美容室でやり直しをお願いするのは嫌な客と思われる?

Pocket

こんにちは、原宿マンツーマン美容師の戸来です。

コラムを書かせていただいております。

美容院が嫌いになってしまう人の気持ちがよくわかるので、今でも一人で切り盛りして、完全個室空間を作って維持をしています。

上記のお客様はカットだけさせて頂き髪の毛の長さ自体はほとんど変えなくても毛量調節とデザインの変更だけで顔、頭の大きさが変わって見えるのではないでしょうか?

どんなヘアヘアよりもカットや毎回のカラーなどの施術が大事と考えております。

さてこの記事では

美容室のやり直しについてです

嫌な客だと思われてしまうのではないのか?と余計な心配をしていませんか?

僕たち職人にとってあなたしかわからない、視覚的に感じることができない日々の髪の毛の状態を教えて頂けるってありがたいことであります。

カット後、お客様ご自身で最適な髪型を再現することができなかった、などがないようにしていきたいんです。

お客様は三カ月から二か月周期でカットをしに来てくれます。

一か月頻度でカットをしなくてはいけないカットはしないように心がけています。

縮毛矯正やパーマなどの失敗、お直しについてくるトリートメントって?

ちなみにカラーや失敗をしたからと言って「トリートメントを無料でします」これは全く意味がないことです。

美容師として、せめてもの償いを・・・という気持ちはとてもわかります。

しかし、トリートメントで髪の毛に栄養を与えてもまったく効果がなく、失敗自体は直りませんよね。

失敗をしたお詫びにトリートメントをさせて頂くというのはなんの意味もないのです。

ここでカットやカラーやパーマを失敗してしまったときにどう対応をしてくれるのか?が問われますよね。

そこの美容室次第ではありますがカットの場合99%の確立でやり直しをしてもらえます。

しかし失敗をしてしまったからと言ってやり同じ担当者さんにお直ししていただくことは大変危険なことであります。

すべての施術に言えます。

パーマや縮毛矯正の失敗のお直しは特にです。

都内では今ビビり毛直しという施術をする美容院が多くあり、ストカールの失敗も多く相談を頂きます。

ビビり毛直しではなくカットでできるだけ誤魔化す

MAX戸来プリュムワックスの使い方

beforeだけをご覧ください。

前回の美容院でパーマを失敗してしまった40代ほどの女性を紹介します 。

なぜパーマをここまでなってしまうほどしないといけなかったのでしょうか?

それは骨格やペタンとする髪の毛を何とか誤魔化すためとのことでした。

今回はできるだけ髪の毛の長さを変えないでカットだけにしました。

お直しをしたところでその髪型は可愛いのか?

パーマは同じところに何度もかけてしまうとビビり毛になってしまうし無理にかけたとしてもそのカールが美しいのか?と聞かれたらほとんどの確立で一度失敗をしてしまった髪の毛のパーマをやり直すことはオススメしません。

縮毛矯正も同じですが失敗をしてしまいまた同じところにかけてしまうのはまた傷めめてしまうので危険なんですね。

「失敗をした美容院でお直しすることが嫌だ」 また同じ失敗をしてしまう危険性があることから美容院を変える方もいらっしゃるかもしれませんね。

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

美容師が開発した毎日できる髪質改善

“使うたび美髪に導く”
傷んだ髪、くせ毛、バサついた髪、うねり、を改善する。
美容師が監修したヘアケア商品はこちら。

プリュムヘアケアはこちら

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください