「湯シャンではワックスが落ちない」そんな人へ!正しいシャンプー方法を解説

Pocket

髪や頭皮のために、湯シャンをしているあなた。

湯シャンでワックスが落ちるか気になっていませんか?

結論からお伝えすると、湯シャンをするならそれに合ったワックスを使うべき。

表参道原宿で美容師をしている僕は「湯シャンでも安心なワックスを作って欲しい」というお客様の声から、プリュムワックスを開発。

「湯シャンでスタイリング剤(ワックス)が落ちない」と悩んでいる方は、根本的に落とさなくても良い成分のワックスを使えばいいのです。

そこで今回は、湯シャンに最適なワックスと正しいシャンプー法を解説していきます。

湯シャンでワックスが落ちない?その原因とは

湯シャンをしている方の場合、一般的なスタイリングワックスを使うべきではないと僕は考えています。

頭皮の汚れはお湯だけでも8割が落ちるといわれていますが、ワックス成分を完全に落とすことはできないからです。

市販されているワックスのほとんどは「毎日のシャンプーで洗い流すこと」を前提として作られています。

ある程度の洗浄成分が含まれたシャンプーでないと、落とすことができないんですよね。

髪についたままだと、ゴワゴワ感や絡まり、髪の傷みの原因になってしまうことも。

ワックスの中には「マイクロクリスタリンワックス」という成分が9割以上の製品に配合されています。

この成分が「ワックスが湯シャンで落ちない」という原因になっているんです。

だからこそ、湯シャンをする方はそもそもの「ワックス選び」から考え直す必要があります。

ワックス(スタイリング剤)を落とすための正しい湯シャン方法

とはいえ「今使っているワックスをどうしても使いたい」「少しでも落とす方法はないのかな」と思い、この記事を読んでくださっている方も多いでしょう。

そこで、湯シャンでワックスをできるだけ落とす方法をお教えします。

まず、湯シャンでスタイリング剤を落としたい場合は、普段よりお湯の温度を1~2度ほど高くしてよくすすぐことが大事。

この「すすぎ工程」を丁寧に行うことで、ワックスの油分や成分を少しでも多く落とすことができます。

ワックスには油分がたくさん含まれているのですが、油分というものは水よりもお湯の方が圧倒的に落ちる性質を持っています。

普段の湯シャン温度が37度なら、ワックスをつけた日は39度で洗うといった工夫が必要です。

とはいえ、完全に落とすことはできないのでご了承ください。

また、湯シャンのデメリットとして「ホコリが付きやすい」という点があげられます。

ワックスなどのスタイリング剤を付けていると、さらにゴミやホコリが付着しやすい状態に!

そのため、湯シャン前のブラッシング(コーミング)は欠かすことができません。

ただ単にブラッシングをしても、静電気を帯びている状態では取れにくい。

湯シャンをしている方のブラッシングには、豚毛などの獣毛ブラシを使用することをオススメします。

プラスチックのブラシだと静電気が起きて余計に髪がホコリを吸着してしまうので、注意してくださいね。

湯シャンOKなワックスがある

本来であれば「お湯だけでは落ちないスタイリング剤」は湯シャン派の人には最悪の製品。

絶対に選ぶべきではありません。

湯シャンをするのであれば、市販の安価なワックスを使用するべきではないのです。

しかし、乾燥毛さんやくせ毛さんをはじめ、エイジング毛、ダメージ毛の方だと「何かつけて髪型をまとめたい」とか「何もつけないとパサつきが目立ってしまう」なんてことも。

