髪の毛が傷みすぎてやばい!その原因と解決方法を美容師が解説します

Pocket

「髪の毛先が傷みすぎてやばい」

「髪の表面がバサバサして、だらしなく見える」

髪の毛先や表面は乾燥や傷みが出やすいもの。

傷みのダメージレベルが気になりますよね。

髪の毛先が傷みすぎてやばい!そんな時の対策は?

ヘアカラーやパーマ、白髪染めでもダメージを受ける髪の毛。

髪の毛が傷みすぎてやばい!そんな場合、切るしか治す方法がない?

ひどく傷んだ髪トリートメントは効果がある?

市販のものでもOK

今回は、美容師が「傷みすぎてやばい髪の改善策」を詳しく解説していきます。

なぜ髪の毛が傷みすぎてやばい状態になるのか、考えられる3つの原因

「髪の毛が傷みすぎてやばい!」

「髪痛みすぎ」

「ヘアケアを怠ったら髪が痛みすぎてやばい」

入浴中やぼーとしているとき、ふとした時に髪の毛を見るとそう思うことが。

気になる髪のダメージ。自分の髪質に合った解決策が知りたい

実は、そんなツイートやfacebookでの投稿が多いんです。

Instagramにはヘアケア方法がたくさん載っていますが、どれが正しい解決策なのか分からない。

髪の毛が傷みすぎてやばい!

そう感じても、自分の髪質に合った解決策だけ知りたいですよね。

髪の毛が傷みすぎてやばい、そんな方に。

今回は、髪のダメージが大きい原因と解決策を提案していきます。

少しでも髪のお悩みが解決すると嬉しいです。

今回は、髪のダメージが大きい原因と解決策を提案していきます

さて、髪の毛が傷みすぎてやばい!と感じる時。

「毛先が傷みすぎて、髪の表面までバサバサになっている」

「髪の毛先が枝毛だらけ」

そんな髪の状態になったときには、原因があります。

ダメージの原因は、大きく分けて3つ。

  1. 間違ったホームケア
  2. 美容院での施術
  3. 先天的、後天的な要因

9割以上の髪の傷みは、これらが大きく影響しています。

ダメージの原因は大きく分けて3つ

カラーやパーマ、縮毛矯正などの美容室・美容院での施術

あなたの髪の傷み。

髪の毛が傷みすぎてやばい!そう思った時には、ダメージが進行している場合も。

先ほど髪のダメージの原因を3つ紹介しました。

そのうちの1つが、美容院での施術。

「美容院で施術したんだから大丈夫」

美容院で施術したんだから大丈夫?

そう思い、施術後にヘアケアをしないと知らないうちに髪が傷んでいることもあります。

ヘアケアを怠った結果、それがまさに「髪の毛が傷みすぎてやばい!」ときなのです。

実は、美容院の施術が原因になっていることも。

髪の傷みの原因<美容院の施術>

  • パーマや縮毛矯正を繰り返している
  • 全体カラーを毎回している
  • カットで梳きすぎている

これらが原因となって、髪の毛の表面がバサバサしたり毛先が傷んでいるように感じることも。

特に縮毛矯正は、強い薬剤の使用+熱処理で大ダメージ。

縮毛矯正は、強い薬剤の使用+熱処理で大ダメージ

美容院のメニューの中では、髪が最もダメージを受けやすい施術なのです。

縮毛を繰り返すことで、髪にダメージが蓄積。

「傷みすぎて取り返しがつかない状態」

「髪の毛が傷みすぎてやばい!」

ということになってしまう場合が多いです。

また、カットも髪の傷みの原因に。

  • 梳きすぎ
  • レイヤーの入れ方

この2つが原因で、本来の状態よりも髪が傷んでいるように見えるケースがあります。

実例として、こちらのお客様をご覧ください。

本来の状態よりも髪が傷んでいるように見えるケースが

Beforeでは、毛先がスカスカに梳かれて不揃い。

毛先がパサパサで傷んでいるように見えます。

Afterでは、艶感が出やすいヘアカラーを選び、毛先を整えるカットを施しました。

カラーやカットを少し変えるだけでも違いが出て、髪の傷みを抑えることができます。

間違ったホームケアで髪の毛が傷みすぎてやばい状態になる

髪の毛先が傷みすぎる、髪の表面がバサバサしてしまう。

髪の毛が傷みすぎてやばい!

そんな状態の原因に「間違ったホームケア」があげられます。

間違ったホームヘアケアとは?

