美容師解説!毛先がチリチリになったらトリートメント?原因と対策について

Pocket

こんにちは!表参道原宿で美容院MAXを一人経営している美容師戸来です。

今回は、「毛先がチリチリになったらトリートメント?」という疑問をお持ちの方に、チリチリの原因と正しい対策について解説していきたいと思います。

まず、残念な結論からお話してしまいますが・・・

チリチリになった毛先をトリートメントで治すことはできません!!

「じゃあ、どうすればいいの?こんなチリチリ恥ずかしくて人前に出られない…」と、今まさにお悩みの方こそ、この記事は必見ですよ。

美容師解説!毛先がチリチリになる原因とは?

髪自体がチリチリ・ゴワゴワしてしまう方も多くいらっしゃいますが、それはくせ毛や縮毛などの「髪質」が原因です。

ただし、髪質で毛先だけがチリチリになってしまうことは、ほぼありません。

くせ毛や縮毛などがある方の場合、前髪や髪の根元、中間など「毛先以外の部分」にもチリチリが出ていることがほとんど。

こちらの女性は、まさに髪質が原因のチリチリですね。

毛先がチリチリになってしまう原因は大きく分けて2つあります。

  1. カットで痛んだ
  2. パーマや縮毛矯正の失敗

要は、美容院での施術がチリチリ毛先の元凶となっていること!!

ここに気付くことができないと、悪循環にハマったまま、髪はどんどんボロボロになっていくこと間違いなしです。

毎回美容院で、トリートメント(髪質改善)をしている人に限って毛先がチリチリになってしまっています。

サロンケアはやってもらった当日は手触りや見た目は綺麗に直っているように見えて、実際に良くなっているように感じることができる。

サラサラで艶のある髪になりますが、「その場しのぎの誤魔化し」なんです。

つまり、髪の表面にコーティングをしているだけ。

トリートメントでコーティングしていると、美容師さんでも髪のダメージレベルを判断することが難しくなってきます。

そして「髪が痛んでいない」と勘違いをして、パーマ等の施術をしてしまうと・・・強い薬剤が髪に大きなダメージを与えてしまい、チリチリになってしまうんです。

ある意味、髪の毛の立場からすると「トドメをさされた」みたいな感じですね・・・。

「毛先がチリチリになってしまった!」おすすめの対策

この記事を読んでくださっている方は、「原因よりも、なんとかする対策を知りたい!」と思っているはず。

ここからは、具体的な改善策・方法について解説していきたいと思います。

まず、「毛先がチリチリになってしまった!」という緊急事態は、以下の3つの方法で切り抜けるのがおすすめです。

  1. チリチリしたところを切る
  2. セットでごまかしながら、少しずつ切って修正する
  3. ホームケア製品で綺麗に見せながら少しずつ切る

※注意※その他の施術は費用と時間がかかるだけではなく、リスクがあり効果が望めません。

例えばチリチリした髪(ビビり毛)を直すような施術です。

なぜおすすめをしないのか?というと・・・、その修正も失敗してしまい、MAXに来店される方が多いから。

結局切ることになるんです。

しかも、最初よりも酷い状態になっているため、修正にも時間がかかりますし、切る範囲も大きくなってしまいます。

もちろん、施術にかけたお金も勿体ないですよね。料金を支払って、髪を傷めつけるなんて悲しすぎます。

そのため、「こんなことなら、初めから切るべきだった」と後悔される方が9割以上いらっしゃるのが現状です・・・。

【対策1】チリチリした毛先を切る

繰り返しの髪質改善(縮毛矯正)や梳きすぎカットなどによって、このように毛先がチリチリになってしまったお客様。

チリチリになった部分をカットして、プリュムワックスでセットしてみると・・・

この通り!!同一人物とは思えないくらい変わりましたよね。

パーマや縮毛矯正・髪質改善など、美容院の施術や薬剤が原因で毛先がチリチリになってしまったときには、やはりカットして修正するのがベストです。

傷んでしまった髪は、基本的に元に戻ることがありません。

僕は他の記事でも何度もお話していますが、髪が「死滅細胞」だから。

死んだ細胞の集まりなので、傷んだら傷みっぱなし。どんなにサロントリートメントで表面にコーティングをしたところで、元の健康な髪に回復するわけではないんですよね。

【対策2】毛先がチリチリ!長さをあまり変えずカットとセットで修正

パーマや縮毛矯正を失敗して、チリチリになってしまった場合でも「髪を伸ばしているから、あまり短い髪型にはしたくない!」という方も多いでしょう。

そんなときには、できるだけ長さを変えないで痛みを目立たないようにカットするのがオススメです。

こちらのお客様は、「デジパで毛先がチリチリになってしまった!」ということで、僕のところに駆け込みしてくださいました。

▼来店直後(Before)

