美容室でのオーダーのコツ、失敗しない頼み方を美容師が解説

美容室でのオーダーのコツ、失敗しない頼み方を美容師が解説
Pocket

「話すのがあまり得意ではなく、美容室で上手にオーダーするコツがわからない」

「自分に似合う髪型がわからない場合は、どんな頼み方をすればいいんだろう」

このような美容室でのオーダーに関するお悩みありませんか?

せっかくキレイになりたくて美容室に行ったのに、イメージしていた髪型とはまったく違う仕上がりにされたり、カットやカラーが失敗するとガッカリですよね。

実は、あなたが「なりたい髪型」をしっかり伝えたつもりでも、美容師さんにはオーダーが正確に伝わっていないケースも多いのが事実!

しかし、たった3つのオーダーのコツをおさえるだけで、美容室で失敗するリスクを激減させることが可能なんです。

今回は現役美容師からのリアルな視点で、美容室で髪型をオーダーする際に欠かせないコツを解説。

ヘアスタイルを変えて垢抜けたいときの「失敗しないオーダーのコツ」をはじめ、ロングからショートやボブに髪を切る時の頼み方のコツもご紹介します。

3つの美容室でのオーダーのコツを紹介します

美容室でオーダーする時に気をつけること

髪型の頼み方のコツがわからない女性にとっては、緊張したり不安を抱えたりしながら美容室での施術を受けてしまうこともあるはず。

しかし、せっかく時間とお金をかけて美容室に来ているのに、モヤモヤした気持ちのままカットやカラー、パーマをしてもらうなんて勿体ない!

ましてや「希望していた髪型にならなかった」とか「失敗されちゃったけど言い出せない」なんて結果になったら、美容室に行った意味がありませんよね。

でも大丈夫。

ちょっとしたコツを押さえるだけで、簡単にあなた好みのヘアスタイルを手に入れることができます。

美容室でオーダーを失敗しないコツは以下の3つ。

  • 絶対になりたくない髪型、長さを伝える
  • なりたい髪型の写真を見せてシルエットや雰囲気を伝える
  • カラーは髪色の明るさ、暗さを的確にオーダーするのがコツ

上記の「頼み方のコツ」を覚えておくと、美容室のオーダー時に失敗するリスクをぐんと減らすことができますよ。

まずは、これら3つのコツについて詳しく解説していきましょう。

似合う髪型がわからない場合も、これだけは嫌だと思うものを伝える

美容室での頼み方

理想の髪型のイメージが決まってないとか、似合う髪型がわからないという場合でも「これだけは絶対に嫌だ」という髪型や長さを伝えることが大事。

例えば以下のように具体的な内容を、担当の美容師さんにしっかり伝えましょう。

  • ショートにしたいけど、襟足が短い髪型はボーイッシュになりすぎるから嫌だ
  • 前髪は伸ばしているから絶対に切らないで欲しい
  • ロングヘアが好きなので、この長さより短くしたくない
  • 可愛いボブになりたいけど、毛先がはねてセットが大変になるのは嫌

このように「自分が絶対に譲れない髪型のこだわり」を、美容院では正直に話すようにしましょう。

髪型の印象を大きく左右する要素は、前髪と全体の長さ、雰囲気、髪色、デザインです。

「言葉では上手にオーダーする自信がない」という女性は、なりたい髪型の画像や写真だけでなく「なりたくない髪型の写真」を見せる頼み方もおすすめです。

また、美容室では自分のコンプレックスも包み隠さずに、きちんと相談しながらオーダーするのが「理想の髪型」になれるコツ。

エラ張りや面長、ハチ張りなど「ヘアスタイルで上手に隠したいコンプレックス」は、カット前のカウンセリング時に恥ずかしがらず伝えてくださいね。

「注文が細かいお客さんだな」と、美容師さんから迷惑に思われることはありません。

美容室でどう思われるかなんて心配せずに、遠慮なく何でも話すことが美容院でオーダーを失敗しないためのコツですよ。

美容室で写真を見せて希望するシルエットを見せるのもオーダーのコツ

シルエットが好みの写真を見せると良いでしょう

美容室で失敗しないオーダーの2つ目のコツは、希望するヘアスタイル、なりたい髪型の写真を美容師さんに見せること。

女性のなかには、美容師さんと会話することがどうしても苦手な人もいるでしょう。

そんなときは、口頭で説明するオーダーの仕方よりも「理想の髪型の写真」を見せてしまう方が、仕上がりの失敗をより避けられます。

日本語はニュアンスがとても繊細な言語なので、同じ言葉でも人によって受け取り方が大きく違うことも。

一生懸命に言葉で伝えようとして失敗するより、ヘアスタイルの画像を見せてしまった方が細かいニュアンスも正確に伝わります。

なりたいシルエットを希望するなら写真を見せよう

「この髪型のシルエットではなく、こんな感じのシルエットにしてほしい」と髪型写真で説明した方が、オーダー時に間違いが起こりにくいです。

実際、同じ長さでも「切りっぱなしのボブ」なのか、それとも「レイヤー(シャギー)が入っているショートボブ」なのかという少しの違いでも、髪型の雰囲気や仕上がりデザインがまったく異なります。

