美容室は緊張する、そんなあなたへ美容師からのアドバイス

美容室で緊張しない方法、心がけるべきことは?
Pocket

髪が伸びてきたので美容室に行かないといけない、でも毎回どうしても緊張するから苦手、というあなたへ。

ガチガチになっていては思ったようなヘアカットのオーダーもしにくいですよね。

このページでは美容師が、美容室に行くと緊張する、どうすればリラックスできるかわからないあなたへアドバイスをさせていただきます。

おしゃれな髪型、パーマやヘアカラーなどいろんな選択肢のある美容室。

思い切ってショートにしてみたい、SNSで見た芸能人やモデルさんみたいなヘアスタイルを試したいと思いつつも、いざオーダーになると緊張してしまい希望がうまく伝えられないこと、ありませんか?

このページ最後までお付き合いいただければ、リラックスして美容室でのヘアカットやその他の施術を受けていただけますよ。

プリュムシャンプー

はじめての美容室、実は美容師であっても緊張します

美容室で緊張するイメージ画像

美容室に対して苦手意識があると、決して大げさなことではなく緊張からこんなことになるお客様もいらっしゃいます。

  • 身体が震えてしまう
  • 吐き気が襲ってくる
  • 汗が止まらなくなる

その結果、以下のような問題が起こることに。

  • 美容師さんとうまく話せない
  • オーダー方法が上手にできない
  • 緊張するせいで理想の髪型を伝えられない
  • 美容室に行くと毎回疲れ果ててしまう

せっかく髪のおしゃれを楽しんでいただく美容室にご来店いただいているのに、緊張しすぎてしまって希望する髪型をうまく伝えることさえできず、なんとなくお任せでオーダーしてしまう、そういう経験、あったりしませんか?

もっとリラックスして、気軽に希望するヘアスタイルなどを相談して楽しんでくださいね、と言いたいところなのですが…実は、美容師もはじめての美容室だと緊張してしまいます。

美容師が美容室に行っても緊張する

普段、美容師をしていても別の美容室ではじめての美容師さんに担当してもらうときは、よほど肝が据わっている人でないかぎり緊張するものです。

どんな美容室なのか、どのような美容師さんなのか、カット方法や技術はしっかりしているのかなど、考え出したらキリがありません。

どうすればリラックスして美容室で希望通りのオーダーができて満足のいくヘアスタイルにできるのか、解説していきますね。

美容室で緊張する理由、美容師さんに話しかけられたら何を言えばいいか迷う

美容師さんとのコミュニケーションで悩む

美容室に行くと、担当する美容師さんにどんな髪型にしたいかなどを伝えるため、コミュニケーションを取らなければなりません。

しかし、真面目な性格だったり心配性だったりすると、美容師さんに質問されたらどう受け答えすれば良いのかあれこれ考えて緊張してしまいます。

あらかじめ美容室のホームページやブログを見たり、Yahoo知恵袋を見たりなどのイメトレをして、会話内容のシミュレーションをしたり。

この手のことは考えれば考えるほどキリがなく、美容室に行く前からガチガチに緊張する原因になってしまいます。

美容師さんと何を話せばいいか、なんて考えなくていいんです。

調べておくべきことはどんな髪型にしたいか、どんな髪型だとイヤなのか、これらをハッキリ決めておくようにしましょう。

当たり前のことなんですが、美容室で一番大切なのはどんなオーダーをするか、です。

それ以外の世間話は全然しなくても大丈夫、静かに黙って雑誌を読んだり、スマホで自由にゲームをしたりしていても問題ありません。

話すのが苦手なら、美容師を予約するとき、または美容師さんが担当についたときに「話すのがあまり得意ではありません」とはっきり伝えましょう。

お話好きな美容師さんもいますが、話すのが苦手と分かっているお客様に世間話をあれこれすることはありません。

最近では、美容院のネット予約の際に「備考欄」へ会話の有無の要望を記入できる便利なシステムもあります。

美容室で美容師さんとの会話や相槌、笑顔をつくることが苦痛に感じるのであれば、無理をしなくても全然OKですよ。

お客様であるあなたが、せっかくヘアカットやその他の施術で髪のおしゃれを楽しみにご来店されているのに、余計なストレス・緊張を感じる必要は一切ありません。

大切なのはヘアカットやパーマ・ヘアカラーなどの施術に関するご希望をお伝えいただくことです。

美容室でのオーダーがいつもうまくいかないなら、失敗しない方法を別ページで紹介していますので読んでみてくださいね。


美容室で緊張しないためにはどうすれば良い?

