面長さんの前髪セット、似合うのはどんなスタイリング?

Pocket

美人が多いと言われている面長さんですが、前髪で印象が大きく変わることをご存知でしょうか?

ちょっとしたコツでお悩みである「顔が大きい、長い」と見られがちな印象を変えることができるんですよ。

このページでは面長さんが知っておくべき前髪のスタイリングについて美容師が解説していきます。

髪の長さに合わせた前髪のセット方法をそれぞれ紹介しているので今のあなたのヘアスタイルにすぐ活かすことが可能。

ヘアセットしながらヘアケアまで出来るスタイリング剤もご紹介、美人な面長さんがもっと美人になれる秘訣をこっそりあなただけにお伝えします。


美人に多い面長さん、どんな前髪が似合うのか美容師が解説

面長とは、顔の横幅よりも縦幅が広めの顔の骨格のこと。

面長とは、顔の横幅よりも縦幅が広めの顔の骨格のこと。

大人っぽく美人の方に多い面長の骨格ですが、顔が広く大きく見えてしまうことに悩むことも。

でも実は髪型、特に前髪次第でそんな面長さんのお悩みを解決できるんです。

頭全体のバランスを整えるには、前髪のスタイリングが大切。

このページでは、面長さんが絶対知っておくべき前髪セットについて美容師が詳しく解説していきます。

面長の骨格の場合、どんな前髪が似合うのでしょうか?

髪の長さ別の前髪スタイリング方法や、おすすめのスタイリング剤もお伝えします。

気になる前髪のスタイリング方法や、おすすめのスタイリング剤とは?