失敗の原因は、「髪の毛を伸ばしやすくしたい」と考え、傷んでいる髪にデジタルパーマをかけたことにあります。

毛先のチリチリだけではなく、髪の毛全体がデジタルパーマによってさらに広がってしまっていました。

前回の美容院では、広がらないように段やレイヤーを一切入れない「重めデザイン」にしてもらっていたようです。

しかし、パーマの失敗によってこのままでは絶対に広がってしまうのは避けられないため、広がっても形になるシルエットを目指さないといけません。

毛先を拡大するとこのように・・・

ここまで毛先がチリチリになってしまっています。

さて、美容師戸来はどうするか!?

お客様のご希望通りできるだけ長さを変えないで、自宅でもできるヘアケアとカットで誤魔化しましょう。

▼After

いかがでしょうか?

カットして、プリュムワックスを仕上げに付けただけです。かなりチリチリ感が目立たなくなっていますよね!

本来であれば、一度痛んでチリチリになってしまった髪はバッサリ切ってしまうのがベスト。

しかし、髪の中間からチリチリになってしまった場合には、切ったらショートになってしまうし、できれば切りたくないですよね?

特に、こちらのお客様はもともと「髪を伸ばしたい」という希望があって、デジパをかけたほどですからね。

その場合は、このようにうまく誤魔化す方法をとるのが良いと思います。

【対策3】毛先のチリチリをホームケアで改善するには?

僕のお店にはトリートメントというメニューがないのですが、「チリチリになってしまった方をどうやって対応するのか」というと・・・

カットとホームケアです!!本当にこれだけ!

場合によってはカットのみで解決されます。できるだけチリチリを誤魔化したいときには、ホームケア追加するとなお良し!

さらに、髪質が原因で毛先がチリチリになっている場合でも、正しいホームケアでチリチリを改善、またはベターな状態に持っていくことができます。

なぜなら、「髪質でチリチリ=乾燥が原因」だから。

特に、プリュムワックスはお肌にも優しい保湿成分だけで作っているため、毎日のホームケアには最適かと思います。

しかし・・・

「じゃあ、毛先のチリチリはシャンプーやトリートメント、プリュムワックスで直るの?!」と思われた方、ごめんなさい。

厳密にいうと直らないです。

そしてプリュムワックスに関しては根本的な髪質改善にはならないし、ただの誤魔化しです。

もちろん、美容院でするトリートメントも同じ誤魔化しですけどね(笑)

メイクで言えば、お肌をキレイに見せるための「ファンデーション」のようなイメージで考えていただけると良いかと思います。

ファンデーションを塗ってムラのないツヤ肌に見せることができても、化粧落としをしてしまったら元に戻りますよね。

肌質を改善するとか、肌荒れを治す目的でファンデーションを使っている方はいないはず。

プリュムワックスも、それと同じこと。付けている間だけツヤのある扱いやすい髪にしてくれるヘアケア製品なんです。

実際に、僕がおすすめするホームケアを実践したお客様からは、このようなお声が寄せられます。

こちらは、「プリュムワックス」を使用されたお客様からの口コミです。

毛先がチリチリになってしまった方しかわからないことかもしれませんが・・・

シャンプートリートメント、アウトバストリートメント(プリュムワックス)を適した物に変えるだけで「少しずつ良くなる」という実感をされる方も現実にいるということ。

絶対に効果がある!改善できる!とは言えませんが、逆に「つけないよりは絶対に付けた方がいい」とは自信を持って言えます。

このような毛先のチリチリ、パサパサにも・・・

プリュムワックスで保湿してあげるだけで、まとまりが良くなってツヤものせることができました。

顔のスキンケアやお化粧をするイメージで、髪にも保湿&ヘアケアを日常的にされることをオススメします。

毛先のチリチリはビビり毛直し(修復)では解決されない?!

最近では ビビり毛直し、髪の修復など言われる施術が都内で行われています。

しかし、それさえも髪を痛ませる行為なので注意が必要!!

