【診断付き】くせ毛は6つの種類がある!特徴&違いを美容師が解説

Pocket

「くせ毛にも種類があるって聞いたことがあるけれど、私は?…」というお悩みありませんか?

今回の記事では、1万人以上のくせ毛さんを担当した美容師MAX戸来(へらい)が、くせ毛の種類と特徴を徹底解説します。

「診断付き」だからあなたのくせ毛タイプが必ず見つかります!

是非この機会に最後までお読みいただけたら幸いです。

直毛とくせ毛の特徴・違い

意外と知らない方が多いので、基本的なことから解説いたします。

直毛の特徴

  • 「直毛」と美容師さんに言われたことがある
  • しっかりと乾かさなくても髪の毛がまっすぐ
  • 湿度が高い・雨の日でも髪の状態が変わらない

くせ毛の特徴

  • 「くせ毛」と美容師さんに言われたことがある
  • ちゃんと乾かして寝ても、翌朝うねっている
  • 湿気が高い・雨の日は髪型が決まらない

直毛とくせ毛「毛穴・毛根」の違い

くせ毛の「うねり」は毛穴・毛根のゆがみが原因です。

そのため「頭皮マッサージすることで改善される」と言われています。

※ちなみに僕は、1万人以上のくせ毛さんを担当致しましたが「頭皮マッサージで、くせ毛が改善した」という方に出会ったことがありません。

性質の違い

髪全体の約90%を占めるのがコルテックス(タンパク質)。

コルテックスには2つの種類があり、以下のような特徴があります。

  • P(パラ)コルテックス:「水」を含みにくいため、膨張しにくい。湿気に強い
  • O(オルソ)コルテックス:「水」を含みやすいため、膨張しやすい。湿気に弱い

直毛の場合、2種類のコルテックスが均一に並んでいますが、くせ毛の場合、不規則でバランスが偏っているため「うねり」がでます。

また、形状も違います。

直毛の断面は丸い円形ですが、くせ毛は楕円形なのが特徴です。

あなたのくせ毛を診断!コレだけはやって欲しい3つの手順

手順1.髪の毛を「一本」ハサミで切る

引っ張って抜くとうねってしまうので、ハサミで切りましょう。

また、表面の髪の毛ではなく、内側の髪の毛を選ぶのがおすすめ。

手順2.手触りを確認

髪の片側を指先でつまみ、もう片方の指を滑らせながら手触りを確認しましょう。

触り心地が「ざらざら」「ぎしぎし」「ぼこぼこ」の方へ
くせ毛である確立が非常に高いです。または、髪の毛が傷んでいる証拠となります。

手順3.見た目を観察

白い紙などの上に置き、以下で紹介する「くせ毛 6つの種類・特徴」を見ながら観察しましょう。

※「そんな時間はない」という方でも簡単に診断できますのでご安心ください。

注意点

くせ毛(髪質)の診断では、以下の項目に当てはまる方は正確な診断結果がでません。

  • 縮毛矯正やパーマ(ストレートパーマ)をしている
  • 繰り返しのパーマやカラーなどにより髪が傷んでいる
  • 寝癖や、結び跡がある

診断するときは、シャンプー後なにも付けず、完全に乾かし、ヘアセットなどもしていない“素髪”の状態がおすすめです。

画像&イラストでわかる!くせ毛「6つ」の種類・特徴

1.縮毛(しゅくもう)

特徴

髪が濡れている時も、乾いる時も「ちぢれている

硬くてゴワゴワした触り心地ではなく「柔らかい」ケースがほとんど。

2.波状網(はじょうもう)

特徴

うねり」が全体的にあり、日本人に最も多いくせ毛タイプ。

3.連珠網(れんじゅもう)

特徴

触り心地は「ボコボコ」して、ツヤが出にくい。

また「折れやすい」「切れやすい」といった特徴もあるため、髪の毛が綺麗に伸びにくいです。

とても珍しいくせ毛と言えます。

4.捻転毛(ねんてんもう)

特徴

髪、一本一本が「ねじれている」ため触り心地はざらついています。

傷んで見えるのも特徴

5.まっすぐすぎる直毛

「直毛もくせ毛なの!?」と驚いた方も多いのでは?

