【美容師解説】髪の毛先・表面が傷みすぎてバサバサになったら?対処方法はこれ!

Pocket

「髪の毛先が傷みすぎてヤバイ!」

「髪の表面がバサバサして、だらしなく見える」

こんなお悩みを抱えているあなた。

傷んだ髪の毛には、どんなに高いサロントリートメントをしても意味がないことをご存知ですか?

実は、もっとコスパが良く効果的な方法があるのです。

今回は、原宿美容師の僕が「ダメージ毛に効果のある改善策」を解説していきたいと思います。

「髪の毛が傷みすぎ」その原因は?

毛先が傷みすぎて、髪の表面までバサバサになってしまう! 

こんな髪の状態になったときには、必ず原因があります。

ダメージの原因は、大きく分けて3つ。

  1. 間違ったホームケア
  2. 美容院での施術
  3. 先天的、後天的な要因

9割以上の髪の傷みは、これらが大きく影響しています。

間違ったホームケア

髪の毛先が傷みすぎてしまったり、髪の表面がバサバサしてしまう原因のひとつ目には「間違ったホームケア」があげられます。

ホームケアは、以下のようなものをいいます。

  • シャンプー方法や選び方
  • ヘアケア方法
  • ドライヤーのかけ方
  • 髪の毛の扱い方

シャンプーについては、ゴシゴシ洗いはNG。

さらに「強すぎる洗浄力の製品」を使っていると傷みが進行してしまいます。

また、髪を洗った後には必ずドライヤーで乾かしてから寝る習慣をつけましょう。

濡れたままの髪は、表面のキューティクルが開きっぱなし!

そのため、内部の水分やうるおい成分が流出しやすくなります。

さらに、睡眠中の摩擦刺激にも弱くなってしまうんですね。

きちんと乾かさないと、絡まりや切れ毛が起こりやすくなるため注意が必要です。

仮に1日あたり10本のダメージ毛が増えるだけでも、1か月に300本もの髪が傷む計算に!

切れ毛や枝毛が増えると、毛先だけでなく髪の表面がボワボワしたり、短い毛(アホ毛)が目立つようになります。

とはいえ、ドライヤーの当てすぎも「過乾燥」になってしまい、髪のパサパサを悪化させる原因になるので注意しましょう。

美容院での施術

あなたのその髪の傷み。

美容院の施術が原因になっていることも少なくありません。

  • パーマや縮毛矯正を繰り返している
  • 全体カラーを毎回している
  • カットで梳きすぎている

これらが原因となって、髪の毛の表面がバサバサしたり毛先が傷んでいるように感じることも!

特に縮毛矯正は、強い薬剤の使用と熱処理を行います。

美容院のメニューのなかでは、最も髪がダメージを受けやすい施術!