そんな方にこそ、僕が開発したプリュムワックスをおすすめします。

プリュムワックスは、まさに湯シャンOKなスタイリング剤。

落とさなくても良い成分だけでお作りしているのです。

以下でご紹介するのは、地肌のために湯シャンをしながらも「スタイリング剤が落ちないのが嫌」という理由で、髪に何もつけていなかった女性です。

髪のキシみやパサつきが、非常に目立っていました。

プリュムワックスで仕上げると、湯シャンをしていてもここまでツヤやかな髪にまとめることができます。

湯シャンする方におすすめする理由

湯シャン派の方にプリュムワックスをおすすめするのは、以下の理由があります。

  • 洗い流さなくても良い成分だけで作っていること
  • お肌や髪に安全であること
  • 湯シャンによってキシむ、パサつく髪を保湿すること

湯シャンでワックスが落ちないのであれば「落とさなくていいワックス」を使えばいいという考え方です。

また、湯シャンを継続することによって出やすいキシみ、乾燥、ゴワつきは、適切な保湿ケアをすることで解消されます。

湯シャンのデメリットとしては髪が「裸の状態」になるということ。

一般的なシャンプーをはじめ、トリートメントやコンディショナーには髪の表面を覆う「コーティング成分」が含まれています。

しかし、湯シャンすることで、これらのコーティングがなくなるんですね。

そのため、外部からのあらゆる髪への刺激がダイレクトにダメージとなって、髪に襲いかかります。

湯シャンしている方にこそ、髪の保湿保護ケアをしっかり行って欲しいと僕は強く思っています。

特に、くせ毛の方は髪に何も付けないとパサパサしてしまったり、ボリュームコントロールが難しくなって、髪型が決まらないことがほとんど。

乱暴な言い方かもしれませんが…

せっかく地肌や髪の健康などを考えて「湯シャン」という努力をしているのに、結果的に見た目が悪くなってしまうのであれば「正直湯シャンなんてやらない方がいいのでは?」とさえ思ってしまうのです。

髪にも肌にも優しい成分

湯シャンしているときには、男性女性問わず、朝のスタイリング剤だけでなく「夜の保湿ケア」もしっかり行いましょう。

とはいえ、髪に何かつけたまま寝るのが苦手な人も多いですよね。

しかも「寝る前にワックスなんて髪や肌に悪そう」というイメージを持っていませんか?

そんな方にこそ、プリュムワックスがおすすめ。

僕が開発したプリュムワックスは、ワセリン、ホホバオイル、アルガンオイルなど化粧品にも使われるような優しい成分だけでお作りしています。

だから、お肌についても安心!

髪につけたまま寝ても、髪ダメージやゴワつき、肌荒れの心配もありません。

成分配合も絶妙なバランスを実現しているため、枕についてベタつくことも一切ないのです。

洗い流さなくていいワックスの魅力

プリュムワックスは、お湯で洗い落とす必要がありません。

優しく安全な成分だけでシンプルにお作りしているため、髪に成分が残っても違和感や害が一切ないのです。

湯シャンをしていると、指通りが悪くなったりキシみが気になってしまう方って結構多いんですよね。

このせいで「湯シャン」を辞めてしまう人も少なくありません。

プリュムワックスにはホホバオイルが配合されています。

そのため、湯シャンしている髪を適度に保護し、湯シャン特有のゴワつきやキシみを継続的に解消する効果が期待できるのです。

お客様の声

「ワックスはシャンプーで落とさないといけない」という考えは、一般的な市販ワックスに対してのものです。

しかし、僕が開発したプリュムワックスはそもそも落とす必要がありません。

 

これは実際に使っていただいたお客様もリアルに実感されています。

このように、使った方には実感していただける自信があります。

「ワックスが湯シャンで落ちてないかも」とお悩みの方は、ぜひこの機会にお試しくださいね。

あなたが湯シャンをする理由は?

さて。

そもそも、あなたが湯シャンをしている理由はなんでしょうか?

  • 頭皮の健康を気にしているから
  • 抜け毛が気になるから
  • 合うシャンプーがないから
  • 敏感肌、アトピーだから
  • 妊娠中だから
  • 髪がキレイになると聞いたから

湯シャンをしないといけない方は、さまざまな理由があるでしょう。

共通していることは、今よりも健やかで美しい自分になりたい。という想いだと思います。

ちなみに、美容師である僕自身も半年以上シャンプーをせず「湯シャン」だけで過ごした時期がありました。

「本当に髪と地肌に良いシャンプーを開発するため」に行ったものです。

シャンプーは本当に必要なのか?

それとも、湯シャンの方が良いのか?

