美容師解説!髪の毛先が痛みすぎて表面もバサバサする改善策は?

Pocket

こんにちは!表参道原宿で美容院MAXを一人で経営している美容師の戸来です。

今回は、「髪の毛先が痛みすぎてヤバイ!」とか「髪の表面までバサバサになってきた!」という方に向けて、その原因と改善策をお話していきたいと思います。

冒頭でご紹介しているお客様のBeforeは、くせ毛という髪質のせいでバサバサに痛んで見えてしまっていますが、「保湿力に優れたワックス」を付けただけでまとまりのあるツヤっぽい髪にすることができました。

このように、もともとの髪質で痛んでいるように見えてしまう方はもちろんのこと、その他の原因があって髪の毛が痛みすぎてしまっている女性も必見ですよ。

「ボロボロに痛んだ髪をなんとかしたいけど・・・じゃあ、どうすればいいのか!?」といった、役立つお話ができればと思います!

「毛先が痛みすぎ」その原因と対策は?

このように毛先が痛みすぎで、髪の表面までバサバサになってしまうのはなぜか?

まずは、その原因と対策について解説をしていきましょう。

考えられるダメージの原因としては、大きく分けて3つ!

  1. 生活習慣
  2. 美容院での施術
  3. 先天的、後天的な原因

ほとんどの髪の傷みは、これらの原因が関わっています。

これだけ伝えられても「具体的によくわからない」という方も多いはずなので、ひとつずつ詳しく説明していきますね。

【原因1】生活習慣で髪の痛みが進む!?

髪の毛先が痛みすぎてしまったり、髪の表面がバサバサしてしまう原因として「生活習慣」があげられます。

ここで言う「生活習慣」というのは、シャンプー方法や選び方、トリートメント法、髪の毛の扱い方などのことを指しますが、普段の生活できちんと意識できている方ってほんの一握りなんですよね。

シャンプーについては、よく言われる「洗浄力が強すぎるシャンプーはダメ」とか「界面活性剤のせいで髪が痛む」なんて情報は、耳にしたことがある方も多いでしょう。

でも、最適な洗浄力の強さはその人の髪質や頭皮の状態、体質などにもよって異なります。一概に「このシャンプーなら誰でも合いますよ!」とは言いにくい部分があるんですよね。

さらに、「自分が今使っているシャンプーの洗浄力がどれくらいなのか?」というのも、実際把握できている方はほとんどいません。

正直、「何が正しいのか?どうすればいいのか?」がわからないからこそ、普段からきちんと意識・実践できないとも言えますね。

まず注意してほしいのは、シャンプー方法とトリートメントの付け方、そしてドライヤーのかけ方です。

シャンプーは、基本的に髪を洗うものです。髪に付いた皮脂やスタイリング剤などの汚れを落とすことが目的。

本来、頭皮や髪に付いた汚れって7~8割程度は「お湯だけ」で洗浄することができるといわれています。

だから、そもそもシャンプー剤は「サポート」みたいなものなんですよね。

ゴシゴシ時間をかけて洗う必要はありません。むしろ、長時間髪に洗浄剤(界面活性剤)を付けていると、必要な油分までもが洗い流されてしまい、パサパサのダメージ髪になってしまうことも!