ホームケアの種類

  • シャンプー方法や選び方
  • ヘアケア・髪の毛の扱い方
  • ドライヤーのかけ方

シャンプー方法や選び方

髪の毛のゴシゴシ洗いはNG

さらに「強すぎる洗浄力のシャンプー&トリートメント」を使っていると傷みが進行してしまいます。

髪質に合ったシャンプーを選びましょう。

髪質に合ったシャンプーを選びましょう

ヘアケア・髪の毛の扱い方

髪を洗った後、必ずドライヤーで乾かしてから寝る習慣をつけましょう。

濡れたままの髪は、髪の表面組織「キューティクル」が開きっぱなし。

通常、キューティクルは閉じているもの。

キューティクルが開いたままだと、髪の毛の水分や栄養が流れ出てしまいます。

さらに、睡眠中の摩擦刺激にも弱くなります。

きちんと乾かさないと、絡まりや切れ毛が起こりやすくなる原因に。

必ずドライヤーで乾かしてから寝る習慣をつけましょう

仮に1日あたり10本のダメージ毛が増えると、1か月に300本もの髪が傷む計算。

髪の毛が傷みすぎてやばい!そう思う原因につながります。

切れ毛や枝毛が増えると、毛先だけでなく短い毛が浮いてきて目立つようになります。

ドライヤーのかけ方

ドライヤーの当てすぎると、過乾燥になります。

髪の毛が過乾燥になると、パサつきを悪化させる原因に。

「8割髪の毛が乾いたら冷風を当てて乾かす」

これが正しいドライヤーのかけ方です。

ドライヤーのかけ方も大切

パサパサ・チリチリで髪が広がるのは先天的な遺伝・後天的な理由

髪が傷みすぎてバサバサになってしまう原因3つ目。

それは、先天的&後天的な要因です。

先天的というのは、くせ毛や剛毛などを含めた「髪質」のこと。

生まれつき髪がキレイな人もいれば、遺伝でパサパサしやすい髪質の方もいますよね。

そして、後天的な要因には加齢やホルモンバランス。

更には紫外線などによる「髪質の変化」やダメージがあげられます。

紫外線による髪質の変化やダメージも

病気の治療のためにお薬を飲み続けなければならない方もいらっしゃいます。

薬の影響は髪質にも出やすいのです。

ご自身の年齢や環境などに合わせて、より丁寧にヘアケアを行うのがおすすめです。

どうすれば髪の毛が傷みすぎてやばい状態から生き返らせることができる?

髪の毛が傷みすぎてやばい!

見てわかる髪の毛の傷みは気になるもの。

髪の毛が生き返ることは決してありませんが、これ以上傷むのを防いだり、補修することはできます。

ですから、傷みすぎてやばい髪の毛を改善するためには、正しいホームケアが大切。

正しいホームケアが大切

特に重視したい3つのポイントがあります。

  1. 補修
  2. 保護
  3. 保湿

シャンプー後のドライヤーをかける前には、必ずヘアオイルをつけてから乾かすようにしましょう。

ヘアオイルをつけることで、こんな効果があるといわれています。

  • 指通りを良くして摩擦ダメージを軽減する
  • 熱ダメージから髪を守り、乾燥を予防する
  • ダメージによって髪に不足した成分を補う

ドライヤー前にヘアオイルをつけるだけで嬉しい効果が。

ヘアオイルで集中ケアするのがおすすめ

髪の毛が傷みすぎてやばい!

そんな方には、ヘアオイルで集中ケアするのがおすすめです。

美容室・サロンでのトリートメントでも死んだ髪は治せない

「美容室でサロントリートメントを繰り返しても、ダメージが治らない」

そんなお悩みを持たれる方が多いです。

実は、トリートメントを傷んだ髪につけても髪は治らないのです。

トリートメントで死んだ髪は治せない

髪の毛が傷みすぎてやばい!

