美容師解説!輪郭を隠す髪型について

Pocket

少しでも小顔に見せたい」「輪郭が気になるから髪型でカバーしたい」そんな方はぜひ最後まで読んでくださいね!

こんにちは、原宿一人経営美容師のMAX戸来です。

今回は「輪郭をどのように髪型でカバーしていくか?」という内容になります。実はフェイスラインをカバーしたいからといって、髪を重たくすれば良いというわけではありません。重くしすぎると野暮ったい印象になってしまうからです。

輪郭を自然な感じでカバーしつつおしゃれな髪型にしたいと思っている方に向けて、おすすめのヘアスタイル写真やオーダーのポイントをご紹介します。参考にしてくださいね。

輪郭をカバーするために大切な髪型のポイント

髪型のポイント

フェイスラインが気になる場合、以下のポイントを押さえましょう。

  • サイドの髪を作る(ショートヘアの場合でも)
  • 全体のシルエットは「ひし形」に近づける
  • 前髪は「やや長めの斜め前髪」にする

サイドの髪を作ると、輪郭をカバーすることができます。ですがサイドの髪を厚く取りすぎてしまうと、顔が暗く見えてしまうので注意してください。ちなみにショートヘアの場合もサイドの髪を作ってあげると、女性らしさがしっかり出るのでおすすめです。短すぎる印象にもなりにくいですよ。

次に、シルエットは「ひし形」に近づけるようにしましょう。ひし形シルエットは骨格をカバーし頭の形をきれいに見せることができるからです。基本的には、どのような顔型の方にも似合わせやすいデザインなんですよ。

ひし形シルエットのショート

↑ひし形シルエットというのは、具体的にはこういう感じですね。後ろから見たときのシルエットがひし形に近いと良いです。実際に、beforeよりafterの方が、頭の形が良く見えませんか?

襟足の髪が広がっていると顔が大きく見えてしまいやすいので、首に沿うようなデザインにしましょう。襟足をコンパクトにすると、顔が小さく見えるだけでなくネックラインも美しく見えますよ。

最後に前髪ですが、小顔に見せたいのであれば前髪は作った方が良いですね。特に、少し長め(目にかかるくらい)に作って斜めに流してあげるとベストです。斜め前髪は小顔に見えやすいですし、大人の女性にも良く似合います。またショートヘアともロングヘアとも組み合わせやすい、万能な前髪デザインでもありますね。

ちなみに前髪ぱっつんは逆に顔が大きく見えてしまいやすいので、注意してください。

すっきり見えるおすすめのヘアスタイル紹介

輪郭にコンプレックスがある場合は、適度にカバーしつつも「活かす」ことをおすすめします。変に隠そうとしてしまうと顔がどんより暗く見えてしまいますし、重めの髪型にすると逆に顔や頭が大きく見えてしまうことがあるからです。

なので輪郭カバーしたい方は髪を長めにしがちですが、僕はショートやショートボブをおすすめします。コンパクトなデザインにすると、すっきりとした印象になるので、顔も自然と小さく見えるんですよ!

具体的におすすめの髪型をご紹介します。

顔を包み込んでくれるシルエットのショートボブ

1451025466791

↑輪郭を包みこむようなショートボブは、さり気なくフェイスラインをカバーすることができます。ふわっとしたシルエットも可愛らしい印象になりますよ。

ショートボブは「短くしてみたいけど、ショートにする勇気がない」という方にもおすすめのスタイルです!

【before】

DSC_0884

【after】

DSC_0892

【耳かけ】

DSC_0888

サイドの髪の毛を作っておくと、このように耳掛けしたときにも決まりやすくなります!

髪を耳にかけるのが好きな方やまとめ髪を良くする方は、特にサイドの髪にこだわってみましょう。サイドの髪があると輪郭がぼかされるので、骨格が気になりにくくなりますよ。

リフトアップして見える前下がりショートボブ

1449541142091

↑長さをあまり変えなくても、雰囲気を変えることは可能です!