繰り返すことで、髪にダメージが蓄積して「傷みすぎて取り返しがつかない状態」になってしまうことも多いのです。

また、カットでは「梳きすぎ」と「レイヤーの入れ方」が原因で、本来の状態よりも髪が傷んでいるように見えるケースも。

実例として、以下のお客様をご覧ください。

Beforeのように、毛先がスカスカに梳かれて不揃いだと、毛先がパサパサで傷んでいるように見えるでしょう。

 そこでAfterでは、カラーは艶感が出やすい色を選び、毛先を整えるカットを施しました。

カラーやカットを少し変えるだけでも、ここまで違いが出るということなんです。

先天的・後天的な要因

髪が傷みすぎてバサバサになってしまう原因の3つ目は、先天的&後天的な要因です。

先天的というのは、くせ毛や剛毛などを含めた「髪質」のこと。

生まれつき髪がキレイな人もいれば、遺伝でパサパサしやすい髪質の方もいますよね。

そして、後天的な要因には年齢(加齢)ホルモンバランス紫外線などによる「髪質の変化」やダメージがあげられます。

僕のところには毎日多くのLINE相談が寄せられるのですが、後天的な要因によって髪悩みを抱えているお客様がかなり多い印象。

病気の治療のためにお薬を飲み続けなければならない方もいらっしゃると思いますが、薬の影響は髪質にも出やすいです。

ご自身の年齢や環境などに合わせて、より丁寧にヘアケアを行ってあげましょう。

傷みすぎた髪を改善する方法

傷みすぎた髪を改善するためには、正しいホームケアが必須です。

特に重視したいのは、以下の3つのポイント。

  1. 補修
  2. 保護
  3. 保湿

シャンプー後のドライヤーをかける前には、必ずヘアオイルをつけてから乾かすようにしましょう。

これには、以下の目的があります。

  • 指通りを良くして摩擦ダメージを軽減する
  • 熱ダメージから髪を守り、乾燥を予防する
  • 髪に不足している成分を補う

ホームケアについては、以下で詳しく解説していきます。

ホームケアをおすすめする理由

髪が傷んだときにこそ、毎日のホームケアが大事。

傷んだ状態は、髪内部に水分や栄養分を保持しにくい状態になっています。

これが、髪の毛先や表面の傷み、乾燥に直結。

髪の毛は一度傷んでしまうと「自己再生」することはありません。

だからこそ、毎日のシャンプー後にはアウトバストリートメントなどで、しっかりとケアしましょう。

傷みすぎた髪の場合には、内部に不足している成分を補修し、表面を保護保湿することが必要不可欠です。

こちらをご覧ください。

正しいセルフケアを行うだけで、ここまで髪の印象を変えることができるんです!

サロントリートメントは意味がない

サロントリートメントを繰り返しても「ダメージが治らない」と悩んでいる方も多いはず。

実は、傷んだ髪にサロントリートメントを施しても意味がないのです。

髪の毛は「死滅細胞」の集まりで構成されています。

死んだ細胞なので、一度傷んだら治ることはありません。

サロントリートメントは髪の表面に「シリコーン」の膜を張ることで傷みやダメージ、乾燥を「誤魔化す施術」です。

受けた直後には、髪の調子が良くなったように感じるかもしれませんが、2~7日もすればその効果は消滅してしまいます。

だから、美容院MAXでは髪質改善やトリートメントなどの「ヘアケアメニュー」をご用意していません。

その場しのぎのトリートメントではなく、毎日正しくケアしていくことが何よりも重要だと考えているからです。

2ステップアウトバストリートメントの効果

僕の美容院にご来店いただくお客様からも「髪が傷みすぎてどうしようもない」とご相談を受けることがよくあるんですよね。

そんなお客様には、僕が美容師として開発した「2STEPアウトバストリートメント」をおすすめしています。

傷みや乾燥、髪質からくるバサバサ感を改善するには、寝る前のケアがとっても大事!

2STEPアウトバストリートメントは、大人気のプリュムヘアオイルとプリュムワックスを併用するスペシャルケアです。

ヘアオイルに配合している「羊毛ケラチン」「シルク」が、髪のダメージに直接浸透。

傷みの原因を、髪内部からしっかり補修していきます。

さらに、厳選した保湿成分のみでお作りしている「プリュムワックス」で保湿仕上げをしてあげることによって、ツヤのある質感の美髪を作ることができるのです。

傷みすぎた髪は、一般的なケアを続けていても絶対に治ることはありません。

だからこそ、毎日の正しいケアが必要不可欠。

実際にお使いいただいているお客様からは、嬉しいお声もたくさんいただいております。

継続して髪を補修・保護・保湿してあげることで、あなたも見違えるようなツヤ髪を手に入れることができますよ。

髪の毛は女性の印象を大きく左右するパーツのひとつです。

毛先の傷みや乾燥で「どんなヘアケア製品を使ってもダメだった」という方こそ、ぜひ2STEPアウトバストリートメントをお試しくださいね。全国誌『オトナミューズ』でもくせ毛改善部門1位を受賞しています。

まとめ

今回は「髪の毛先が傷みすぎて表面もバサバサする改善策は?」というテーマで、美容師である僕が解説してきました。

髪の毛先が傷む場合、以下の3つの原因をチェックするべき。

  1. ホームケア方法
  2. 美容院での施術
  3. 先天的、後天的な要因

すでに、髪の毛が究極に傷みすぎて困っている方でも、手遅れではありません。

正しいホームケアの実践をはじめ、カットやカラーなどの毎回の施術内容を見直すだけで、キレイな髪を手に入れることが可能。

この記事をきっかけに、あなたのダメージ髪を「美髪」にチェンジしてみませんか。

もし、わからない点などがありましたら公式LINEにご登録いただき、いつでもメッセージをお寄せくださいね!

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

美容師が開発した毎日できる髪質改善

“使うたび美髪に導く”
傷んだ髪、くせ毛、バサついた髪、うねり、を改善する。
美容師が本気で監修したヘアケア商品はこちら。

公式オンラインショップはこちら

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください