シャンプーの成分を解析しておすすめしているサイトはあてにならない

シャンプーを解析・分析することの意味、美容師としての見解
Pocket

今やインターネットで何でも調べられますが、シャンプー選びをするときに気になる成分を細かく解析しているサイトがたくさんありますよね。

大切な髪に直接使うものなので情報収集は大切ですが、結局そのサイトは売りたいシャンプーをランキング上位に出しているだけだったりします。

このページでは自分でもシャンプーを作ったことのある美容師が、シャンプーに配合されている成分を解析しているサイトの落とし穴について解説しています。

洗浄力の良し悪しを決定づける界面活性剤や、髪の毛の保湿・毛髪補修に効果のある成分は数えきれないほどあり、それぞれについて細かく解析・説明しているサイトをご覧いただくときの注意点とは何なのか。

何より、あなたの髪質に合うシャンプー選びに本当に解析は必要なのか、何を重視すれば良いのかをこのページでご案内します。

ぜひページ最後までお付き合いいただき、本当に自分に合った商品探しにお役立てください。

プリュムシャンプー

市販品や美容室生まれのシャンプーを解析すると何が分かる?

シャンプーを解析してわかること

最近、使っているシャンプーが合ってないなと感じて違う商品を試そうと考えたとき、インターネットで人気のシャンプーやそれらにどのような成分が含まれているのか情報収集をするのは当然のこと。

ざっくり分けるとシャンプーにはコンビニやスーパー、ドラッグストアで気軽に購入できる市販品と、美容室やオンラインでのみ購入可能な美容室生まれのシャンプーの2つがあります。

市販品は価格が安く、美容室生まれのシャンプーは値段が高い、その理由はもちろん含まれている成分の違い。

商品によっては3倍以上の値段の差が出る市販品と美容室生まれのシャンプーを解析すると何が分かるのでしょうか。

シャンプーを解析しているサイトでは使われている界面活性剤や配合成分を紹介

髪ナチュラでも紹介していますが、シャンプーにはどのようなものが使われているか解析すると、洗浄力を決める界面活性剤と髪の毛のための保湿や毛髪補修に効果のある成分に何を使っているかが分かります。

各社・美容室がどんなものを使っているか比較してあるサイトは分かりやすく便利なのですが、実はひとつ、大きな落とし穴があります。

それは各成分の配合量、何がどれだけ含まれているかは分かりません。

成分配合量はわからない

シャンプーは実は配合量が不鮮明であっても、多い・少ない関係なく含まれていれば「配合」されたものとして表記可能。

配合量が全く異なるのに、同じ成分表記の製品を作ることは可能

シャンプーの成分表記は基本的に配合量の多い順で記載されており、配合量が1パーセント以下の成分には順序のルールづけは特にありません。

言い換えると、配合量が1%以上のものだけを成分表の1番最初の成分が配合割合が最も多くなるように、そこから少しずつ配合割合を少なくしていけば良いわけです。

シャンプーは8割~9割が水と界面活性剤で作られており、配合量が1%未満のものは意外と多いのが事実。

具体例を出すと、従来のPPT※1に比べ短時間で髪に浸透し、毛髪補修してくれる成分として最近話題になっている「ペリセア」は0.3%濃度がメーカー推奨濃度となっていたり、オーガニック系シャンプーによく配合されている「○○エキス」は1%未満の配合量であることが多かったりします。

これが、市販品でも美容室生まれのシャンプーでも全く同じ成分表記なのに、全く異なる使用感のシャンプーが存在する理由。

シャンプーの成分解析をしているサイトではその配分割合を見抜くことはできない、シャンプー選びの際はこの「落とし穴」にくれぐれもご注意を。

※1ポリペプチド(タンパク質加水分解物)のことで、髪の毛に馴染みやすいトリートメント(毛髪補修)成分のこと。

シャンプーで検索すると出てくる人気ランキングは信用できる?

ランキング上位でも自分に合うとは限らない

美容室生まれのシャンプーはどうしても高いので、比較的リーズナブルな市販品の中で一番良いものを見つけたい。

その場合はインターネットで「おすすめ シャンプー」などのキーワードで検索しますよね。

実際、そういったサイトを見ると市販品シャンプーを解析してどんな界面活性剤・成分を配合しているかを紹介、その上で人気・おすすめランキングを作っています。

シャンプー探しをしているあなたにとってそのランキング情報は果たして有効なのでしょうか?