このような前下がりショートボブは、リフトアップ効果があります。なので丸顔の方や下膨れが気になる方におすすめです。フェイスラインがすっきりして見えますよ。

またトップにボリュームを持たせ、ふわっとしたメリハリのあるデザインにしているところもポイントです。トップにボリュームがあると立体的&おしゃれに見えますので、かなり重要です!

前下がりデザインのシンプルショート

前下がりショート

↑ショートボブスタイルだけでなくショートヘアでも、このように前下がりラインを作ることは可能です!

またサイドの毛束が頬に落ちるようにデザインしているところもポイントになります。フェイスラインがすっきりして見えますよ!

またサイドの髪に束感を出してあげると、ショートの場合は動きが出ておしゃれな印象になります。

前髪アリのすっきりショートヘア

1426255029229

↑このように前髪を作るのもおすすめ。前髪を作ると印象も変わるので、イメチェンしたい方にも良いですね。

こちらのコンパクトなショートヘアも、全体的にすっきりさせつつ、サイドの髪は長めに残しています。サイドの髪を作るとバランスよく見えますよ。

頭の形がきれいに見えるショートボブ

1448953019110

↑丸みのあるデザインのショートボブは、まとまりが出るので毛先がハネやすいくせ毛さんにもおすすめです。

ちなみに毛先をぱっつんとカットした切りっぱなしボブなどの髪型は、顔型が強調されてしまうので、小顔に見せることを重視するならあまりおすすめできません。またボブも顔が丸く大きく見えやすいので、短くするならショートやショートボブが良いですよ。

また髪型は「正面から見たときだけでなく、サイドや後ろから見たときにどうか?」も考えなければいけません。なのでシルエットがとても大事なんです。頭が丸く見えるようなシルエットにしてあげると、横顔や後ろ姿も素敵に見えますよ!

美容院でのオーダーのコツ

オーダーのコツ

最後に美容院での髪型のオーダーのコツを簡単に解説させていただきます。

ヘアスタイルのオーダーって難しいですよね。希望のスタイルを言葉で伝えるのは結構難易度が高いので、「こんな雰囲気・長さにしたい!」という髪型があれば、写真を見せるのが手っ取り早くおすすめです。

ただしヘアカタログやSNSに載っている髪型が、本当に自分に似合うかどうかって、わからないですよね。なのでオーダーのときには「この髪型と全く同じようにしてください」と言うのではなく「この髪型に寄せつつも、私に似合うようなデザインにしてください」のように伝えることをおすすめします。

それから小顔に見せたいなら「小顔に見えるデザインにしてほしい」と、正直に伝えてしまうのも一つの方法です。コンプレックスを人に話すのって勇気がいることですが、美容院でははっきり言ってしまった方が希望の髪型に近づけてもらえます。なので、もしできそうだったらチャレンジしてみてください。

それから毎日のヘアセットのことを考慮するなら、再現性が高い髪型にしてもらうことも大事ですね。セットが難しいスタイルだと「美容院帰りは素敵だけど、自分でセットできなくて翌日以降は思ったような髪型にならない」ような事態になりがちです。なのでセットが苦手な方は特に、オーダーの際に「セットが楽な髪型にしてほしい」ということも伝えておきましょう!

まとめ

今回は輪郭を髪型でカバーするためのポイントについて、書かせていただきました。

少しでも、フェイスラインが目立ちにくい髪型を探している方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

公式LINE画像

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

MAX戸来オンラインショップ

プロフィール


MAX戸来(ヘライ)
20歳から上京し、22歳から原宿美容院MAXを一人で設立。24歳から一律カット料金3万円に。
パサつく髪、くせ毛、ダメージ毛で悩む全国のお客様へ「毎日サロン帰り」を実現することができるヘアケア製品の開発、ヘアスタイルをご提案。
公式HPを見る

髪型BEFORE→AFTER画像集を見る

公式LINEで髪型の無料相談する

MAX戸来公式オンラインSHOPはこちら

ページ上部へ戻る