美容室で緊張しない方法

美容室に行くと毎回緊張してしまう、そんなあなたへ現役美容師である僕(自分も美容室に行くとすぐ緊張する)が美容室で緊張しない方法をアドバイスさせていただきますね。

緊張することなく美容室での施術を受けるためのポイントは以下の2つ。

  • 通いなれた美容室で信頼できる美容師さんに頼む
  • 美容師さんに簡単に伝えられるよう、髪型オーダーの準備をしておく

この2つのポイントについて詳しく説明します。

会話や雰囲気を探るよりもあなたの髪を任せられる美容師を探す

信頼できる美容師

すでにお話させていただきましたが、美容室で絶対に必要な会話は髪型オーダーに関することだけ、です。

ヘアスタイルに関わる内容以外は無理に話すことも緊張してまでコミュニケーションを無理に取る必要もありません。

初めての美容室だと、どんな雰囲気なのか気になってしまい緊張しないようにしように意識しても多かれ少なかれ緊張するのは当たり前です。

平然と鏡の前に座っているように見える他のお客様も、誰しも美容室にいるときは少なからず緊張していらっしゃいます。

あがり症で緊張しやすい、はじめましての美容師さんだと緊張して気疲れしてしまうなどの場合は、同じ美容室に通い続けた方が良いですね。

最初こそ緊張するものの何度か通ううちに会話しやすくなるだけでなく、髪質や好みを理解してもらえるメリットもあります。

一人だから緊張してしまうなら、中学生や高校生なら友達同士で誘い合って一緒に美容室に行くのも良いですよ。

また美容師さんとの会話でどうしても緊張してしまう場合には、美容師さんとの相性があまりよくない可能性も。

美容師も一人の人間です、相性が良い悪いはどうしてもあります。

相性が良ければ不思議とリラックスして緊張しないこともしばしば。

異性の美容師さんとは話しにくい、男性スタッフにシャンプーされるとすごく緊張するなど、美容師さんが男性か女性かでも、あなたの緊張レベルが変わることもありますね。

同性の美容師さんの方が緊張しないで過ごせるなら、予約の際に同性の美容師さんを指名するのも美容室で緊張しない方法のひとつです。

都内のおしゃれな美容室だと入るのが苦手で緊張してしまうなら、最寄り駅や近所のアットホームな美容室で髪を切ってもらうのもおすすめですよ。

あれこれ考えすぎず、あなたの希望をしっかり伝えるようにしましょう

美容師はお客様のご要望に答えるのが基本姿勢

希望する髪型が似合うかどうか迷うのは大切ですが、美容師さんとの会話内容まであれこれ心配してしまうのは美容師視点で言うと考えすぎと言わざるを得ません。

美容師としてお客様の髪質や状態、ダメージ具合などはしっかり拝見しますが、それ以外の容姿やファッション、性格などに対してダサいとかめんどくさいなんて一切思うことはありません。

あれこれ不安を抱えず、過度に緊張しないで安心して美容室にご来店いただき、楽しい時間を過ごしていただければと願っています。

大事なことなので何度も繰り返しますが、美容室でなにより大切なのは「希望する髪型を正確にオーダーすること」

緊張するせいで、いつも上手にオーダーできないなら、美容師さんに伝えるために希望の髪型・ヘアスタイルの画像・写真を準備をしておくのも、美容室で緊張しない方法のひとつ。

細かく口頭で説明するよりも、ヘアスタイルの写真を美容師さんに見せてしまう方が、間違いや失敗が起こりにくいのでおすすめです。

美容師さんとどんなことを話せばいいのか、そんなことで頭の中をいっぱいにして美容室へ行くよりも、画像や写真をいっぱい用意していった方が圧倒的に楽しく希望の髪型にしてもらえる可能性も上がるというもの。

