「美容師解説」女性が長い髪をバッサリ切る心理とは?ショートヘアの注意点も!

Pocket

「ずっとロングだったけど、飽きてきたしイメチェンしたい」

「気分転換に思い切ってショートにしようか迷っている」

このように、長い髪をバッサリ切りたいと思っている女性は必見!

今回は、髪をバッサリ切ってから後悔しないための注意点、そして実際に美容師の僕がカットしたお客様の「バッサリショート特集」をご紹介します。

女性が髪をバッサリ切るときって?

女性が髪をバッサリ切るときには、さまざまな想いがあるでしょう。

実際に僕のところにバッサリカットでご来店くださるお客様は、以下のような理由が多いですね。

  • 長い髪に飽きてきたからイメチェンしたい
  • 新生活が始まるから髪型を思い切って変えたい
  • 髪質や毛量が変わったから、似合う髪型にしたい
  • ダメージがひどい髪をバッサリカットしたい
  • もっとスタリングが楽な髪型にしたい
  • 以前から憧れていた有名人みたいなショートにしたい
  • 縮毛矯正をやめて、くせ毛を活かせる髪型にしたい

もちろん、これ以外の理由で「髪を切ろう」と思う方もいるはず!

いずれにせよ、女性が髪をバッサリと切ることは大きな決断に違いありません。

髪をバッサリ切ることのメリット

長年かけてロングにした髪をバッサリ切るときには、以下の3つのメリットが実感できます。

  1. 髪の手触りが良くなる
  2. イメージチェンジができる
  3. 髪の扱いが楽になる

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

髪の手触りが良くなる

長い髪の毛をバッサリ切ると、多くの方が「髪の手触りが良くなった」と驚かれます。

これは、パーマ、カラー、縮毛矯正などのダメージが蓄積した部分がなくなるので、手触りが格段にアップすることが理由。

傷んだ髪と決別できるのは、バッサリカットの大きなメリットといえるでしょう。

イメージチェンジができる

女性が髪をバッサリ切る醍醐味は、イメージチェンジができること。

気分が変わったり、新しい自分を発見できる喜びがあります。

実際に、ロングよりショートの方が似合う人も多いので「なんで今まで切らなかったんだろう」と話す方もいるほど。

また、髪をバッサリ切ることで、思わぬ小顔効果若見え効果を実感することも多いです。

髪の扱いが楽になる

長い髪をバッサリカットすると、髪の扱いが圧倒的に楽になります。

正直、今のあなたが想像している以上です。

シャンプーやドライヤーが楽になるのはもちろんのこと、セットやスタイリングも時短になることがほとんど。

くせ毛でお悩みの女性なら、ロングやミディアムよりもショートにした方が「くせ毛の扱い」も比較にならないほど楽になります。

くせ毛さんのバッサリショートカット実例

また、定期的に白髪染めをしている女性は、セルフで染めるのも楽になるのでオススメです。

バッサリ切って失敗?デメリットと注意点

せっかく思い切って長い髪をバッサリ切るなら、後悔はしたくないですよね!

