大人の女性に人気、真木よう子さんの髪型について

大人の女性に人気、真木よう子さんの髪型について
Pocket

大人の魅力あふれる人気の俳優、真木よう子さん。

役柄に合わせて色々なヘアスタイルにするなか、ショートヘアのイメージが強いのではないでしょうか。

このページでは美容師さんに真木よう子さんの髪型・ヘアスタイルについて解説してもらいました。

上品でカジュアル、メリハリのある真木よう子さんのショートヘアのポイントとは。

美容室で近い髪型にオーダーする場合の注意点についても解説してもらっているので、ぜひお役立てください。

プリュムシャンプー

ショートヘアがよく似合う俳優、真木よう子さんの髪型

真木よう子さんのショートヘアのポイントはメリハリ。

レイヤーで段を入れ、あえて毛先を不揃いにして動きのあるヘアスタイルにしています。

トップや表面にもレイヤーが多く入ってため、大人らしさがありつつ、動きのあるスタイリッシュな印象を与えていますね。

毛先は短すぎず、襟足が残るような髪型になっていることが多め。

かっこいい真木ようこさんのようなショートヘアですが、くせ毛だとまとまらなくなる、顔の形・骨格に合わないので自分には似合わないと思っていらっしゃる方が少なくありません。

くせ毛であれ直毛であれ、短くすると毛先は広がりやすくなりますが、そこはスタイリングでカバーできます。

むしろ髪が短くなることでヘアケア・ヘアセットにかかる時間はぎゅっと短縮できますよ。

丸顔や面長といった顔の形、エラ張り・ハチ張りなどの骨格をショートヘアにすると目立ってしまう、そんな時はショートヘアにすると気になる部分をカバーしやすくなります。

骨格矯正カットとも呼ばれますが、ショートヘアが一番、コンプレックスになっている部分を上手にごまかすことができるのでおすすめですよ。

天パ・くせ毛のショートヘアは隠したい場所をあえて見せる

ショートヘアの印象が強い真木よう子さんですが、実は以前、ロングヘアにしていたこともあります。

その反面ショートヘアの髪型は顔まわりがスッキリ、エラ張り顔さんにもぴったり。

またトップ・サイドの髪の毛に動きを持たせることで、輪郭を上手にカバー。

この2つの髪型を並べて比較すると、顔周りを隠さず、あえて気にしているエラ部分を見せたショートヘアの方が魅力的。

真木よう子さんは、ショートヘアだけでなく、ボブやミディアムのヘアスタイル時にもレイヤーカットを取り入れています。

レイヤーカットが特徴的なウルフカットのヘアスタイルです。

ウルフカットは襟足がしっかりと残された髪型のため、ロングヘアから一気にショートヘアにするのは勇気がいる、という人にもチャレンジしやすいヘアスタイル。

襟足が長いため、毛先の巻き方を内巻き・外巻きにするかで印象も簡単に変えられ、セットの仕方で変化も楽しめます。

外巻きのウルフカットはボーイッシュでクールな印象を与えるスタイルなため、カジュアルな服装やモードのような服装が好みの方にぴったりな髪型。

反対に、内巻きのウルフカットはくびれが出来てかわいらしい印象を与えることができます。

ショートスタイルの時は、レイヤーを生かしたスタイリングがされており、ふわふわとエアリー感のあるヘアスタイルが多いです。

このようなスタイリングはくせ毛をパーマのように活かすことができるため、天パさんやくせ毛さんにおすすめな髪型がたくさんあります。

レイヤーが多く、パーマのように髪の毛にクシャッとしたエアリー感と動きのあるヘアスタイル。

毛先もやや長めで前髪はサイドの髪の毛に繋がるように軽く流れています。

エラ部分をカバーしつつ、トップやサイドにもくしゃっとしたボリュームがあり、全体がひし型になるようにスタイリングされているためコンプレックスが目立ちません。

天パやくせ毛を生かしたセットの仕方ができるので、くせ毛に悩まれている方にもおすすめな髪型ですね。

襟足がなく前髪は短めですが、トップと後頭部にボリュームがあるのが特徴。全体的に丸みを帯びているため、ハンサムになりすぎない可愛らしいショートスタイルになっています。

パーマのようなくるっとした動きがあり、キュートさが際立つ髪型です。

エラ張さん、首が長い人は真木よう子さんの髪型がおすすめ

真木よう子さん風の髪型
真木よう子さん風の髪型

真木よう子さんは目鼻立ちハッキリで小顔な方ですが、骨格はエラ張りが特徴的なベース型。

ベース型というのは以下の特徴がある顔タイプ。

  • エラが張っている
  • ハチが張っている
  • 顎ラインが細い

ベース型の骨格だと、気になってしまうエラを隠したいと思うもの。

美容室でのカットオーダーや自宅でのスタイリングの際に以下の点を意識すると良いです。

  1. 顔周りの髪の毛に動きをプラスして輪郭をカバーすること(ひし形のフェイスラインを作る)
  2. トップにボリュームを出して縦長のラインを作ること
  3. 顔周りの髪の毛先は内側にカールさせること

