美容室でのヘアカットやパーマ・ヘアカラーで失敗したら返金してもらえる?

公式オンラインストアはこちら 美容室でのヘアカットやパーマ・ヘアカラーで失敗したら返金してもらえる?
Pocket

髪が伸びてきたので美容室でヘアカットしてもらったものの、どうも自分がイメージしていた髪型とは違う仕上がりになったことありませんか?

パーマやヘアカラーなどの施術で失敗すると髪がチリチリになったり、色ムラが出たりしますが、その場合、美容室は返金してくれるのでしょうか?

このページでは美容師が、ヘアカットやパーマ・ヘアカラーで失敗した後に美容室は返金対応してくれるのかどうかついて解説しています。

おしゃれなヘアスタイルに変わっているはずが、なにかイメージとは違う、パーマやヘアカラーならお直しできますが、ヘアカットで切りすぎていたら復元はできません。

そんなときに美容室はどのような対応をしてくれるのかご案内します。

ぜひ最後までお読みいただき、万が一の失敗があったときに備えて、美容室での施術の失敗後の対応について知っておきましょう。


仕上がりがイメージと違う!ヘアカットやパーマ、ヘアカラーの失敗と返金について

美容室でヘアカットやパーマ・ヘアカラーなどの施術を受けて、その仕上がりが失敗だった場合に返金対応をするかどうかについてですが、明らかに美容師さんのミスであれば返金対応をしてくれる美容室が多いです。

ただ、仕上がりが失敗だったというよりも、オーダーには近づけたものの、出来上がりが気に入らない、という場合はお直しするのが一般的。

返金というのは最終手段であって、せっかくご来店いただいたお客様に少しでもご満足していただけるよう努力したいのが美容師の本音です。

そもそも美容室でのヘアカットやその他の施術で失敗しないため、予め準備しておくべきことを紹介していきますね。

美容室でのヘアカットやその他の施術の失敗を防ぐために必要なこと

技術力が不足していたり、経験が足りない美容師さんが担当することでヘアカットやその他の施術を失敗することは基本的にありません。

というのも、美容室を運営している人はそんな未熟なスタッフをお客様の担当に据えればお店の評判に直結してしまいます。

ではお客様のカット・その他施術を担当する美容師さんに技術・経験もあるのになぜ、失敗することがあったり、満足できない・気に入らない髪型になったりしてしまうのでしょうか。

それは、ヘアカットのオーダー時にどんな髪型にしたいか、またどんな髪型にはしたくないのかを伝えられていいないことが1つの理由として挙げられます。

どんな髪型にしたいのか、希望するイメージを予め用意しておくと良いですよ。

例えば、インスタなどのSNSで見つけた女性芸能人やモデルさんの髪型などの画像を保存しておき、オーダーするときに美容師さんに見せてあげてください。

その画像を元に、できるだけ近いヘアスタイルに仕上げてくれます。

これ以上は切ってほしくない、こういう髪型は嫌だというイメージも重要

美容室でのヘアカットのオーダー時に希望する髪型のイメージを用意することはあるものの、逆に髪の長さはこれ以上は短くしたくない、こういうヘアスタイルは避けたい・辞めたいというお話はあまり出ません。

髪が傷んでしまって維持するのが難しくなってしまい、思い切ってショートヘアにチャレンジしようとするときはカットしても良いと思える限界の長さを予め決めておきましょう。

一度カットしてしまった髪は伸びるまで時間がかかります。

切ってしまう前に、最低限この長さは維持したいという限界を美容師さんに伝えてあげてくださいね。

希望する髪型の画像を見せる場合、髪質によっては美容師さんが良かれと思い、少し違うヘアスタイルに仕上げることもあります。

髪質というものは基本的に変わらないものなので、美容師さんによって差はあるものの、似たようなヘアスタイルを提案されることが多いはず。

その中で、自分が実際にカットしてみたものの似合わない、または好きではないヘアスタイルがある場合も美容師さんに伝えましょう。

施術後に失敗した、思っていたのと違ったと感じる可能性をぐっと減らすことができます。


実際に失敗、または気に入らない髪型になってしまったときの対処法

希望する髪型・ヘアスタイルをうまく美容師さんに伝えることができず、施術後の髪型が失敗、またはどうしても気に入らない場合はどうすべきでしょうか。

美容師さんにどのように伝えて対応をしてもらうと良いか、紹介しますね。

気に入らないのに我慢はしないこと、具体的に何が問題なのか説明しましょう

施術後、出来上がったヘアスタイルを見たもののどうしても気に入らない。

そんなときに引っ込み思案なお客様だと我慢してしまわれることもあるかもしれませんが、それは絶対だめです。

髪が伸びるまで気に入らない髪型を続けることはお客様にとってもストレスですし、美容師としても満足していただけない髪型をそのままにするのは心残り。

違和感を感じたら素直に美容師さんに伝えてくださいね。

ただし、なんとなく気にいらない、というのでは美容師さんもお直しなどの対応ができません。

カット・施術後の髪型を見て、なにがどのように気に入らないのか、できるだけ具体的に説明しましょう。

美容室から帰宅して翌日のヘアセットで気になった場合は?

美容室でのヘアカット後には美容師さんがスタイリングもしてくれるので基本的にはご満足いただけます。

しかし、帰宅した次の日、いざ朝からヘアセットをしようと思ったらどうにも気に入らない部分が出てきた、そんな場合に美容室でお直し等の対応はしてもらえるのでしょうか。

この場合はミスであればお直ししてくれるところが多いものの、アレンジがうまくいかないから気に入らないという理由だと無料でお直ししてくれるかどうかは美容室次第になります。

せっかくご来店いただいたお客様にもう一度ご利用いただくため、なによりご満足していただくために美容室・美容師さんも対応してくれるはずですが、こればかりは美容室次第。

これまでヘアカットや各種施術を受けたあとに気に入らない部分が多く、お直し等する機会が多いのであれば、予め美容室にそうした対応をしてもらえるかどうかお話ししておくと良いでしょう。


美容室でのヘアカットや施術の失敗による返金やお直しなどの対応、まとめ

美容室でのヘアカットやパーマ、ヘアカラーなどの施術は失敗することがないように技術・経験のある美容師が担当して、ご来店いただいたお客様にご満足いただくことが何より大切です。

施術後に違和感があるにも関わらず、我慢をしてしまわれるよりも、ご不満な点を率直に伝えていただく方がお客様にとっても、美容室・美容師にとっても良いですね。

美容室に行く前に、予めご希望の髪型とやりたくない髪型・ここまでなら切っても良いという限界を決めておいていただくとそうした失敗・ご不満が出る機会もぐっと減らせます。

またもし気に入らないヘアスタイルになってしまったら、どの部分がどのように嫌なのかを具体的に美容師さんに伝えてくださいね。

お直しすることであなたの希望していた髪型に近づけることが出来れば、あなただけでなく美容師さんもとっても幸せになれます。

技術も経験もある美容師さんでも人間ですから、失敗は起こりえるもの。

そのときにお直しで対応させていただければ次へとつながりますが、返金での対応となると再度その美容室に行くことが難しくなってしまいます。

ミスしてしまった部分をお直しで改善できるのであれば、そちらを選ぶようにしましょう。

Pocket