チリチリだった毛先が例え真っ直ぐになったとしても、ダメージは確実に蓄積されているのです。

仮にビビり毛直しが成功したとしても、髪が真っ直ぐになったからといって髪の毛を下すことができるのか?

・・・実際のところ、そうじゃないケースが多いんです。

確かにチリチリは目立たなくなったけど、おろしたり、人に見られるのが恥ずかしいような髪型になっているケースが少なくありません。

それは、ご本人が一番実感されています。だから、結局結んで過ごしている方が大半なんですよね。

さらに。

施術をする前に美容師さんからは、「ビビり毛は直すことができないかもしれませんが、それでも大丈夫ですか?」とか「施術後の保障することができない」などと言われるみたいですね。

でも、どうしようもないくらいチリチリになって藁にもすがる思いで頼りに行ったわけですから、NOとは言えず・・・

そのままビビり毛直しをしてもらって、その結果失敗をしてしまうケースが非常に多く見られます。

チリチリになってしまった髪を「まるで直すかのように謳っているサロン」もありますが、そこまで言うなら直らなかったら返金やお直しの対応をしていただけるように施術前に約束をしておきましょう!

その後を保障してもらえるならやる。保障できないと言われたなら、ビビリ毛直しは諦めて「切ること」を決心してください。

毛先のチリチリをいかに上手く誤魔化すか?がポイント!

ここまで読んでいただいた方は、毛先のチリチリは直すことができないということがご理解いただけたかと思います。

ハッキリ言って、「切るか、誤魔化すか」のどちらかしかありません。

下でご紹介するお客様は、髪質に合わないシャンプートリートメントをされていた40代後半の女性。

できるだけ長さを変えないでカットとシャントリ、プリュムワックスで誤魔化す方法をとりました。

Beforeではチリチリ、パサパサだった髪がここまでしっとり美髪に大変身!!

これにはご本人もびっくりされておりました。

もしろん、MAXではサロントリートメントや難しいセット・ブローは一切行っていません。

オーダーはカットのみです。

使った製品は、プリュムシャンプートリートメント。そして、仕上げにプリュムワックスをつけただけになります。

お客様自身でできるケアでも、チリチリしていた髪をAfterのようにツルツルの手触りに変えることができます。

とはいえ。

何度もしつこいようですが、実はこれも「誤魔化し」です。

でも、見た目が別人のように変わりましたね。毎日お使いのヘアケア製品を見直すだけでも、ここまで変わることができるんです!

合わないホームケアをしているとBeforeのようになってしまう方も珍しくありません。

ちなみに。

このような方でも、正しいカットとホームケアだけで見違えるような髪にできるので安心してくださいね。

初めまして。夜分失礼致します。ワードプレスのブログを見ました。

一昨日、美容院でデジパを失敗され、すごく落ち込み…たどり着きました。

ほかのデジパ失敗の方々と同じです。

うまくかからず、ボサボサに広がってしまっています。

でも、もう20年以上ロングで、短くしたこともなく…。なるべく、短くならないようにしたいです。

でも、もう切るしかないのもわかってるんです。

そこで戸来さんに、何とかしていただきたく、メールさせていただいてます。

こんな髪型では、もう外に出るのも嫌で、ずっと憂うつな気分から抜け出せません。。

どうか、よろしくお願い致します。

この記事をここまで読んでくださった方の中には、同じようなお悩みを抱えている方がたくさんいらっしゃるはず。

チリチリしているのは毛先のほんの数センチだけで、もしかしたら5センチ以降からはまだ生きているパーマなのかもしれません!

その場合には、ショートのように短く切らなくても、カットとヘアケアによって上手に誤魔化すことができる可能性が高いです。

諦めないでくださいね。

そして、縮毛矯正や髪質改善、ビビリ毛直しなどには頼らず、信頼できる美容師さんにカットをお願いしましょう。

もちろん、僕にお任せいただいてもOKです!張り切ってカットさせていただきます。

縮毛矯正やデジタルパーマなどの薬剤ダメージによって、毛先がチリチリ・ゴワゴワになってしまった場合には、思い切って髪型をイメチェンしてみるのもおすすめ。

もちろん、くせ毛や髪質によるチリチリも髪型を変えるだけで、一気に印象チェンジできることがほとんどです。

例えばこのように・・・

髪のチリチリとうねりのせいで、広がってしまいがちな髪も、生えグセや髪質を見極めたうえでカットすると、このようにコンパクトなシルエットにすることができます。

もちろん、毎日のセットも適当に乾かしてワックスを付けるだけなので非常に楽チン!