シャンプーについては、こちらの動画でも解説しています。

【市販VS 高いシャンプー】美容師が教えるシャンプーのおすすめとは

また、髪を洗った後には必ずドライヤーで乾かしてから寝る習慣をつけましょう。

濡れたままの髪は、表面のキューティクルが開きっぱなしになったり、寝ている間の摩擦によって絡まりや切れ毛が起こりやすくなります。

これが、髪の毛先や表面の痛みや乾燥につながってしまうため、アウトバストリートメントなどを付けてから8~9割ほどまで乾かすことをオススメしています。

逆に乾かし過ぎも、過乾燥になってしまい髪のパサパサを助長する原因になってしまうので注意してくださいね。

【原因2】美容院での施術がダメージの原因になることは多い

実は、みなさんが「キレイになるために通っている美容院」の施術によって、髪が痛んでしまうことは多いです。

なんだか矛盾しているような話なんですが、これは事実。

特に、

  • パーマや縮毛矯正の失敗
  • カラーを毎回全体にしてもらっている
  • カットでパサパサになっている

このような原因によって、「美容院に行けば行くほど、毛先がバサバサになったり表面のボワボワが悪化している・・・」なんて方は少なくありません。

例えば、こちらの女性。

ロングヘアは毛先の揃えるカットの仕方が重要Beforeのように、毛先がスカスカに梳かれて不揃いだと、毛先が必要以上に痛んで見えてしまいます。

せっかくいい髪質を持っていても、です。

Afterでは全体カラーをしてカットのみの仕上げ!

ご存知の方は多いかもしれませんが、僕の美容院ではサロントリートメントや髪質改善は一切行っていません。

純粋に、カットとカラーだけで仕上げています。

それでは、こちらのお客様もご覧ください。

乾燥毛の髪の毛の改善

こちらの女性もBeforeからAfterでは、カットとカラーしかしていません。

カラーは艶感が出るように見せる色をチョイスし、カットは毛先がまとまるようにしています。

「毛先を梳かれすぎた」という場合でも、何度も美容院に通わなくても、このように初回のカットで毛先にまとまりを出すことだって可能なんですよ!

もちろん、美容院でわざざわざ時間やお金をかけて「サロントリートメント」や「ヘアケア」をしなくてもいいのです。

僕がお客様におすすめしているのは、一にも二にも「ホームケア」の実践!!

毎日のちょっとしたケアだけで、今よりもぐんと髪を綺麗に見せることができるんです。

例えばコチラのお客様。

PhotoGrid_1457350786785

Beforeは、ご来店直後の髪の毛の様子。そしてAfterは、その髪にプリュムワックスを付けただけです。

まだカットもしていない状態で、ここまで変わることができるんですよね。

僕自身も、普段の生活のなかで道行く女性の髪を目にしたとき

「あぁ、この女性も本当はもっとキレイな髪に見せられるのに勿体ないなぁ・・・」と感じることが度々あります。

もちろん、言わないですけどね。(いきなり声かけてワックスなどをお勧めしたら、確実に変な人だと思われてしまうので。笑)

ちなみに。

上の女性の場合、髪の毛の表面がバサバサするのは「梳きすぎ」と「レイヤーの入れ方」に原因があります。

カットの方法が間違っているだけでも、元の髪質よりも何倍も傷んで見えてしまうケースは少なくありません。

【原因3】先天的・後天的な原因で髪が痛みやすい方も多い

髪が痛みすぎてバサバサになってしまう原因の3つ目は、「先天的・後天的な要因」が関わっています。

先天的というのは、くせ毛や剛毛などを含めた「髪質」のこと。生まれつき髪がキレイな人もいれば、遺伝でパサパサしやすい髪質の方もいますよね。

そして、後天的な要因として代表的なものは、年齢(加齢)、髪質の変化など。

特に、カラーやパーマをしていなくても、髪がパサパサとしてしまうのは「くせ毛」が原因になっていることが少なくありません。

実際に、僕のお客様でもいらっしゃいます。

こちらのBeforeのように、痛む施術をしていないのにも関わらず、髪がバサバサになってしまう方は珍しくありません。

そんな方に必要不可欠なのが、先ほどもお話させていただいた「アウトバストリートメント」です。

洗ったままの髪に何もつけないと、広がって艶のない髪になってしまうから!

僕がおすすめしているのは、保湿成分だけで作られたプリュムワックス。

髪の毛が痛みすぎ

こちらの女性は、カット後の仕上げとして最後にプリュムワックスを付けただけです。

もちろん、縮毛矯正やトリートメントなどは一切していません。

ここまで変わることができるなら、「ホームケアは面倒くさい」なんて言ってられないですよね(笑)

嬉しい口コミもたくさんいただいています!

実際に、ドライヤーで乾かした後の仕上げとしてプリュムワックスを馴染ませると、この通り!

Beforeでは、髪のパサつきのせいで痛んでいるように見えますよね?