僕は極端な直毛もくせ毛の一種だと考えています。

うねり、ちぢれなどで悩む方にとっては、直毛は羨ましいですよね。

しかし、直毛さんにも悩みがあり、うねる髪を羨ましく思っている方も多くいます。

特徴

ツヤは出ますが「髪の毛がまっすぐすぎて、まとまらない」という特徴がある。

6.猫っ毛(ねこっけ)・軟毛(なんもう)

「パーマがかからない」「ボリュームが出ない」など、お悩みありませんか?

ひょっとしたらあなたも猫っ毛・軟毛かもしれません。

特徴

見た目では直毛との違いがわかりにくいのですが、次のような特徴があります。

  • パーマがかかりにくい
  • ボリュームが出にくい
  • 触り心地はとても柔らかい
  • 一本一本が細い

ほかにもヘアカラーの色持ちが悪いといった特徴があります。

その他

上記でお伝えした「くせ毛の種類」に当てはまらない方もいらっしゃると思います。

  • 「パサつく」
  • 「チリつく」
  • 「うねる」

これらのお悩みはもともとの髪質ではなく、ほかの原因があるかもしれません。

考えられる原因には以下のようなものがあります。

具体的な例を挙げると

  • 年齢やお薬の副作用
  • 「すきすぎ」などによる失敗
  • パーマの失敗

となります。

また、髪の「太さ」や「量」によって「6つのくせ毛」の見た目や特徴は大きく変わってきます。

ほかにも「部分的に髪質が違う」「混合タイプ」の方もいらっしゃいます。

※混合タイプとは「くせ毛×猫っ毛」「波状毛×捻天毛」など、混ざった髪質のことをいいます。

くせ毛悩み解消!3つの対策

1.ヘアカット

  • すきすぎない
  • 段(レイヤー)を適度に入れてもらう
  • イメージしている髪型画像などを美容師さんに見せる

髪の「うねり」「ボリューム」でお悩みの方へ。

以下の記事で詳しく解説しています。

【美容師が解説】くせ毛で髪が「硬い・太い・多い」と悩む女性におすすめの髪型

2.ヘアケア&ヘアセット

  • 美容室ではヘアダメージを最小限に抑える施術に変える
  • 髪質に合ったヘアケア商品を使う
  • セットにはヘアワックスを使う

美容室でトリートメント(髪質改善)、毎日ホームケアしているはずなのに「パサパサ・まとまらない」…。

そんなお悩みは、以下の記事で解決できます。

2ステップで毎日サロン帰りの髪へ!プリュムワックスとヘアオイルを併用するメリットとは?

3.公式LINEに相談

「くせ毛の種類はわかった。でも、私のくせ毛タイプにベストな髪型やヘアケア法はなんだろう…?」という疑問はありませんか。

基本的には、担当の美容師さんがあなたの悩みを解決してくれます。

しかし「相談しづらい」「くせ毛に詳しい美容師さんではない」など、お悩みがあると思います。

僕でよろしければご相談くださいね。

おすすめは、公式LINE!

※髪質がわかるようなお写真を送っていただけるとより詳しいアドバイスが可能です。

ぜひ、お気軽にご登録いただき、ご相談ください。

最後に

「強いくせ毛には、縮毛矯正しか選択肢はない」と思っていませんか?

実は、活かせるのです。

パサパサくせ毛を活かす髪型を美容師が教えます【ショートからロングまで】

美容師さんへのオーダー、毎日のホームケアを変えるだけでくせ毛とうまく付き合うことも可能です。

あなたのくせ毛悩みが少しでも解消されることを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Pocket

つけるだけでしっとり”艶髪”に。

Pocket

2stepでサロン帰りの髪をキープする
今だけのお得なセット

くせ毛やダメージヘアの毎日のお手入れ、大変ですよね…
くせ毛や髪質で悩むお客様と共に開発し、実際に多くの効果を実感頂いている”プリュムシリーズ”
組み合わせて使うだけで毎日サロン帰りの美髪をキープできます!
まずは試してその効果を実感してみてください。

2 STEPアウトバストリートメント

”使うたび美髪に導く”

Pocket

美容師が開発した毎日できる髪質改善

“使うたび美髪に導く”
傷んだ髪、くせ毛、バサついた髪、うねり、を改善する。
美容師が本気で監修したヘアケア商品はこちら。

公式オンラインショップはこちら