また。

こちらのお客様も、全体的に髪がチリチリになってしまっていて「湿気の多い日には、広がってどうしようもなくなる」ということでご来店くださいました。

【Before】

カットしてプリュムワックスを少量つけると・・・

【After】

この通り!!

横からの比較画像がなくて申し訳ないのですが、全く別人のように変わることができましたよね!

女性らしさも、ぐんとアップしていると思いませんか?

ちなみに、こちらのカット風景は動画でもご紹介しています。

『チリチリと広がるくせ毛』ボブからショートに似合う髪型へバッサリカット【動画】

毛先がチリチリになってしまう可能性が高い人は?予防法について

ハッキリ言いましょう。

以下のような方は、毛先がチリチリになってしまうリスクがあると覚悟しておくべきです。

  • 毎日ストレートアイロン、コテでセットをする
  • 毎回カラーを全体にしてもらう
  • パーマとストレートを同時にしている
  • 縮毛矯正+デジパをかける

そして、これらのダメージを「サロントリートメント」のコーティングで誤魔化していると、美容師さんから見ても「傷んでいるのか?傷んでいないのか?」すら、見極めが難しくなってしまいます。

結果、痛みがないと思って施術をしたのに、髪に大ダメージを与えてチリチリになってしまった!なんてことは珍しくありません。

こちらの動画でも解説しているので、よろしければご覧ください!

【美容師解説】「髪質改善・美容室のトリートメント」本当に必要なのか?【動画】

また。

すでにお話している通り、カットのせいで毛先がチリチリになってしまうことがあります。

そして、カラーやパーマを一切していないのにも関わらず、パサパサチリチリになってしまう方は髪の毛のダメージではなく、髪質が原因というお話もしましたね。

この場合には、毎日のホームケアを変えるだけでもコンディションを整えることができる可能性が高いので、安易に縮毛矯正やストレートパーマをかけないようにしましょう。

一度やってしまうと、ダメージが何年間も残ってしまうことだってあります!まさに、後悔先に立たずです。

毎回のカットやカラー、パーマや縮毛矯正、毎日のホームケアが重要ということです。

伸ばしている途中でも「オシャレをしたいからパーマをかける」という選択をされる方がいらっしゃいますが、パーマをかける前に髪の毛の状態を正確に判断できる美容師に相談する必要があります。

髪が極限までダメージを受けてチリチリになってしまう前に、しっかりと予防をしていく心構えも大切だということです。

まとめ

今回は、毛先がチリチリになったらトリートメント?原因と対策というテーマで美容師の僕が解説してきました。

毛先のチリチリに関しては、トリートメントや髪質改善、ビビリ毛直しなどでは修復することができません。

基本的に「切る」「誤魔化す」というのがベストな対策です。

そのためには、適切なカットとホームケア(保湿系のヘアケア剤)が重要!

また、できるだけ痛めないように毎日のホームケアや美容院での施術にこだわることで、毛先のチリチリを防ぐことも可能ですよ。

それでは、今回も最後まで読みいただきありがとうございます!!

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

お得な情報配信中

ショップはこちら

MAX公式LINE@


どなたでも髪質や髪型のお悩みを無料でお話しいただけます。お気軽にご登録お願いします。

MAX戸来オリジナルヘアケア

プロフィール


美容院MAXオーナー美容師戸来正博(ヘライマサヒロ)です。岩手県の美容専門学校卒業後20歳から原宿の美容院に入り、21歳でフリーランスでスタイリストデビュー。その後恵比寿や表参道などの美容院4店舗を経験し22歳で原宿に美容院MAXを設立。女性専用サロンで40代以降が8割。

加齢によるお悩みを少しでも和らげるヘアケア製品の開発、ヘアスタイルをご提供いたします。料金やご予約の詳細はコチラ

▷髪型BEFORE→AFTER画像集

MAX公式LINE無料相談

戸来オリジナルヘアケアSHOP

髪型、髪質相談室(MAX公式LINE)

YOUTUBE動画

MAX公式LINEにご登録をいただいたお客様からのご質問に戸来がお答えをし、リアルカット動画を公開しております。

ページ上部へ戻る