しかし、カットをしてから「アウトバストリートメント」としてヘアオイルを馴染ませ、プリュムワックスを表面に少量馴染ませただけで、ここまで質感が変わるんです。

そんなプリュムワックスは、こちらから詳細をご覧いただけます。

動画でも使い方を詳しく解説していますよ!

【くせ毛】バサバサ毛量が多い女性にヘアケア、セット法をご紹介

また、くせ毛の髪質の方がロングヘアをばっさりとショートにした場合、うまく扱うことができなくて、バサバサと広がってしまうこともあるかと思います。

このパターンでも、プリュムワックスが活躍します。

こちらのお客様は、カットで全体のシルエットを整えてから、適当に乾かしてプリュムワックスを付けただけ。

広がりやパサパサ感が明らかに改善されていますよね?

僕のところに来て下さるお客様にもアドバイスしているんですが、髪質で痛みや乾燥が気になる場合には寝る前のヘアケアが大事。

「どうしても髪の表面がバサバサする」というときには、朝出かける前にもプリュムワックスをほんの少量だけ馴染ませ、ドライヤーを上から下方向に温風を当てて、手で撫でながらセットしてみてください。

もちろん、ブローブラシなんかは必要ありません。手グシで十分!

寝癖の直し方については、こちらの動画も参考にしてみてくださいね。

【超簡単】忙しい女性におすすめの寝ぐせ直し、朝のセット法を解説!

また。

髪型によっては、握るようにくせ毛を生かすセットもおすすめです。

直毛の女性が憧れる「くせ毛風パーマ」のようなナチュラルな仕上がりになりますよ!

一度傷んだ髪は美容院のトリートメントでも治らない!

髪の毛は「死滅細胞」です。

他の記事でも何度もお話しているのですが・・・

髪の毛は一度傷んでしまったら直らないし、どんな高級なトリートメントでも根本から修復をすることはできません。

だから、美容院MAXにはトリートメントなどのヘアケアメニューがないのです。

シンプルに考えて対策をとっていくことが、なによりも重要。

パーマや縮毛矯正をして失敗をすると髪は確実に痛みます。これを未然に防ぐことが大事という話ですね。

できるだけ痛ませない施術をし、長く美髪を維持させれば「わざわざ高級なトリートメントをしなくても」毎日のホームケアで十分なのです。

上のロングヘアの女性は、乾かす前にプリュムヘアオイルを馴染ませ、仕上げには髪の表面にプリュムワックスを付けました。

この工程をセルフケアとして行うだけで、ここまで髪の印象を変えることができるんです!

毛先のパサつきや表面に浮いていた髪も、しっとりとまとまり良くなりましたよね?

また、すでにお話している通り、普段の髪の扱い方、シャンプー方法、ドライヤーのかけ方にも注意が必要。

これらに気を付けて髪を大切に扱っていれば、美容院のトリートメントは必要ありません。そもそも、サロントリートメントは髪の表面に「シリコーン」の膜を張ることで痛みやダメージ、乾燥を誤魔化せる施術です。

こちらの動画でも、僕が熱く語っています。

美容院のトリートメントはいるの?いらないの?効果がない?

もちろん、一時的には「髪がツルツルになって痛みが治った!」と感じる方も多いでしょう。

しかし、このシリコーンの皮膜によって髪本来の「ダメージレベル」が見えなくなってしまうんです。

これは美容師さんから見ても、判別することがなかなか難しいとされているから厄介。

本当はすごく髪が痛んでいるのに、シリコーンの膜があることで「まだ健康そうな髪の毛だな」と誤判断されてしまうとパーマや縮毛矯正、カラーなどの薬剤を使用した施術を何度も繰り返して、さらなるダメージの原因になってしまいます。

