまる

    プリュムワックスはミツロウ・ホホバ種子油・アルガニアスピノサ核油といった天然由来の油分を配合。

    ダメージに弱いくせ毛や縮毛矯正で傷んだくせ毛も、うるおいを与えながらやさしい使い心地でスタイリングが可能です。

    プリュムワックスBeforeAfter

    ホホバ種子油やアルガニアスピノサ核油といった天然植物オイルは、髪馴染みがよく、乾燥で爆発しがちなくせ毛に髪の内部からしっとりうるおいを与えます。

    ミツロウは疎水性があるため湿気から髪を保護し、髪がうねるのも防ぐ効果も。

    プリュムワックスの成分はいたってシンプル、合成香料・合成着色料・パラベン・アルコール無添加で、敏感肌の方や小さなお子様のくせ毛さんにもお使いいただけます。

    ドライカットショートのくせ毛をスタイリングした後、余ったらそのまま手を洗わずにリップクリームやハンドクリームとしてお使いいただけるほど。

    ワックスと聞くとベタベタの手触りやにおいが苦手な方もいらっしゃいますが、プリュムワックスは極力べたつきを抑え、無香料・無香性でにおいもゼロ。

    さらりとした手触りに仕上がり、万が一髪型が崩れても少し水に濡らして手ぐしで整えればすぐに髪型を直せます。

    実際にご利用いただいたお客様からの口コミをいくつか紹介させていただきますね。

    とろける感触にハマったりんだ様からの口コミ

    正直言いますと、手肌のケアに良い感触が始めでした。
    冬になるとガサガサで大変な私の手指ですが、こちらのバーム?とろけるワックスが自然に肌に馴染んでくれます。
    髪も同様にパサつきがちなのですが、パール一個分くらいを手で髪の毛先やアホ毛の目立つ部分に馴染ませると、落ち着いてくれます。
    このとろける感触にハマってしまい、小分けの容器を複数持ち、浴室、自室、バッグの中、と常備している態勢です。
    スタイルキープの方も気になるので購入予定しています。
    ★★★★★ 2021年12月31日

    ベタつかないワックス、ミー様からの口コミ

    ワックスやオイルは何使っても痒くなるので諦めていましたが、こちらは本当に痒くなくて感動しました。
    匂いが全くないこともお気に入りです。
    不器用なので、前髪につけるとつけすぎて髪の毛洗ってないみたいになることが多かったんですが、こちらのワックスはべたつかず程よく束感が出てくれます。
    良いものに出会えて嬉しいです。
    これからもずっと使います。
    ★★★★★ 2021年6月1日

    商品詳細ページにはその他のお客様からの口コミ・体験談も掲載しています、ぜひご覧くださいませ。


    美容室に行く前にドライカット、ウェットカットどちらか確認しておきましょう

    美容室でのカット方法、ドライカットとウェットカットの違いとそれぞれのメリット・デメリットについて解説させていただきました。

    くせ毛の場合、濡れてしまうとうねる・広がるいつもの髪とは違う状態になってしまうこと、仕上がり後のくせ毛のうねりを活かした髪型作りをイメージしつつカットできるドライカットの方がおすすめです。

    これまで多くのくせ毛さんのカット・スタイリングを担当してきた美容師がうねりを活かした髪型としておすすめするのはショートヘア。

    くせ毛をショートヘアにするとうねりが強くなる、広がってしまってボサボサになりやすいのですが、保湿効果のあるワックスなら問題を解決できます。

    プリュムワックスを髪に馴染ませ、ヘアセットをすればサラサラ・ふんわりの女性らしいおしゃれなショートヘアの出来上がり。

    時間をかけずにドライカットで仕上げてもらった髪型をヘアセットできるのでぜひ一度、試してみてくださいね。

    次回の美容室選びはドライカット、ウェットカットのどちらを採用しているのかあらかじめ確認してから予約するようにしましょう。

    最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

    プリュムワックス 60g

    3,500円(税込)

    Pocket