前髪のスタイリングと言っても、前髪のスタイルはたくさんの種類がありますよね。

短めの前髪から、長めにして流す前髪などありますが、どんな前髪が面長の骨格には似合うのか気になるところ。

それでは、おしゃれを楽しみつつ面長の輪郭をカバーできる前髪を紹介していきますね。

面長とは顔の縦幅が広めの骨格なので、顔の縦幅よりも横幅にボリュームを持たせることが大切

面長さんにおすすめのヘアスタイル左:カラー、スタイリング前 右カラー、スタイリング後

面長の場合、顔の縦幅をカバーできる前髪作りが大きなポイントです。

面長の前髪作りのポイント

  • 顔の横幅にボリュームを見せる前髪
  • 重めに前髪を作っておでこが少し隠れる前髪
  • 前髪を巻いて顔の縦幅をカバーする

次の項目から、これら3つのポイントを詳しくお伝えしていきますね。

面長なら前髪の横幅に注意、顔が長く見えてしまうことも

面長なら前髪の横幅に注意、顔が長く見えてしまうことも

面長さんが前髪をスタイリングするときに抑えておきたい最初のポイント、それは面長の場合、顔の横幅を広く見せること。

注意がしたいのは、前髪の横幅を広く取りすぎないようしなければなりません。

前髪を広くすると、面長の骨格がさらに大きく長く見えてしまうことも。

顔の横幅のボリュームをつくることは大切ですが、前髪全体の横幅を取りすぎないようにくれぐれも気を付けましょう。

目尻あたりまでの前髪の広さだと、面長の輪郭がカバーしやすいです。

前髪をぺたんとさせるよりも、少し空気感を意識することも大切。

ふんわりと流した前髪にすると、更に面長をぼかすことができますよ。

重めの前髪にすることでおでこが隠れて小顔に見えます

続いて面長さんが前髪をセットするときのポイントその2は、おでこが隠れるように前髪を重めに作ることです。

おでこが隠れると小顔効果アップ、なのですが気をつけるべきこととして、前髪をぱっつんに切らないように気を付けて。

毛先を軽く巻くか流して、ふんわりをおでこを隠すのがコツです。

前髪なしにするなら巻き髪にして縦の印象をカバー

面長さんの知っておくべき前髪のスタイリング最後の3つ目は、前髪なしで面長の輪郭をぼかす、そのときは前髪の毛先を軽く巻くこと、です。

頬の上くらいで、前髪の毛先を外ハネさせると縦の印象がカバー可能。

前髪を巻髪にして、顔の横幅にボリュームをつけることがポイント。

面長の縦幅をぼかして横幅を簡単に作れる、エアリー感のある前髪です。

少し目にかかるくらい前髪を長めにして、外ハネさせた前髪。

前髪の毛先を軽く巻くことがポイントですね。

外ハネさせることで、面長の顔の横幅をつくることができます。

頬の位置くらいで前髪を軽く巻いて、顔の横幅にボリュームを持たせる巻き髪。

面長の顔の縦幅がカバーできる前髪の作り方です。

巻き髪にするときにかかる髪へのダメージはヘアオイルでカバー

巻き髪をするときは、コテやアイロンでスタイリングしますよね。

その時に注意が必要なのが、高熱で髪が熱ダメージを受けるということ。

そのとき、実は「熱変性」というものが起こっており、髪に大きな負担がかかるんです。

髪は150℃で熱変性が起こり、乾燥してパサつきやすくなる性質があります。

そのため、コテやアイロンを使う前に髪を保湿・保護して守ることが大切。

髪の水分がコテやアイロンの高熱で一気に蒸発するため、水分を含まないヘアオイルで髪を保護することがおすすめです。

特に「プリュムヘアオイル」で普段から髪を保湿・保護することがイチオシ。

プリュムヘアオイル 120mL

5,800円(税込)

なぜなら、プリュムヘアオイルは髪の保湿だけではなく、毛髪補修もできるヘアオイルだから。

毛髪補修しながら高熱から髪を保湿・保護してくれるプリュムヘアオイル。

スタイリング剤としてはもちろん、髪をしっかり守るヘアケア用品としても効果がしっかり実感できますよ。

前髪のスタイリング時におすすめのスタイリング剤兼ヘアケア用品です。


髪の長さ別、面長さんの前髪のスタイリングをご紹介

面長さんが知っておくべき前髪セットのポイント3つを紹介させていただきました。

続いては髪の長さ別、面長さんの前髪のスタイリングについてご案内していきますね。

髪の長さ別、面長さんの前髪のスタイリングをご紹介

面長の骨格は、どんな髪の長さでもカバーできるもの。

前髪で更に面長の輪郭をぼやかすこともできるんです。

  • ショートヘア
  • ミディアム、セミロング
  • ロングヘア

それぞれの髪の長さ別に、面長な骨格に似合う前髪とは?

髪の長さ別に、面長に相性の良い前髪の作り方を紹介していきますね。

ショート・ボブにする場合は横にボリューム、ひし形シルエットに

ショート・ボブにする場合は横にボリューム、ひし形シルエットに

面長さんがショートヘアのボブヘアにする場合、ひし形シルエットを作ることがポイント。

面長は顔の縦幅が広い骨格なので、横幅にボリュームを持たせる髪型にすることが大切なんです。

頬あたりの位置に膨らみをつくるひし形シルエットの髪型は、顔の横幅が作れるスタイル。

面長の骨格をぼかすだけではなく、小顔効果もかなりアップしますよ。

前髪は軽く流すのがおすすめ。

毛先を軽く巻いて、おでこを少し隠すと面長をカバーできますよ。

ショートヘアでひし形シルエットにスタイリングした後、軽くパーマをかけて顔の横幅をつくることもコツですね。

軽くパーマをかけて顔の横幅をつくることもポイント

頭のトップにボリュームを持たせると、顔の縦幅が目立ってしまうことも。

頬くらいの位置を軽くくしゅっとさせるパーマが良いでしょう。

顔の横幅にふんわり感を演出して、面長の骨格をぼかすのがおすすめです。

芸能人を見ていると、実は多くの方がスタイリングに取り入れているひし形シルエット。

女性芸能人は元々小顔の方が多いですが、スタイリングで小顔効果をつくっている方も多いんですよ。

ミディアム・セミロングならシースルーバングが人気

ミディアムやセミロングヘアにおすすめなのが、シースルーバング

 