この部分を自分自身で見極めるために、湯シャンを継続してみたんです。

要は、身体を張った実験。

半年間シャンプーを使わず、徹底的に湯シャンをして思ったことは「たまにはシャンプーしたい」という本音でした。

やはり、湯シャンだけだと頭皮汚れが全て落ちきらない感覚があったからです。

湯シャン派でも使えるシャンプー

湯シャンでは、頭皮汚れが完全に洗い落とせない。

さらに、ワックスなどのスタイリング剤も残ってしまう。

かといって、頭皮に優しいといわれている「石鹸シャンプー」では、湯シャンに比べてかなりきしむのが難点ですよね。

そこで僕は、普段湯シャンしている人でも使えるシャンプーを開発しました。

それがプリュムシャンプーです。

これも全てお客様の声、ご要望から生まれたもの。

もちろん、僕の湯シャン体験も活かしております!

湯シャンからシャンプーに切り替える目安は、

  • 髪や頭皮がベタついてペタンとしてしまう
  • 髪がパサついて傷んで見えるようになった
  • 手グシが通らなくなった
  • 毛先がバサバサでまとまらない
  • 市販のスタイリング剤を使用した

これらのサインがポイントとなります。

頭皮はゴシゴシ洗うのはNG。

髪の毛に泡立てたシャンプー剤をつけて、包み込むようにモミ洗いしましょう。

または、泡立てネットで泡を作って髪をモミ洗いするのも良いですね。

皮脂は洗いすぎてはいけないので、絶対にゴシゴシ洗いは避けてください。

仕上げのトリートメントは、きしみが気になるところだけ(毛先、中間)に馴染ませましょう。

頭皮付近には必要ありません。

そもそも湯シャンのメリットとは、ざっくりいうと「頭皮に優しい」という点。

一般的なシャンプーには、石油系の界面活性剤が多く含まれているため、頭皮に負担がかかると考えられているからです。

頭皮にとって一番良いうるおい成分は、自分の体から出る皮脂。

強い洗浄力のシャンプーは、この「皮脂」を取りすぎてしまうため湯シャンが流行っているのです。

しかし、くせ毛やダメージ毛、エイジング毛などの髪質の場合には、湯シャンすることで髪がパサパサになってしまう方も少なくありません。

だったら、髪やお肌に優しい成分だけで「皮脂を適度に残すシャンプーを開発すればいい!」と思い、作り上げたのがプリュムシャンプー&トリートメントなのです。

お客様の口コミ

実際に、アトピー肌や敏感肌が原因で「肌が荒れるから湯シャンをしていた」というお客様からも…

「プリュムシャンプーだけは使えました」との嬉しいご報告をいただいております。

また、湯シャンを継続されている方でも2週間に1回、または1か月に1回などの頻度で「シャンプー洗髪」を取り入れましょう。

頭皮に蓄積した汚れや、髪についた余分な汚れをリセットすることができます。

特に抜け毛やフケが気になる方は、頭皮環境が悪くなっている可能性も否定できません。

プリュムシャンプー&トリートメントは、そんな頭皮・髪を健やかに保つ成分を厳選して凝縮しているため、自信を持ってオススメします。

まとめ

「湯シャンではワックスが落ちない」というお悩みは解消されましたでしょうか。

湯シャンにはどうしても「きしむ」「ごわつく」といったお悩みがツキモノ。

そして、髪の汚れはもちろんのこと頭皮の汚れも完全には落とすことができないため、ベタつきなどのトラブルも出やすいんですよね。

上記のようなお悩みで湯シャンをやめたくなってしまっている方をはじめ、髪・頭皮を健やかに保ちたい方にこそ、プリュムワックス、プリュムシャンプー&トリートメントをお試しいただきたいと思います。

今回の記事をお読みいただき、もし何か質問や疑問などございましたら、公式LINEにお友達登録いただきメッセージをお寄せください。

24時間365日受け付けておりますので、お気軽にLINEくださいね!

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

美容師が開発した毎日できる髪質改善

“使うたび美髪に導く”
傷んだ髪、くせ毛、バサついた髪、うねり、を改善する。
美容師が監修したヘアケア商品はこちら。

公式プリュムヘアケアオンラインはこちら