先ほどシャンプーは全く同じ成分表で全く異なるシャンプーを作ることができるとお話しましたが、シャンプーの成分表が同じでも使い心地は異なります。

成分を詳しく知ることができても、実際、使った時に自分の髪がどうなるかを知ることはなかなか難しいもの。

また残念ながらシャンプー解析をしているサイトの多くは販売したいシャンプーをランキング上位に入れています(そのために解析をしてランキングまで作っているわけですから)。

シャンプー人気・おすすめランキングをシャンプー探しのための情報のひとつとして利用するのは良いですが、大切なのはあなたの髪質に合ったものを選ぶこと。

大切な髪に使うシャンプーなので、人気ランキング上位だからなんとなくポチ、は止めましょう。


大切なのはあなたの髪質を知り、自分に合ったシャンプーを見つけること

シャンプーの解析内容をなぜ知ろうとするのか、それはあなたが自分に合ったシャンプーを探しているから、ですよね。

自分の髪に合うかどうかを確認しましょう

シャンプーに含まれる界面活性剤や各種成分のあれこれを一生懸命に調べる前に、それらがあなたの髪質に合っているのかわからなければ意味がありません。

自分に合ったシャンプーを見つけるためにはまず、あなた自身の髪質をしっかり解析することからはじめましょう。

自身の髪質を解析、状態を分析した上で自分に本当に合ったシャンプーを探しましょう

あなたは直毛・サラサラのストレートヘアですか、それともくるくるうねるくせ毛・天然パーマの髪でしょうか?

くせ毛さんの場合、実はそのくせ毛にも種類があること(別ページで詳しく紹介しています)をご存知でしょうか。

髪質だけでなく、シャンプー選びの際に大切なのが髪の状態を把握すること。

ツヤ・まとまりのある健康な髪なのか、ダメージを受けてパサパサ・ボサボサになってしまっているのか。

くせ毛を直すため縮毛矯正を受けるとぱっと見た目はまっすぐサラサラですが実は髪が傷んでしまっている可能性がかなり高いです。

また髪のおしゃれであるパーマやヘアカラーを楽しんでいるなら髪への保湿・毛髪補修が期待できるシャンプーを選ぶべきでしょう。

自分の髪の状態を知ることが大切

こうしたあなた自身の髪を分析した上で、シャンプー解析で紹介されている成分がいかに有効かをチェックして、どんな商品が自分には合っているのか決めていきましょう。

シャンプーは髪を洗浄するもので綺麗に見せるものではありません

シャンプーは髪や頭皮を洗浄するもの

さまざまな効果を謳うシャンプーが紹介されていますが、シャンプーの目的は基本的に髪や頭皮の洗浄。

お肌で例えるなら、シャンンプーはクレンジングで髪を綺麗に見せるものは化粧品です。

シャンプー選びでは、髪や頭皮に負担を与えず、しっかり汚れを落とすことができるかどうかがまず重要なポイント。

スタイリング剤をたっぷり使うヘアセット、ハードタイプやマットタイプのワックスを使う、その他髪をカチカチに固めるジェルなどを使う場合には洗浄力の強い界面活性剤を含むシャンプーを選ぶべきですが、もし髪が傷んでしまっているようであれば、洗浄力が強い界面活性剤を含むシャンプーでは髪の毛・頭皮の乾燥につながるため、マイルドな洗浄力のあるシャンプーから選ぶようにしましょう。

30歳後半から40代にかけて女性の髪はホルモンバランスの変化(エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が減少)によって髪が細く弱くなってしまうため、いつも使っていたシャンプーなのに髪がパサパサ・ゴワゴワするようになることがあります。

髪は肌の皺のように分かりやすい変化が出るわけではありませんが、年齢を重ねることで変わっていくことも覚えておいてください。

加齢による髪質変化については別ページで紹介していますのでご参照くださいませ。

髪の状態が元気なうちは洗浄力の高いシャンプーでも良いのですが、髪へのダメージや加齢による髪質の状態変化が起こっている場合には優しく髪を洗ってくれるシャンプーを選んだ方が良いですね。


くせ毛を見続けてきた美容師が作ったシャンプー

シャンプー選びで大切なのは髪質・髪の状態に合ったものを選ぶこと、というこということで、最後にあなたの髪質がもし以下の状態であればおすすめしたいシャンプー&トリートメントがあります。