シースルー前髪の、おでこがうっすら見える抜け感がポイントです。

また、前髪を作りたいけど重めに作りたくないという面長さんにもおすすめ。

シースルー前髪が軽やかさを演出して、イマドキっぽい髪型に仕上げてくれます。

こちらは毛先を軽く巻いて流したシースルーバング。

前髪を軽く流すことで、顔の横幅に目を引く髪型。面長の骨格がカバーできるスタイリングです。

髪の量が少し多めでも、シースルーにしたいという方におすすめですよ。

面長・ロングヘアの場合は前髪にしっかり重みをもたせましょう

面長でロングヘアの場合、どうしても顔の縦幅に目線がいってしまいます。

特に、ロングヘアの毛先にボリュームをつけると顔の縦幅が大きく見えてしまうんですね。

面長さんがロングヘアにする場合は、前髪を重めにつくって顔全体のバランスを整えることがポイント。

前髪を重めにつくって顔全体のバランスを整えることがポイント

前髪の毛先を軽く巻いて流すと、顔の横幅がつくれますよ。


前髪のスタイリングにしっかり決まるプリュムデュール

面長さんに髪の長さ別、おすすめの前髪の作り方を紹介してきました

前髪のスタイリングには、もちろんスタイリング剤選びも重要なポイントになります。

  • 巻き髪前髪をつくる
  • 前髪を軽く巻いて流す

など、しっかりスタイルキープすることが必要な前髪もありますよね。

何度も言いますが、面長さんの場合は前髪のスタイリングがとても大切。

しっかり前髪をキープできないスタイリング剤を使うと、すぐにほぐれてしまうことも。

面長をカバーするための前髪スタイリングなのに、髪が乱れると困りますよね。

スタイリング剤の種類はたくさんありますが、ここでおすすめしたいのがキープ力の高いヘアワックス。

ワックスの中でもキープ力の高いのが、ハード系ワックス。

しかし、ハード系ワックスはしっかり髪が固まる分、デメリットもあるんです。

ハード系ワックスのデメリット

  • しっかり固まるが、洗い流しにくい
  • 女性向けハード系ワックスの種類が少ない
  • 苦手な香りがすることがある

男性は元々剛毛や硬い髪の方が多いため、メンズ向けハードワックスは種類が豊富。

一方、女性は柔らかい髪質の方が多いため、ハード向けワックスの種類が少ないです。

また、ワックスが固まりすぎてシャンプー時に洗い流しにくいということも。

そんなハード系ワックスのデメリットを全て解決できるワックスがあるんです。

しっかり髪もまとめられて、洗い流しやすく髪にツヤ感を与えてくれるワックス。

しっかり髪もまとめられて、洗い流しやすく髪にツヤ感を与えてくれるワックスとは?

それが「プリュムデュール」です。

プリュム・デュール
(スタイルキープワックス) 60g

3,900円(税込)

