「美容師解説」女性が長い髪をバッサリ切る(断髪)心理と注意点

Pocket

こんにちは!表参道原宿の美容院MAXを一人経営している美容師戸来です。

今回は、「女性が長い髪をバッサリ切る(断髪)心理と注意点」というテーマで、美容師として解説していきたいと思います。

長い髪をバッサリ切りたくなる衝動や葛藤って、きっと女性のみなさんなら経験したことがあるはず。

「なんとなく伸ばしていたけど、そろそろイメチェンしたい」とか、「新しい自分に生まれ変わりたい!」という想いなど、さまざまな理由があるでしょう。

若い方なら、失恋が理由で髪をバッサリ切ることもありますよね。

逆に、付き合っている彼氏や憧れの先輩から「俺様ってショートが好きなんだよね(どや)」みたいなコトを言われた場合にも、心が揺れ動くかもしれません。

(男に言われたくらいで髪型なんか変えないわよ!という方もいらっしゃるかもしれませんが・・・。)

そんなとき、どうしますか?切りますか?我慢しますか。

この記事では、「髪をバッサリ切りたい」と思っている女性に向けて、その背中をぐいっと押しながら「後悔しないためのオーダー方法」についてもお話していきます。

MAX戸来23歳!長い髪をバッサリ切っている動画

こちらでご紹介する動画は、お時間がある方だけご覧いただければと思います。

「いいから早く本題に入ってよ!」という女性は、さらっとスクロールしていただき・・・

次の項でご紹介する「美容師が感じる女性が長かった髪をバッサリ切りたいときの10の心理」へお進みくださいませ。



いかがでしょうか?

冒頭の画像を見てみると、我ながらチンピラみたいな美容師ですね。(笑)

今は大変素直になったため、全く別の人間のようになってしまった僕ですが、今でも長い髪をバッサリカットするときは多少なりとも緊張します。

手が震えるとかの緊張ではないのですが、やっぱり「女性の髪」って特別なモノじゃないですか?

だからこそ、「長い髪をバッサリ切ろう」と決断してご来店されるお客様には、絶対に笑顔で帰っていただきたいと思っているんですよね。

身が引き締まると言った方がしっくりくるかもしれません。(あっ。もちろん、いつも全力投球ですよ!)

髪は切りたいと思ったときに切りたいですよね。そして、その瞬間を大切にしているため、僕は迷うことなく切ります。

「本当に切っちゃっていいの~?」とか「キレイなのにもったいない~」などの、よくある美容師トークは一切ありません。

スピード感を大切にしています。

美容師が感じる「女性が長い髪をバッサリ切りたいときの10の心理」

では、女性が長い髪をバッサリ切るとき、どのような心理が働いているのか?

MAX戸来は、心理カウンセラーとしても活動をしています。(アメブロ『髪型で人生を変える』で詳しくご紹介しています。)

そんな美容師としてのリアルな視点で実際のお客様を分析し、「10の心理」としてまとめてみました。

  1. 自分に気合を入れたい。
  2. 新生活が始まるから髪型も新しくしたい。
  3. 職場が変わるタイミングで新たな自分で挑みたい。
  4. 髪質が変わった、毛量が少なくなった、痛んだから切りたい。
  5. 昔から短くする事を断られ美容師さんとの出会いもなかった。MAXなら絶対にショートに切ってくれるはず。
  6. 失恋や離婚などをきっかけに厄を落としにきている。
  7. しっかりした印象を相手に与えたいから「できる女風のオーラ」を出すためのクールなショートにしたい。
  8. 人生に嫌気がさし、今までの自分を捨てたい。生まれ変わりたい!
  9. 夏だ!暑い、切ろう!!(笑)
  10. すべてにおいて楽で髪型に左右されない人生を送りたい。

 

多くの女性は、実際にこのような心理で長い髪をバッサリカットに来てくださっています。

もちろん、これ以外の理由で「髪を切ろう」と決断される方もいるでしょう。

上の10項目に当てはまっていなかったからといって、髪を切ってはいけないわけではないので安心してくださいね!

昔、30代女性のバッサリカット動画を録っていました。

こちら


後半はこちら


こちらの女性が「髪をバッサリ切る」と決心した心理は、営業の成績が良くないから気合を入れるため!!

思い切って、バッサリショートカットを選択されました。カッコいい女性です!

切っている最中、雑誌なんて見ていられないし、よそ見する暇なんてありません。

自分が変わっていく瞬間を見ることが大事です。

頭が軽くなる瞬間。そして、肩の力がスっと抜ける感覚。

今まで背負っていた「長くて重い髪」と一緒に、さまざまなモノを切り落とすのがこのバッサリカットの醍醐味です。

切った日から人生が変わります。大げさじゃありません。ホントなんです!

もちろん、バッサリカットをするときには「オーダー法」などに注意しないといけないのですが・・・

そもそも自分に何が似合うのかわからないと、注文の仕方すらもわからないわけですよね。

自分はどんな髪質なのか、どんな雰囲気なのか、頭の形に似合うショートとはどんなの?・・・など。

さらに「自宅に帰ってからセットする事ができなかったらどうしよう!」など、悩みどころは満載です。

このように、切る前にはネガティブな思考になりがちなバッサリショートですが、成功(成幸)する女性の特徴は失敗を恐れていないこと。

しっかり前を向いているんですよね。

切る際の心理は本人にしかわからないことですが、もう既にこれまでの自分とは別人に変わっていることは確かです。

美容師の本音!女性が長い髪をバッサリ切る(断髪)について思うこと

「長く伸ばした髪を切っちゃうの、なんだか勿体ないなぁ」とか「どうしようかなぁ」と迷っているのであれば、しばらくは長い髪のままでいた方がいいかもしれません。

でも、「切りたい!今すぐにでも、今日にでも切りたい!」と思ったのであれば、とりあえず美容院に行って美容師さんに相談をすること。

相談をし、もし美容師さんが「うーん、○○さんは長い方がいいよ」とか「うーん、切ったら広がるけどそれでもいいですか?」など、なんだか他人事のような回答だったら、そこでは切ってはいけません。

経験やスキルだけではなく、長い髪の毛を切るという仕事は「勇気」が必要です。

切ったら戻ってこない。数年間でやっと今の長い髪になったわけですよね?

せっかく今まで毎晩頑張って乾かして、それなりにケアをし、大切にしてきた髪を・・・

そんな中途半端な美容師に切ってもらうってどうなんでしょうね?と僕は思ってしまうんです。

この場合には、もっと気持ち良くバッサリカットをしてくれる美容師さんを探してみることをオススメします。せっかくの『人生に何度あるかわからない大事な機会』なので、心から信頼できる美容師さんにお願いするべき。

流されてしまったり、妥協で切ってしまうのは後悔の元となるので、注意してくださいね。

髪質や顔型・骨格に悩む女性のバッサリカット【画像集】

上でご紹介した女性は、「くせ毛があるから、髪質的にショートは扱いにくくなるよ」と他の美容院で言われたため、バッサリ切ることを諦めかけていました。

しかし、今回僕のところに来てくださったので、くせ毛を活かしたショートに大変身!!

いかがでしょうか?Beforeでは髪のうねりがオシャレな動きを出してくれて、頭の形もキレイに見えるでしょう。

仕上げにはプリュムワックスを使用しています。清潔感のあるツヤが出て、素敵なショートになりましたよね。

では。

次の女性をご覧ください。

「バッサリ切ってショートにしたい」という気持ちはあったのですが、ハチが張ることと、襟足が浮くというお悩みのせいで躊躇していたとのこと。

お任せカットで、バッサリと憧れのショートに!BeforeからAfterでは、印象が全く変わりますよね?

気になるハチ張りをカバーするために、前髪や横の髪の毛にはタテにハサミを入れながらバランスよくシルエットを作っています。

襟足の浮きが出ないようにカットしているため、ご本人も大満足の仕上がり!

↓なんと、こちらのカットは動画でもご覧いただけますよ。

バッサリ ショートヘアでイメチェン動画【簡単!前髪のセルフカット説明付き】

次にご紹介する女性は、髪の量が多くてショートにしたくてもできない。しかも、毛量が多いから伸ばす過程で絶対に梳かれてしまう。

そうすると毛先がパサパサになってしまうため、伸ばす事もできない・・・。という長年の悩みをお持ちでした。

Afterでは、髪質をしっかり見極めたうえでバランスを見ながら毛量調整をし、ひし形フォルムの女性らしいヘアスタイルが完成!

仕上げにはプリュムワックスを少量使っています。

顔まわりの髪の毛(いわゆる触覚部分)は、お顔の形をカバーして小顔に見せる効果もあります!もちろん、この部分もワックスで束感を作りました。

もちろん、特別なブローなどは一切行っていないので、自宅でも簡単に再現できますよ。

それでは、次のお客様を見てみましょう。

こちらは「軽いくせ毛」があり、毛先がパサパサとしてまとまりが悪いことでお悩みでした。

「ショートまで短くするのはイヤだけど、ボブには挑戦してみたい!」ということでしたので・・・

カットさせて頂くと、この通り!

横からだと少しわかりにくいのですが、鎖骨がキレイに見えて女性らしさがぐんとアップされました!

これこそ、実際に切ってみないとわからない「自分の新しい魅力」だと思います。

パサパサとした印象だった毛先も、プリュムワックスで仕上げることによってツヤのある美髪に見えますよね。

これは、実際に僕が美容師としてさまざまなお客様とお話して感じたことなのですが・・・

髪質に悩んでいる女性が、長い髪の毛にしているほとんどの理由が「仕方なく」なんです。

なんだか、ちょっと勿体ないですよね。

せっかく女性に生まれてきたんだから、もっと色々な髪型を楽しめるのに!と思ってしまうこともあります。

さて。

次にご紹介するお客様も、ほんの少しくせ毛があるため、毎日結んで過ごすのが当たり前になっていて、「毎晩髪の毛を乾かすのも面倒くさい」と話していました。(笑)

さらに、ぺったんこになってしまう髪質で毛量が少ないため、ショートにすると頭の形が気になってしまいそう・・・とのことで、ずっと長めをキープしていたそうです。

でも。

Afterをご覧になって、いかがですか?すごく良くないですか!?

こちらの女性が持っている華やかな雰囲気と、とても良く合う髪型になったと思います。

この時のセットは、もちろん乾かしてプリュムワックスをつけただけ。

髪の毛の量が少なくても、少しくせ毛があったおかげで作ることができたヘアスタイルです。これまでは厄介な欠点だと思っていた髪質も、バッサリ切ることで「長所」に変わることだって珍しくないのです。

 

こちらの女性は、ショートにしたくても美容院で断られてしまうため、仕方なく重たい髪の毛のまま我慢していたそうです。

しかし、僕のところに来ればショートにしてもらえるんじゃないか!?と思って頂いたようで、ご来店。

Afterでは長い髪の毛をバッサリ切って、すっかり気に入られておりました!なんだか僕も嬉しいです。

こちらのお客様は今でも、ショートの髪型をキープしています。

ちなみに、「ショートにすると通う頻度が頻繁になってしまうのでは?」と心配をされる女性が多いのですが、2か月半~3か月のペースで大丈夫なんですよ。

※参照※ 長持ちするカットとは?

では、次の女性をご覧ください。

つむじが割れてしまう、後頭部がペタンコに潰れてしまうなどのお悩みでご来店。

Beforeでは、レイヤーを入れてボリュームを出そうと長い髪をキープしていましたが、毛先のパサつきやハネが目立ち・・・正直ケアするのが難しいとおっしゃっていました。

Afterでは、お悩みをカバーして後頭部に丸みがある髪型にするため、長い髪をバッサリ切りました。

セットは、乾かしてプリュムワックスをつけただけ。(そればっかりだな!と思われてしまうかもしれませんが、余計なブローやセットをしないでも作れる髪型でないと、お客様がご帰宅されてから再現できなくなってしまうんですよね。

こちらは、20歳の女性。成人式を前にしていましたが、「まわりの友達がみんな長いから、被らないようにしたい!」ということでバッサリ切りました。

さらに人生初のカラーを担当させていただき、記念に自分の髪を自分で切ってもらいましたよ!

大変身した自分の髪を鏡で見て、とっても嬉しそうにしていました。本当に、切って良かったですね。

こちらの女性は、骨格的にボーイッシュなショートが似合うと思い、短めに切りました。とっても良くお似合いですよね!

芸能人でも長い髪をバッサリ切って垢抜け、人気が爆発する方が大勢いらっしゃいます。まさにそんな感じ。

ずっとロングヘアで過ごしていても、「ショートが似合わない」と決めつけないで、ぜひ一度挑戦してみて欲しいなぁと思います。

新たな自分の魅力に気付けるチャンスを逃しているかもしれませんよ!?

