人気・おすすめのスタイリング剤について美容師さんに質問してみた

人気・おすすめのスタイリング剤について美容師さんに質問してみた
Pocket

あなたは今、毎朝のヘアセットにどんなスタイリング剤を使っていらっしゃいますか?

このページでは、髪型同様に色んな種類のあるスタイリング剤の中でもどれが人気なのか、美容師さんに質問してみました。

それぞれにどんな特徴があるのか、そして価格の違いに驚かされる市販品とサロン・美容室生まれの商品の違いとは?

スタイリング剤の気になる点をスッキリ解消してあなたに一番似合うもの探しのお役立てください。


一番人気のあるスタイリング剤って何ですか?

ワックスでスタイリングした髪
ワックスでスタイリングした髪

ジェルやムース、スプレーにワックスなど種類だけでも豊富にあるスタイリング剤、その中でも一番人気のあるものは一体どれなのか。

現役美容師さんにどういったものが選ばれているのか質問してみました。

人気のスタイリング剤はヘアバームやワックス、女性の髪型作りにぴったり

ワックス、ヘアバームタイプが今人気
ワックス、ヘアバームタイプが今人気

スタイリング剤は男性・女性、それからもちろん髪型や髪質、髪の状態に合わせて選ぶものです。

その中で女性の髪型についてはふんわりナチュラルな仕上がりにするものが多く、それにぴったりなのがヘアバームやワックス。

髪に揉み込んでヘアセットをすると、べたつかずさらりとした仕上がりに。

その他のスタイリング剤に比べ、髪を固めることがないため、強風や汗などでヘアスタイルが崩れてしまっても少し水に濡らして手ぐしで整えれば元に戻せます。

一方でスタイリング力そのものについてはジェルやスプレーなどに比べて弱いというデメリットもあるので、やはり髪型に合わせて選ぶのが大切であることは忘れないでくださいね。

スタイリング剤を組み合わせて使うのってアリですか?

スタイリング剤は混ぜて使える
スタイリング剤は混ぜて使える

先に紹介した通り、人気のあるヘアバームやワックスだとスタイリング力が弱いのは事実です。

その弱点をカバーするのにその他のスタイリング剤と組み合わせて使うのは全然アリ。

タイリング剤の組み合わせで注意すべき点は、どんな髪型に仕上げたいのかをしっかり意識して割合を決めておくこと。

それから組み合わせたときの量が多すぎると髪がベタベタになるので、最終的に使う分量に足して割合を決めるようにしましょう。

もちろん最初からベストな組み合わせ・割合にすることは簡単ではないので、少しずつ試しながらご自身の求める髪型作りにぴったりなスタイリング剤を見つけてくださいね。


スタイリング剤についてそれぞれの特徴を教えてください

スタイリング剤の特徴
スタイリング剤の特徴

スタイリング剤には本当に色々な種類がありますが、それぞれにどのような特徴があるのか、使っていないものに関しては「なんとなく」の感覚でしかご存知ない人も少なくありません。

そこでよく使われている人気のスタイリング剤、それぞれの特徴、メリット・デメリットには何があるのか、美容師さんに質問してみました。

人気のスタイリング剤、それぞれの特徴とメリット・デメリット

よく使われているスタイリング剤を比較しやすいように一覧表にしてみました。

種類メリットデメリット
ワックス束感作り、毛先に動きをつけやすいベタベタする、においが強いものが多い
ヘアバーム手触りがさらりとしている、髪が固まらずふんわり仕上がるキープ力が弱い、他に比べてお値段がやや高め
ジェルしっかりとした髪型作り、ツヤ感が出せるすぐに固まってしまう、髪型が崩れると手直しが難しい
スプレーふんわりした状態を固める、使い方が簡単束感が出しにくい、固まりすぎてパリパリになる
ムースしっかりとした髪型作り、くせ毛・パーマと相性◎ カールするのでくせ毛を抑えるのには向いていない

ヘアクリームやヘアオイルもスタイリング剤として候補に挙がることもありますが、どちらかというとヘアケアのためのアイテムなのでこちらの表には入れていません。

あなたの今の髪型、これから試してみようと思うヘアスタイルと相性が良いスタイリング剤はどれでしょうか?

美容室でのヘアカット後、美容師さんにヘアセットの方法と一緒に使うのにおすすめなスタイリング剤を聞いておくと良いですよ。


どうしても気になる人気ランキングと市販品とサロン・美容室のスタイリング剤の違い

サロン品と市販品との違いって?
サロン品と市販品との違いって?