しかし、一歩間違えてしまうと「バッサリ切って失敗した…」なんてことも。

そうならないために、美容師である僕が「バッサリカットのデメリット」と「注意点」を併せて解説していきたいと思います。

美容師さんとよく相談する

「長く伸ばした髪を切っちゃうの、なんだか勿体ないなぁ」とか「どうしようかなぁ」と迷っているのであれば、しばらくは長い髪のままでいた方がいいかもしれません。

カットしてから後悔しても、バッサリ切った髪はすぐには戻らないから。

バッサリ切ることを決心しているのであれば、まずは美容院に行って担当の美容師さんと相談をすることが大事。

そして、切ってから「似合わなかった」と後悔しないように、信頼できる美容師さんにカットをお願いするべきです。

初めて行った美容院で言われるがまま流されてしまったり、妥協で切ってしまうのは後悔の原因になります。

ぜひ注意してくださいね。

髪型の希望があれば画像・切り抜きを見せる

長い髪をバッサリ切る場合は、自分の「正直な好み」を美容師さんに伝える必要があります。

そのため「こんな風にしてほしい」「こんな感じのショートに憧れている」という画像切り抜きを必ず用意していきましょう。

ときどき「キレイな女優さんの写真を見せるのが恥ずかしい」というお客様がいらっしゃるのですが、その心配はいりません。

芸能人の画像や写真を見せられても、気分を悪くしたり笑ったりする美容師さんはいないので安心してくださいね。

さらに、バッサリカットで失敗しないためには「こんな感じには絶対にしたくない」「このスタイルは嫌い」というNG素材も見せることをオススメします。

切る長さは「何センチ」ではなく「位置」で伝える

切る長さをできるだけ具体的に伝えようとして「20センチ切ってください」などとオーダーする方が結構いらっしゃいます。

しかし、これは失敗の原因になるので注意が必要。

バッサリカットをするときには、センチではなく「顔のパーツ」で長さのイメージを伝えるのがベストです。

「サイドは顎より長めに」とか「襟足は首が隠れるくらい」といった説明の仕方が良いでしょう。

また、されたくない髪の長さも画像や指差し等で伝えるのが効果的。

「ここまで短くするのは絶対に嫌です」と、オーダー時にあらかじめ釘を刺しておくくらいが安心です。

切る前から「セット方法」の確認をする

自分から希望した、または美容師さんから提案された髪型については、以下の点を確認しておきましょう。

  • 自宅で自分でセットができるのか
  • どのようなスタイリングをすれば良いのか
  • 髪を乾かすだけで、どの程度再現できるのか

バッサリ切ってから確認するのではなく、切る前に聞くことが重要です。

特に、ロングからショートにするとスタイリング法がまったく変わります。

慣れていないせいで翌日慌ててしまうことのないよう、切った後のセット方法も必ず教えてもらうようにしましょうね。

家に帰って自分で再現できないような髪型なら、バッサリ切ってはいけません。

バッサリショート特集

ここからは、美容師である戸来が実際にバッサリカットしたお客様の実例をご紹介しながら、詳しく解説していきたいと思います。

くせ毛を活かしてバッサリショート

以下の女性は、他の美容院では「くせ毛があるから、ショートは扱いにくくなるよ」と言われたため、バッサリ切ることを諦めかけていたそう。

しかし、今回「くせ毛を活かしたショートにしたい」ということで、美容院MAX HERAIにご来店くださいました。

毛流れと生えグセをしっかり見極め、襟足に向かってコンパクトにまとまるカットを施しました。

気になっていた「髪のうねり」も、このようなオシャレな動きに大変身!

後頭部にも自然なふんわり感が出るため、頭の形もキレイに見えると喜んでいただきました。

ハチ張り×襟足が浮く女性のバッサリショート

こちらの女性は「バッサリ切ってショートにしたい」と長年思っていたそうです。

しかし、ハチが張ること襟足が浮くというお悩みのせいで中途半端な長さをキープしていたとのこと。

お任せカットで、バッサリと憧れのショートに!

BeforeからAfterでは、印象が全く変わりますよね?

コンプレックスのハチ張りをカバーするために、前髪やサイドの髪には縦にハサミを入れながら、バランスよくシルエットを整えました。

襟足の浮きが出ないように「上から髪を被せるカット」をしているため、ご本人も大満足の仕上がり!

↓こちらのカットは動画でもご覧いただけるので、よろしければご覧くださいね。

髪の量が多い女性のバッサリショート

こちらの女性は「髪の量が多くてショートにできない」と長年悩まれていたそうです。

しかも、毛量が多いことで伸ばす過程で絶対に梳かれてしまう。

すると、毛先がBeforeのようにパサパサになってしまうため、キレイなロングに伸ばすこともできなかったと話されていました。

そこで僕は、お客様の髪質をしっかり見極めたうえでバランスよく毛量調整。

さらに、頭の形をキレイに見せる「ひし形シルエット」のショートにバッサリカットしました!