そう感じている時の髪の状態にトリートメントをつけても、髪が治るというわけではないのです。

高級トリートメントと呼ばれるタイプをつけても、根本的なダメージ修復は難しいといわれています。

髪の毛は「死滅細胞」の集まり。

死んだ細胞なので、一度傷んだら治ることはありません。

サロントリートメントは、髪の毛の表面に「シリコーン」の膜を張るもの。

シリコーンで髪を保護して、髪の毛の傷みやダメージ、乾燥を包んでいるのです。

髪の毛を完全にダメージ修復したものではありません。

特にカラーやパーマをした直後にトリートメントはしない方が良いでしょう。

薬剤をつける施術があったらまずは洗うことに重点を。しっかり洗えていないのにトリートメントすると、カラーやパーマの薬剤が髪の毛内部に残ったままになることも。

髪の毛が傷みすぎてやばい。

そう思わないためにも、毎日正しくケアしていくことが何よりも重要です。

髪の毛が傷みすぎてやばい状態だからこそおすすめのホームケア

髪の毛が傷みすぎてやばいときこそ、毎日のホームケアが大事。

髪の毛が傷んだ状態は、髪内部に水分や栄養分を保持しにくい状態。

髪の毛が傷んだ状態は、髪内部に水分や栄養分を保持しにくい状態

これが髪の毛先や表面の傷み、乾燥に直結。

傷みがやばいと感じている時の髪の毛です。

髪の毛は一度傷んでしまうと「自己再生」することはありません。

そんなときは、毎日のシャンプー後にアウトバストリートメントがおすすめ。

傷みすぎてやばい髪の毛の場合には、内部に不足している成分の補修。

そして表面を保護、保湿することが必要不可欠です。

毎日のシャンプー後にアウトバストリートメントがおすすめ

ヘアオイルとワックスを組み合わせた2STEPアウトバストリートメント

「髪が傷みすぎてどうしようもない」

「髪の毛が傷みすぎてやばい!」

そんなご相談を受けることがよくあります。

傷んだ髪を毛髪補修できるヘアケア用品でおすすめなのが、プリュムヘアケアシリーズ。

ヘアケアからスタイリングまでできる「2STEPアウトバストリートメント」が特におすすめです。

傷みや乾燥、髪質からくるバサバサ感を改善するには、寝る前のケアがとっても大事。

2STEPアウトバストリートメントの特徴

  • プリュムヘアオイル
  • プリュムワックス

ヘアオイルとワックスを組み合わせた2STEPアウトバストリートメント

この2つを併用して、髪をスペシャルケア。

ヘアオイルに配合している「羊毛ケラチン」「シルク」が、髪に浸透。

髪内部からしっかり補修していきます。

さらに、保湿成分が多く含まれた「プリュムワックス」

プリュムワックスで保湿仕上げをすることで、髪の表面にツヤ感をプラス。

傷みすぎた髪は、一般的なケアを続けていても絶対に治ることはありません。

だからこそ、毎日の正しいケアが必要不可欠。

毎日の正しいケアが必要不可欠

髪の毛は女性の印象を大きく左右するパーツのひとつ。

正しいヘアケアを続けることが大切です。

髪の毛が傷みすぎてやばいお客様が実際に使ってみた口コミ・体験談

リピ買いです。

わたしはぢりぢりのくせ毛でらそんじょそこらのトリートメントではまったく効果がなくて、こちらのプリュムワックスとオイルにたどり着きました。

驚くほどに紙の広がりぢりぢりが抑えられています。

最初使ったのが1月。

そして梅雨入りで2回目の購入です。

これからもお世話になります。

2020//26 ニックネーム:ちえこ様

くせ毛のパサつき、広がりがひどくて頭が普通の人より大きく見えるのが悩みでした。

「効果がなかったら全額返金」とのことでしたので、2STEPを購入してみました。

使って一週間が経過したので、口コミを書かせていただきます。

動画でも紹介しているように乾かす前にヘアオイル、朝にワックスを付けるとボリュームを抑えることができました!

見た目の変化も嬉しいのですが、髪の毛の触り心地も良くなって大満足です!

ありがとうございます!

またなくなりましたら購入させていただきます(^^)/

2020/10/6 ニックネーム:さくら様

嬉しい体験談のご報告をありがとうございます。

「髪の毛が傷みすぎてやばい!」

そう感じる方も効果を期待できるワックスとヘアオイルです。

公式サイトよりお客様の体験談・レビューを記載しております。

髪質によって個人差があります。

アレルギー体質の方など、気になることがありましたらお気軽にお問合せください。

髪の毛が傷みすぎてやばいと思ったらホームケアをお選びください

今回は「髪の毛が傷みすぎてやばい!原因と解決策」というテーマでした。

髪の毛が傷む場合、3つの原因を要チェック。

  1. ホームケア方法
  2. 美容院での施術
  3. 先天的、後天的な要因

「髪の毛が傷みすぎてやばい!」

そう感じる方が、手遅れなわけではありません。

正しいホームケアの実践。

ダメージを受けた髪を毛髪補修して、髪のおしゃれを楽しんでみてくださいね

そして、カットやカラーなどの毎回の施術内容の見直し。

これらが髪を補修できるカギとなります。

ダメージを受けた髪を毛髪補修して、髪のおしゃれを楽しんでみてくださいね。

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

Pocket