さきほど解説した通り、美容室で髪型をオーダーする場合には「こんな髪型になりたい」という情報はもちろんのこと「これは絶対に嫌だ」という情報が欠けていると、失敗するリスクが高まるため注意しましょう。

美容師側も「お客様がどのようなヘアスタイルを希望しているのか」とか「嫌いなデザインは何だろう?」など、曖昧な状態でカットしてしまうと失敗しやすいです。

美容室での失敗は、お互いに思い描いているヘアスタイルのイメージに「相違」が生じたときに高い確率で起こります。

もちろん美容師さんは髪のプロではありますが、エスパーではないので「お客様の心を読める特殊能力」は持ち合わせていません。

そのため、お客様からのオーダー情報が少ないと「どんな髪型に仕上げれば満足してもらえるのか」がわからないのです。

本来であれば、美容師側からしっかり確認すべき内容ではあります。

しかし、お互い「オーダーを伝えたつもり」「わかったつもり」のまま、カットやパーマ、カラーなどの施術をスタートしてしまうケースも少なくありません。 

バッサリ髪を切る時の頼み方は、間違いが起らないように慎重にかつ詳細にオーダーすることをおすすめします。

カラーの仕方は希望の色より濃く・薄くしないようにオーダーする

カラーの正しいオーダー方法

美容室でカラーをオーダーする際には、理想の髪色明るさを詳細に伝えることも失敗しないための大事なコツ。

  • 髪色はこれよりも明るくしないで欲しい
  • 色落ちが早いから少し暗めに染めてもらいたい
  • 暗すぎない7レベルの明るさが好き
  • 赤みのある髪色は好きじゃない
  • 褪色したときに黄色くなるカラーは嫌い

上記のように、具体的なカラーオーダーを心がけましょう。

ちなみに「髪色を暗くしてほしい」「色を濃くしてほしい」は、同じ意味であると解釈する美容師さんも少なくありません。

あなたが「今のピンク系カラーを強くしてほしい」という希望で「色を濃くしてほしい」とオーダーしたときに、髪色を暗くされてしまうケースもあるため注意しましょう。

カットやパーマと同様、カラーに関しても「できるだけ具体的なオーダー」をすることが、美容室での失敗を予防するコツです。

可能であれば、理想としている髪色や明るさの「髪型写真」を美容師さんに見てもらうのがベスト。

カラーチャート

インナーカラーグラデーションカラーなどのデザインも、口頭でオーダーするよりも「髪型写真」で伝えた方が間違いないでしょう。

また、美容室に用意してあるヘアカラーのトーン表を美容師さんと一緒に確認しながら、希望の髪色をオーダーするのもおすすめです。

技術とセンス、経験を持っている美容師さんであれば、あなたの希望や好みをしっかり汲み取って「理想の髪色」に仕上げてくれるはずですよ。

好きな芸能人の髪型を伝えるのも美容師への頼み方のひとつ

芸能人の髪型も参考にしよう

思い切って髪型を変えてイメチェンしたいけれど「どんなヘアスタイルにすればいいかわからない」「なりたい髪型が決まってない」なんてことも多いでしょう。

そんな場合には、あなたが好きな芸能人の髪型を美容室でオーダーするのもおすすめ。

特に「メンズ受けのいい髪型にしたい」という女性なら、男性ファンが多い女性芸能人の髪型を参考にしてオーダーするのも良いでしょう。

今よりもっと垢抜けたい!可愛くなりたい!