髪が痛みすぎると、チリチリしたりゴワゴワになって、「切るしか改善方法はない」というところまでダメージが悪化することも少なくありません。

だから、サロントリートメントではなく、毎日のシャンプーで落とせる程度の保湿ホームケアを継続していった方が、髪のためには優しいと言えるでしょう。

痛みすぎて髪が伸びない!?その対処法とは

髪の毛先や表面が痛みすぎて、髪が伸びない・・・と悩んでいる女性は多いものです。

この場合の大きな原因は、枝毛や切れ毛があげられます。

髪が乾燥したり、指通りが悪くなったりすると髪同士が絡まり、それをほどくときにブチブチと髪の毛が切れてしまうんです。

いわゆる「断毛」というヤツなのですが、これが1日に3本できるだけでも、1か月に100本近くの切れ毛や枝毛が作られる計算に・・・。

これでは、当然髪の表面がボワボワしたり、短い毛がピョンピョン出てきてしまうのも無理はありません。

その対策としても、髪の保湿ケアは重要となります。

ドライヤーをかける前には、プリュムワックスかヘアオイルを馴染ませてから乾かすこと。

これには、以下の目的があります。

  • 指通りを良くして摩擦ダメージを軽減する
  • ドライヤーの熱ダメージから髪を守り、乾燥を予防する

毎日のアウトバストリートメントを徹底するだけでも、髪のコンディションを良くすることができ、切れ毛や枝毛を予防しながら髪を綺麗に伸ばしやすくなるはずです。

2015-09-28_09.29.30

上のお客様のように、くせ毛で乾燥をしてバサバサしてしまう場合でも、ご来店直後にプリュムワックスを付けただけで、この通り。

痛みのように見えていた髪の毛も、しっとりとまとまりの良い髪にすることができました。しつこいようですが、ブローやカット、高級なシャンプーはしていません。

そして。

切れ毛やダメージ、美容院での梳きすぎカットなどが目立つ箇所を、定期的に「少しずつ」カットしていくことで、

 

このように、半年かけて「キレイなロングへア」を作ることができました。

「長さを絶対に変えたくない」「髪を短くするのはイヤ」という場合には、時間はかかりますが・・・

約6か月程度で痛んだ毛先(梳かれ過ぎた毛先)を取り除いて、サラサラヘアを手に入れることも可能です。

もちろん、その場合にもホームケアを継続することは大事。

髪の毛は女性の印象を大きく変えるパーツのひとつなので、毛先の痛みや乾燥でお悩みの方は、ぜひ毎日の保湿ケア・アウトバストリートメントを取り入れてみてくださいね。

まとめ

今回は、髪の毛先が痛みすぎて表面もバサバサする改善策は?というテーマで、美容師である僕が解説してきました。

髪の毛先が痛む場合、以下の3つの原因をチェックするべき。

  1. 生活習慣(シャンプーやドライヤーなどの方法)
  2. 美容院での施術(パーマや縮毛矯正の失敗)
  3. 先天的、後天的な原因(髪質、年齢によるもの)

髪の毛が痛みすぎて困っている方でも、ホームケアを改善すること、カットやカラーなどの毎回の施術内容を見直すだけで、キレイな髪を維持することができるんです。

「いつも髪がバサバサに痛んでしまう」という方も諦める必要はありません。毎日のちょっとした保湿ケアや習慣の積み重ねで、まわりから「髪きれいになったね!」と言われるほどの変化をすることだって可能。

この記事が、少しでもお役に立てれば嬉しく思います。

それでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

お得な情報配信中

ショップはこちら

MAX公式LINE@


どなたでも髪質や髪型のお悩みを無料でお話しいただけます。お気軽にご登録お願いします。

MAX戸来オリジナルヘアケア

プロフィール


美容院MAXオーナー美容師戸来正博(ヘライマサヒロ)です。岩手県の美容専門学校卒業後20歳から原宿の美容院に入り、21歳でフリーランスでスタイリストデビュー。その後恵比寿や表参道などの美容院4店舗を経験し22歳で原宿に美容院MAXを設立。女性専用サロンで40代以降が8割。

加齢によるお悩みを少しでも和らげるヘアケア製品の開発、ヘアスタイルをご提供いたします。料金やご予約の詳細はコチラ

▷髪型BEFORE→AFTER画像集

MAX公式LINE無料相談

戸来オリジナルヘアケアSHOP

髪型、髪質相談室(MAX公式LINE)

YOUTUBE動画

MAX公式LINEにご登録をいただいたお客様からのご質問に戸来がお答えをし、リアルカット動画を公開しております。

ページ上部へ戻る