プリュムデュールは、洗い流しやすい・男女兼用できるハード系ワックス・無香料のワックス。

プリュムデュールをおすすめする理由を、詳しく見ていきましょう。

くせ毛専門の美容師が開発したヘアケアもできるヘアワックス

プリュムデュールは、くせ毛専門の美容師が開発したワックス。

くせ毛といえば、扱いにくいというイメージが。

しかし、プリュムデュールはくせ毛も簡単にスタイリングできるワックス。

うねりやハネが気になる頑固なくせ毛も、プリュムデュールならラクにヘアスタイルを整えることができます。

プリュムデュールはくせ毛も簡単にスタイリングできるワックス

面長の骨格は前髪のスタイリングが大切。

プリュムデュールなら、長時間前髪キープができるんです。

面長をぼかす前髪のスタイリングを長時間キープ。

しっかりスタイリングできるワックスです。

プリュムデュールがおすすめの理由は、それだけではありません。

スタイリングだけではなく、しっかりとヘアケアもできるんです。

くせ毛はパサつきやすい髪質のため、ツヤ感を出す・ヘアケアできるワックスだと嬉しいですよね。

プリュムデュールはくせ毛専門の美容師が開発したワックスなので、髪にやさしい&しっかりヘアケアができるもの。

髪のことを大切に考えて作られています。

プリュムデュールの特徴

  1. 天然由来成分が配合されている
  2. 合成香料、合成着色料、パラベン、アルコール無添加

1つずつ特徴を見ていきましょう。

1、天然由来成分が配合されている

プリュムデュールは、5つの天然成分が配合されているワックス。

  • コメヌカロウ
  • ミツロウ
  • キャンデリラロウ
  • ホホバ種子油
  • アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)

コメヌカロウ、ミツロウ、キャンデリラロウは天然のワックス。

ホホバ種子油、アルガニアスピノサ核油が髪内部に浸透し、髪にうるおいを与える成分です。

これらの天然由来成分がしっかり髪を保湿&保護してくれるので、スタイリングしながらヘアケアができるんです。

2、合成香料、合成着色料、パラベン、アルコール無添加

プリュムデュールは合成香料、合成着色料、パラベン、アルコール無添加の自然派ワックス。

髪にやさしく、洗い流しやすいワックスです。

オーガニック原料で敏感肌のあなたや小さなお子様もご利用いただけます

プリュムデュールはオーガニック原料で作っているワックス。

プリュムデュールはオーガニック原料で作っているワックス。

5つの天然由来成分が髪をしっかり保湿。

また、合成香料、合成着色料、パラベン、アルコール無添加なので、髪にもお肌にもやさしいんですよ。

ワックスなので髪だけに使えるものかと思いきや、実はリップクリームハンドクリームにも使えるワックス。

敏感肌のあなたや、小さなお子様にもお使いいただけます。

使い方も簡単なプリュムデュール。

使い方も簡単なプリュムデュール。

  1. 適量のワックスを取る
  2. 手のひら全体に伸ばしていく
  3. 毛先から全体に馴染ませる

この簡単3ステップでスタイリングができるんです。

プリュムデュールは固まらないので、使用後にヘアアイロンやドライヤーをかけてもOK。

簡単スタイリング&髪を保湿・保護してヘアケアできるワックスです。


面長さんの前髪、まとめ

面長さんにおすすめの前髪の作り方を紹介しました。

最後に、記事のおさらいをしましょう。

まずは、面長とは顔の横幅よりも縦幅が長い骨格のこと。

顔の横幅をつくることで、面長の輪郭をぼかせるんです。

面長の骨格をカバーできる前髪やスタイリングには3つのコツがあります。

面長の骨格をカバーできる前髪やスタイリングには3つのコツが。

面長の前髪作りのポイント

  • 顔の横幅にボリュームを見せる前髪
  • 重めに前髪を作っておでこが少し隠れる前髪
  • 前髪を巻いて顔の縦幅をカバーする

前髪をコテやアイロンで巻く時は、髪のダメージに要注意。

前髪を巻く前に「プリュムヘアオイル」で髪を保湿・保護しておくことが大切です。

また、前髪のスタイリングにおすすめなのがプリュムデュール。

プリュムデュールはしっかり前髪を長時間キープできるワックス。

スタイリングだけではなく、しっかりヘアケアできることもプリュムデュールの大きな特徴。

面長の骨格をカバーできる前髪のスタイリングはたくさんあります。

面長の顔にお悩みの方あなたにこそ、今回の記事を参考にしていただけたら嬉しいです。

プリュム・デュール
(スタイルキープワックス) 60g

3,900円(税込)

Pocket