こうしたヘアカットのオーダーやセット方法は、ベース型の骨格以外にも以下のような方にもおすすめです。

  • 首が長い
  • 丸顔
  • 加齢や髪質により、トップにボリュームが出にくい
  • 襟足が毛深め

真木よう子さんはこのような点が意識された髪型をしているため、骨格にコンプレックスがある方に似合うヘアスタイルが多いのです。

エラ・ハチの張った骨格の方は、コンプレックスを隠そうとショートヘアを避けたり、ロングヘアで顔まわりを意識的に隠そうとしたりしてしまいます。

しかし、コンプレックスをただ隠すことばかりを意識すると、顔周りに髪の毛を多く残した髪型になり、暗い印象を持たれてしまったり、野暮ったさが強くなったりしてしまいます。

エラをカバーするように顔周りに髪の毛を残すことは、ベース型さんや丸顔さんのヘアーカットにとって大切なことではあります。

その際は、重めにしっかりと残すのではなく、レイヤーを入れながらエアリー感や動きのある髪型になるようにカットをするように意識しましょう。

レイヤーを入れるだけでも小顔効果を期待でき、さらに動きを出しやすくなることから、フェイスラインをぼかすためのひし形シルエットも作りやすい髪型になります。

加えて、首が長いのがコンプレックスという方は、毛先をあまり切りすぎないようにしましょう。

エラ部分に動きとボリュームを持たせることと、襟足をあえて少し残す髪型にすることで、コンプレックスであるエラと首の長さがカバーされます。

気になる部分を隠しているのがあからさまだと、暗い印象が強くなってしまうので注意してくださいね。

ベース型さんは、エラやハチが張っていることでフェイスラインが強調されやすいです。

サイドの髪の毛がフェイスラインにぴったりと沿った髪型よりも、エラよりも上に動きを持たせてフェイスラインをぼかす・カバーするセットの仕方を意識しましょう。

前髪は自然に流れ、サイドの髪の毛も後ろへ流れるようにスタイリング。

真木ようこ子さん風カット
真木ようこ子さん風カット

レイヤーで表面の髪の毛は軽めに、襟足は不均等にザクザクとしているのが印象的な髪型です。

耳よりも上部分にややボリュームが出るようにスタイリングされており、フェイスラインも目立たなくなっています。

クールでカッコよさが際立つヘアスタイルですね。

真木よう子さんの髪型を解説・紹介した中で、ショートヘアでもコンプレックスをカバーしながら楽しめるデザインは多くあることはお分かりいただけたでしょうか。

ショートヘアにしてみたいけどコンプレックスが気になるというような方は、髪型を選ぶときに髪の長さばかりを気にしないようにしましょう。

意識すべき点は、骨格や髪質に合わせたカットのデザインです。

顔の形・骨格が気になってショートにできず、結局毎日髪の毛をむすんでしまっていては本末転倒。

挑戦してみたい髪型をコンプレックス対策しながら楽しみましょう。


骨格が気になる人は必読、前髪が非常に大切です

エラの張りが気になるベース型さんや、顔の横幅が気になるという丸顔さんなど、骨格が気になるという方は、前髪の作り方がとても重要です。

真木よう子さんの動きのある前髪について

真木よう子さんの前髪は、パッツン前髪よりもナチュラルな流れや動きのあるものが多いです。

前髪の形によって骨格やコンプレックスが強調されやすくなるので、画像を参照しながら

骨格に似合う前髪を確認しましょう。

切りそろえない前髪
切りそろえない前髪

毛先を完全に切りそろえず、少しザクザクとした形にするのがおすすめ。またはセットする際にオイルやバームなどで束感をつくり横線を出さないようにする工夫をするのもポイントです

その他にも前髪を流さずに下ろした髪型が好みという方は、美容師さんにオーダーする際には以下を伝えるようにしましょう。

  • シースルーバングにする
  • 前髪の横幅は広く取りすぎないようにする

骨格のコンプレックス緩和ができるので試してみてくださいね。

髪の毛が長ければ長いほど、コンプレックスは隠せば隠すほどカバーができると思っている方は多いです。


真木よう子さんのような大人の女性の髪型を目指すなら

今回は真木よう子さんのヘアスタイルを紹介させていただきました。

真木よう子さんのようなショートヘアスタイルのポイントをまとめました。

  • 必ずレイヤーを多めに入れて全体に動きやエアリー感を出す
  • 前髪は軽く流し、動きのあるスタイルにする
  • 毛先は切りそろえずに不揃いにする
  • 襟足は長めに残す
  • コンプレックスを無理に隠そうとしない

コンプレックスが目立たなくなる、扱うのが難しいと思っていたくせ毛を活かすことができるショートスタイルもたくさんあります。

顔の形や骨格で気になる部分がある、髪質が合わないからと諦めず、色々な髪型にチャレンジしてみてくださいね。

真木よう子さんのようなショートスタイルで、大人の女性を目指しましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

Pocket