  • くせ毛である
  • 加齢で髪が弱くなっている
  • パーマ・ヘアカラーで髪が傷んでいる

くせ毛はそもそも傷みやすく乾燥しやすいという性質を持っており、正しいヘアケアをしてあげなければすぐパサパサ・チリチリになってしまいます。

そんなお悩みをお持ちのくせ毛のお客様のカット・スタリイングを担当してきた美容師が作ったシャンプーを紹介させてください。

選択的洗浄機能と保湿・毛髪補修成分を配合したくせ毛さんのためのシャンプー&トリートメント

プリュムシャンプー&トリートメントはくせ毛を見続けてきた美容師が、くせ毛のお悩みを解決するためにプロデュースした商品です。

プリュムシャンプー&トリートメント 300mL

4,900円(税込)

定期購入(初回)

4,900円 (税込)

通常購入

11,000円 (税込)

プリュムシャンプーのこだわり

開発にあたり、実際にダメージを受けて傷んだ髪・乾燥してパサパサになる髪にお悩みのくせ毛のお客様の声を反映しています。

くせ毛は直毛・まっすぐストレートな髪と比べ、そもそも髪自体の構造が異なっており、傷みやすくなっています。

本来、髪内部をしっかりと守るキューティクルが剥がれやすく、髪内部から水分やたんぱく質が流出してしまい、内部がスカスカ・空洞になってしまいがち。

そうなると普段はパサパサに乾燥、でも梅雨や夏の湿気は積極的に吸収して膨張してしまい髪のうねりが悪化、手触りもゴワゴワ・チリチリになってしまいます。

くせ毛は乾燥しやすく傷つきやすい

そうしたくせ毛の髪質を踏まえ、プリュムシャンプー&トリートメントは以下の3つのポイントに徹底的にこだわりました。

  1. 洗浄成分
  2. 毛髪補修成分
  3. 保湿成分

洗浄成分には、マイルドな洗浄力を持つアミノ酸系と赤ちゃん用シャンプーにも使われている肌への刺激が弱いベタイン系の界面活性剤を配合。

ダメージに弱いくせ毛のために髪への負担をできるだけ軽減しつつしっかり洗える洗浄成分にこだわりました。

傷んでしまう髪質であることを配慮して、髪の毛と同じ成分であるケラチンをシャンプー&トリートメントの両方に贅沢に配合しています。

ダメージは癖毛の原因になる

シャンプー後に使うトリートメントにはケラチンと結合して髪を強くするヘマチン、その他アミノ酸系の毛髪補修成分、さらに7種の保湿成分を配合しています。

プリュムシャンプー・プリュムトリートメントを3ヶ月以上使用した女性のスタイリング前後の髪。

※プリュムシャンプー・プリュムトリートメントを3ヶ月以上使用した女性のスタイリング前後の髪。

もしあなたの髪がまったくもって健康でハリ・コシがあるなら洗浄力の高いシャンプー&トリートメントをお選びいただくべきですが、そもそも生まれつきのくせ毛さんであったり、髪が傷んでパサパサ・ボサボサになっていることにお悩みならぜひお試しいただきたい商品です。

くせ毛に悩むお客様とそのお客様のご意見を伺いつつ美容師が作ったプリュムシャンプー&トリートメントをぜひ使ってみてくださいね。


シャンプーの解析結果にこだわるよりもあなたの髪質に合ったものを

いつものシャンプーから違うものへ切り替えようとご検討中のあなたにとって、シャンプーを解析し、成分を紹介しているサイトはとても役立つもの。

しかし、それらの情報には穴があり、同じ成分を含むものでも洗い心地・洗いあがりに差が出ます。

市販品の人気・おすすめランキングもサイトによっては販売したいものを上位に置いてしまうため、安易にポチってしまっては本当にあなたが求めているシャンプーかどうかはわかりません。

シャンプー選びをする場合はまずあなたご自身の髪質を分析して各シャンプーの解析結果に出ている成分が合っているのかチェックすることからはじめましょう。

もしあなたの髪が生まれつきのくせ毛、パーマやヘアカラーをしている、または30代後半~40代で最近、髪がパサつくなら美容師が作ったプリュムシャンプー&トリートメントを試してみてください。

マイルドな洗浄力でしっかり髪を洗い流し、傷んだ髪を内部から保湿・毛髪補修、ツヤ・まとまりのある髪へ導きます。

このページが、いろんなページでシャンプーの解析結果を見て自分に合うシャンプー探しに迷っているあなたに役立てば幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

プリュムシャンプー&トリートメント 300mL

4,900円(税込)

定期購入(初回)

4,900円 (税込)

通常購入

11,000円 (税込)

Pocket