あなたが実際にスタイリング剤を探そう、または今お使いのものから新しいものに変えようと思ったら、インターネット検索から始めますよね。

検索結果を見ると人気ランキングが出てきて、その中にはコンビニやドラッグストアで購入できる市販品やサロン・美容室生まれのものなど様々。

一体どれが本当にあなたにぴったりのものなのでしょうか。

人気ランキングは本当?大切なのはあなたの髪型・髪質に合ったスタイリング剤探し

今の髪型にぴったりのスタイリング剤を探そうとインターネット検索をすると必ず出てくるのが人気ランキング。

でも実はスタイリング剤の人気ランキングは見ると分かるのですが、サイトによって順位はバラバラ。

その理由は各サイトが販売したいものをどうしても上位に出そうとするため、客観的な投票などで作られたランキングはありません。

今どんな商品が流行っているのかを知るには良いですが、順位を気にせず各商品の説明文だけを読み比べてあなたの今のヘアスタイルや髪質に合っているものかどうか、チェックする物として活用すると良いでしょう。

市販品とサロン・美容室のスタイリング剤はどう違う?

インターネット検索をしたときに気になるもう1つの点、市販品とサロン・美容室生まれのスタイリング剤の違いについて。

もっと具体的に言うと、市販品はリーズナブルでサロン・美容室生まれのものはお値段がお高め、なぜそんなに値段が違うのか、という点ですね。

先に書いておきますが、市販品は値段が安いから悪いというものでは決してなく、今は各社こだわりの成分を配合してそれぞれの目的に合わせたぴったりのスタイリング剤がたくさんあります。

商品を手に取ると、こんな髪型の人におすすめ、と明記されているのも分かりやすくて嬉しいですね。

一方、サロン・美容室生まれのスタイリング剤のお値段が高めな原因は含まれる成分が違うためです。

美容師さんはそれぞれの得意分野があり、スタイリング剤をプロデュースする場合にはとにかくそのこだわりを詰め込もうとします。

そのこだわりが強ければ強いほど、より良い原料・成分を求めてしまうため、原価・販売価格が高くなってしまうわけですね。

サロン・美容室生まれのスタイリング剤・ヘアケアアイテムを選ぶ場合は、その商品があなたのお悩みに一致したものかどうか、そのお悩みを解決するために開発されたものかどうかを見極めるのが大切です。


人気のスタイリング剤、まとめ

美容師さんに聞いてみたシリーズ、今回は人気のスタイリング剤についてあれこれ質問してみました。

女性のふんわりしたナチュラルな髪型に仕上げるにはヘアバーム、ワックスが良さそうですね。

とはいえ、あなたのヘアスタイルに合わせてその他のスタイリング剤のメリット・デメリットを把握した上で試してみるのも良し、ヘアバーム・ワックスだけだとキープ力が弱いので組み合わせて使うのもアリとのこと。

ただし、分量や割合にはくれぐれも注意して、ベタベタに重い髪型にならないようにしてくださいね。

スタイリング剤選びにインターネットを利用すると人気ランキングが必ず目に入ると思いますが、順位が高いからソレにする!ではなく、あなたの髪型・髪質に本当に合っているかどうか見極めましょう。

中には万人受けする市販品のものと、こだわりの詰まったサロン・美容室生まれのものがあり、大抵の場合は後者の方が値段が高いです。

その値段にはちゃんと理由があり、開発した美容師さんのこだわりが詰まっているので、そのこだわりとあなたの髪のお悩みが一致しているならお試しいただく価値があります。

このサイト、髪ナチュラでプロデュースしているプリュムデュールはうねって広がる、傷みやすく乾燥に弱いくせ毛にお悩みのお客様のカット・スタイリングを担当し続けてきた美容師が、その知識と経験を踏まえて作ったヘアバームタイプのワックスです。

ヘアセットをすることで髪の保湿・ヘアケアまで可能、極力べたつかせず無香料でにおいがほとんどしません。

くせ毛の髪質のお客様だけでなく、パーマやヘアカラー、加齢による髪質変化で傷みやすくなった髪にお悩みのお客様からご好評をいただいております、もしいずれかに該当するのであればぜひ一度、お試しくださいませ。

このページがスタイリング剤探しに迷っていらっしゃるあなたのお役に立てば幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

プリュム・デュール
(スタイルキープワックス) 60g

3,900円(税込)

Pocket