簡単なスタイリングで束感が出るようにカットしたので、自宅でも簡単に再現することができます。

顔まわりの髪の毛(横髪)は、お顔の形をカバーして小顔に見せる効果が抜群です。

髪がパサつく女性のバッサリショート

こちらのお客様は「軽いくせ毛」があり、毛先がパサパサしてまとまりが悪いことがお悩みでした。

「ショートまで短くするのはイヤだけど、ボブには挑戦してみたい!」とのご希望でしたので、しっかりカウンセリングしながらカット。

横からだと少しわかりにくいのですが、鎖骨がキレイに見えて女性らしさがアップしました。

これこそ、実際にバッサリ切ってみないとわからない「自分の新しい魅力」だと思います。

パサパサとした印象だった毛先も、ダメージ部分をカットしたため収まりが改善されましたね。

猫っ毛さんのバッサリショート

次にご紹介するお客様は、ほんの少しくせ毛がある女性。

毛量が少なく、猫っ毛でもあるため「ショートにするとペタンとしてしまうのでは?」と思い、なんとなく長めをキープしていたそうです。

しかし、今回はバッサリショートにカット!

髪を短くすることで、本来このお客様が持っている華やかな雰囲気が一層引き立ちました。

毛量が少なくても、少しくせ毛があったおかげで作ることができたヘアスタイルです。

厄介な欠点だと感じていた髪質も、バッサリ切ることで「長所」に変わることも多いんですよ!

長い髪から初めてのバッサリショート

こちらの女性は、ずっとロングヘアをキープしていましたが、骨格的にボーイッシュなショートが似合うと思いバッサリカット!

とっても良くお似合いですよね!

芸能人でも長い髪をバッサリ切って垢抜け、人気が爆発する方が大勢いらっしゃいます。

こちらの女性は、まさにそんな感じ。

長年ロングヘアで過ごしていても「ショートが似合わない」と決めつけないで、ぜひ一度挑戦してみて欲しいと思います。

ちなみに「ショートにすると美容院に毎月通わなきゃいけなくなる?」と心配をされる女性が多いのですが、ショートでも2か月半~3か月のペースでOKですよ。

 

ショートにおすすめのスタイリング剤

ロングからショートに「バッサリカット」をしたら、必ずスタイリング剤を使いましょう。

美容院MAX HERAIでは、ショートやショートボブにバッサリとカットしたお客様の仕上げに「プリュムデュール」を使います。

さきほどご紹介したお客様たちの仕上げにも、もちろん使用しています。

プリュムデュールは、一般的なハードワックスやファイバー系ワックスとは異なり、柔らかい質感を残したままスタイルキープできるワックス。

硬い髪をはじめ、猫っ毛さんでも思い通りのスタイルが作れるのが大きな魅力です。

厳選した保湿成分トリートメント成分だけで作っているため、ナチュラルな仕上がりが特徴!

女性でも毎日使いやすいと好評です。

せっかくのショートヘアを、あなたも自宅で簡単に再現してみませんか?

髪とお肌に優しい成分だけでお作りしているので、お肌がデリケートな方でも安心してお使いいただけますよ。

まとめ

今回は、髪をバッサリ切ってから後悔しないための注意点、そして実際に美容師が実際にカットしたお客様の「バッサリショート特集」をご覧いただきました。

女性が「長い髪をバッサリ切ろう」と思うことは「今の私から変わりたい」という心の現れだと思っています。

そのきっかけは嬉しいことかもしれないし、もしかしたら悲しいことかもしれません。

しかし、長年伸ばしていた髪をバッサリ切ると、気持ちが軽く、明るく前向きになれることだって実際にあるんです。

そして、短くした髪型を「素敵だね!」「似合うね!」と褒めてもらえるのも、新しい毎日のキラキラとした活力になるはず。

僕のこの記事が、あなたの今と未来を「素敵な方向」に変えるきっかけとなれば幸いです。 

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

美容師が開発した毎日できる髪質改善

“使うたび美髪に導く”
傷んだ髪、くせ毛、バサついた髪、うねり、を改善する。
美容師が監修したヘアケア商品はこちら。

公式プリュムヘアケアオンラインはこちら

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください