髪にいいシャンプーとは?市販はダメ?成分の特徴・選び方

Pocket

こんにちは!原宿にある美容院MAXを一人経営している美容師戸来です。

今回は、「髪にいいシャンプーとは?市販はダメ?」という疑問にお答えしていきたいと思います。

シャンプーって毎日使用する消耗品なので、できるだけ安いシャンプーを使いたいのが本音ですよね。

でもその反面、「シャンプーで髪の毛が少しでもキレイに見えるようにしたい」とか「肌や髪の毛にいい成分が配合されたシャンプーを使いたい」「髪質をちょっとでも改善したい」と考えている方も多いはず。

一般的には、値段に比例していいシャンプーと思われていますが、果たしてその話は本当なのでしょうか?

そこで、美容師の僕が『髪にいいシャンプー』について、成分の特徴や選び方をわかりやすく解説していきます。

「自分に合うシャンプーを知りたい!」という方は、ぜひ最後までじっくりとお読みくださいね!

髪にいいシャンプーとは?市販のシャンプーはダメ?

市販のシャンプーは安いことが最大のメリット。

「安い原料を使っている市販の製品はいいシャンプーではない」なんてことはありません。ましてや、市販のシャンプーがダメとも言いません。

実際に、僕のお店に通っているお客様でも、市販シャンプーを使っている人はたくさんいます。そして、髪の毛が綺麗な人も多くいらっしゃいます。

正直言って、安い市販のシャンプーでも、質感の良い髪の毛を維持することはできるんですよね。特に、生まれつき髪質が良い方の場合には、「どんなシャンプーを使っても、わりと問題ない仕上がりになる」なんて方もいるほど。

「シリコーンが入っているシャンプーはダメ」なんて良く言われていますが、これも正しいとはいえません。

後ほど詳しくお話しますが、一番大切なことは『自分に合ったシャンプーなのか?』ということ。そして使い方ですね。

シリコーン入りのシャンプーであろうと、良い髪の状態をキープできているのなら、特に問題視することではありません。

もちろん、毎日使っていると「髪がベタベタする」とか「ギットリしてきた」などの変化を感じることも多いです。これは、シリコーンが髪の表面に蓄積してきたから起こる現象。

シリコーン入りシャンプーに限らず、自分の髪の状態やダメージ具合とよく相談しながら、必要に応じて使い分けていくことが「キレイな髪」をキープするためには大切だといえるでしょう。

自分に合った「いいシャンプー」の選び方・成分の見方

「自分に合ったいいシャンプーを見つけたい!」と思ったとき、シャンプーを選ぶ際に成分表記や解析、ランキング、口コミを参考にする方は多いかもしれません。

でも、それは本当に正しいシャンプーの選び方なのでしょうか?

人気のシャンプーがあなたにとって「いいシャンプー」とは限らない

まず、はっきり言ってしまうと・・・万人に合ういいシャンプー、製品なんてありません。

だから、ランキングで1位のシャンプーが、あなたにとって「いいシャンプー」とはいえないんですよね。

あなたの髪質に合っていなければ全く意味がないわけですし、使い心地の感じ方にも個人差があります。

本当にいいシャンプーを探したいなら、あなたと似たような髪質・肌質の人がどうなっているのか?という部分に注目して探すことがポイント。

それは値段が安い高いなどは関係なく。考え方はシンプルでOK。

そして。実際に使ってみて・・・

あなたがいいと思ったシャンプーこそが、あなたに合う本当にいいシャンプーなのです。

「原料が高いからいい」とか「安いから悪いシャンプーなんだ」なんて決めつけるのは、もうやめましょう。

シャンプー成分の見方について

でも、「やっぱりシャンプーの成分が気になる」「肌や髪に合わない成分は避けたい」と思っている方も多いでしょう。

では。

どこを見ればその製品についてがわかるのか?

それは・・・シャンプー本体の裏面や箱に記載してある成分表記です。

PhotoGrid_1473230406408

上の画像で赤で囲っている上位12位(成分の表記順に配合量が多い)くらいまでググってみてください。

いかがですか?

  • あなたに合いそうなシャンプーなのかどうなのか?わかりますか?
  • 自分の髪質や頭皮がどんな状態なのか本当に理解していますか?
  • 自分の髪型、求めるデザイン、質感にはなにを使うべきか理解できますか?

ちょっと難しいですよね。

もちろん、成分をひとつひとつ見られるのであれば、それはシャンプー選びの際に役立つでしょう。

しかし、普通の方がそこまで細かく成分を分析して選ぶのは、なかなかできないのが現実。(できたらベストです!)

そんなとき「ネットの口コミランキングを見てみよう」なんて思う方も多いかもしれませんが、ネット情報が全て正しいとも言いきれません。

ましてや、髪質や肌質は人それぞれ違います。

じゃあ、何を信じればいいのか?誰に確認すればいいのか?・・・。

その答えは、あなたの髪の状態や変化を良く知っている「毎回担当してくれている美容師さん」です。

「私の頭皮や髪質に合ったシャンプーを教えてください」と聞いてみるのが一番の近道だと、僕は思います。

髪にいいと言われているシャンプーの成分

ここでは、世間一般的に髪や頭皮にいいと言われている有効成分をまとめてみます。

ベタイン系界面活性剤

ベタ陰茎界面活性剤は、両面界面活性剤に分類される洗浄成分のこと。

洗浄力に優れているにも関わらず、お肌への刺激が少ないことが特徴です。また、保湿、静電気防止などの効果があるとされています。

表記名はコカミドプロビルベタイン、 ラウロイルプロビルスベタイン、 ココアンホ酢酸。

アミノ酸系界面活性剤

アミノ酸系界面活性剤のなかでも代表的なのが、アシルグルタミン酸、ラウロイルメチルアラニンNaと表記されているもの。

成分表をじっくり見ていただければ、見つけることができるはず。

アミノ酸系の界面活性剤の特徴としては、泡立ちがよく殺菌力が弱いので、お肌がデリケートな敏感肌の方に適しているといわれています。

リピジュア

リピジュアは、ヒトの細胞膜を構成している成分「リン脂質」をモデルに開発された「保湿成分」です。

保湿力に優れているといわれている「ヒアルロン酸」の約2倍もの保水性を持ち、スキンケアや医療などでも注目されている成分。

ダメージで乾燥しがちな髪にうるおいを与え、しっとりとした手触りに導いてくれる優秀な保湿成分として話題になっています。

この他にも・・・

天然オイル、トレハロース、ヘマチン、キトサンなどなど・・・さまざまなシャンプー成分がありますが、全てを解説しているとかなり長くなってしまうので、今回はこれくらいでご勘弁ください。またの機会に詳しくご紹介したいと思います。

 

肌質や髪質別!シャンプーの注意すべき成分とおすすめ成分

肌だって、乾燥肌、脂性肌、混合肌があります。そして髪型にも大きく分けてロング、ショートがあります。

もちろん、ダメージ度合いも違いますよね。季節や食生活、ストレスだって関係するんですから。

冬になったら静電気も気になるようになって、絡まりやすくもなるはず。じゃあ、夏になったら?梅雨は?

このように考えていくと、「じゃあ何を使ったらいいの?」と混乱してしまうはず。「結局どんなシャンプーを選べばいいかわからない!」という方のために、肌質や髪質別に注意すべき成分おすすめ成分についてご紹介していきます。

敏感肌の方

敏感肌でお悩みの方は、洗浄力が弱めの「アミノ酸系の界面活性剤」が使われているものを選ぶと良いでしょう。

お肌がデリケートな方の場合、強い界面活性剤が過剰に配合されているシャンプーを使ってしまうと、頭皮のかゆみやフケといったトラブルが出やすくなります。

また、乾燥性敏感肌の方だと「分泌される皮脂量」が少ない傾向があります。そのため、洗浄力の強いシャンプーはできるだけ避けるべき。

頭皮や髪のうるおい膜として作用している「皮脂膜」まで、容赦なく根こそぎ除去してしまうからです。

 

具体的には、高級アルコール系界面活性剤のラウリル硫酸ナトリウムラウレス硫酸ナトリウムなどが成分表示に記載されている製品はおススメできません。

もちろん、お肌がデリケートな方はシャンプー方法にも注意しましょう。

敏感肌様必見!美容師が解説する自宅での正しいシャンプーの仕方、やり方とは

 

脂性肌の方

脂性肌で困っている方は、逆に「アミノ酸系のシャンプー」でトラブルが出ることがあります。

アミノ酸系の界面活性剤は、お肌には優しいのですが洗浄力や脱脂力が弱いので、使い続けるごとに嫌な臭いや痒みが生じるケースも少なくありません。これは、古い皮脂が取り除ききれずに、酸化を起こしてニオイや肌刺激になってしまっているから。

また、シリコーン入りのシャンプーもあまりおすすめできません。シリコーンは、髪表面をコーティングする「皮膜作用」がありますが、脂性肌の場合には皮脂とシリコーンが混ざり合って、ベタつきの原因になってしまうこともあるんです。

 

おすすめは、ノンシリコンでしっかりとした洗浄力があるシャンプー。

特に、洗浄力もあって肌刺激も少ない「ベタイン系」の界面活性剤が使われている製品が良いでしょう。

髪が傷んでいる方(ダメージ毛・カラー毛など)

ダメージ毛、カラー毛など髪の毛が傷んでいる方の場合には、補修成分が含まれているシャンプーがおすすめ。

なかでも、傷んだ髪を補修する効果があるといわれている「ヘマチン」を配合している製品が良いと思います。ヘマチンは、カラーやパーマなどを行った髪に残留する「酸化剤」や「還元剤」と呼ばれる成分を除去する働きがあるため、施術後の髪を長期間キレイに保つ効果もあるとされているんですよ。

 

その他、薬剤を使用した施術をした髪の毛は、表面のキューティクルがダメージを受けていることも。すると、髪内部の水分をうまくキープすることができなくなり、パサパサとした手触りになってしまうんです。

そのため、キューティクルを整えながら水分保持をしてくれる「ケラチン」という成分が配合されたシャンプーもオススメです。

ケラチンは、髪の主成分の「アミノ酸」から構成されるタンパク質のこと。パサつきや指通りの悪さを感じている方には、ぜひ注目して欲しい成分のひとつと言えるでしょう。

シャンプー方法やホームケアの見直しも大切!

上のお客様は、市販のシャンプーを使用していますが、アウトバストリートメントとして「プリュムヘアオイル」を馴染ませてから乾かし、仕上げに保湿力の高いワックスを表面に軽く付けました。

これだけのケアで、髪の見た目は大きく変わるのです!

市販のシャンプーでも美容院のサロンシャンプーでも、そもそものシャンプー方法や乾かし方を間違っていては意味がありません。

むしろ、シャンプー法を正しく行っていない場合には、どんなにいいシャンプーを使っても「なんだかイマイチ」な仕上がりになってしまいます。

シャンプーをする前には、丁寧にブラッシングをすること。そして、予洗いとして髪をしっかりと濡らして、手で泡立てたシャンプーを付けて優しく包み込むように揉み洗いしましょう。

また、髪が濡れているときに、手グシのような形でシャンプーするのはNG!

髪の摩擦ダメージにも繋がってしまうし、切れ毛や枝毛の原因にもなってしまいます。

こちらの動画でも詳しく解説しているので、ぜひご覧くださいね。

【市販VS 高いシャンプー】美容師が教えるシャンプーのおすすめとは

 

さらに、乾かし方も重要です!気になる方は、ぜひ動画をチェックしてみてください。

また、いまお使いの製品はそのままで、カットやカラーが変わるだけでも髪の状態は大きく変化します。

こちらの女性をご覧ください。

【Before】ご来店直後はこちら。

髪の毛がパサパサでまとまらない

毛先から中間にかけて、パサつきとまとまりの無さが気になっていらっしゃいました。

しかし、カットとカラーをしただけで・・・

【After】

綺麗にまとまるカット

こんなにツヤツヤ美髪に!!

しつこいようですが、カットして乾かしただけです。

なんでこんなに変わってんの?時間をかけたんでしょ?と思われるかもしれませんが入店から退店までおよそ45分!

こんなメッセージをいただきました

シャンプーやカットの口コミ

髪の美しさを決めるのは、シャンプーだけではないってことです。

また。

正しいシャンプーを行った上で、ホームケアを取り入れることが大事!

例えば、こちらの女性。初回来店直後の髪を撮影させて頂きました。

Screenshot_2016-09-06-18-55-16

この状態から、カットとカラーをさせていただきました。

そして2か月経過した来店直後はどうなっているのでしょうか・・・。

DSC_1883

こちらが2か月後の来店直後です!いかがでしょうか。

プリュムワックスと、僕がおすすめしているプリュムシャンプー&トリートメントだけで、この通り。良い状態の髪をキープすることができています。

美容院の滞在時間はおよそ90分。

こちらのお客様が美容院ですることは、カットカラーだけでいいんです。

そして、髪と頭皮に合ったシャンプーを使用し、正しく洗浄すること。本当にいいシャンプーの目的は、髪を洗浄をすることなんですから。

そしてプラスαとして、プリュムワックスでのホームケアを欠かさないことで、ここまで見た目をぐんと変えることができるのです。

こちらのお客様も。

ホームケアを変えるだけでも髪は綺麗になります。

Screenshot_2016-09-06-18-54-12

同じ来店直後です↑(Afterは2か月経過した髪)

正しいシャンプー方法をお教えして、毎日のホームケアを行って頂いた結果です。後姿だけでも、まったく印象が変わりますよね?

使っていただいたのは、プリュムワックスだけ。シャンプーは市販のものを使っていても、ここまで変わることができるんです。

Screenshot_2016-09-06-18-54-53

上のお客様もシャンプーは変えていません。

ただ、アウトバストリートメントとしてプリュムワックスをつけるようにしただけ。

「合うシャンプーがなかなか見つからない」「シャンプーを変えても髪がキレイにならない!」とプチパニックになる前に、もっとやるべきことがあるということなんです。

美容師こだわり開発の「プリュムシャンプー」について

それでは、最後に僕が美容師として開発した『プリュムシャンプー』をご紹介させて頂きます。

髪とお肌にいいものだけを詰め込んだ、こだわりのシャンプーに仕上がっています。

美容師戸来が、まわりの人間から「ちょっと、シャンプーにこだわり過ぎじゃないですか?」と言われるほど、成分をとことん厳選しました!

もちろん、着色料や合成香料、鉱物油などの余計なものは一切入れていません。できるだけ多くの方に使って頂きたいという想いから、これらの成分は一切無添加です!

髪の修復作用がある「ヘマチン」や、キューティクルを整えて水分保持をしてくれる「ケラチン」もしっかり配合。

だから、極限までパサパサに乾燥してしまった髪でもこの通り。

実際に使って頂いたお客様からは、嬉しい声がたくさん届いています。

本当にありがとうございます!

希少な原料がなかなか手に入らず、一時期ずっと品切れ状態でしたが、現在は「詰め替え」という形でお届けできることが決まっています!

まだ購入したことがない方でも、お好みのボトルに移し替えていただければ、問題なくお使いいただけるので安心してくださいね。

プリュムシャンプーの詳細は、以下からご覧いただくことができますよ。

まとめ

今回は、髪にいいシャンプーとは?市販はダメ?というテーマで、成分の特徴や選び方について解説してきました。

高いシャンプーだからいいとは言えないんです。逆に安い市販のシャンプーでキレイな髪を保っている人もいるのが現実。

高いものを使っているから安心!!ではなく、本当に自分に合うものを使うことが何よりも大切。

その見極め方については、この記事でご紹介した知識をもとに色々試してみるしかない!ということ。

すべての悩みに効くいいシャンプーなんて、そんな万能製品は存在するはずがありません。

一番大切なことは、あなたの髪質や状態に合った成分配合のシャンプーを使うことです。市販でもOK!

でも、どうしても「自分に合うシャンプーが見つからない」という場合には、僕が開発したプリュムシャンプーを試していただきたいと思います。

それでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

美容師が開発した毎日できる髪質改善

“使うたび美髪に導く”
傷んだ髪、くせ毛、バサついた髪、うねり、を改善する。
美容師が本気で監修したヘアケア商品はこちら。

公式オンラインショップはこちら