参考までに。

長い髪をバッサリ切って人気が出た芸能人の記事を、以下にまとめておきますね。興味があれば、ぜひご覧ください!

 

こちらの動画も、ご覧になってみてください。

【芸能人の髪型】一般方向け!吉瀬美智子さん風にバッサリとショート

【バッサリ】北川景子さんの髪型ショート!2019年最新のカット「ファーストラヴ編」

くせ毛でもできる!辺見えみりさん風にボブからばっさりショート【くびれショートボブのセット方法】

バッサリ切ってショートにしたらセット法を学ぼう!

髪が長いときには、「困ったときには、とりあえず結んでしまえば解決!」だったかもしれませんが・・・

ショートにするとそういうわけにはいきません。スタイリング剤は絶対に必要です。

そして、肩より長いロングヘアとショートではそもそものスタイリング・セット方法が変わってくるんですよね。

だからこそ、しっかりと聞いて学んで、さらに感覚で覚えていく必要があります。

ご存知の方も多いかもしれませんが・・・(というか、ここまでで何度も「仕上げに使いました」と繰り返していますが)

美容院MAXでは、ショートやショートボブにカットしたお客様の仕上げには、必ずと言っていいほど「プリュムワックス」を使います!

5種類の保湿成分だけで作っており、ホホバオイルやアルガンオイルがブレンドされているため、サラっとしたテクスチャ。

女性でも毎日使いやすいと好評なんですよ。もちろん、お肌についてしまってもニキビができる心配もありません。

美容院で作ってもらった髪型も、自宅で簡単に再現することもできちゃう優れもの!!

ショートやショートボブのセット方法・ワックスの使い方については、以下の動画がわかりやすいのでぜひご覧ください。

【ハンサムショート】リアルヘアカット!セットはワックスだけ!

こちらでもバッサリカット風景やセット方法などをご紹介しているので、よろしければどうぞ♪

【カット動画】新!大人のくせ毛、バッサリ小顔ショート!

ショートヘアは、「スタイリング剤をつけるかつけないか?」で大きく変わることがわかるはずですよ!

プリュムワックスで「くせ毛が好きになる」ショート女性必見ワックスの付け方、使い方

 

後悔しないオーダー方法!長い髪をバッサリ切るときの5つの注意点

せっかく思い切ってイメチェンするなら、後悔なんかしたくないですよね!

そんなあなたへ、僕からのアドバイスです。失敗しないための美容師さんへのオーダー方法となります。

長い髪をバッサリ切るときには、以下のことを絶対に忘れないようにしてください。手帳にでもスマホにでもメモっておいて欲しいくらいです!

そして、切ってから「似合わなかった」と後悔しないように、信頼できる美容師さんのもとでバッサリ切ってもらう事をオススメします。

【注意点1】スタイルの希望があれば画像、切り抜きをもっていく

長い髪をバッサリ切る場合は、特に自分の「正直な好み」を美容師さんに伝える必要があります。

そのため、「こんな風にしてほしい」「こんな感じのショートが好き」という画像や切抜きを必ず持っていくようにしましょう。

画像や写真を見せられても、気分を悪くする美容師さんはいません。安心してください。

というより・・・

自分のなりたいイメージや希望を言うことができないような美容院には、正直・・・行かないことをオススメします。

さらに、バッサリカットで失敗しないためにも「こんな感じにはしたくない」という素材も持っていくと尚良しです!

【注意点2】何が似合うのかわからない場合は美容師さんを信じる!?

長い髪をバッサリ切って、ショートにしたい!という気持ちはあっても、どんな髪型やスタイルが似合うのかわからない場合もありますよね?

そんなときには、思い切って美容師さんのセンスに任せましょう。

完全お任せでなくても、「こんな感じがいいと思うんですが、私の髪質や頭の形を見てどうしたらいいと思いますか?」と聞いてしまうのが◎

もし、その時に自信なさげな返答や雰囲気だった場合には、そこで切るのを中止して他の美容院を探しましょう。

お腹が痛くなったとか、急用ができてしまったなどと言って帰ってください(笑)

とはいえ、なかなかそんな切り抜け方ってできないものですよね。その場合には、ストレートに「やっぱ切るのやめます」と断るのもOK。

どうしても「帰れない」「やめますと言えない」というときには、『やっぱり気分が変わったので』などと言って、毛先1センチだけ切ってもらって終わりにしてもらいましょう。

バッサリカットは、絶対に妥協してはいけません!これは鉄則です!!