そもそも、美容院はあなたのヘアスタイルを可愛く、かっこよくしてもらうために行く場所。

髪の毛に関すること以外、例えば美容師さんとの会話の準備などをしなくてもまったく問題ありません。

美容室で緊張するせいでいつも思い通りの髪型にならない場合は、希望する髪型の画像・写真だけでなくこれだけは絶対に嫌な髪型の画像も用意しておきましょう。

  • この長さまでは切りたくない
  • こんなデザインのヘアスタイルは好きじゃない
  • カラーはここまで明るされたら嫌だ

避けたいヘアスタイルを写真で見せれば、オーダーによる失敗を減らせます。

伝え方が上手にできるか不安という緊張もしなくて良くなるので、美容室で緊張しがちなら写真・画像を使ったオーダー方法を取り入れてみてくださいね。

もうひとつのお悩み、着ていく服装やメイク・持ち物について

もうひとつ、美容室に通うときのお悩みについてお伝えしたいことがあります。

美容室に行くのに緊張してしまう理由に、美容室へ行くときの服装やメイク、持ち物などに迷ったりしていませんか?

ダサいお客さんが来たと思われたくないとか、美容師さんはみんなおしゃれな人が多いからラフな普段通りの恰好だと恥ずかしい、など以下のようなことでお悩みになることも。

  • 普段よりもいいモノを身につけないとダメ
  • 美容院に行くときはキレイ系のファッションをしないといけない
  • 時間をかけて、丁寧なメイク方法をしないと恥ずかしいかも

これらの不安から考えすぎてしまい、美容院へ行く前から緊張してしまうあなたへ。

美容室に行くときは全然、普段通りのあなたで大丈夫。

むしろ、いつも通りの服装やメイクのまま美容室に行った方が、毎日のファッションに合う髪型やデザインに仕上げてもらえる可能性が高まるのでおすすめ。

美容師さんはあなたの髪質をしっかり見極め、ヘアカットやデザインを決めると同時に、服装やメイクなどもチェックしながらあなたに似合う髪型に仕上げます。

美容室に行くときだけ特別なファッション・メイクで行くと美容師さんはそちらに合わせてしまうため、いつものあなたの好み・テイストからズレてしまうことも考えられます。

普段の恰好で良いとはいえ、部屋着やジャージなどのラフすぎる服装でも同じことがいえるためおすすめできません。

  • ダサい客だと思われたくない
  • 肌が汚いと思われたくない
  • メイクが下手だと思われたくない

これらで悩む必要なし、あくまでいつものあなたを意識して美容室に行くときの服装・メイクを決めてくださいね。

また、やってみたい髪型が決まっているのであれば「なりたい自分」や「イメチェンした理想の自分」をイメージした服装やメイクで美容室に行くのも良いでしょう。

「変わりたい」「自分を変えるんだ」と思っている場合は、これまで通りではなく理想の髪型に合うファッションで美容院へ行くことをおすすめします。

その方が、担当した美容師さんも「あなたにピッタリの髪型デザイン」や「カット方法」を提案してくれるはずですよ。


せっかく美容室に行くのに緊張してしまうあなたへ

美容師でも初めての美容室は緊張してしまいますが、お客様を担当する場合にはできるだけ緊張せずリラックスしてもらいたいと思っています。

希望するおしゃれな髪型を目指すためにはこれまでどんな髪の施術を受けてきたか、髪質はどのようなものかなどなど、美容師として聞きたいことはたくさんあるのですが、お客様が緊張しているとなかなか情報をもらうことも簡単ではありません。

話すことが苦手な場合にはご予約や最初に美容師さんがついたときにはっきりと会話が得意ではないことを伝え、希望する髪型とこれだけはイヤな髪型の画像を用意しておいてくださいね。

美容室で大切なのは美容師との会話やその日に着ていく服装・メイクではなく、どんなヘアスタイルにするか、オーダーを正確に伝えること。

ヘアカット・施術後に失敗したなあ、と感じていただくことがないようにするためにも、このページの情報をぜひ、お役立てくださいませ。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

Pocket