でも、髪型のイメージが決まってないという女性にはおすすめの頼み方です。

女性芸能人のinstagramや人気髪型ランキングなどの画像を参考にするのも、おしゃれなヘアスタイルに仕上げてもらうためのコツ。

2021年、2022年などの近年は「芸能人がSNS投稿している髪型写真」を美容室で見せて、オーダーする女性も実際かなり増えています。

「でも、美容室で芸能人の写真を見せてオーダーするのって、なんだか恥ずかしい…」

このような女性も少なくありません。

しかし、美容師さんはプロですし、普段から芸能人やモデルさん、ヘアカタログなどの髪型写真をもとにオーダーされるのは日常茶飯事。

美人で人気な芸能人の髪型画像を見せたからといって「顔が違うから無理だよ」なんて美容師さんに思われることはありません。

そんな心配はせずに、あなたが好きな女性芸能人の髪型をどんどん参考にして、おしゃれなヘアスタイルをオーダーすることが、今よりもっと可愛くなれるコツですよ。

例えば好きな芸能人のボブが可愛いと思った、でもOK

かわいいボブの髪型

自分に似合う髪型がわからないときや、なりたいヘアスタイルのイメージが決まってないときには「好きな芸能人のボブが可愛いので真似したい」なんてオーダーの仕方もおすすめです。

ただし、女性芸能人の髪型を参考にするときには、そっくりそのままを再現すると失敗する可能性があるので注意が必要。

好きな芸能人には似合うヘアスタイルでも、あなたに必ず似合うとは限らないから。

また、美容室でセットしてもらったときは「おしゃれな髪型」にキマっていても、翌朝から自分でスタイリング&再現できなければ意味がありませんよね。

髪質や髪のクセ、毛量、顔型をはじめ、体型や肌の色、普段の服装やメイクは人それぞれ異なります。

芸能人の髪型を完全にコピーしても、まったく同じヘアスタイルには仕上がりません。

そのため、美容室での頼み方にはちょっとしたコツがあるのです。

芸能人やモデルさんの髪型を真似してオーダーするときには「このデザインをベースに、私に似合う髪型にしてください」とお願いすることをおすすめします。

ボブをはじめ、ショートやミディアム、ロングのオーダー時でも頼み方の注意点は同じです。

また、なりたい髪型を再現するためにパーマや縮毛矯正、カラーなどの「薬剤を使用した施術」を必要とする場合には、髪のダメージレベルも考慮してオーダーするのが美容院で失敗しないためのコツ。

芸能人や人気モデルさんは、美容院選びはもちろん、髪の毛のケアにもかなり気を遣ってるのが現実!

高価なヘアケア製品を使うのは当然のこと、美容室での施術時にもできるだけダメージが少ない薬剤でパーマやカラーをしていることがほとんど。

しかし、一般の女性はそこまでヘアケアに対してお金や時間をかけられないのも事実です。

そのため「芸能人の髪型を参考に美容室でオーダーしたら、髪が傷んでチリチリになってしまった」なんて失敗例も。

美容師さんにカラーや縮毛矯正をした時期を伝えよう

初めての美容室でオーダーするときは、今までのカラーやパーマ、縮毛矯正などの履歴を担当してくれる美容師さんに細かく伝えましょう。

ロングだったら2年間、ショートヘアなら1年間ぐらいの施術履歴は伝えておくことをおすすめします。

このとき多いのが「実は、市販のカラー剤を使ってセルフで染めた」という事実を隠してしまうケース。

他の美容院での施術だけでなく、市販カラーや白髪染め履歴もすべて美容師さんへ伝えることが、キレイな髪でヘアスタイルを楽しむためのコツですよ。

 しっかり洗浄、傷んだ髪を保湿・毛髪補修できるプリュムシャンプー・トリートメント

美容室で失敗しないオーダーのコツ、まとめ

今回は、美容室でオーダーする際に髪型を失敗しないためのコツを現役美容師のリアルな視点でご紹介してきました。

美容室で間違いなくオーダーする3つのコツは以下の通り。

  • 絶対になりたくない髪型、長さを伝える
  • なりたい髪型の写真を見せてシルエットや雰囲気を伝える
  • カラーは髪色の明るさ、暗さを的確にオーダーするのがコツ

髪のプロである美容師であっても、当然お客様の心の中は見えません。

そのため、髪型の好みや理想、オーダー内容を完全に読み取るというのは、正直難しいものです。

言葉で伝えたつもりになっていても「実際には伝わっていなかった」とか「間違ってオーダーが伝わっていた」なんてことも。

美容院でのオーダーミスや失敗を予防するためには、なりたい髪型やデザインの写真を見せるのがコツです。

この記事でご紹介した3つのオーダーのコツをしっかり押さえて、イメージ通りのヘアスタイルを再現してもらってくださいね。

 くせ毛専門の美容師がお客様の声を活かして作ったプリュムシャンプー・トリートメント
Pocket