【注意点3】何センチではなく顔のパーツで説明

これは、結構やってしまう方が多いのですが・・・

美容師さんにオーダーするとき、「20センチくらい切ってください」と言っても正直、正確には伝わりません。

センチではなく顔のパーツ(リップライン、顎、頬など)で説明をして、長さのイメージを伝えましょう。

「ここまで切ったら泣く」「こんなに短くされたら怒ります」という明確な髪の長さを、画像や指差し等で伝えるのも効果的です。

【注意点4】切る前から「セット方法」の確認をしておくべし

自分から希望した、または美容師さんから提案された髪型は、「自宅に帰ってから自分でセットをする事ができるのか?しなくてもいいのか?」を聞くことを忘れないようにしましょう。

切ってから確認するのではなく、切る前に聞くことが重要!!

家に帰って再現する事ができないなら、バッサリ切ってはいけません。

美容院MAXでは、基本的に「適当に乾かしてから誰でもできる簡単なセット」で仕上げます。

しかし、なかには丁寧にブローをしてセットをする美容院も存在するので、切る前に「私はこのようなセットができないのですが、バッサリ切っても大丈夫ですか?」と聞くこと。

そして、切った後のセット法を必ず教えてもらうようにしましょう。もしも、そのセット方法が「よくわからないな」という場合には、その場で教わってください。

とはいえ、一回でわからない事がほとんどだと思います。

MAXでは二回目以降のご予約の場合のみ前髪カット3千円ですので、その時にセット方法がわからない旨をお伝えくだされば、再度丁寧にお教えいたします。

【注意点5】記念として写真に残すこと

人生で数回あるかないかのバッサリカット!これは、記念として写真に残しておくべきです。

切る前の髪型と切った後のヘアスタイルはスマホカメラなどでOKなので、必ず撮ってもらった方が思い出にもなります。

これは、髪型のオーダーとは関係のない話かもしれませんが、絶対に後から見比べたくなるものなんです。

そのときに「あぁ、やっぱり切ってよかったな」と思えるような髪型を作ってもらいましょう。

ちなみにこれは、美容師さんへの圧力(プレッシャー)ではありません(笑)

単純に、あなた自身の記念として撮っておくべきだな・・・と思ったからです。

とはいえ、写真に記録されると美容師さん側もテキトーなことはできなくなるため、一石二鳥かもしれませんね!

まとめ

今回は、女性が長い髪をバッサリ切る(断髪)心理と注意点というテーマで、美容師である僕がリアルな視点から解説させていただきました。

長い髪を切ろうと思う時、女性にはさまざまな想いや状況があるのだと思います。

そのきっかけは嬉しいことかもしれないし、もしかしたら悲しいことかもしれません。

女性が「長い髪を切ろう」と思うことは、「今の私から変わりたい!」という心の現れだと思っています。そして、その決心を実行できた女性だけが、ある意味「清々しい達成感」みたいなものを感じられるのでしょう。

ずっと当たり前のように伸ばしていた髪をバッサリ切ると、あなたが思ってる以上に人生が大きく変わります。

重くのしかかっていた「憂うつな気持ち」から解放されたり、引きずっていた「嫌なこと」からスッキリできたり・・・。

いま以上に気持ちが軽く、明るく前向きになれることだって実際にあるんです。

もちろん、短くした髪型を「素敵だね」「似合うね!」と褒めてもらえるのも、新しい毎日のキラキラとした活力になるはず。

僕のこの記事が、あなたの今と未来を「素敵な方向」に変えるきっかけとなれば幸いです。

もしも、何か不安な点や疑問などがあれば、お気軽にLINEでご相談くださいね。いつでも待ってますよ!

それでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございます!

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

美容師が開発した毎日できる髪質改善

“使うたび美髪に導く”
傷んだ髪、くせ毛、バサついた髪、うねり、を改善する。
美容師が本気で監修したヘアケア商品はこちら。

公式オンラインショップはこちら